サンシャイン シティ vr。 池袋の3つのVR体験施設をご紹介

池袋のサンシャイン60展望台、新VRコンテンツが登場 65才以上無料キャンペーンも

サンシャイン シティ vr

もくじ• 休日の展望台のチケット販売所は大行列で大混雑! スカイサーカスのチケットですが、サンシャインシティの地下1階で買うことができます。 ちょうとWebシステムがメンテナンス中で稼働していませんでしたので、当日券の券売所で購入することになりました。 現在はWebシステムが復旧しており、VR体験ができるチケットが入場券とセットで、入場する前日の20時までに買うことができます。 朝10時ぐらいに着きましたが、約15分ぐらい発券に時間がかかりました。 展望台へのチケットを手に入れたら、こちらの待ち行列に並ぶ必要があります。 エレベーターの前に着くまで約20分かかり、大混雑する休日は入るまでに 30〜40分は見ておいた方がいいかもしれません。 「すごい、天井がキラキラしている!」 エレベーターの中が一瞬で暗くなってびっくり! まるでプラネタリウムの中にいるかのようです。 耳がキーンと痛くなりながらも、一瞬でサンシャインシティの60階にたどり着きました。 壁がこんな風にかわいく動いて、まさに天空のサーカス! 「 まだ並ぶの?ねぇ、まーだ?」 イライラする子どもたちに言われて、さらに行列にイライラしながらも、何とか40分後に最初のエンターテイメントあふれる部屋に入れたのでした。 この部屋の中は撮影禁止だったのですが、3D映像と共に迫力満点の4D体験ができる部屋になっていますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。 部屋を抜けたら、高さ251mから東京の上空が一望できる! 部屋を出ると、まさに展望台と言えるような世界が広がっていました。 天井のランプはまさにサーカスのような作りになっていて、眺めているだけでワクワクしてきます。 「すごい、全部が模型みたいになっている!」 池袋から新宿高層ビル群など、東京中の景色が 高さ251mから眺めることができます。 画面の下は3D映像になっていて、トランポリンを渡り歩きながら東京上空を跳ねて回っている感じを体験できます。 東京タワーも出てきて、子どもたちはみんな一緒になってキャーキャー言って楽しんでおりました。 まるで万華鏡の中にいるような幻想的な世界がいっぱい! 「無限スケープ」というエリアでは、ミラーに映る自分が変形したりして、その姿をスマホに撮ったりして遊べるエリアです。 小さな黒い穴からのぞいてみると、目の前に万華鏡の世界がいっぱいに現れます。 スマホで撮れば、こんなにキラキラした写真を撮ることができます。 部屋に入ると、自分が万華鏡の幻想的な世界に入ったように、うっとりした気分に浸れます。 こんな風に大画面の前で踊ることで、ピカピカっと光る雷ビームを集めたりと、体中から体感できる仕掛けがたっぷりとありました。 私の娘たちは、ずっと最前列で30分以上も踊りまくっていました。 キラキラした世界の中で、幻想的でワクワクするような世界を味わうことができるのです。 スカイサーカスの1番の目玉は東京上空を散歩できるVR体験! スカイサーカスの1番の目玉と言ったら、やはりこちらの「TOKYO弾丸フライト」ではないでしょうか? まさに見た目が、ドカーンと飛んでっちゃう人間大砲です! 1回600円するのですが、残念ながらチケットは完売しておりまして、当日券を買って順番待ちをするしかありませんでした。 乗りたかったのですが、あまりにも大混雑していて日が暮れてしまうと思いましたので、今回は泣く泣く見送ることにしました。 ちなみに13歳未満の子供、妊娠中や乗り物酔いしやすい方など、体調が悪い方は利用することができませんのでご注意ください。 しかし今回は「スウィングコースター」は比較的空いておりましたので、400円で当日券を購入してVR体験をしてみることに。 こんな風にVR体験ができるVRヘッドセットを装着して、ブランコに乗って待機します。 こちらは誰もが見られるモニターですが、まさに周りを見るとこんなキャラクターに人間が変わっているのです。 池袋の街ナカをレールに沿って、ジェットコースターのように飛び回る感じです。 これがかなり怖い! 風はビュービュー目の前からかかるし、本当に揺れている感じだし。 上空から落ちるときは、まさにお腹がキュッとするぐらいの スリル満点の体験をすることができました。 天空のカフェでは、オリジナルカフェメニューがいっぱい! 色んな体験をしたら、お腹がペコペコになりますよね。 スカイサーカスには、天空のカフェ「Cafe Quu Quu Quu」がありまして、スカイサーカスにちなんだオリジナルカフェメニューがたくさん販売されています。 カフェの名前の由来は、 Quu(空)で、おなかが Quu(クゥ〜)と鳴ったら、おいしいサプライズを Quu(召し上がれ)!という意味だそうです。 熱々の鉄板で出てくるオリジナルチキンカレー「SKY CIRCUS TENTカレー」をはじめ、パチパチはじけるびっくりドリンクやパフェなど、スイーツもたくさんありました。 サンシャインシティの中には、スカイレストランが下の階にありますし多数の飲食店が入っていますので、食べる所に迷うことはありません。 ただ休日は飲食店も大混雑していますので、早めに行動されることをおすすめします。 カフェの隣にはお土産コーナーもありまして、スカイサーカスオリジナルグッズが多数販売されています。 池袋と言えば「イケフクロウ」が有名ですが、フクロウにちなんだキャラクターグッズもたくさんあって、どれもかわいかったですよ。 ただの展望台ではない。 もはや天空で体験できる新アトラクション 実は今回行くまではまったく興味が沸かず、池袋にくわしい夫に「新しく展望台がオープンしたから行ってみようよ。 」と言われて行っただけなのです。 リニューアルオープンしたのも知らなくて、展望台って眺めるだけでしょ?って高をくくっていたら、常識が覆されてびっくり仰天してしまいました。 休日はエレベーターに乗るまで時間がかかりますし、正直イライラしてしまいますが、そんな イライラも吹っ飛んでしまうぐらいおもしろかったです。 特にVR体験は、ほんと1度でいいので体験した方がいいですよ。 こんなワクワク体験をしたら、「プレイステーションVR」がますます欲しくなってしまいました。 カップルだけではなく、特に子どもたちがずっと跳ねて踊って遊びまくっていましたので、ぜひ ファミリーにもおすすめのレジャースポットに間違いありません。 池袋にお越しの際には、サンシャインシティに寄ってワクワク過ぎる 「未体験の池袋」を体験してみてくださいね。 スカイサーカス サンシャイン60展望台の詳しい情報はこちら• 住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャイン60 60階• 電話:03-3989-3331• 入場料:大人 1,800円、高校・大学・専門学生 1,500円、小・中学生 900円、4歳以上 500円、3歳以下は無料• 電車:JR池袋駅東口から徒歩8分、東京メトロ東池袋駅2番出口から徒歩3分• 時間:10:00〜22:00(営業時間が変更になる場合あり)• スカイサーカス サンシャイン60展望台のサイトは 池袋周辺やレジャー施設に行かれる方は、こちらも要チェック! 池袋の街ナカを散策して、住みやすい箇所はどこかを調べてきた GWや夏休みは大混雑!「サンシャイン水族館」にお得に入る方法はこちら 全国のレジャー施設の割引クーポンは、ネットで入手がお得!.

次の

サンシャインシティ

サンシャイン シティ vr

出典:SKY CIRCUS サンシャイン60展望台 SKY CIRCUS サンシャイン60展望台は「東京を、空からおもしろく。 」というコンセプトで「もし、空を自由に飛べたら…」といった願いをVRやアトラクションで体感できるように池袋のサンシャインシティに作られた「遊べる展望台」です。 展望台から風景を「見る」だけでなく、「体感する」ことを目的としていくつかのエリアが用意されています。 エリアの中にはVRアクティビティ以外でも多くのアトラクションが用意されており、様々な体験ができるようになっています。 本記事では用意されているアクティビティ、行く前に準備しておきたいことを説明し、SKY CIRCUS サンシャイン60展望台をとことん遊びつくせるよう紹介していきます。 SKY CIRCUS サンシャイン60展望台の3つのVRアクティビティ はじめにSKY CIRCUS サンシャイン60展望台にある3つのVRアクティビティを紹介していきます。 すべてが空に関係のあるアクティビティになっており、展望台という場所の特性を存分に生かしたものばかりです。 空を飛べるアクティビティは別の施設にもありますが、ここのアクティビティは特に迫力のあるものが多く興奮すること間違いなしです。 1 TOKYO弾丸フライト このアクティビティでは人間大砲となって池袋のサンシャインシティを飛び出し、未来の東京をめぐる空の旅を楽しむことができます。 途中では、スカイツリーよりもはるかに高い「東京グレートタワー」や秋葉原、六本木など東京を代表する町の名所を堪能できます。 実際に大砲の発射台に乗り込んでVR体験を行うので、没入感は抜群です。 体験中は音声でガイドもしてくれるので、未来の名所巡りを体験しているような気分になれるでしょう。 2 スウィングコースター ブランコ型のコースターに乗って、池袋の街並みを上空から見ることができるVRアクティビティです。 本物のジェットコースターに乗っているかのような迫力あるVR体験ができます。 また、体験する時間帯によって、DayモードとNightモードが変化したり、複数人で体験するときは全員が違うコースを体験できたりと、細かいところにもこだわりのあるアクティビティとなっています。 3 SKYエスケープ ~高所恐怖体験~ 池袋の街を一望できる高層ビルをエレベーターで移動しながら、ガンアクションで敵を倒し、ヘリコプターで脱出を目指す高所脱出VRアクティビティです。 高所VRアクティビティの特徴でもある、足がすくむような恐怖感を圧倒的な没入感で味わえます。 他2つのアクティビティは未来の東京や池袋の街を楽しむことのできるアクティビティでしたが、このアクティビティでは高所の恐怖と迫ってくる敵に気を取られてなかなか景色を楽しむことはできないかもしれません。 スカイサーカスのVRアクティビティの中でも特にアクション性の高いものであることは頭に入れておいた方が良いでしょう。 VRアクティビティ以外のコンテンツも充実! SKY CIRCUS サンシャイン60展望台にはVRアクティビティ以外にも多くのコンテンツが存在しています。 VRにも決して劣らない幻想的なコンテンツも多く、ここでしか体験できないものばかりで、観光スポットとしてもデートスポットとしてもおすすめの空間になっています。 無限スケープ 出典:SKY CIRCUS サンシャイン60展望台 最後に紹介するグルグルSHOTは錯視アートの空間に入り込んでふしぎな写真が取れてしまう一風変わったアトラクションです。 もちろんイチオシのフォトスポットなので、ぜひインスタ映えする1枚を撮影してみてください。 SKY CIRCUS サンシャイン60展望台に行く前に知っておきたいこと SKY CIRCUS サンシャイン60展望台はVR体験施設である前に、とても人気のある池袋でも有数の観光スポットです。 VRコンテンツの予約や混雑状況などを考えずに入場してしまうと思ったように回れない可能性もあります。 事前準備はしっかり行っておきましょう。 チケット予約・割引チケットについて SKY CIRCUS サンシャイン60展望台は水族館とセットで入場チケットを購入することもできます。 現地での当日チケット販売は、10:00~20:50の間で行われています。 また、「じゃらん」などのチケットサイトでは日時を指定して予約チケットを購入することも可能です。 入場チケットの料金は次の通りです。 展望台 展望台・水族館セット 大人 1,200円 2,800円 学生 (高校・大学・専門学校) 900円 2,550円 こども (小・中学生) 600円 1,500円 幼児 (4才以上) 300円 800円 また、VRコンテンツ3つは体験の際の料金が決まっています。 TOKYO弾丸フライト 600円 スウィングコースター 400円 SKYエスケープ 500円 入場チケットやVRチケットはWEBで購入することも可能で、公式サイトからアプリ、もしくはQRコードタイプのチケット申し込みができます。 WEB購入をしておけば当日チケット売り場で並ぶ必要がないので待ち時間なしで入場ができるため非常におすすめです。 また、JTBチケットなどチケットサイトから本来の料金から100円引きで入場できる割引チケットも購入できます。 子供は50円引き、幼児は30円引き 各種チケットサイトの割引や公式サイトからのWEB購入を利用して時間やお金を有効活用してください。 混雑状況や待ち時間について SKY CIRCUS サンシャイン60展望台は人気観光スポットなので、休日はスタート地点であるチケット売り場から混雑が予想されます。 発券に15分ほどかかってしまうこともあるので、あらかじめWEB予約をしておいた方が良いでしょう。 VRコンテンツは多くのアトラクションの中でも特に人気があり、前売りチケットが完売してしまっていることもありますので、できるだけ早めの購入を推奨します。 当日チケットは現地で購入できますが、前売りチケットが売り切れてしまうような日は当日チケットだと30分以上の待ち時間は避けられないでしょう。 平日ならともかく休日は予約推奨です。 そしてVRコンテンツのチケットは早めに購入しておいた方が良いです。 アクセス・営業時間について SKY CIRCUS サンシャイン60展望台は東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ サンシャイン60ビルの60Fにあります。 有楽町線の東池袋駅から徒歩3分、東京メトロ、JR、西武線、東武線の池袋駅から徒歩8分です。 車の方は首都高速道路、東池袋出口から地下駐車場に直結しています。 駐車料金は30分300円です。 営業時間は10:00 ~ 22:00で、最終入場は終了1時間前です。 営業時間は変更になる場合があるので必ず確認してから入場してください。 服装の注意点について 大きなアクションを伴うアトラクションは無いため、服装は特に注意する点はありませんが、動きやすい服装で入場した方がVRコンテンツの体験はしやすくなるでしょう。 スカートやヒール、サンダルでの入場も基本的には問題ありません。 まとめ SKY CIRCUS サンシャイン60展望台はVR体験もできる観光スポットです。 VR以外の楽しみ方ができる点がVR体験専用施設と大きく異なります。 ぜひ家族や友人、恋人と海抜251mでの空中アトラクションを体験して最高のひと時を過ごしてください。

次の

サンシャインシティ、都民の日・埼玉県民の日に割引

サンシャイン シティ vr

株式会社バンダイナムコアミューズメントは、アニメとゲームに入る場所「MAZARIA マザリア 」を、池袋・サンシャインシティ ワールドインポートマートビル3階に2019年7月12日(金)オープンします。 アニメとゲームに入る場所「MAZARIA(マザリア)」は、アニメやゲームのキャラクターたちと現実世界の人間が、互いに楽しく遊べる場所を目指して、三次元と二次元の世界をつなぐ狭間の世界という設定です。 施設内を4つのコンセプトエリアにわけ、アニメやゲームの中に自身が入り込むような没入感をアクティビティ体験中はもちろんのこと、内装やBGMなど空間全体で演出します。 VR ZONEで従来設置しているアクティビティに加え、施設オープンに合わせて4つのアクティビティを開発。 バンダイナムコアミューズ メントが長年培ってきたテーマパーク開発力(アトラクション開発力、VR技術、運営ノウハウ)を集約した新コンセプトのエンターテインメント施設にどうぞご期待ください。 【注目 アクティビティ紹介】 「 アスレチックVR P AC-MAN CHALLENGE(パックマンチャレンジ)」 最新のVRデバイス「Oculus Quest」を使ったアクティビティ。 プレイヤー自身がパックマンになり、ゴーストから逃げながら全身でクッキーを集めてラウンドクリアを 目指そう。 また、本作のオフィシャルテーマ曲は、Ken Ishiiさんによる描き下ろし楽曲 「The World of PAC-MAN」 Official Theme Song for PAC-MAN CHALLENGE。 今の時代ならではの体を動かして汗をかきながら楽しむ新作パックマンの世界を 音楽面から盛り上げてくれます。 2017年、ベルギーで行われている世界最高峰のビッグフェスティバル「Tomorrowland」に出演するなど常にワールドワイドに活躍、今年日本デビュー25周年を迎える。 「太鼓の達人 VRだドン!」 大人気和太鼓リズムゲーム「太鼓の達人」が、VRアクティビティで登場。 「ゾンビサバイバルゲーム ハード・コール 」 ゾンビウイルスがまん延している街の生き残りになってしまった体験者。 ウイルスの感染を防ぎながら街から脱出することがミッションです。 感染しないためには「触れられないこと」。 銃を武器にミッションコンプリートを目指します。 「パックマンゴーラ ウ ンド」 パックマンやゴーストがカルーセルになって登場! Ken Ishiiさん描き下ろしの、「The World of PAC-MAN」 Official Theme Song for PAC-MAN CHALLENGE が流れるカルーセルがMAZARIAに入ったお客さまをお迎えします。 お客さま自身がまざりあう世界に入るための準備をする場所。 < FESTIVAL ZONE> みんなでワイワイ楽しむZONE。 全身を使ってアニメやゲームの世界を体感します。 <ADVENTURE ZONE> 大自然やフィールドの広い空間で楽しむアクティビティに挑戦! <PANIC ZONE > 絶叫必至!さまざまな試練に焦らず冷静に立ち向かえ!! これによりVR体験の内容や楽しさをより多くの人にわかりやすく表現することができます。 施設オープンを記念し、11月4日(月)までは期間限定で、割引価格で販売します。 別途専用チケットが必要です。 詳しくはホームページをご確認ください。 > アスレチックVR PACMAN CHALLENGE<NEW!! > 巨大風船爆発ルーム パニックキューブ 太鼓の達人 VRだドン! <NEW!! > マリオカート アーケードグランプリVR 【ADVENTURE ZONE】 急滑降体感機 スキーロデオ 極限度胸試し ハネチャリ 釣りVR GIJIESTA ドラゴンクエストVR VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎 冒険川下りVR ラピッドリバー 【PANIC ZONE】 恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル 極限度胸試し 高所恐怖SHOW ゾンビサバイバルゲーム ハード・コール<NEW!! , LTD. 発表後予告なしに内容が変更されることがあります。 あらかじめご了承ください。

次の