あさ イチ 滝口 幸広。 滝口幸広死因は怪我が影響?麻雀腕前や実家店舗や結婚した彼女いる?

滝口幸広死因は怪我が影響?麻雀腕前や実家店舗や結婚した彼女いる?

あさ イチ 滝口 幸広

概要 [ ] NHKでは、『』開始以来『』まで約半世紀もの長きに渡り、総合テレビジョンでの『』を8:15から放送し、その後にニュース・情報番組を放送するというパターンを続けてきた。 しかし、NHKの調査によって一般家庭の生活習慣が変化し、全体的に出勤時間は早まっているということが判明し、「午前8時位には一段落している」()と判断。 そこで、『』から『連続テレビ小説』を15分繰り上げて8:00から放送することとなり、新情報番組を編成することとなった。 2010年度から、総合テレビジョンでは『』を8時で終了し、直後に『連続テレビ小説』を移行させ、前番組『』などを終了させて、『連続テレビ小説』直後の8:15 - 9:54までの時間帯に本番組を編成することとした(ただし、9:00 - 9:05は『』のため、一時中断)。 基本的にだが、春・夏場(開催時期)などには収録放送となることがある。 ゴールデンタイムに特別版を放送(収録放送と生放送の場合で分かれる)することもある。 公式サイトでは本番組を「大型情報番組」と位置付け、生活情報中心の内容で構成されていた『生活ほっとモーニング』から、それに加えて民放のでも扱う政治・社会問題やエンターテイメント情報も取り上げるよう転換し、「生活者の視点から掘り下げる」をモットーとした。 NHKは番組立ち上げにあたって、同じでほぼ同時間帯で放送していた『』(開始)のスタッフを制作会社ごと引き抜き(いわゆるヘッドハント)、同番組の手法を取り入れ、番組制作を行っている。 また、初代司会についても『はなまるマーケット』の司会者・がかつて所属していたの現役所属者・()を起用。 そして、後述する本番組の高視聴率獲得により、『はなまるマーケット』は3月28日で放送を終了した。 『はなまるマーケット』で薬丸と共に司会を務めたは2017年7月5日以降、本番組に不定期出演した。 朝のワイドショーを編成する民放各局は『連続テレビ小説』および本番組への対策として、「(朝ドラから本番組に切り替わる)8:15ちょっと前に1番大きな特集を流す」などの構成を取っている。 本番組立ち上げ当時、民放各局は本番組に対し警戒感はそれほどなかったという。 ある朝の人気情報番組を立ち上げた民放幹部が「NHKが中途半端に民放に近づけようとしても絶対に成功しない」と断言していた。 - (は祝日のため休止)には全編から「あさイチ福島キャラバン」として、・・・から中継。 ()復興支援の一環として放送した。 本番組の前に『連続テレビ小説』が放送されているが、その映像をスタジオのモニターで観ているため、キャスター陣らのコメントや会話が番組最初の約15秒程に入り、その流れで企画に入ることがほとんどである。 リポーターがプレゼンする時の解説部分以外は台本がなく、出演者のコメントは全てアドリブである。 番組内では共演者のことを愛称で呼ぶことも多い。 スタジオバックにはカラフルなタオルが置かれている。 沢山あるが、視聴者からのメールで井ノ原が確認したところ、実際は1枚のタオルを波立たせて窪みを付け、畳んで置いてあるように見せていることが明らかになった。 放送分からスタジオセットをリニューアルした。 2014年2月3日放送分よりテロップを変更した。 2016年11月1日より番組のを開始。 2017年3月30日にスタジオのマイナーチェンジ、テーマ曲の一新、テロップ類のリニューアルが行われた。 初期では、9時の『NHKニュース』に切り替わる直前にキャスター陣がニュースを担当するにあだ名で呼びかける演出を行っていた が、すぐこれは取り止められた。 『』の出演者であるのは、同番組内で本番組とのコラボレーション企画をしたい旨を述べている。 なお、国分を起用した『いっぷく! 』の開始が発表された当時、この影響を受ける形で井ノ原・が2014年3月を以って降板するとの報道もあった。 高視聴率については、『連続テレビ小説』との連続視聴者の多さや番組内容の好評ぶりが要因との向きがある。 週間視聴率調査の「教育・教養・実用」部門で1位となることもあるほか、12月第2週では初めて5回全て視聴率週間ランキングトップ25位内ランクインを果たした。 キャスター陣を交代した2018年4月から一時期、視聴率が低下傾向となり、同年4月・5月には民放1位である『』に時間帯1位の座を奪われた。 その他 [ ] ぶーちゃん 初期において、スタジオに本番組のマスコットキャラクターとしてを出演させていた(出演者の後ろに居させたこともある)。 視聴者投票により ぶーちゃんに名前が決まった(4月30日放送で4つの候補からワンセグとデータ放送による視聴者投票で決定)。 しかし、の影響により、5月半ば頃から出演が見合わせられていた(出演中断中の2010年6月17日の放送で近況が報告された)。 8月23日放送分を以って復帰。 口蹄疫終息を待って復帰したが成長し ブタになって戻ってきたが、後に出演しなくなった。 ぶたまん 上記のぶーちゃんに代わる形でブタをモデルとした「ぶたまん」が登場している。 その名残で出演陣からはぶーちゃんと呼ばれている。 見た目は肉まんにブタの顔を付けたもので、通常は胴体らしき部分はないが、毎週木曜日の「 JAPAなび」のスーパーマーケット等を訪問するコーナーでは、下に赤いマントのようなものを巻いて登場する(スタジオにも登場し、井ノ原等と絡む時がある)ブタであることから、豚肉やブタを使用した商品を見るとショックを受けて悲しがる。 ちなみにこの時のぶたまんの声の主はのである(これ以外の曜日のコーナーでは無言)。 9時のニュース終了後にテーマに沿った装飾を施される以外に、毎週火曜日の「スゴ技Q」の解答受付中にはイラストによる数色のぶたまんが登場する。 2014年8月11日及び同年12月27日放送の特別版「夜だけど…あさイチ」では、ぶたまんならぬ「ぶたコウモリ」が登場した。 2016年3月31日放送分をもって「JAPAなび」から引退し、マスコットとして続投している。 あんまんちゃん 上記のぶたまんに代わる形で2016年4月7日放送分から登場。 顔があんまんの形で、頭部にリボンを付け、エプロンのような胴体をしているが、ぶたまんと違って両手がある。 声は一龍斎が続投する(初回放送で井ノ原らから「ぶーちゃんと声が同じじゃないか? 」と指摘を受けていた)。 友人である前任のぶたまん同様、JAPA-NAVIで日本各地に出向く。 気象予報字幕(天気ループ) 「天気ループ」がやなど一部地域で表示されている(年度途中から採用した地域もある)。 天気ループは『』でも表示されている(気象情報の場面は消去)が、本番組の前、『連続テレビ小説』の時間中(8時 - 8時15分)は一旦消去する。 (・・)ではチャンネルをNHK総合に合わせると、間を開けて天気ループがデータ画面として時刻の下に表示されるようになっており、リモコンボタンの操作で消去並びに復帰できるようになっている。 ただし、双方向実施日は中止し、常時表示する形態にしている。 一方で地方などの一部地域とNHKワールド・プレミアムでは天気ループの表示を行っていない。 2017年4月に『おはよう日本』がリニューアルした際に天気ループが時刻表示(カスタムフォント)の横に移動したため、当番組の天気ループも同じ位置に移動した。 視聴者からの投稿 放送内容への感想や当日のテーマなどについて、からとによる投稿を募っており、放送中に紹介するが、番組内でのVTR内容や出演者の言動に対して批判的な意見・指摘も多々寄せられ、このような意見も番組内で紹介される日がある。 出演者に対し、「無茶ぶり」を要求する投稿も読まれる。 また2011年11月17日放送分では、番組冒頭・第2部開始時、エンディング間際に番組に対する意見・感想を有働が複数読み上げた。 後に当日のテーマにちなんだサブテーマも設定、「ちなんでファックス」という名称で放送中に投稿を募集している。 その他、視聴者からの朝ドラの内容に関する投稿も読まれることがある。 終盤の料理コーナー開始後、女性キャスターはスタジオ隅に移動しスタッフと共にエンディングで読む投稿の選びを行う。 放送時間・タイムテーブル [ ]• 総合テレビジョン、・プレミアム 平日(月曜 - 金曜)• 第1部• 通常時:8:15 - 9:00(45分)• 放送時:8:15 - 8:55(40分)• 通常時:9:00 - 9:05 (8:30から繰り下げ)• 国会中継放送時:8:55 - 9:00• 第2部• 通常時:9:05 - 9:54(49分)• また、生放送中に緊急ニュースが挿入された場合は、9:55まで拡大になることもある。 時刻 月曜日 - 木曜日 金曜日 国会中継放送時 放送内容 08:15 第1部 この時間から博多華丸・大吉、近江が登場。• オープニング• 女のニュース 月~木・不定期• 特集コーナー・企画 前半• クイズとくもり 火曜日• ハレトケキッチン 火曜日・不定期• KITCHEN SESSION キッチンセッション 火曜日・不定期• JAPA-NAVI 木曜日 第1部 この時間から博多華丸・大吉、近江が登場。• オープニング• プレミアムトーク トークコーナー 通常通り。 但し5分短縮。 エンディング(8:54ごろ) 09:00 (『ニュース』のため一時中断、国会中継放送時は8:55からニュース) 09:05 第2部• 特集コーナー・企画 後半• 9時台の企画• ヤスくんが行く聖火の道• おでかけLIVE 中継コーナー 第2部• 特選!エンタメ 放送中止 09:30頃 この時間から駒村が登場。 みんな! ゴハンだよ 料理コーナー• わがままボビー 月1回、火曜日• エンディング この時間から駒村が登場。 あさイチガーデン ガーデニングコーナー• 各パートについて、一部放送内容変更が生じる場合あり(後述参照)。 休止等 [ ] 祝日と年末年始(おおむね - だが、カレンダーの配置による)は原則休止。 この時、ニュースを8:15 - 8:20に繰り上げて放送する場合と代替番組が8:15開始となる場合で分かれる。 が行われるときは8:15 - 8:55までの短縮放送になるほか、中継が行われるとき、並びに等に伴う特別編成が組まれるときも休止・短縮となる場合がある。 はの中継を行うため、遅れスタートとなる。 このほか、本番組の放送時間帯がに充てられる場合があり、部分的、あるいは地域により全編休止となる。 また、またはの投票日翌日は選挙戦の様子を伝える「列島ドキュメント」を放送するため休止の場合がある。 また台風や地震などの天災が発生した場合、並びに番組放送中に緊急度の高いニュースが入った場合はその関連のニュースを挿入して予定の内容を一部割愛することがあり、状況によっては放送そのものを中止 する場合もある。 2018年4月からは初めてテーマソングが設定され、「」が使用。 オープニングはその日の話題を1つ紹介し、特集は9時のニュースを挟んで放送する。 メインコーナーの9時台前半までは柔軟に組み、変更があったり、2部構成の日もある。 9時台後半はレギュラーコーナーが放送される。 重大ニュースの発生時はキャスター陣のオープニング挨拶の後すぐにニュースセンターに繋ぎニュースキャスターよりその情報を伝える体制を取っている(場合によってはスタジオで女性キャスターが伝える時もあるほか、オープニング挨拶を入れずに8:15からニュースの場合もあり)。 また、著名人の訃報をオープニングで扱うことがある。 この時は、「朝ドラ受け」は省略または短縮される場合がある。 特集やレギュラーコーナーは概ね、前番組『生活ほっとモーニング』と『きょうの料理プラス』、『趣味の園芸プラス』の企画を踏襲。 『生活ほっとモーニング』が募っていた「協力家族」も引き続き参加可能(6月から「あさイチサポーター」とネーミングが変わっている)。 2011年3月11日の発生以後、通常のコーナーを取りやめ、被災地のレポートや東京電力の福島第一原子力発電所の事故解説、視聴者からのFAXやメール内容の紹介など、震災関連を中心とした内容に特化して放送。 9時台終盤に不定期だが、総合・・BSで放送されている各番組の過去放送回(『』『』『』が比較的多い)のダイジェスト版が約10分程度放送されることがある。 レギュラーコーナー [ ] 女のニュース 世の中に話題になってるニュースを取り上げる。 番組冒頭のコーナー。 9時台の企画 内容はメインコーナーの特集コーナーと同じ。 様々な話題をアナウンサーが取材し、スタジオで専門家と共に解説する。 ヤスくんが行く聖火の道 9時台の企画の不定期企画。 古原靖久が1964年の東京オリンピックで聖火をつないだ人たちを訪ねる。 ジモトDream 9時台の企画の不定期企画。 夢に向かって頑張る女性にスポットをあてる。 特別編成で休止の場合するあり。 毎週ひとつの県をめぐり、道の駅などにある「産直市場」などから、地元の新鮮な食材や農家が作るおいしい加工品などフレッシュで「おトク」な情報を(以前はやなど)が突撃リポートする(時折海外の市場を事前ロケで紹介する場合がある)。 篠山と古原は現在も引き続き不定期でリポートをしている。 なお、中継当日に高校野球や国会中継など特別編成で放送できなかった場合は、その日の内容を事前収録・編集して金曜に放送(コーナータイトルは「おでかけREPORT」となる)。 この時はリポーターが直接スタジオ出演し、収録内容を振り返る。 特別編成で休止する場合あり。 毎日の料理につきものの問題を、一流シェフや人気料理研究家を迎えて解決する。 (月)「プロ直伝。 」 (火)「きほんのき」 (水)「ザ・定番」 (木)「きょうの料理いちおし」。 特別編成で休止する場合あり。 人気のガーデナーが、花や野菜の栽培方法、元気に育てるコツを伝授。 また2013年度からはインテリアに関する情報も月1回程度放送される。 前述の「みんな! ゴハンだよ」同様、駒村(サブキャスター)と華丸の進行に加え、大吉と日によってはプレミアムトークのゲストも参加する。 このコーナーに入る時の曲として、の「そして今でも」が使用されている。 わがままホビー 9時台後半。 月1回、火曜日 のホビー企画。 特別編成で休止する場合あり。 音楽・書籍・映画のエンターテイメント情報をそれぞれのナビゲーターが紹介する。 メインコーナー [ ] 一部は前番組『生活ほっとモーニング』のコーナーを改題して継続している。 特集コーナー 様々な話題をアナウンサーが取材し、スタジオで専門家と共に解説する。 クイズとくもり (旧タイトル「スゴ技Q」)(火曜日) 知って得する生活情報をクイズで紹介。 3 - 6問程度出題。 スタジオ回答者はその日のゲスト2名と協力家族(あさイチサポーター)の一般視聴者1名で、正解した分のキューブ型(別名:キューブタ)ティッシュボックス(2011年1月からは饅頭をイメージしたブタの顔のぬいぐるみ、クイズとくもりになってからはとくもりちゃん(どんぶりに入ったブタの顔のぬいぐるみ))がもらえる。 協力家族の一般視聴者は井ノ原とペアを組んで回答する。 とくもりでは一般視聴者は出なくなった。 視聴者はテレビ(データ放送・ワンセグ)でクイズに参加。 正解数に関係なく、1回でも送信に成功すれば当日の放送でデータ画面に表示されるパスワード入力でパソコンの壁紙や携帯電話の待ち受け画面(共に季節に合わせた風景の画像つきのカレンダー)としてのダウンロードができる(放送当日のみダウンロードが可能。 番組終了後もパスワードは放送当日の24時までであればデジタル総合テレビのデータ放送からいつでも確認することができる)。 なお、リモコンのdボタンを押さなくてもそのままクイズに参加できるようになっている(画面に「スゴ技Q 参加中」と表示されていれば回答可能。 機種により異なる場合がある)。 火曜日でも都合により、コーナーが休止される場合もある。 以降、長らくコーナーを休止していたが、2011年5月17日放送分から再開した。 『生活ほっとモーニング』の「クイズdeなっとく!」を引き継いだコーナー。 2018年4月17日から。 世界の一流シェフが、日本のスーパーマーケットにある素材を使い、生放送の中でいかにうまく調理するかを伝える。 一つの料理に使っていい食材は5つまで(調味料除く)。 夢の3シェフシリーズの後継で、ゲストが食べたいレシピをシェフ三人が紹介する。 担当は日本料理が篠原武将、中国料理が山野辺仁、フレンチが秋元さくら。 ハレトケの意味は、「ハレの料理(ちょっと頑張れば作れる絶品料理)」と「ケの料理(今晩のおかずに使える簡単料理)」の2つを取った造語。 JAPA-NAVI(2010年10月 - ) 木曜日、他の曜日の場合もあり) 日本各地の観光スポットや、グルメ情報などをと地元放送局のが紹介する。 主に木曜日に放送しているが、放送されない週もある。 この中に番組キャラクターのあんまんちゃん(以前はぶたまん)がJAPA-NAVIで訪問している地域のお店などで販売されているものを紹介する。 あんまんちゃんのかなりのハイテンションぶりに出演者やゲストが驚くこともあり、井ノ原がこのコーナーのファンであることを公言している。 プレミアムトーク(金曜日 ) 各界の第一線で活躍するゲストを招いてのトークコーナー。 『生活ほっとモーニング』の「この人にトキメキっ! 」を引き継いで いるが、本番組では基本的に生放送で行っている。 オープニングでゲストが視聴者に聞きたいことをFAXや公式ホームページで募るという演出も行われる(常時画面右上にゲスト名と募集告知が表示されている)。 ゲストが放送時点で取り組んでいる仕事の話だけでなく、仕事の密着映像、共演経験者からのコメント映像、成功に至るまでの苦難やプライベートを映した映像や、ゲストがNHKに過去に出演した映像を秘蔵映像として紹介。 キャスターがそれぞれの世代ならではの質問をぶつけ、知られざる素顔や人間的な魅力に迫る。 コーナー途中からゲストと縁のある人物が参加することもある。 放送中の朝ドラ関連者(出演者・脚本家・主題歌担当歌手)がゲストの場合は、オープニングから朝ドラとリンクさせた演出を行うことが恒例のようになっている。 通常は募集告知の後、注目情報をリポーターが伝えるミニコーナーを伝えた後にトークを始めるが、国会中継などで8:54までの放送など短縮放送の場合は、募集告知後すぐにトークを開始する(ゲストにより短縮放送でない場合もすぐトークを開始する場合もある)。 またゲストがスケジュールの都合により9時台前半(主に「プレミアムトーク」終了のタイミング)で退場することもある。 プレミアムトークゲスト [ ] 2010年度• 4月 - ・・・・• 5月 - ・・・• 6月 - ・・・• 7月 - ・・・・• 8月 - ・・• 9月 - ・・・• 10月 - ・・・・• 12月 - ・・・• 1月 - ・・・• 2月 - (当時:)・・• 4月 - ・・・• 5月 - ・・• 6月 - ()・・・()• 7月 - ()・・・・• 8月 - ・()• 9月 - ・・・• 10月 - ・・・• 12月 - ・・• 1月 - ・・・(嵐)• 2月 - ()・・・• 3月 - ()・・・・総集編(尾野真千子・コシノジュンコ・高良健吾・満島ひかり・太田光・三浦友和) 2012年度• 4月 - ・・・• 5月 - ・・• 6月 - ・・・・• 7月 - ・()・()・• 8月 - ・()• 9月 - ・・・• 10月 - ・・・• 11月 - ・・・• 12月 - ・総集編(松坂桃李・堀北真希・尾野真千子・ほっしゃん。 ・綾瀬はるか・阿部サダヲ・大沢たかお・柳沢慎吾・中井貴一・沢口靖子・樹木希林・夏木マリ・谷原章介・塚本高史・吉川晃司)・・• 1月 - ・・• 2月 - ・・・• 4月 - ・・・• 6月 - ・()・・綾瀬はるか• 7月 - ・・・• 8月 - ・名場面集(宮本信子・宮藤官九郎・綾瀬はるか・佐藤健・美輪明宏・大泉洋)・・• 9月 - 尾野真千子・・ ・• 10月 - ・・(嵐) ・• 11月 - ・・・・• 1月 - 岡田准一・・() ・• 2月 - (・)・• 3月 - ・杏 ・ 2014年度• 4月 - ・・・• 5月 - ・・・・• 6月 - ・・・• 7月 - ・・・• 9月 - ・ ・・役所広司• 10月 - ・・・ ・大竹しのぶ• 11月 - ・・・• 1月 - スペシャル(伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大)・堤真一 ・()・• 2月 - ・・• 4月 - ・()・・• 5月 - ・大泉洋・・・• 6月 - ・井上真央・・• 7月 - ・・・• 8月 - 総集編(又吉直樹・西加奈子・谷川俊太郎・小澤征爾・市原悦子)・・• 9月 - 土屋太鳳・大沢たかお• 11月 - ・・・• 12月 - ・・• 1月 - ・・・• 2月 - ・()・・• 3月 - ・・・玉木宏• 4月 - 2016年度• 4月 - 向井理・・• 6月 - ・・・片岡愛之助• 7月 - ・・・・• 8月 - ・"子役"スペシャル(・・)• 9月 - ・・・・高畑充希• 11月 - ・・・堺雅人• 12月 - ・・・黒柳徹子• 1月 - ・・・• 2月 - (・・原田泰造)・・・• 3月 - ()・・・総集編1(古舘伊知郎・黒柳徹子・池上彰・川村元気)・総集編2『』特集(菅野美穂・生瀬勝久・永山絢斗・蓮佛美沙子・松下優也・林遣都) ・ 2017年度• 4月 - ・ ・・• 5月 - ・・• 6月 - ・・・(嵐)・• 7月 - ・・・• 9月 - 福山雅治・ ・・有村架純• 10月 - ・遠藤憲一 ・(嵐)• 11月 - ・ ・萩本欽一・・鈴木保奈美• 12月 - ディーン・フジオカ・・ ・• 1月 - ・小澤征爾・松坂桃李・()• 2月 - ・瀬戸内寂聴・・総集編1(小澤征爾・瀬戸内寂聴) ・総集編2『』特集(遠藤憲一・鈴木保奈美・松坂桃李)• 3月 - ・・・ 2018年度• 4月 - ・・・• 5月 - ・樹木希林・• 6月 - ・・・原田知世・市川海老蔵• 7月 - 東出昌大 ・・・• 8月 - ・・• 10月 - 阿部サダヲ・・ ・・堤真一• 11月 - ・三谷幸喜・• 1月 - ・・• 2月 - ・生田斗真・・長谷川博己• 3月 - ・・・ 2019年度• 4月 - ・・・山﨑賢人• 5月 - ・・・妻夫木聡• 6月 - ・・・• 7月 - ・松本潤(嵐)・・• 8月 - ・・• 9月 - ・・草刈正雄・• 10月 - ・綾野剛・・• 11月 - 菅田将暉・・・・• 1月 - ・・・• 3月 - ・・特別編~さーたり・特別編~平川理恵 2020年度• 4月 - ・特別編~おおたわ史絵・もう一度スカーレットを楽しみたいスペシャル・特別編~氷川きよし• 5月 -特別編~草彅剛・唐沢寿明・・・• 6月 - ・ 過去のコーナー [ ] ガッテンコラボ(水曜) その名の通り、『』とのコラボレーション企画。 過去に『ガッテン』で紹介して反響が大きかった企画に関する復習が主だが、その後の取材で更に明らかになったデータも紹介する。 あさイチ! サン えぬイチ(不定期 、2013年12月9日 - ) NHK各波で近日中に放送予定の注目番組の予告版を放送後、その番組の主要出演者が生登場し、井ノ原らとスタジオトークを行う。 事実上『プレミアムトーク』の番組宣伝特化版的内容である。 どうなの? ヤナギ〜(不定期 、2015年度 - ) 注目を集めているニュースを1つ取り上げ、そのニュースの問題点やポイントについて、柳澤(もう一名解説委員が入ることもある)が解説する。 女の花道(不定期、2016年度 - ) 各界で活躍する女性に有働がインタビューするVTR企画。 イチおし とことんアナ 女性リアル(2014年2月 - ) 人に言うことが出来ない悩みに真剣に向き合い、女性のリアルな悩みを告白して貰うことにフォーカスした企画。 キラキラ40 女性が抱える問題の解決法を、元気な女性達から学びながら、輝く40代を応援する、月に1度の大型キャンペーン。 担当は自身も現在40代である有働。 『』とも連動している。 「」「」「」「」「」など、タブーを恐れないテーマを取り上げ、『』では「『あさイチ』の大きな特長」「視聴者に支持されているポイントのひとつ」としている。 2010年9月分(40代の出産)では、の高齢初産前後の様子に密着。 長山もスタジオにも出演したほか、有働がにインタビューするなど、7月の「」企画同様NHKとしては異色の内容となった。 夢の3シェフ 火曜日に月1回放送) 夢の3シェフ競演(2010年 - 2015年3月17日) 日本料理・イタリアン・中国料理の超一流シェフが味と技で競演。 日本を代表する人気3シェフが本格料理に腕をふるう。 このコーナーは前番組『生活ほっとモーニング』から引き継いだ。 日本料理は、イタリアンは、中国料理はが担当。 2015年3月17日を以ってレギュラー放送としては終了した。 その後は不定期に放送。 夢の3シェフNEO 日本料理・西洋料理・中国料理の期待の新星3シェフが旬の食材を魅惑の一皿に仕上げる。 日本料理は、イタリアンは、中国料理はが担当。 2017年5月30日からフレンチの秋元さくらが加わった。 レジェンドキッチン 世界のトップシェフをスタジオに招き、「秘伝のレシピ」と「至高の技」を堪能する。 2019年1月現在も不定期に放送。 現在の出演者 [ ] キャスター [ ] (2018年4月2日 - ) 2代目キャスター。 番組の進行を担当する。 改正・32条に基づく緊急事態宣言が発令された2020年4月から5月26日までは、それぞれ別の場所(自宅ではない)から中継する形で出演。 () (2018年4月2日 - ) 2代目キャスター。 番組の進行を担当する。 サブキャスター [ ]• (2012年4月 - 、タレント) ナレーター [ ]• (2018年4月 - 、)毎週火曜日 リポーター [ ] 特記のない場合はNHKアナウンサー(不定期ではあるが、が担当することもある)。 レポート項目が重大事件・事故の場合は前述のフレーズ表示無しもしくは単にレポーター表記のみの場合もある(いずれの場合もVTRではアナウンサーの場合アナウンサー表記がある)。 華丸・大吉・近江時代になってからは、通常の内容でもフレーズが入らない事が多くなった。 (2018年4月19日 - )• (2019年4月 - )• (2019年4月15日 - )• (2019年4月16日 - )• (2020年4月9日 - )• (2020年4月2日 - )• (2020年4月6日 - )• (俳優、タレント) (2010年度 - )• (俳優)(2012年5月7日 - )• (俳優)(2017年3月30日 - )• (俳優、タレント)(2017年4月4日 - )• 番組の進行を担当。 NHKが当該時間帯の情報番組のメインに職員以外を起用することは史上初。 降板翌日付でNHK退職) (2010年3月29日 - 2018年3月30日) 初代キャスター。 番組の進行を担当。 () (2010年3月29日 - 2018年3月30日) 初代キャスター。 コメンテーター・解説を担当。 解説委員長を務めた一時期は不定期出演となっていた。 レギュラー第2期では「プレミアムトーク」実施日のみ原則出演しなかった。 柳澤の不在時は原則として井ノ原・有働(もしくは代理キャスター)のみで進行された。 リポーター [ ]• ( - 2011年5月)• (2011年6月 - 2012年3月)• (2011年4月 - 2012年3月)• ( - 2012年7月)• ( - 2012年7月)• ( - 2013年3月)• (2012年2月27日 - 2013年2月)• (2012年4月 - 2013年3月)• (2012年8月 - 2014年3月)• (2013年4月 - 2014年3月)• (2012年8月 - 2015年3月))• (俳優、タレント) - 「夢の3シェフ競演」のアシスタント(2012年4月 - 2015年3月、月1回出演)• (2013年4月 - 2015年3月25日)• (2014年4月8日 - 2015年6月)• (2013年4月 - 2016年3月16日)• (2015年4月8日 - 2016年3月22日、番組開始から2012年3月までサブキャスターだったが3年間番組降板 して復帰)• (2011年5月から担当し一時期降板したが2015年6月から復帰)• (タレント、スポーツキャスター、400mメドレーリレー銅メダリスト) - 「スゴ技Q」の進行役(2010年度 - 2017年3月7日)• (2014年4月 - 2017年3月16日))• -日本語センター出向・「特選! エンタ」進行役(2011年6月24日 - 2017年3月17日))• 2017年4月20日 - 2018年3月7日)• (2014年4月 - 2018年3月14日)• (2016年4月 - 2018年3月22日)• (2018年4月5日 - 2019年3月11日)• (2016年3月17日 - 2019年3月)• (2018年5月30日 - 2020年2月12日)• (2018年4月13日 - 2020年3月24日) 金曜「特選! エンタ」ナビゲーター [ ]• 英語ナビゲーター:• 書籍ナビゲーターは専門家のゲストを呼んでいる。 進行役と音楽と映画ナビゲーターはアナウンサーが担当している。 過去のナビゲーター• 書籍ナビゲーター:(東京大学教授)( - 2013年3月)• 書籍ナビゲーター:(俳優、作家)(2013年4月 - ?)• 映画ナビゲーター:(落語家)( - 2011年4月)• 映画ナビゲーター: (芸人、タレント)(2011年5月 - ?)• 音楽ナビゲーター:(作曲家、編曲家)• 音楽ナビゲーター:(歌手、タレント) ゲスト(コメンテーター) [ ] 『生活ほっとモーニング』同様、不定期で毎日2 - 3名が交互に出演。 なお、金曜日のみ通常コメンテーターは設けていない(例外あり)。 (歌手)• (DJ、タレント)• (美容家、タレント)• (モデル、タレント)• (映画コメンテーター、タレント)• (タレント)• (歌手)• (タレント、俳優)• (タレント、モデル)• (タレント、俳優)• (俳優)• (俳優)• (歌手、タレント)• (俳優)• (タレント、俳優)• (芸人、タレント)• (スポーツキャスター、タレント)• (俳優)• (俳優)• (タレント)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (タレント、俳優)• (タレント、俳優)• ()(芸人、タレント)• (俳優、歌手)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• ()(芸人、タレント)• (俳優)• (プロフィギュアスケーター)• (タレント)• (俳優)• (俳優)• 池田レイラ()(芸人、タレント)• ()(芸人、タレント)• (俳優)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (俳優)• (俳優、タレント)• (俳優)• (タレント)• (俳優)• (歌舞伎俳優)• (俳優)• (芸人、タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (タレント、俳優、イラストレーター)• (俳優、タレント)• (俳優)• (タレント、俳優)• ()(歌手、タレント、俳優)• (タレント)• ()(芸人、タレント)• (空手選手)• (フリーアナウンサー)• ()(芸人、タレント)• (漫画家、タレント)• ()(芸人、タレント)• ()(芸人、タレント)• (俳優、タレント)• (タレント、俳優)• (ミュージシャン)• (俳優)• (スポーツキャスター、タレント)• (俳優)• (俳優)• (タレント、俳優)• (俳優)• (歌手)• (スポーツインストラクター、元バドミントン選手)• (タレント)• ()(芸人、タレント)• (モデル、タレント、俳優)• (タレント、俳優)• (野球選手、監督、タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優、タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優、歌手)• (タレント、キャスター)• (俳優)• (華道家)• ()(芸人、タレント、俳優)• (フリーアナウンサー)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (芸人、タレント)• (芸人、タレント)• (フリーアナウンサー)• (俳優)• (サッカー解説者、タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (芸人、俳優)• (俳優)• ()(芸人、俳優)• (タレント)• (俳優)• (俳優、モデル)• (俳優、歌手)• (脚本家、俳優、ミュージシャン)• (俳優)• (俳優)• (モデル、俳優)• (俳優)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• ()(芸人、タレント)• (お笑いタレント)• ()(芸人、タレント)• (ファッションデサイナー)• (俳優)• ()(芸人、俳優)• (エッセイスト、タレント)• (俳優)• (歌手)• (俳優、歌手)• (俳優)• (タレント、体操インストラクター)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (俳優)• (タレント)• (俳優、元宝塚トップスター)• (モデル、俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優、タレント、モデル)• (俳優)• (俳優)• (俳優、タレント、モデル)• (タレント、モデル)• (タレント、俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (タレント、元バドミントン選手)• (ミュージシャン、俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優、元宝塚トップスター)• (タレント)• (タレント)• (芸人、タレント)• (俳優)• (落語家)• ()(ギタリスト、タレント)• (歌手)• (フリーキャスター、タレント)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (俳優、モデル)• (俳優)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (俳優)• (俳優)• (タレント)• (歌手)• (俳優、司会者)• (放送作家、タレント)• (俳優)• (俳優、タレント)• (俳優)• ()(芸人、俳優)• (タレント、モデル)• (俳優)• 誠子()(芸人、タレント)• (タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (モデル、俳優)• (タレント)• (俳優、タレント)• ()(芸人、タレント)• (俳優)• (モデル、俳優)• (タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (浅草キッド)(芸人、タレント)• (俳優)• (俳優、タレント)• (モデル)• (俳優)• ()(芸人、俳優)• (バレエダンサー)• (作家、ミュージシャン)• (ミュージシャン)• (俳優)• (芸人、タレント)• (俳優、タレント)• (タレント)• (俳優、シンガーソングライター)• (子役、タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優、声優、タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (芸人、俳優)• (俳優)• (タレント)• (お笑いタレント、俳優)• (元プロボクサー、タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (歌舞伎俳優)• (俳優)• (俳優、タレント)• (タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (医師、タレント)• (タレント)• (歌手、俳優)• ()(芸人)• (俳優)• (放送作家、元芸人)• (俳優)• (タレント)• (俳優)旧芸名・能年玲奈• ()(芸人、タレント)• (歌手、タレント)• (俳優、タレント)• (俳優)• (芸人、タレント)• (俳優)• (タレント、スポーツキャスター)• 塙宣之()(芸人、俳優)• (タレント)• (ダンサー、タレント)• ()(芸人、タレント)• ()(芸人、タレント)• (モデル、タレント)• (ミュージシャン、俳優)• (俳優)• (タレント)• (格闘家、タレント)• (タレント)• (俳優)• (タレント)• (俳優)• (歌手)• (タレント、俳優)• (タレント)• (芸人)• (タレント)• (俳優)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (俳優)• (歌手)• (芸人、歌手、俳優)• (俳優、タレント、武道家)• (俳優)• (タレント)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (俳優、コメディアン)• (俳優)• (芸人)• (俳優)• (タレント、元女子プロレスラー)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (サッカー解説者、タレント)• (俳優、歌手)• (俳優)• (俳優)• (俳優、脚本家)• (俳優)• (芸人、歌手、俳優)• (俳優)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (タレント、スポーツキャスター)• (俳優)• (モデル、タレント)• (俳優)• (俳優、タレント)• (モデル)• (俳優、タレント)• (俳優)• (俳優)• (俳優、元宝塚トップスター)• (芸人)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• (ものまねタレント)• (俳優)• ()(ミュージシャン)• (俳優)• (タレント)• ()(芸人、タレント)• (俳優、歌手)• (俳優)• (女装家、タレント、歌手)• (俳優)• (タレント、モデル)• (俳優)• ()(ミュージシャン、俳優)• (俳優)• (俳優)• (俳優)• ()(芸人、タレント)• (演出家)• (芸人)• (俳優)• (プロフィギュアスケーター)• ()(芸人、タレント)• (俳優)• (俳優)• (作家)• (歌手)• (俳優)• ()(歌手、俳優)• (タレント、俳優)• (歌手、タレント)• (オペラ歌手、タレント)• (タレント)• (俳優、歌手)• (俳優)• (ものまねタレント)• (タレント)• ()(芸人、俳優)• ()(芸人、漫画家)• (タレント)• (タレント)• (俳優、声優)• ()(芸人、タレント)• (漫画家)• (俳優)• (モデル、俳優)• (俳優)• ゆいP()(芸人、タレント)• (タレント、俳優)• (タレント、モデル)• (俳優、元宝塚トップスター)• (芸人)• (タレント)• (芸人)• (歌手、タレント)• (俳優)• (元レスリング選手、タレント)• (俳優)• (タレント)• (タレント、モデル)• (俳優、タレント)• (タレント、俳優)• (俳優)• (俳優)• (芸人)• (俳優)• (俳優)• (芸人、タレント)• (タレント) ナレーション [ ] 基本的に生ナレーションであり、スタジオパートで映像に補足を入れたり、スタジオからの呼びかけに応えたりしている。 (声優)- 「 JAPA-NAVI」 (ぶたまんちゃんとあんまんちゃんの声も担当。 もうひとつの顔である講談師として、さらにレポーターとして顔出し出演したことがある。 (声優)- 「クイズとくもり」• (ナレーター)- 「ハレトケキッチン」「夢の3シェフ競演」• (声優• ナレーター)- 「レジェンドキッチン」 ゲストナレーター• (声優)• (声優)• (声優) 不祥事 [ ] 日本列島・食卓まるごと調査 [ ] により発生した、「」において、放射性物質が拡散したことを受け、2011年10月17日に「日本列島・食卓まるごと調査」 と題した企画を放送した。 全国の7家庭(札幌・郡山・須賀川・江戸川・目黒・岸和田・廿日市)から1週間分の3食(朝・昼・晩)の食事をペースト状にした上(以下サンプル)で、・福士政広教授の研究室において、「ゲルマニウム半導体検出器」を用いて「セシウム134」、「セシウム137」の放射性物質の検査を行った。 しかし、外部から「数値が不自然過ぎる」といった指摘を受け、その後再検査したところ、数値に誤りがあることがわかり、2011年11月24日に謝罪放送を行った。 原因として、検査装置の調整不備によるものであることが判明し、データそのものには問題がないことが分かった。 また検査に協力した家庭を対象にした検査結果表に「不検出 ND 」とは表記せず、0ベクレルと表記していることも判明した。 セシウム134の検査結果は次の通り: 家庭 最初の数値(誤った数値) 再検査後の数値 再検査後の検出限界値 北海道・札幌 5. 出演者の国営放送発言 [ ] 2014年9月16日、が「NHKは」と述べる一幕があった。 その後しばらくしてから、有働が「すみません。 私も気づかずに訂正しませんでしたがです。 皆様ので成り立っております」と訂正し謝罪した。 ハサミを研ぐ実験 [ ] 2015年4月7日に放送した「スゴ技Q」のハサミの刃の研ぎ方による効果の違いを実験で比較する検証した映像で、茶碗でハサミを研ぐ実験では刃ではない部分を研いでおり「効果なし」との結果を出していた。 放送中にその点を多数の視聴者から指摘され、2015年4月22日の放送で、ハサミの小刃と呼ばれる部分を茶碗の底で研ぐ実験を再び行い、適正な研ぎ方をすれば茶碗の底でハサミの切れ味が戻ると訂正した。 出演者の放送禁止用語連発 [ ] 2015年5月22日、ゲストのがを連発し、有働が謝罪する事態となった。 もっと知りたい沖縄・石垣島」で、陸上自衛隊施設予定地周辺の水源地に関する内容が取り上げられた。 しかし、事実と異なる内容があるとして、2019年9月17日、石垣市議会は定例会最終本会議でNHKに訂正などを求める抗議決議を行った。 於茂登山系の川のうち番組内で紹介された川の水は農業用水として使用されているが「石垣島の水道水のおよそ8割をまかなっている」などとされていたため、番組では於茂登山系水源地全体の映像を用いるなど誤解を招かないよう配慮すべきで説明不足だったとして「地元議会の決議を真摯に受け止め、より丁寧な番組作りを行ってまいります。 」としている。 備考 [ ] 井ノ原・有働の降板が決定した直後、NHKは番組終了も検討したという。 視聴者から「『おはよう日本』を7:45以前終了・朝ドラを7:45 - 8:00に編成とした上で、『あさイチ』を8:00 - 9:54に枠拡大してほしい」との声が上がっており、は「このような編成もあり得ますが、NHK報道局側は良しとしないでしょう」と語っている。 スタッフ [ ]• 音楽:• プロダクトマネージャー:渡辺悟• 制作著作:NHK 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 生活環境の変化やからそれまで8:30開始だった民放各局の朝のが順に8時開始に繰り上げたことが、『連続テレビ小説』や『』の低迷の理由に挙げられていた。 TBSは1996年にの影響でワイドショーの放送を休止(後に再開)を発表し、同年秋開始の『はなまるマーケット』では芸能関連の話題や(生活情報に直結しない)時事問題を扱わない方針を番組終了まで貫いていた。 なお、TBSは『はなまるマーケット』の立ち上げにあたり、『生活ほっとモーニング』を参考にしたという。 詳細は「 」を参照。 原則その週の『』4・5時台担当の男性キャスターが交代で担当。 重大ニュース発生時、9:10もしくは9:15まで拡大する場合あり。 2010年(8:15 - 9:18の短縮)、2011年、2016年(8:15 - 8:59の短縮)は祝日ながら放送を行った。 この他全編事前収録による番外編・特別編が組まれるケースもある。 ・など数例あり。 2017年8月28日閲覧。 デジタルテレビによる参加が不可能な地域の視聴者のために補完的な手段としてPC・携帯電話からもクイズ参加することができたが、2012年3月末を以って終了した。 稀に金曜日が祝日で放送休止の場合や、年末で翌日から放送休止となる場合は木曜日など別曜日に行われることもある。 有働は同番組の司会経験もある。 この時オープニングでは、朝ドラの主題歌・オープニングテーマを流すことが多い。 なおこの時は、視聴率が跳ね上がることも多い。 第2週は、高校野球により休止。 第3・4週は、東日本大震災の関連情報放送により休止。 第2・3週は、高校野球により休止。 第1・2・3週は、特番や高校野球中継により休止。 当時妻であったも途中から参加。 第2・3週は、高校野球により休止。 『』での共演者・も途中から参加。 番組終盤では、他の4人も集結。 彼らはこの直後に『』の司会発表会見に出席した。 妻・、も途中から参加。 第2・3週は、関連番組放送のため、休止。 『』での共演者・も途中から参加。 ・も途中から参加。 第3・4週は、高校野球により休止。 『』での共演者・も途中のみ参加。 妻・も出演。 翌日が1月17日の当日に伴う特別編成のため、1月16日(木)に放送。 第3週は片岡愛之助が出演する予定だったが、台風関連のニュース編成により休止。 第1・2週は、高校野球により休止。 第2週はコーナー休止。 第2週は3月11日が東日本大震災当日に伴う特別編成のため、3月10日(木)に放送。 NHKにおける2016年度の初回が4日のため、3月の最終週扱いとなり、4月1日に放送。 29日が祝日のため、(木)に放送。 第3週はが出演する予定だったが、のニュース編成により休止、5月12日 木 に放送。 第1週は大型連休の飛び石連休であるため、編成上の都合により休止。 視覚障害者マラソン選手。 25日(月)に放送。 第2・3週は、の特別編成により休止。 関連放送が (前震発生日のから半年後)にあるため、菅野の出演日が(木)、相葉の出演日がに変更になった。 翌が祝日()で、番組が休みのため、前日のに繰り上げになった。 『総集編1』は23日(木)、『総集編2』は24日(金)に放送。 関連放送が前震発生日から1周年にあたる14日(金)に放送されるため、前日の13日(木)に放送。 第2週は高校野球および祝日、第3週は、高校野球により休止。 第2・3週は、のにより休止。 政見放送のない一部地域ではプレミアムトーク総集編を放送。 本来の放送日である3日(金)は祝日()で番組が休みであるため、前日の2日(木)に変更。 8日(水)に放送。 に、を襲名。 番組の途中からが合流。 2月22日放送• 2月23日放送• 記載の通り、第1週はオウム真理教幹部死刑執行のニュース速報等のため8時45分頃打ち切り。 第2週は、高校野球により休止、第3週は、ダイジェスト放送。 第1週は、当日午前に発生したの報道特番だったため番組が休止、14日(金)の放送は、2本立て放送になる。 番組の途中からが合流。 10日(月)放送。 番組途中から、「スカーレット」で共演した が合流• 9時台前半に放送されることが多い。 木曜日の9時台前半に放送されることが多い。 前番組『生活ほっとモーニング』から再登板。 進行役のアナウンサーは氏名のみ・敬称略であった。 2011年9月30日には自身の母親が逝去したことで出演を見合わせた有働に代わりキャスターを担当した。 同時刻に2012年4月から始まった『』の進行を担当するため降板。 2012年4月から『』のキャスターを担当するため降板。 その後、大阪放送局へ異動後、現在はへ移り国際ニュースのキャスターを担当。 降板後にへ異動したが、「JAPAなび」で埼玉県内のロケを実施する場合には、同局のアナウンサーとしてスタジオにも出演する。 『』でもリポーターを担当した。 2014年4月から『』のキャスターを担当するため降板。 2015年から『』を担当。 『』キャスター就任のため降板。 その後、名古屋放送局へ異動。 第二子妊娠のため降板。 鳥取局へ異動および『』キャスター就任のため降板。 2012年4月から『 』の進行および『』の司会を担当するため降板。 名古屋局へ異動のため降板。 山形局へ異動および『』キャスター就任のため降板。 名古屋局へ異動および『』司会就任のため降板。 札幌局へ異動および『』キャスター就任のため降板。 新潟局へ異動および『』キャスター復帰のため降板。 福岡局へ異動および『』キャスター就任のため降板。 篠山輝信と結婚したこと及び日本放送協会退職のため降板。 宇都宮局へ異動および『』キャスター就任のためのため降板。 『』及び『』司会就任のためのため降板。 2014年2月からの「女性リアル」ゲスト兼任。 基本的に「玉ちゃん」名義で出演している。 また、測定器は同じであるものの、検出限界値はサンプルの重さなどによって異なる。 出典 [ ]• - NHK広報局報道資料 2010年1月20日• NHK有働アナ東京復帰、春目玉番組起用 - 2010年1月29日• 『』2013年11月14日号• (2013年11月6日)• ,goo• ,デイリースポーツ,2018年6月5日• なお、薬丸は『はなまるマーケット』終了直後のから同じく『』()のMCを務めている。 ,,2017年5月30日• ,日刊スポーツ,2017年5月30日• ,スポーツニッポン,2018年2月5日• ,,2014年8月21・28日号• ,goo• ,サイゾーウーマン,2010年4月24日• 『』2014年3月9日配信• ,,2014年4月5日• ,スポーツニッポン,2016年6月24日• ,週刊朝日,2014年1月3・10日号• 同事務所の同士の競合を避けるため。 調べ、関東地区・世帯・リアルタイム(以下略)。 ,,2013年5月18日• ,日刊サイゾー,2018年4月5日• ,スポーツニッポン,2018年6月4日• www. videor. 2018年6月27日閲覧。 www. videor. 2018年6月27日閲覧。 ,2014年8月21・28日号• この時間からゲストが登場し、オープニングトークに参加する。 - 日本放送協会 2018年3月28日• ,産経ニュース,2014年9月18日)• は2019年4月2日から4月21日まで福岡で自身ののためその間ピンチヒッターが代行。 ピンチヒッターは以下の通り。 (2019年4月2日-4月5日)• (2019年4月8日-4月11日)• 2019年4月15日-4月21日• 2020年3月28日閲覧。 2020年2月10日には体調不良のため局員が代理で担当した。 「 V6井ノ原 NHK朝の顔に! 有働アナとタッグ」 (2009年2月5日)• ,ORICON STYLE,2010年2月4日• ,トピックニュース,2014年9月16日• ,goo• ,goo• 2015年6月23日. 2020年3月28日閲覧。 ,トピックニュース,2015年5月22日• 琉球新報 2019年9月18日• ,スポーツニッポン,2018年2月3日• 関連番組 [ ]• 有働曰く「『あさイチ』の姉妹番組」。 2016年まで12月の放送で紅白の特集企画を行っていた。 有働は2012年 - 2015年に総合司会(本番組での実績を買われての抜擢とされる。 『』の項を参照)、2017年にから中継出演したのリポートを担当。 2014年では本番組内で紅白の司会発表会見を生中継したほか、同年 - 2016年まで井ノ原属するV6が出場した(出場歌手発表会見でも井ノ原・有働が共演した。 詳細は『』の項を参照)。 2015年では井ノ原が初めて白組司会を担当、井ノ原・有働が共同司会となった(本番組での実績を買われての抜擢とされる。 『』の項を参照)また、『』出演者でゲスト審査員のととのトークで、井ノ原が大泉をイジり倒した。 第43回(2011年)の司会を井ノ原・有働が務めた。 2012年 - 2013年に総合テレビの22時台で生放送された情報番組。 本番組と同じスタッフが制作を担当、本番組で取り上げた内容を再特集することが多かった。 なお、『ただイマ! 』の仮タイトルは『よるイチ』であった。 (2013年1月5日放送) 有働・松田司会により本番組のフォーマットで放送された『連続テレビ小説』関連の特別番組。 (NHK・共同制作による特別番組。 2013年2月2日に日本テレビ系列で放送) 有働が司会、室井がゲスト出演。 また『60番勝負』の告知として同年2月1日放送分の本番組に日本テレビアナウンサーのが出演(桝のNHK初出演でもある)。 (2013年12月30日放送) 『あまちゃん』の総集編。 番組ラストに本番組の特別編が挿入され、井ノ原・有働による番組感想トーク(通称「あま受け」)の特別版が行われた。 (2015年3月19日放送。 ラジオ第1と同時放送)• 井ノ原・有働が進行する特別番組が放送されることがある。 外部リンク [ ]• 午前情報番組枠 前番組 番組名 次番組.

次の

#あさイチ X 滝口

あさ イチ 滝口 幸広

「あさイチ」は2010年4月度から放送されているNHK朝の情報番組。 番組名の「イチ」は「市場のように様々なモノを扱う活気のある番組」という意味合いが込められていることから生活情報を中心に政治や経済、社会問題、エンターテイメントまで様々なジャンルを広く扱っている。 番組は月曜~木曜と金曜で内容が大きく異なる。 月曜は「オープニング」「週替わり企画」の第1部、「特集コーナー」や「中継コーナー」の第2部、「料理コーナー」と「エンディング」という3パート 金曜日は「オープニング」「プレミアトーク」の第1部、「エンタメ特集」の第2部、「ガーデニングコーナー」「エンディング」という3パート で構成される。 番組は2018年4月に出演キャストの大幅リニューアルが行われたが、上記の基本的な構成は継承されたままである。 その出演キャストだが、番組開始の2010年4月~2018年3月まではV6・井ノ原快彦&有働由美子(当時NHKアナ)コンビがMCを務め高い人気を誇っていた。 特に生放送で視聴者の反応を取り上げており、有働由美子アナの「脇汗問題」など週刊誌が泣いて喜ぶ話題性も豊富であった。 2018年4月のリニューアル以降は出演者を刷新。 MCには漫才コンビの博多華丸・大吉&NHKの近江友里恵アナが就任した。 この記事は現在の「あさイチ」における司会者・女子アナ・その他レギュラーなど出演者に関する情報をまとめたものである。 吉本興業所属の漫才コンビ 1990年結成 メンバーは• 【ボケ担当】博多華丸(1970年4月8日生まれ、福岡県福岡市早良区出身の50歳)• アド街ック天国」司会を務めるなど人気番組のMCに起用されることが多い 2010年3月29日~2018年3月まで「あさイチ」に出演 有働由美子アナと共に番組開始から出演していたが同様に2018年3月で番組を卒業した 有働由美子(うどうゆみこ) NHKの女子アナ 2003年入局 1980年8月5日生まれ、滋賀県伊香郡木之本町出身の39歳 明治学院大学法学部政治学科 卒 初任地は金沢放送局 その後、名古屋を経て東京アナウンス室に勤務 主に情報番組やバラエティを中心に担当 絶対音感の持ち主で中学・高校では吹奏楽部に所属、マスコミ業界を目指したのも音楽に関われる可能性を期待してのことだったという その為なのか「NHK紅白歌合戦」の中継にも携わったことがある 2017年4月から休職し夫の海外赴任に同行するため全ての番組を降板していたが、2019年4月より職場復帰 2019年5月より「あさイチ」リポーターとして復帰 宇都宮放送局への異動に伴い2020年2月で番組を降板した 上條倫子(かみじょうのりこ) MBS毎日放送が制作し、全国のTBS系列局で放送されている生放送の生活情報番組が「サタデープラス」。 2003年4月~2015年3月まで放送された「知っとこ! 」の後継番組にあたる。 2020年3月までは「いきるために、必要な情報をプラス」をキャッチコピーに、命・お金・心という生活に密着したテーマを中心に放送。 2020年4月4日より番組は大幅にリニューアルを敢行。 これまでの生活情報番組から「スポーツ」をテーマに「人・食事・健康・青春・物語」を掘り下げていく番組へと大きな変化を遂げている。 また、このリニューアルで小堺一機は番組を降板。 関西ジャニーズJr. 「なにわ男子」の藤原丈一郎、Lil かんさいの西村拓哉、嶋崎斗亜が新規メンバーとして加入する。 またMBSアナウンサーも福島暢啓アナが降板し、若手の三ツ廣政輝アナ&清水麻椰アナが新規加入した。 この記事では「サタデープラス」のMCやレギュラー、不定期のゲストなど出演者情報を中心にまとめた。 「にじいろジーン」は2008年4月から関西テレビ制作、フジテレビ系で放送開始された土曜日朝の情報番組。 開始当初から生放送で行われている。 グルメやスポット情報など生活トレンドを主に取り扱っているエンタメ番組である。 2007年4月~2008年3月まで放送された「うふふのぷ」の後任番組。 司会を務める山口智充とレギュラーのガレッジセールが前番組のコーナー担当からの継続起用である。 同番組は、山口智充と女性タレントがメイン司会を務めるが、歴代の女性司会者であるッキー・清水富美加が立て続けにトラブル発生。 出演見合わせや降板という半ば呪いのような状態が続いており、一時期はガレッジセールが司会として参加していた。 2017年7月1日より新レギュラーとして女優・飯豊まりえが加入。 ベッキー、清水富美加に次ぐ3代目(ベッキーは厳密には休演中)ということで番組に不運な流れを変えてくれる新勢力として期待されているが、2度あることは3度ある、と彼女の実を案じる声も一部では聞こえている。 飯豊まりえの加入以降は平和な放送が続いていていたが、番組自体は2020年3月で放送終了。 12年の歴史に幕を閉じることとなった。 なお、後番組は山里亮太と宇賀なつみがMCを務める新番組が編成される。 この記事では「にじいろジーン」の出演者情報を中心にまとめた。 NHKが1993年から放送している朝の情報番組「NHKニュース おはよう日本」。 基本的には月曜~日曜まで全ての曜日に放送しているが、平日と土日祝日では放送時間や出演者が異なる。 NHK総合のほか、海外向けであるNHKワールドプレミアでも放送される。 民放が同時間帯に放送する朝の情報番組やワイドショーに比べるとNHKらしい堅実な中高年向けの手堅さが作られている。 2000年代に入ってからは女性キャスターを積極的に起用しており、担当者の配置換えが行われるたびに注目されている。 現在はNHKの高瀬耕造アナ&桑子真帆アナを番組の看板キャスターとして全面に展開する。 この記事では「NHKニュース おはよう日本」に出演するNHKアナウンサーやキャスター、リポーターの情報についてまとめて掲載する。 毎回ひとつのテーマごとに取材を行い、問題を掘り下げていくNHKの報道情報番組。 1993年から放送されている人気の高い長寿番組である。 NHKらしく堅実にひとつの問題をクローズアップして深く掘り下げており、イメージ的には敷居が高かったものの視聴率を見ても好評だったことが伺える。 人気を堅調していたのは開始以来出演していた国谷裕子キャスターの存在も大きかったが、2016年3月をもって降板。 彼女の降板に合わせて2016年からは番組が大幅にリニューアルしたものの失敗。 視聴率も低迷したことから2017年4月に再度リニューアルし現在の形となっている。 この記事では「クローズアップ現代+」の主要な出演者についての情報をまとめた。 「イチオシ!! 」はHTB北海道テレビが平日の夕方に放送する生放送の情報番組。 2003年4月7日に放送開始。 既に15年以上続いている長寿番組である。 全国的なニュースは、同番組に内包する形でキー局・テレビ朝日が放送する「スーパーJチャンネル」をネット放送。 「イチオシ!」出演者は、それ以外のローカル情報パートを中心に担っている。 早朝には「イチオシ!」の姉妹番組である「イチモニ!(旧・イチオシ!モーニング)」が放送され、出演者の一部は重複している。 2019年3月いっぱいで番組の顔として出演していたタレント・ヒロ福地が卒業。 同年4月より出演者を新たにするとともに、番組名を「イチオシ!! 」と「! 」が1つ増える改題が行われる。 この記事では「イチオシ!! 」に出演するMC・キャスター・アナウンサー・リポーター・気象予報士の情報についてまとめた。 「アッコにおまかせ!」はTBSで1985年から放送開始された日曜昼のバラエティ番組。 1週間のニュースを取り上げ和田アキ子が毒を吐く、ワイドショー的な要素が強い。 メイン司会は初回から出演している和田アキ子。 そしてパートナーとなる男性司会者は峰竜太で4代目だが初出演は1993年、以降、交代はされていない。 番組進行は初代を除いてTBSの男性アナウンサーが務めている。 なお初代は古舘伊知郎が担当していた。 その他、お笑い芸人や若手女性タレント、弁護士、その他ベテランのご意見番タレントなど多数の出演者によって番組は構成されている。 毒舌のイメージが強い和田アキ子が芸能ニュースにコメントする際は、その内容がニュースサイトで記事にされやすく、同日にフジテレビで放送される「ワイドナショー」と並んで方々から注目されている番組と言える。 この記事では「アッコにおまかせ!」の出演者情報を中心にまとめた。 1993年4月3日からABC朝日放送が制作し、全国のテレビ朝日系列局で放送されている旅情報番組が「朝だ!生です旅サラダ(よみ:あさだ!なまですたびさらだ)」。 即時性の不要な旅情報番組であるものの、基本的に生放送。 全国各地からの中継リポートなども折り込まれ、ラッシャー板前とANN系列各局の女子アナが担当している。 番組開始当初は、草野仁・向井亜紀・田中義剛・竹内都子というメンバーだったが現在は殆どが入れ替わっており、開始当初のメンバーは向井亜紀のみである。 スタジオを担当するABCアナウンサーは、1~3年ほどで担当が入れ替わっている。 また、リポーターである「旅サラダガールズ」ば1年後とに大きく入れ替えが行われており、残留するのは1人~2人程度となっている。 この記事では「朝だ!生です旅サラダ」の出演者情報を中心にまとめた。 「せやねん!」はMBS毎日放送が制作する土曜の午前中~昼に放送される生放送の情報番組。 2001年4月から放送開始。 出演者の多くは吉本興業所属タレントとMBSアナウンサーで構成。 MBSアナは基本的に各コーナーの進行役 or ナレーションによる出演だが、パネリストとして出演することもある。 TBS系列局は同時間帯にTBS制作「王様のブランチ」を放送する局が多いが、関西圏では「せやねん!」を放送。 グルメやエンタメが情報の中心で20代前後の若年層がメインターゲットの「王様のブランチ」に比べると「せやねん!」は中高年を意識した時事問題なども取り入れている。 この記事では「せやねん!」に出演する吉本興業のお笑い芸人やMBSのアナウンサーに関する情報を中心にまとめた。

次の

滝口幸広が突発性虚血心不全で死去!結婚はしていた?

あさ イチ 滝口 幸広

Contents• 滝口幸広プロフィール• 読み方:たきぐちゆきひろ• 生年月日:1985年5月29日• 出身地:千葉県• 身長:179cm• 血液型:AB型• 所属事務所:スターダストプロモーション 愛称はたっきー。 高校時代にスカウトされモデル活動を開始。 「WATER BOYS」の撮影現場を見て、俳優を目指しスターダストプロモーション所属となります。 そのきっかけとなった 「WATER BOYS」の続編で俳優デビュー。 サーフィンやサッカーなどスポーツが得意な一方、料理も得意で 調理師免許も取得していました。 現在までは舞台を中心に活動。 人気の テニスの王子様は2006-2007年に 大石秀一郎役で出演。 瀬戸康史さんも出演していたときのテニミュですね。 滝口幸広さんの大石本当に大好きで瀬戸くんとも最高の黄金ペアでした。 これからもずっと大好きですありがとうございました! 心からご冥福をお祈りします。 映像作品はさきほどの「ウォーターボーイズ2」のほか、「ごくせん3」「ブザービート」「 仮面ライダードライブ」などに出演。 特に「仮面ライダードライブ」は主役の竹内涼真さん演じる泊進ノ介の元相棒。 そちらの印象が強いひとも多いでしょうね。 仮面ライダードライブで進兄さんの元相棒の早瀬を演じていた滝口幸広さん亡くなられたのか… — もつれら mtmtSF 亡くなる10日前になる11月4日までミュージカル「青春-AOHARU-鉄道」コンサート Rails Live 2019」に出演していました。 そして12月に「明治座の変 麒麟にの・る」、2020年1月からは「MANKAI STAGE『A3! 』~AUTUMN 2020~」の出演が決定していました。 ご本人もとても悔しいでしょう。 楽しみにしていたファンの皆さんも、あまりに突然のことで信じられないですよね。 若い人が亡くなるのは、本当に悲しいです。 彼女は?結婚していた? 調べてみるとグラビアアイドルの 川村ゆきえさんとの噂があったと出てきます。 結婚して、 実家のレストランを継ぐとか噂話が先行している情報が多かったです。 調理師免許を持っているため、実家を継ぐつもりなのかと思われたのでしょうか。 出演予定の舞台が立て続けに入っている時点で、そのようなことはなかったと思います。 結婚の事実も確かな情報はないようです。 突発性虚血心不全とは? 滝口さんの様子からすると、本当に突然のことだったようです。 直前まで普段どおりの生活をしていたと思われます。 突発性虚血心不全は簡単にいうと冠動脈の閉塞や狭窄により、 心臓に障害がおこること。 狭心症や心筋梗塞に近いものらしいです。 ですが、滝口さんのように 若い人に起こることは、まれなケースのようですね。 男性なら45歳以上、高血圧や肥満など成人病とされる症状のある人に多いもの。 あややのモノマネで知られる 前田健さんが、この病気で亡くなりました。 滝口さんにはあまり当てはまらないのです。 精神的、肉体的ストレスも要因とされています。 舞台出演を続けていますから、多少なりストレスはあるとは思いますけど。 これだけが原因とは考えにくいです。 もしかしてコレステロール値が高いとか、そういったことがあったとしても、死に至ることはなかなかないと思うんですよ。 滝口さんはまだ若かったので、人間ドックなど詳しい検査をしたことがなかったのかも。 しかし若い人が突然、心臓に何かあって亡くなるケースは少なからずあるようです。 ただ若い人ほど前触れはないようで、突然心臓が止まってしまう。 これほど悔いの残る人生の幕引きって悲しいです。 なんともやりきれない思いが残りますね。 滝口幸広さん。 ご冥福をお祈りいたします。 いろんな有名人の方亡くなってこられたけど、泣いてしまったのは初めてです。 タッキーの笑顔、素敵だったなぁ。 34歳、働き盛りで倒れる方、多いです。 20歳前後も多い。 最近番組の料理枠で見かけることもあったのに。 本当に悲しい。。 — キタコマユ xxwestablexx まとめ 舞台を中心に活動していた俳優、 滝口幸広さんが亡くなりました。 虚血性心不全で、突然のことだったそうです。 2020年に出演する舞台も決まっていました。 ウォーターボーイズ2、仮面ライダードライブなどに出演。 舞台はテニミュなどが代表作です。 結婚している噂があったようですが、事実ではないみたいです。 カテゴリー•

次の