アラジン 映画 曲。 【ディズニーの音楽】名曲20選!ディズニー映画・洋楽・日本語版・パークBGM

『アラジン』公開記念 推し曲投票キャンペーン|アラジン|ディズニー公式

アラジン 映画 曲

アラジン実写版で俳優たちが踊っている踊りは何ダンス? 映画アラジンの実写版を見ていると、俳優たちが華麗なダンスを披露しています。 ジャスミンのダンスシーンでの衣装や雰囲気から、私はベリーダンスだと勝手に思い込んでいたのですが、映画アラジンでのダンスは、「ボリウッドダンス」というジャンルになります。 ボリウッドダンスとは、インド映画の多くに収録されているミュージカルダンスの総称です。 世界的に有名な「ハリウッド」にかけて、インドの大都市ボンベイ(今はムンバイ)と頭文字を使って、「ボリウッド」という名がつけられました。 ボリウッドというインド系映画のミュージカルシーンが、ボリウッドダンスと呼ばれています。 ボリウッドダンスには、インドの伝統的なダンスから、フォークダンス、ヒップホップなどのポップなダンスまで、ハイクオリティーなダンスが全て組み込まれています。 そして、もう1つの特徴は、鮮やかな色彩をまとった大勢のダンサーたちが踊っていること。 見ていて飽きませんし、壮大なスケールのダンスに魅了されます。 ミュージカルとしては、ハリウッドを超えるのではないかというくらい、様々な要素のダンスが色鮮やかに披露されています。 映画アラジンの実写版は、このバリウッドダンスを取り入れていたのでした。 こちらは、素敵なボリウッドダンスを集めた動画です。 また、メナ・マスードも、ステップアップ映画シリーズを見て育ったと言っており、あこがれの振付師と一緒に仕事ができてとても光栄だったとも言っています。 映画監督のガイリッチーは、ジャマールはいつも情熱的でいつもポジティブだったと言います。 アラジン役のメナ・マスードと、ジャスミン役のナオミ・スコットは、彼らの心の繋がりを体や表情で表現する為に、パントマイムを意識してダンスをしたそうです。 さらに、アラジンの映画内では、アラジンがジーニーにコントロールされて踊るシーンがありましたが、このシーンでは、映画監督のガイリッチーのアイディアを起用し、実際に操り人形の腕を取り付けてのダンスとなったようです。 また、振り付けのアシスタントを務めたニッキー・アンダーソンも、ダンスの実力派だと言います。 A post shared by menamassoud on Feb 22, 2018 at 2:22pm PST 普段から体を使うことをしているので、ダンスの機敏な動きができているのでしょう。 また、メナ・マスードは、ダンスの他にも、映画内で華麗なパルクールを披露しています。 パルクールとは、移動をする際にジャンプしたり、壁を登ったり、バク転したりと、華麗な技をする行為ですが、まさに、アラジンの映画の中でアラジンが追ってから逃げる際の移動の仕方そのものです。 華麗な身体能力でちょこまかちょこまか動いて追手をまきます。 どうやらメナ・マスードは運動神経が高いようですね。 アラジン実写版映画でジャスミン役を演じたナオミ・スコットの踊りがうまい理由 アラジンの実写版映画で、ジャスミンを演じたナオミ・スコットは、「踊ることと作詞すること、ピアノを弾くこと」が趣味なんだそうです。 彼女も音楽のセンスがあり、日ごろからダンスをしていたのですね。 音楽を愛する人は、自然と体にリズムが入ってきます。 ナオミ・スコットも、若い頃から音楽が好きでバンドを組んでいた過去もあるので、音楽好きが高じてダンスがうまくなっているのですね。 アラジン実写版映画でジーニー役のウィル・スミスのダンスがうまい理由 ジーニー役を演じたウィル・スミスも、振付師のジャマールを絶賛しています。 映画アラジンの制作中、出演者と監督は、映画の中のキャラクターが何をして、何をしないか相談していたそうです。 そして、決まった全ての動作案をダンスでまとめたのがジャマールだったそうです。 映画アラジンは、ジャマールのダンスなしでは成立しませんからね。 ウィル・スミスは、ジャマールのダンス指示が映画を魅力的にしたと言っています。 また、ウィル・スミスは、12歳の頃からラップが得意だったそうです。 ということは、音楽のセンスが小さい頃からあったということですね。 さらに、ウィル・スミスは、映画「メン・イン・ブラック」に出演したことで有名ですが、メン・イン・ブラックの主題歌である「Men in black」はウィル・スミス自らが制作した曲でした。 ウィル・スミスのダンスが素晴らしい理由は、彼の純粋な音楽センスですね。 まとめ 映画アラジンの実写版で、ダンスシーンが素敵だった理由は、ボリウッドダンスを取り入れていたこと。 そして、凄腕な振付師のもとで、音楽のセンスや身体的能力のある出演陣が見事に踊り切っていたからなのでした。

次の

歌・サントラ|アラジン|ディズニー公式

アラジン 映画 曲

エンドソング1曲目がこちら。 ランプの魔人ジーニーのテーマ曲でもある 「フレンド・ライク・ミー」本家アニメ版は「ロビン・ウィリアムス」が歌っています。 にしても、まさかラップとは。 でもめちゃくちゃいい! アメリカ合衆国でも人気の DJキャレド。 おすすめは「 豪華すぎるアルバム」と呼ばれたこちら。 曲名 A Whole New World 歌手名 ZAYN(ゼイン)、Zhavia Ward(ジャヴァイア・ワード) サントラは3種類 発売されているサウンドトラックは3種類です。 字幕版サウンドトラック。 エンドソングも収録。 日本語の歌は収録されていません。 もちろん、 エンドソングも収録されています。 コスパ的には一番かと。 DJ違い。 — もちこ mochiko81 アラジン観てきた。 めちゃめちゃ良かった… 字幕で観たけど、アニメ版は音声英語しかも字幕なしを観て育った私にとっては、今回の実写版もなに言ってるか聞き取れなくても全然良かった。 観ているだけで、「ディズニーランド」にいる気分になります。 是非、応援上映もやってほしいですね。

次の

アラジン実写版のサントラ曲まとめ!歌の歌詞や歌手を調べてみた

アラジン 映画 曲

ストーリー [ ] 船に乗って旅をしている家族。 その父親が2人の子どもにアラジンの物語を聞かせることから始まる。 アグラバーの町で猿のアブーとともに暮らす貧しい青年アラジン。 市場へ繰り出しては盗みを働いていた彼は、ある日、変装した王女ジャスミンと出会う。 アラジンは侍女のふりをしたジャスミンと心を通わせるが、アブーが彼女の母の形見である腕輪を盗んだことで幻滅されてしまう。 アラジンは腕輪を返すために王宮に忍び込み、ジャスミンとの再会を果たすが、衛兵に捕らえられる。 国務大臣のジャファーは、ジャスミンが王女であることをアラジンに教え、チャンスを与えると言って、魔法の洞窟に入って魔法のランプを取ってくるよう命じる。 アブーとともに洞窟に入ったアラジンは、岩に挟まれていた魔法の絨毯を助け、ランプを取ることに成功するが、アブーが「ランプ以外の財宝に触ってはいけない」という掟を破って宝石に触れたことで、洞窟に閉じ込められてしまう。 途方に暮れたアラジンだったが、絨毯の指示でランプをこすったところ、ランプの中から魔人ジーニーが出現。 ジーニーはランプをこすりながら願い事を言えば3つかなえると言う。 アラジンはジーニーの目をごまかして願い事を言ったふりをして魔法を使わせて洞窟から脱出すると、1つめの願いで架空の国「アバブワ」の王子・アリとして名前と服装を変え、ジャスミンのもとへと向かう。 登場キャラクター [ ] アラジン 本作の主人公。 アグラバーに暮らす貧しい青年。 市場でコソ泥として生活をしている。 ジャスミンと出会い、恋に落ちる。 アニメ版と比較すると気弱で不器用な面が強調されている。 ジャスミン 本作のヒロインで、アグラバーの王女。 自分を他国の王子と結婚させようとする父・サルタンや、武力で他国を支配しようとするジャファーに反発している。 アニメ版と比較すると宮殿の外に出られないことへのコンプレックスが強調されている。 ジーニー ランプの魔神。 3つまで願いをかなえることができる。 アニメ版と比べ、やや皮肉屋なところがある。 また、アニメ版とは異なりアラジンを「アル」の愛称では呼ばず「坊や」と呼び、願い事の制限も死者蘇生と恋愛は挙げているが、殺人については言及していない。 ランプから出てきた当初は数メートルの巨体だったが、アラジンと同じくらいの背丈の人間に姿を変えることも可能で、ジャスミン達の前では、アリ王子(アラジン)の従者として振る舞っている。 ジャファー 本作の。 アグラバーの国務大臣。 魔法のランプを手に入れ、アグラバーを支配しようとする。 また、他国を武力で制圧してでも勢力を拡大しようと目論んでいる。 アニメ版と比較すると若くなっており、出番が減少している。 しかし、アニメ版では語られなかった大臣の地位に至るまでの経緯に触れられている。 イアーゴ ジャファーの忠実なしもべのオウム。 声真似が得意。 オウムとしては非常に利口ながら、人間並みの知能とジャファー以上の饒舌を持っていたアニメ版ほどでは無い。 実写映画版独自の展開として、ジャファーの魔法により巨大な怪鳥に変身し、魔法の絨毯に乗ったアラジン達と空中戦を繰り広げる。 サルタン アグラバーの国王で、ジャスミンの父。 妻を亡くして以来、ジャスミンに過保護気味になっている。 アニメ版と比較すると、無邪気さやのんきな雰囲気は見られず国王らしい威厳のある人物となっている。 ダリア ジャスミンのでありよき友人のような存在でもある。 終盤でアラジンの願いで人間になったジーニーと一緒に旅をしようと結ばれ、冒頭に出てきた2人の子ども、リアンとオマールを授かった。 アニメ版には登場しない実写映画版のオリジナルキャラクター。 アブー アラジンの相棒のサル。 言葉は話さないが、鳴き声でコミュニケーションを取る。 盗みの天才。 ラジャー ジャスミンのペットのトラ。 ジャスミンが幼い頃からの親友で、彼女の命令しか聞かない。 リアン、オマール 映画の冒頭部分に登場した2人の子ども。 リアンが女の子でオマールが男の子。 人間になったジーニーとダリアの子どもである。 魔法の絨毯 洞窟内にいた、意思を持つ空飛ぶ絨毯。 岩に挟まれて身動きが取れなくなっているところをアラジンとアブーに助けられ、彼らと行動を共にする。 ジーニーとは長い付き合い。 魔法の洞窟 喋る洞窟。 入れるのは「ダイヤの原石」のみ。 アニメ版ではトラの顔の形をしていたが、本作ではライオンに変更されている。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 アラジン ジャスミン ジャファー サルタン ダリア ナシム・ペドラド アンダース王子 イアーゴ (声) ハキーム ヌーマン・アジャル ラズール ロビー・ハインズ オマール ジョーダン・A・ナッシュ リアン タリア・ブレア ジャマル アミール・ブートゥロス 魔法の洞窟 (声) 製作 [ ] ディズニーのファンイベント「D23 Expo 2017」でキャストが発表された。 2017年8月、イギリスで撮影を開始した。 興行収入 [ ] 『アラジン』観客動員数・興行収入の推移 観客動員数 (万人) 興行収入 (億円) 備考 週末 累計 週末 累計 1週目の週末 2019年6月8日・9日 1位 76. 6 96. 0 11. 2 14. 0 2週目の週末 6月15日・16日 75. 7 250. 0 11. 0 35. 8 3週目の週末 6月22日・23日 69. 1 385. 7 10. 0 55. 2 4週目の週末 6月29日・30日 61. 1 504. 9 8. 8 72. 2 5週目の週末 7月6日・7日 46. 8 598. 6 7. 0 85. 6 6週目の週末 7月13日・14日 3位 35. 0 690. 4 4. 9 98. 4 累計観客動員数および累計興行収入は7月15日までのもの。 7週目の週末 7月20日・21日 4位 19. 3 730. 5 2. 9 104. 2 7月17日に令和初の興行収入100億円を達成。 8週目の週末 7月27日・28日 6位 767. 5 2. 1 109. 5 9週目の週末 8月3日・4日 9位 797. 1 1. 3 113. 6 出典 [ ]• シネマトゥデイ. 2018年12月14日. 2018年12月21日閲覧。 2019年6月14日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 com. 2019年4月10日. 2019年4月11日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年6月7日. 2019年6月7日閲覧。 映画ナタリー. 2019年3月26日. 2019年3月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年5月10日. 2019年5月10日閲覧。 「」『THE RIVER』、2017年7月16日。 2018年10月4日閲覧。 com. 2019年6月10日閲覧。 com. 2019年6月17日閲覧。 com. 2019年6月24日閲覧。 com. 2019年7月1日閲覧。 com. 2019年7月8日閲覧。 com. 2019年7月16日閲覧。 com. 2019年7月22日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年6月22日閲覧。 com. 2019年7月29日閲覧。 com. 2019年8月5日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の