みぞおち あたり が 痛い。 みぞおちに感じる違和感や圧迫感の原因は?

みぞおちが苦しいし息苦しい!その原因と対処方法!

みぞおち あたり が 痛い

みぞおちの下には何の臓器がある? まず、気になるのが、 痛みを感じるのは、何の臓器か? ということです。 実は、みぞおちの周辺には、いろいろな臓器があります。 図だと、の図が、一番分かりやすいです。 言葉で説明していくと、 肝臓:右上腹部のろっ骨の内側、横隔膜の下 胃:横隔膜の下、肝臓の左側 胆嚢 たんのう :右上の腹部、肝臓の下に潜り込んでいる 膵臓 すいぞう :みぞおちとへその間のあたり 十二指腸:胃の出口から小腸までの間の部分 食道:喉と胃をつないでいる という感じになります。 考えられる症状 痛みの原因 みぞおちが痛む場合の症状 原因 をいろいろとまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 食後の痛みなどの場合 みぞおちやお腹の上のあたりに持続的な鈍い痛み 鈍痛 が表れます。 押すと痛い場合は胃潰瘍の可能性があります。 胃潰瘍は、 食後に痛みを感じる場合多いです。 痛みの原因は、食後に胃酸が増えて、 胃の粘膜が刺激されるからです。 一方、十二指腸潰瘍は、 空腹時に痛みが出る傾向があります。 空腹時は胃酸が直接、潰瘍した部分を刺激するからです。 食事をすると胃酸が薄まるので、痛みが和らいだりします。 胃炎 胃炎は、急性と慢性のものがあります。 急性胃炎では、みぞおち付近に かなり強い痛みを感じます。 胃が膨らむような不快感があり、嘔吐や吐血の症状があります。 食べ過ぎや飲みすぎ、またストレスなどが、原因として考えられますが、2~3日で収まる場合が多いようです。 一方、慢性胃炎は、みぞおちから胸のあたりにかけて、 やけるような感じがあったり、空腹時に痛みを感じたりすることが多く、 吐き気や嘔吐を伴う場合もあります。 胃がん 食事をするしないに関係なく、みぞおちの重苦しい感じが続き、 食欲がない 体重が減っている 吐き気や嘔吐がある という場合は、胃がんの可能性があります。 ただ、胃潰瘍など別の病気と 症状が似ている場合もあるので、実際は、病院で診てもらわないと分からないところがあります。 胆石 みぞおちの痛みだけでなく、 お腹の右上の部分も痛む特徴があります。 痛み方は、鈍痛の時もあれば、張ったような感じがあるなど様々です。 胆石は、肝臓から出る 胆汁 たんじゅう が固まり、肝臓と十二指腸を結ぶ胆管 たんかん や胆汁を蓄積する場所である胆嚢 たんのう に留まってしまう病気です。 虫垂炎 いわゆる 盲腸です。 みぞおちに鈍い痛み 鈍痛 を感じた後、 お腹の右下の方へ痛みが移動し、痛みもはっきりしてくる特徴があります。 膵炎 すいえん 膵炎には、急性と慢性がありますが、急性の場合は、みぞおちの部分に 強い痛みを感じ、吐き気、嘔吐の症状があらわれます。 また、みぞおちの左側、そして 背中にも痛みが広がる特徴があります。 みぞおちの痛みが3ヶ月以上続くと、慢性膵炎の可能性があります。 アルコールをたくさん摂取する人が掛かりやすいと言われています。 逆流性食道炎 みぞおちの不快感や 胸やけの症状がある場合、逆流性食道炎が考えらます。 胃酸が逆流してしまって、食道が炎症する病気ですが、 ゲップがたくさん出るという症状も現れます。 肝臓がん みぞおちのしこりを感じる場合は、肝臓がんの可能性もあります。 その他にも倦怠感や食欲不振、便秘や下痢、突然の腹痛の症状などが出たりします。 ただ、肝臓は 沈黙の臓器とも呼ばれていて、自覚症状が出づらいので、ここら辺は、少し判断が難しいところですね。 自律神経の乱れ 過度なストレスを受けると、自律神経が、胃や十二指腸の働きをコントロールできなくなります。 すると 胃酸が過剰に分泌され、みぞおちの辺りに激しい痛みを感じたりします。 病院で検査を受けるのが良い理由 いろいろと症状を上げてみましたが、実際みぞおちに痛みを感じる場合、 他にもいろいろな症状が考えられます。 みぞおちの付近は、 いろいろな臓器や神経が絡み合っているからです。 ですから、みぞおちの痛みを感じたら、ここに書いてある病気の可能性を想定しながら、該当する診療科へ行かれることをお勧めいたします。

次の

放置は危険!みぞおちが痛い時に考えられる重大な病気とは

みぞおち あたり が 痛い

食べすぎや飲みすぎなどが原因の場合 食べすぎや飲みすぎによって胃酸の分泌を増やし、胃や十二指腸の粘膜を傷つけて痛みを招くことがあります。 比較的、 鈍い痛みが多いようです。 具体的な原因には、 ・「暴飲暴食」「アルコールの多飲」「タバコ」 などや、 ・「刺激の強い食品(にんにく、唐辛子など)」「香辛料」「果汁」「炭酸飲料」 などの過剰摂取などが挙げられます。 自律神経の乱れによる場合 自律神経が乱れると、胃や十二指腸の働きをコントロールできなくなり、過剰に分泌された胃酸が胃や十二指腸の粘膜を傷つけ、みぞおちの周辺に痛みを引き起こすことがあります。 乱れを引き起こす原因としては「 過度の精神的ストレス」「 冷暖房の効きすぎ」などが挙げられます。 特に夏場は、室内外の温度差による身体的ストレスに気を配りたいものですね。 食中毒による場合 食中毒とは食品に混入した細菌などによって起こる健康障害であり、原因となる細菌は高温多湿を好むものが多いため、夏に多く起こります。 「みぞおちの痛み」などの腹痛や嘔吐、下痢などが主な症状です。 その際は「吐いたものをつまらせないようにすること」や「体内の水分とミネラルを補うこと」などが大切になります。 勝手な判断で下痢止めなどの薬を飲んだりすると、細菌を体内にとどめることになって悪化させてしまいますので、絶対にやめましょう。 特に症状が強かったり、意識障害や血便、尿が出ないなどの症状が出た場合は、出来るだけ早く医療機関でみてもらって適切な対応をとる必要があります。 スポンサードリンク みぞおちの痛みを伴う胃の病気 「みぞおち」の痛みの原因には、これ以外の病気が隠れている場合もあります。 特に注意すべきケースについてお話しましょう。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍など 「 ピロリ菌」や「 非ステロイド性抗炎症薬」などによって胃粘膜に傷がつき、さらに消化作用を持つ胃酸・消化酵素が胃粘膜や胃壁を攻撃することによって起こる病気です。 特徴的な症状は「みぞおち周辺のズキズキとした 重苦しい痛み」であり、 ・「胃潰瘍」は胃に入った食べ物が潰瘍を刺激して痛むので、食事中から食後の痛みが多い ・「十二指腸潰瘍」は胃酸が潰瘍を刺激して痛みがおこるため空腹時に痛みが起こりやすい と言われています。 その他にも「胸やけ」「食欲不振」「膨満感」などの症状がありますが、人によって症状はさまざまであり、「急性胃炎」や「神経性胃炎」などでも「みぞおち」の痛みは起こりますので、病院で診断してもらった上で、適切な対応をすることが重要であると言えます。 近年、注目されている「ピロリ菌」の除去は、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどを予防することや、潰瘍の再発を抑える効果が認められています。 病院で処方された薬を服用するだけで痛みもなく除去することができますので、相談してみるとよいでしょう。 「みぞおち」の痛みを伴う胃以外の病気 (急性虫垂炎) いわゆる「盲腸」です。 右下腹部の痛みが特徴的だとされていますが、初期の段階ではおへそや「みぞおち」のあたりが痛みます。 (胆石症) 脂質の消化を助ける胆汁が固まり「胆のう」「胆のう管」「総胆管」に胆石ができると激しいみぞおちの痛みが起きます。 「 右肩に響くような痛み」が特徴的で、他にも「発熱」「吐き気」「嘔吐」「黄疸」などの症状がみられます。 しかし、すべての人にあらわれるわけではなく、なんとなく鈍い痛みを感じる程度の人もいます。 急性胆管炎という症状を起こすと、細菌が体内にまわる敗血症という状態になり、血圧が下がってショック状態となることもありますので、その場合は緊急に治療する必要があります。 中年以降の肥満の人に起こりやすいとされています。 スポンサードリンク (膵炎) 膵炎を起こすと「みぞおち」のあたりに起こる 激痛に苦しむことが多いと言われています。 この痛みは背中に突き抜けるほどに発展し、咳き込んだり深呼吸したりすると、さらに痛みが悪化します。 「吐き気」「嘔吐」「発熱」などの症状もみられます。 原因としては「胆石症」や「アルコールの乱用」が挙げられ、胆石による膵炎は女性に多い傾向があります。 腹部所見としては、 ・「疼痛のみられる場所を中心として、押されると痛みが強くなる(圧痛)」 ・「押されるとおなかが硬くなる」 などの特徴があります。 (心筋梗塞) 心臓を養う動脈の動脈硬化により血管の内側が狭くなり、血液の流れが制限され、心臓の筋肉が壊死に陥って、最悪の場合死に至る病気が心筋梗塞です。 突然、胸や「みぞおち」に 激痛が起こり、30分以上持続します。 「吐き気」「冷や汗」などがみられることもあります。 動脈硬化が主な原因であり、「高血圧」「糖尿病」「肥満」「喫煙」などがあるとさらに発症しやすくなります。 特にもともと狭心症がある方は、症状がいつもより強くなった場合、心筋梗塞に移行する可能性があるので、注意しましょう。 まとめ これまでにあげた「みぞおち」の痛みの原因は、ある程度日常生活に配慮することによって防ぐことができるものも多くあります。 食べすぎや飲みすぎ、自律神経の乱れに対しては、規則正しい生活を心がけ、タバコやお酒を控える、ストレスをためないようにすることなどが大切になります。 食中毒に対しては、食品の鮮度に気を配り、調理器具を清潔にするなどの対応によって、予防することが最善の策であると言えます。 しかし、病気の場合は胃がんに発展してしまう可能性のあるものや、心筋梗塞など命にかかわることもありますので、痛みが続く場合は早めに病院で検査を受けましょう。 みぞおちに痛みを感じるときは、 内科を受診しましょう。 関連記事としてはこちらもご参考下さい。

次の

お腹やみぞおちがキリキリと痛い!5つの症状の原因と治し方!

みぞおち あたり が 痛い

家でのんびりしているときや外出先など、 それは時と場所に関係なく突然やって来る。 そう、 お腹やみぞおちが急に痛くなるってことは たぶん誰でもありますよね? ただ、 お腹やみぞおちなどチクチクキリキリと痛くなっても、 ほとんどの場合はトイレに1回行けば治ると思います。 しかし、まれに トイレに駆け込んだ後も痛みが続くことがあります。 実はこれはちょっと問題があるかもしれません。 具体的に問題というのは病気である 可能性があるということです。 しかも、場合によってはすぐに病院に行ったほうが いいこともあるので注意が必要です。 また他にも日常的に痛いときなども 気をつけなければいけません。 そこで今回はみぞおちやお腹が痛い場合の 5つの原因と治し方についてご紹介します。 1.過敏性腸症候群 まずは実際に解説している動画があるのでご覧ください。 お腹の辺りがキリキリと痛くなる原因としては 「過敏性腸症候群」と呼ばれる病気の場合が多いそうです。 たぶん名前を聞いてもなんだそれって 思う人も多いかと思います。 主な症状としては下痢が続く、便秘が続く、 または両方が交互に来るという3つのものがあります。 理由はわかならいけどしょっちゅうお腹が痛い場合は 実はこの病気だったということもあるわけです。 この病気になる原因としてはストレスなど 心理的異常で起こると言われています。 先進国で多く見られる症状で日本人は10%~15%ぐらい この病気にかかっていると認められているそうです。 そう考えるとちょっと怖くなってきますね。 しかも、特別な治療法がなく、生活習慣の改善や、 ストレスを解消するという感じになるそうです。 こういったことで軽減することはできるかもしれませんが、 完全に治るということは少ないそうです。 現代社会においてストレスを受けないようにするのは、 相当難しいというか働いている限りはほとんど無理ですよね。 普段の生活の中でリラックスする方法を見つけて、 なるべく症状が起こらないようにしていく感じになりますね。 2.急性胃炎 まずは実際に解説している動画があるのでご覧ください。 動画では胃腸炎の解説ですが、胃炎とも繋がる部分が多いので。 上腹部やみぞおち辺りが痛い場合は 急性胃炎の可能性があります。 胃の粘膜が急性的に炎症を起こすものです。 短時間のうちに吐き気や嘔吐、食欲不振など 明らかな異変が症状として現れます。 主な原因としては以下のようなものが上げられます。 1.コーヒー、アルコール、辛いものなど刺激のある飲食物の過剰摂取。 2.抗生物質など薬による副作用 3.ストレス 5.風邪などのウイルスによる感染症 6.食物によるアレルギー 治療法としては原因がわかっている場合は、 それを止めるなり 元となるものを除去するそうです。 ただすでに胃が炎症をしているので、 半日~1日の間は物を食べてはいけないと言われています。 また飲みも物も冷たいものを避けて、 ぬるま湯などを飲むようにします。 さらに症状にあわせて薬を服用していくそうです。 絶食をした後も脂っこいものなどは避けて、 おかゆなどやわらかい消化の良い物から 慣らして食べていきましょう。 まあ何にしてもすぐに病院に行きましょうってことです。 こんなことを言っては元も子もないのですが、 やはり専門の人に診てもらわないと詳細はわかりませんからね。 3.慢性胃炎 それではまずは参考までに動画のほうをご覧ください。 急性胃炎の場合はちゃんと対処すればすぐに治りますが、 まれに 慢性的にキリキリシクシク痛みが伴う場合があります。 特に空腹時などに症状が強まり、食欲が出なかったり、 吐き気などもあり常に状態があまり良くないことが続きます。 この場合は慢性胃炎の可能性があります。 主な原因としては以下のようなものが上げられます。 1.ピロリ菌 2.過度の喫煙や飲酒 特に ピロリ菌という可能性は高い傾向にあります。 治療法としてはまずは 胃の中を検査する必要があるそうです。 まあこれも病院に行って検査が必要ということです。 4.胃潰瘍 こちらも実際に解説しているものがあるのでご覧ください。 みぞおちが痛む原因としては胃炎以外にもあります。 その1つが 胃潰瘍です。 こちらの場合は胸やけ感、酸っぱいゲップ、 さらに出血が伴ったりなどの症状がでるそうです。 主な原因としては以下が上げられます。 1.ストレスや過労 2.ピロリ菌 ストレスや過労などでは大きな要因となりますが、 最近ではピロリ菌もかなり影響しているようです。 治療法としてはバリウム検査や内視鏡検査して、 胃に穴が開いていないかをチェックするそうです。 開いていない場合は手術の必要はなく、 胃酸を押さえる薬の服用や食事療法で治していきます。 胃がん そしてこちらも同じく解説している物があるのでご覧ください。 先ほどのチェックをした際にがん細胞が見つかると、 胃がんということになります。 こちらも 原因の1つとして生活習慣やピロリ菌とされています。 ここでもまたピロリ菌がいますね。 もう、こいつは本当にやっかいなやつですよね。 ちなみに胃がんは初期症状が殆どありません。 早期発見できれば内視鏡で治療もできるそうなので、 回復の可能性もグッと高まるそうです。 違和感があればこまめなチェックが必要です。 また関連記事として以下も良ければご覧ください。 1. 2. 3. 4. まとめ ここまではお腹やみぞおちが痛い場合の 5つの原因と治し方についてご紹介しました。 ただここに書いているのはあくまでも参考程度の情報なので、 違和感があれば必ず病院に行って検査してくださいね。

次の