シマノ シーバス。 メーカー別シーバスロッドおすすめ紹介 シマノ編 2020年版

シーバスリールの人気おすすめランキング15選【多数の番手掲載】

シマノ シーバス

コスパ最高!シマノ 20エクスセンスBB シマノのシーバスブランド、エクスセンス。 シーバス専用のロッド、リール、ルアーと幅広くラインナップがされていますが 中でも、エントリーモデルのリール、エクスセンスBBシリーズが今年リニューアルされました。 その20エクスセンスBBが素晴らしい完成度でしたのでご紹介いたします。 注目すべきスペックは、BBシリーズでは初となるXプロテクトが搭載されています。 このXプロテクトは、シマノリールにおける防水テクノロジーですが これが、BBシリーズで初めて搭載されたのはうれしいですね。 シーバスフィッシングでは、ウェーディングなど水面の近くで釣りをすることも多いので 防水性能はとても重要です。 また、シーバス以外の釣りにおいても、日頃のメンテナンスで水洗いをすることもあると思いますので 高い防水性能はもはやリールにおける必要不可欠な性能といえます。 このほかに、Gフリーボディやラピッドファイアドラグなど多くの機能を兼ね備えています。 この20エクスセンスBBはステラやツインパワーと同じ「コアソリッド」シリーズで ヴァンキッシュに代表される、軽快な巻きをコンセプトとした「クイックレスポンス」シリーズではありません。 この「コアソリッド」シリーズは、滑らかな巻き心地をコンセプトとしており 巻きはじめは少し重く感じるかもしれませんが、巻きはじめるとその滑らかさに心地よさを感じると思います。 実際に巻いてみましたが、その巻き感はかっちりした印象を持ちました。 シーバスには十分な剛性も備えていることでしょう。

次の

シマノおすすめシーバスロッド11選!スピニング・ベイトどちらもチェック!

シマノ シーバス

日本を代表する釣り具メーカーシマノ。 ソルトルアーロッドのラインナップも非常に多岐に渡り、ショア、オフショア問わずさまざまなロッドが販売されています。 もちろんシーバスロッドも例外ではなく1万円を切る安価なエントリーモデルから、ベテランシーバスアングラーも満足できるエクスセンスシリーズなどさまざまなロッドがラインナップされています。 またそれぞれの使いたいルアーやフィールドに合わせてより細分化されたロッドが増えてくるため、自分のスタイルが確率されているアングラーであればあるほど、上位モデルを求める方が増える印象です。 シマノのシーバスロッドの長さはそれぞれのモデルによって若干異なりますが、8から10フィート前後のラインナップがもっとも豊富です。 ロッドは長くなればなるほど、扱えるルアーの上限は高くなり、遠投性能が上がります。 しかし漁港やボートなどの取り回しの良さが大切になるフィールドでは長さがネックになることも多いです。 そのため磯、サーフ、漁港、河川、ボートなど、自分がメインとして使用するフィールドに合わせた長さを選ぶことが大切です。 またさまざまなフィールドで扱える汎用性の高いモデルを探している方は8フィート後半のレングスがおすすめです。 シマノのシーバスロッドの長さは価格帯が上がるのに合わせて、細かく細分化されるため、フィールドや取り回しの良さがハマるロッドを探している方はやや予算を上げることになる場合もあります。

次の

シーバスリールの人気おすすめランキング15選【多数の番手掲載】

シマノ シーバス

アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部 シーバスに適したリールとは シーバスフィッシングは都市部の河川や港湾から磯・サーフまで、幅広いエリアで手軽に楽しめ釣りです。 それゆえにフィールドとシーバスの食性に合わせて釣りをする必要があり、釣り方も変わるため、最適な道具を選ぶのは簡単ではありません。 本記事では、元釣具屋の筆者がシーバス用リールの選び方を解説し、厳選したおすすめリールをレビューとともに紹介します。 リール選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。 シーバスリールの選び方1. エリアに合った適切なリールのサイズを確認しておきましょう。 2500〜3000番サイズは港湾部・湾奥エリア向け 2500〜3000番サイズは軽量かつコンパクトで操作性が良く、港湾部や湾奥などの小〜中規模なフィールドに適しています。 4000番サイズにはパワーで劣りますが、これらのフィールドでは強い巻き取り力が要求されないため、軽量な2500・3000番サイズがおすすめです。 岸釣りの中では屈指の汎用性を誇り、エギングなどとも兼用できるので、迷ったら2500・3000番サイズを選ぶと良いでしょう。 4000番サイズは磯やサーフ・大型河川向け 巻き取り力が高く、飛距離に長ける4000番サイズは規模の大きなフィールドにおすすめです。 強引なやりとりが想定される磯や流れの速い河川、広い範囲を探る必要がある大型河川やサーフなどに向いています。 2500・3000番よりもスプールの径が大きくてライン放出時の抵抗が少なくなるため、飛距離が伸びるのは大きなメリットです。 シーバスリールの選び方2. 重量と剛性 スピニングリールは、軽さを重視したリールと剛性を重視したリールの2種類に分かれる傾向があります。 軽さと剛性のどちらを優先するかで悩む方も多いので、それぞれのメリットを確認しておきましょう。 軽いリールのメリット 軽いリールのメリットは、持ち重りの少なさと感度の高さが挙げられます。 タックルを持った時に余計な力が入らないので、巻き取り時のルアーの動きや流れの変化などが判りやすくなります。 また、ローターが軽い素材で作られているため、巻き出しが軽くて回転レスポンスが良いことが特徴です。 シンキングペンシルやワームなどの軽くて引き抵抗が小さいルアーや、ストップ&ゴーを繰り返す釣り方に向いています。 高剛性なリールのメリット 剛性の高いリールは、強い負荷がかかった状態でも安定して巻くことができるので、大型ルアーの操作や大型魚とのやりとりにおいてアドバンテージがあります。 その多くが金属製のボディを採用しているので重たくはなりますが、たわみが少なくて巻き取り時の駆動ロスが少ないパワフルな使用感を感じられるはずです。 大規模なフィールドで釣りをする方や大型狙いの方は、剛性を重視してリールを選ぶと良いでしょう。 シーバスリールの選び方3. ギア比 多くのリールには、ノーマルギア仕様とハイギア仕様(エクストラハイギアも含む)がラインナップされています。 釣り方によって適切なギア比は異なりますので、それぞれが得意とするシチュエーションを理解しておきましょう。 ノーマルギアはナイトゲーム向け 光量の少ないナイトゲームではシーバスがルアーを見つけにくく、ゆっくり誘う釣りが中心となるのでノーマルギアが適しています。 ノーマルギアは巻き上げトルクが高く、少ない力で回転するので低速巻きに向いていて、繊細な釣りすることが可能です。 また、巻き上げトルクが高いので大型魚とのやりとりや重たいルアーの操作が楽なこともメリットです。 ハイギアはデイゲーム向け デイゲームでは、魚にルアーを見切られないように速めの速度でアプローチする釣りが中心となるため、ハイギアが有効です。 ミノーや鉄板バイブレーションなどを速巻きしてリアクションバイトを誘う釣りにマッチしており、巻き感度の高さもメリットです。 ルアーの回収が早いため、広いエリアや流れが強い河川、磯にも好相性。 近年はハイギアが人気の傾向にあります。 シーバスリールの選び方4. レバーブレーキリール レバーブレーキリールを使う最大のメリットは、任意のタイミングでリールから糸を出せるため、魚の動きをコントロールできることです。 エラ洗い直前の助走のタイミングで糸を緩めることでジャンプを回避するといった、普通のスピニングリールではできないようなファイトができます。 扱いには多少の慣れが必要で、リールが重たくなるデメリットもありますが、使いこなせればシーバスのキャッチ率を大幅にあげられるでしょう。 おすすめのエントリーモデル(1万円前後) 1万円前後のリーズナブルなエントリーモデルを集めました。 これからシーバスフィッシングを始められる方にぴったりのリールです。 レガリス LT3000D-C(ダイワ) 軽さと強度を兼ね備えたハイコストパフォーマンスなリールです。 滑らかに効き続けるATD(オートマチックドラグシステム)を採用している点がGOOD。 急な突っ込みでのラインブレイクを防ぎつつ、じわじわと魚の体力を奪ってくれます。 軽い巻心地、自重もしっくりくる重さ。 なんといってもデザインがかっこよすぎる。 リールて飽きがきたりしますがサステインはデザイン共に巻き心地がいいのですごく長く使えると思います。 出典: おすすめのハイクラスモデル(3万円以上) 3万円以上のハイクラスモデルを集めました。 シーバスを極めたいという方におすすめです。 ツインパワー 3000MHG(シマノ) アルミボディに金属ローターを組み合わせた、高剛性・高耐久が魅力のリールです。 ローター部分のたわみが少いので、巻き上げ力に優れ、フッキング時のガタつきも無く、ドラグ性能も優れています。 さらに、金属ローターは慣性が強く働くため、滑らかに回り続けるような巻き心地を誇ります。

次の