オプション の 更新 プログラム。 Office2016の更新オプション

「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」製品版が登場 Windows Updateから「オプションの更新」として適用可能

オプション の 更新 プログラム

Microsoftは3月、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を考慮し、セキュリティ更新プログラムに重点的に取り組むため、5月から非セキュリティ更新プログラム(いわゆるCおよびDリリース)を一時的に停止していました。 しかし、パンデミックの影響も落ち着いて来ており、7月からアップデートを再開すると発表しています。 ただし、更新プロセスを簡略化し、いくつかの変更を加えるともしています。 Windowsでは通常、毎月第2週の火曜日10時(日本では水曜日3時)にセキュリティ関連や不具合修正などのアップデートを行いますが、これとは別に、第3週と第4週に翌月の月例アップデートに備えたプレビューとして、オプションの累積更新プログラムが提供されています。 主に組織のIT管理部門などが、自動更新される第2週のアップデートの前に、更新による不具合がないかを確認するのが目的です。 このアップデートが7月から再開されますが、若干の変更が加わります。 まず、アップデートは「プレビューリリース」と呼ばれるようになり、Windows 10およびWindows Server 1809以降でのみ提供されます。 また、配信もC週(第3週)にのみとなります。 従来の第2週に配信されるセキュリティ更新(BリリースまたはUpdate Tuesdayリリース)に変更はありません。 なお、Windows Server Update Service(WSUS:企業向けに提供されている更新プログラムの制御ソフト)を使用している場合には、プレビューリリース(Cリリース)はWSUSチャネルに表示されなくなるとのことです。 また、Windows Insider Programでは、これらの非セキュリティ更新プログラムの開発中のバージョンが、B週にリリースプレビューチャネル(従来のリリースプレビューリング)にリリースされるとしています。 source:.

次の

Windows Updateの自動更新プログラムの落とし穴

オプション の 更新 プログラム

Microsoftは12日、Windows 10 バージョン1909 の一般提供を開始した 、 、 、。 バージョン1909は現在のところオプションの更新プログラムとして配信されており、互換性の問題がないことが確認された環境のみWindows Updateに「Windows 10、バージョン 1909 の機能更新プログラム」が表示される。 ここで「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリックすればバージョン1909をインストールできる。 最初の一般リリースビルドは18363. 476となった。 バージョン1909は最新の累積更新プログラムを適用したバージョン1903 May 2019 Update と基本的に同じものであり、バージョン1909の新機能を無効化したものがバージョン1903となる。 そのため、バージョン1903からバージョン1909へのアップグレードでは新機能を有効化し、ビルド番号を18362から18363に変更するイネーブルメントパッケージがインストールされるだけであり、短時間で完了する。 ただし、新機能といってもタスクバーのカレンダーフライアウトからのイベント作成が可能になる点や、ロック画面でのサードパーティ製デジタルアシスタントが利用可能になる点など、細かいものばかりだ。 なお、本リリース を含めバージョン1903とバージョン1909では、リリースノートが一本化されるとのこと。 バージョン1909のリリースに伴い、企業向けの半期チャネルサービシング期間も開始された。 そのため、IT管理者は対象を限定したバージョン1909のデプロイを開始し、アプリやデバイス、インフラストラクチャーをテストするよう求められる。 関連ストーリー: 2019年10月22日 2019年10月12日.

次の

「Windows 10 バージョン2004(May 2020 Update)」製品版が登場 まずは「オプション更新」として順次配信

オプション の 更新 プログラム

Windows Updateを行う際、自動更新で行うか手動で行うか選べます。 手動だと忘れてしまう場合があるので、 Microsoftも推奨している自動更新がオススメです。 更新プログラムに関しては、3つの更新プログラムがあります。 重要な更新プログラム 2. 推奨される更新プログラム 3. Windows Updateは初期設定では、パソコンの電源が入っており、インターネットに繋がっている状態だと毎日AM3:00に下図のようにWindows7だと右下のタスクバーに通知が来て、自動的になんらかしらの更新プログラムのインストールが始まります。 Windows7の場合 「更新プログラムをダウンロードするか、インストールを行うかどうかは選択する」にチェックが入っていると右下のタスクバーに通知が来たのち、 シャットダウンや、再起動しようとするとビックリマークが付くようになっています。 ちなみに、重要な更新プログラムが無い日があるときは、自動更新の設定になっていてもインストールも通知もされません。 仮に、自動更新の設定になっていてもAM3:00にパソコンの電源が入っておらず、インターネットに繋がっていない状態だと重要な更新プログラムはダウンロードされず、重要な更新プログラムがあったその日から、パソコンを起動しインターネットに繋がってた時点で、自動的にインストールされます。 そして、自動更新と言うものはあくまで「1. 重要な更新プログラム」の事を指している ので、「3. オプションの更新プログラム」はインストールされません。 そうです。 ここが自動更新の落とし穴です。 オプションの更新プログラムはインストールされません。 丁度、私のWindows7のパソコンにまだ12個のオプションプログラムが残っていたので、「Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム KB2574819 」のKB2574819という数字を元に、から検索して調べてみました。 以下、Microsoftから引用 この資料では、Windows 7 Service Pack 1 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 にデータグラム トランスポート層セキュリティ DTLS のサポートを追加する更新プログラムについて説明します。 この更新プログラムにより、トランスポート層セキュリティ TLS プロトコルの代わりに DTLS プロトコルをサポートするアプリケーションの低速ネットワーク接続においてプロトコルのオーバーヘッドが減少します。 注: DTLS は、ユーザー データグラム プロトコル UDP プロトコルに基づいた TLS 機能を提供します。 TLS は伝送制御プロトコル TCP に基づいているので、DTLS は TLS より パフォーマンスが良好です。 引用元: 難しい用語が並んでおりますが、簡単に説明します。 自宅のパソコンから会社のパソコンを使うことが出来る事をリモートデスクトップといいます。 リモートデスクトップを使用する際に、時間をかけず円滑にそして、安全にやりとりが出来るのがこの更新プログラム KB2574819 だよと言いたいのです。 このように人によってはリモートデスクトップを使っていても、更新プログラムの中身を知らなければ、インストールしていない人がいるのではないかという事です。 リモートデスクトップ機能を使っている人からすればパフォーマンスが上がるという事なので、かなり損をしている事になります。 中には、更新プログラムをインストールしてパソコンの調子が悪くなる事もあり、お使いのパソコンの環境によってはどうするのか賛否両論なところですが、普通に使用しているのであればよっぽどの事が無い限りありません。 このように細かいものも入れれば無数にあり、一つ一つ調べるので大変なので、全ての更新プログラムはインストールしておいた方がいいと思います。 結論としては、お使いのパソコンの環境によっては問題が生じる可能性はゼロとはいえませんがあります。 ただし、可能性は低いので全てにチェックを入れるか、それとも可能性が低いとは言えリスクはあるので、心配の方は 「重要な更新プログラム」のみチェックを入れればいいかと思います。 この一軒で、パソコンに何らかの問題が生じてしまった皆様、大変申し訳ございませんでした。 今後この事が無いように日々勉強し、誠心誠意言葉だけでは無く努力していくので、今後ともよろしくお願い申し上げます。 全ての更新プログラムのインストールの仕方については、下記のWindows Update関連の記事にある「Windows Updateの自動更新または手動の設定の仕方」でOS毎に説明します。 Windows Update関連の記事 「Windows Updateの更新プログラムとは?」 「Windows Updateの自動更新または手動の設定の仕方」 「Windows Updateが進まなかったり終わらない場合」 「Windows Updateが失敗した時の対処方法」.

次の