アカメロン。 違いは色だけ?「赤肉メロン」と「青肉メロン」の違い

メロン 青肉系 赤肉系 違いとは|味の農園

アカメロン

メロンの果肉の色からの分類は3種類 日本で流通しているメロンの果肉の色による分類は1、青肉系メロン、2、赤肉系メロン、3、白肉系メロンの3つに分類できます。 メロンには夕張メロン、クインシーのようなオレンジ色の果肉の赤肉系メロンの品種やマスクメロン(アールス系)やアンデスメロン、のような淡いグリーンをした果肉の青肉系メロンの品種があります。 そして、もうひとつは、果肉が白い白肉系メロン、ホームランメロンが有名です。 一般的に知っているのは、おそらくこの「青肉種」と「赤肉種」の2つ。 『白肉種』ってどういうものかよくわからないと思います。 この白肉種は、マクワウリのような白い果肉をしています。 もともとメロンはウリの系統を継いでいると思われます。 とても甘くて果汁たっぷりで美味しいメキシコなどからの輸入されるハネデューメロンやホームラン、マーブルといった品種などがあります。 白肉系メロンのホームランメロン、果汁たっぷりジューシー。 メロンの網目による分類は2種類ある メロンのネットによる分類には2種類あります。 ネットのある「ネット系メロン」とネットのない「ノーネットメロン」です。 この網目があるメロンと網目のないメロンでの分類もあります。 マスクメロンの代表アールスメロンなどの「ネット系メロン」と「ノーネット系メロン」です。 ノーネット系の代表はプリンスメロン、ホームランメロン、キンショーメロンです。 お得な価格で買うことが出来ますからとてもありがたいメロンです。 また輸入されているメロンは、ほとんどノーネット系でハネージュメロンのようにネットがありません。 身体に大事な成分もたっぷり同じように入っていますから、美味しいメロンをたくさん食べたいメロン好きにはたまりません。 一方、1個数万円のギフト用の高級メロンのシンボル的な特徴といえばあのネットが張られたかのような独特の見た目のマスクメロン、品種はアールスと云います。 実は、この網目の状態がおいしいメロンを見分けるポイントになっています。 メロンの網目がくっきり、はっきりしていて緻密で細かく、さらに全体のバランスが均等に広がっていると品質的に良いもので価格も高くなります。 何故、ネットの網目にそんなにこだわるかというと、網目の品質によって、メロンの味も品質も決まるということが定説だからです。 あと、メロンの表面の網目が高く盛り上がっているものは品質が良く高級な価格となる証拠だとも云われます。 網目のある高級メロンといえば、マスクメロンの代表アールスメロンという品種ですね。 マスクメロンの網目模様は果肉の品質を表すということ 夕張メロンは赤肉系メロン高級「マスクメロン」なみ 赤肉メロンと一口に言ってもたくさんの種類があります。 赤肉の中でも特に有名なのが夕張メロン。 「夕張メロンはブランド名、品種名は「夕張キング」といいます。 夕張市で生まれたこのメロンは北海道を代表する果物の1つでもあり、マスクメロンと並ぶ高級品種のメロンといえます。 夕張と並び北海道のメロン産地の富良野メロンには、赤肉系メロンと青肉系メロンの2種あり、主にルピアレッド、R113、ティアラ、キングメルティー、キングルビーの5品種が主に作られています。 赤肉系メロンのルピアレッドという品種は、夕張メロンより比較的果肉がしっかりしていて日持ちもします。 さらに糖度が高く、ジューシーな甘さが特徴的です。 クインシーメロンは様々な品種が組み合わさって出来たもので、食べると特有の風味を感じることが出来ます。 マリアージュは外のネットが綺麗で強い甘みと瑞々しさを感じられます。 その割には、価格が手頃なのでコストパフォーマンスの高いメロンだといえます。 メロンの美味しさは品種それぞれの特徴、食べ頃などで決まる。 メロンに含まれる大事な成分とは メロンでいちばん注目すべき成分と云われるカリウム。 カリウムを多く含む代表的な健康くだもののバナナですが、メロンはバナナのカリウム含有量を大きく上回る成分が認められます。 カリウムには身体の塩分濃度を調節することで血圧の上昇を抑制してくれる働きがあります。 また利尿作用もあり、長時間の運動する場合には筋肉の働きをスムーズに痙攣や麻痺を防いでくれます。 とくに夏場の運動にはカリウムは大きな働きをしてくれますから運動する時にはメロンは非常に大切な食べものということになります。 このようなカリウムの働きは青肉系メロン、赤肉系メロン、白肉系メロンともに同じように成分が認められています。 栄養価的には赤肉メロンに軍配特に女性には大切なもの。 メロンは食べ頃を見つけ完熟で食べると食味は最高になる メロン 青肉系 赤肉系 違いとは まとめ 一般的には、どうやら赤いメロンのほうが甘いと言われているようですが、じつは、糖度を測ってみるとあまりはっきりした糖度の違いは出ません。 青肉系、赤肉系、白肉系ともに大きな差はみられません。 それは品種や収穫時期、食べるタイミングや完熟の期間などによって甘さには違いが大きく支配され、果肉の色による違いは個々のメロンの品質の違いが大きいようです。 また美容にも活躍してくれる成分というわけですから女性には特に気になる成分になります。 青肉メロンに比べ、マイルドで上品な甘み。 食感は、品種によって異なりますが、ルピアはわりとしっかりとした果肉感です。 サンデーレッドはクリーミーでかなり香りが高い!果肉の緻密さ滑らかさの舌触りが特徴として残ります。 そこに魅力を感じるファンが多いようです。 砂の土壌は「肥料が効きやすく、無くなり易い」というメロンの栽培に良くマッチしています。 また、水はけの良い砂丘地はデリケートなメロン栽培には好都合です。 水分が多いと、メロンが吸収して糖度が下がってしまうからです。 2980円から 送料無料!.

次の

違いは色だけ?「赤肉メロン」と「青肉メロン」の違い

アカメロン

マスクメロンなどのように表面に網目が出来る「ネット系」とまくわうりに代表される網目が無いものがあります。 ただ、今市場には、その両者を掛け合わせて出来たプリンスメロンなどもたくさん出回っています。 マスクメロンや夕張メロンは非常に美味しく、見た目も芸術作品のような美しさがあります。 それだけに価格も相当なもの。 それもそのはず、高級なマスクメロンなどは、一個のメロンに栄養を全て集め実を充実させるため、一株に一個しか実がならないように後の実は摘果してしまいます。 しかし、プリンスメロンやアンデスなど、手ごろな価格のものも多く、品質と価格のバランスが取れたものを使っていきましょう。 温室メロンは、静岡県のマスクメロン(アールスメロン)などで、基本的に一株で一個しか実をつけません。 アンデスメロンやプリンスメロンなどは主にハウスや露地で栽培されています。 このツルがあるだけで見た目からして高級メロンという印象が感じられますよね。 では、アンデスメロンなど低価格なメロンとは実の付き方が違うのでしょうか? じつは実は同じようにツルになるのですが、収穫する際に実の付け根から切り取ってしまうからなんです。 実際、T字ツル付きのアンデスメロンも極僅かですが市場には出回ります。 ただ、ツル付きで出荷するにはそれなりに大きな箱が必要だったり、ツルを傷めない配慮が必要になったりとコストがかかってしまいます。 そういったコストが安いメロンにとって割高になってしまうため、扱いやすいボール状で出荷されていると言うわけです。 また、そういう違いを付けることで、T字ツル付きのメロンは付加価値を付けているということです。 ネット系メロンの品種 青肉種.

次の

マスクメロン

アカメロン

メロンていうだけでテンションUP! プリンスメロンは作りやすいって ホームセンターで「作りやすい」って書かれていたので苗を購入。 付いていたラベルの説明に沿って摘心した後は放任栽培。 受粉は虫たちに委託。 液肥はハイポニカ、100均で買った小さなカゴにヤシガラ繊維と水苔をミックスしたものを詰めて、その中に買ってきた苗を鎮座させ、これまた100均の保温バッグの中に入れての栽培だ。 6月に入ってチビ果実を発見。 中旬に茎に負担がかからないように台の上に鎮座してもらった。 台を下に敷いた:20180617撮影 7月9日早朝、思わぬ被害 順調に大きくなり、かすかに香りが漂い始めた頃、ツルから外れて台から転げ落ちたメロンを発見、何ごと?と周囲をよく見ると侵入者の痕跡が。 泥足でウッドデッキをよじ登り実を転がしたみたいだ。 可愛らしい肉球痕も証拠として撮影。 食べようとしたけど固すぎたのか。 ハクビシン?あるいはアナグマか。 何者かの痕跡:20180709撮影 小さく硬いけれど、初めて果実なので捨てきれず放置しておいたら柔らかくなった。 よってカットして食す。 見た目は良いが甘みが足りなかった。 アクエリアスのキャップとの比較で小ささがわかるかな。 早採りプリンスメロン、追熟ってあるのかな?:20180715 ひび割れは完熟の証? ウッドデッキのフェンスに誘引して栽培中。 つるに負担がかからないようにある程度大きくなった果実はネットに入れて吊るしている。 ある日、2個目の実に亀裂が入っているのに気がついた。 よく見るとツルから外れてネットに落ちている。 ツルから外れていた?:20180716撮影 ぱっくり割れた亀裂以外にも大小様々にヒビが。 割れて日数が経っていそうだ。 腐る前に食べることにした。 このヒビ割れは完熟の証?:20180717撮影 カットすると見事な断面。 甘み濃く、香りよく、美味しかった。 完熟!甘かった! 受粉してからの日数をカウントして収穫時期を見定めるらしいけど、ツルから自然落下するのを待てば完熟メロンが食べられるのだと学習。 8月、撤収のため未成熟の果実を収穫 7月末時点であと2つ収穫(緑のネットが果実だ)できそうだったのだが、8月に入って急に液肥の吸い上げが止まった。 根が腐ったか。 プリンスメロン、このころはまだ順調:20180731撮影 自然落下を待ちたかったが、撤収のため早めに収穫。 この果実が一番大きかった。 今までで一番大きい!:20180812撮影 香りも良かったので早速カット、縁がまだ青かった。 味もイマイチ。 ちょっと早かった?:20180812撮影 もう一つ小さめのものも収穫したはずだが、なぜか画像がない。 以上が2018年のプリンスメロン水耕栽培。 完熟メロン目指して、来年もたぶん苗を買うだろう。

次の