不動産 担保 ローン 通り やすい。 【保存版】審査の甘い不動産担保ローンの条件とは?審査の甘い不動産担保ローンの見極め方

不動産担保ローンの審査基準は?審査に通過するためのポイント|協和信用保証株式会社

不動産 担保 ローン 通り やすい

不動産担保ローンとは 不動産担保ローンとは、その名の通り「不動産( 一戸建て、マンション、土地、別荘)」を担保にしてお金を借りることができるローンサービスのことを言います。 住宅ローンも不動産担保ローンの一種ですが、住宅ローンは不動産担保ローンの分類に通常は含まれません。 マイホームを担保とした住宅ローン以外の不動産を担保にしたローンのことと言っていいでしょう。 大きく分けて2つの種類があります。 事業性資金以外に利用できる不動産担保ローン 個人の方向けの不動産担保ローンで、カードローンやキャッシングの借り換えやおまとめ、教育資金、結婚資金、リフォーム資金など事業性資金以外であれば何に利用しても良い不動産担保ローンです。 事業性資金に利用できる不動産担保ローン 不動産投資をする個人の方や、資金繰りや事業資金・運転資金・開業資金・税金支払い資金が必要な法人経営者、不動産投資を事業とした不動産会社などが利用する事業性資金にも利用できる不動産担保ローンです。 ビジネスローンの代わりにも利用されます。 不動産担保ローンのメリット 金利が低金利 個人向けの無担保ローン「カードローン」、法人向けの無担保ローン「ビジネスローン」よりも、担保があるため低金利で利用できることになります。 個人向けの無担保ローン「カードローン」、法人向けの無担保ローン「ビジネスローン」の場合、金利は15%を超えることが珍しくありませんが、 不動産担保ローンは5%前後の金利設定が一般的です。 金利が低金利のため、無担保ローンからの借り換え、おまとめによって返済額を減らす目的でも利用されます。 借入額が大きい 個人向けの無担保ローン「カードローン」、法人向けの無担保ローン「ビジネスローン」の場合は最大でも1000万円までの借入となっていて、実際には100万円借りられる方も少ない状況です。 しかし、不動産担保ローンの場合は物件の担保価値にもよりますが、 最大5~10億円までの借り入れが可能になります。 億単位の資金が使えるので、不動産投資でレバレッジを最大限生かしたい方や事業性資金としても活用されているのです。 審査が通りやすい 不動産担保ローンは、無担保ローンと比較して「担保」があるのです。 金融機関としても返済がされない場合には担保を売却して融資したお金を回収するという方法が取れるのです。 そのため、金融機関にとっての貸し倒れリスクは低くなり、無担保ローンよりも審査は通りやすくなっているのです。 借入期間が長期 個人向けの無担保ローン「カードローン」、法人向けの無担保ローン「ビジネスローン」の場合は1年契約の自動更新という形で比較的短期での借入になるのですが、不動産担保ローンの場合は、 10年、20年、25年という長期で返済期間を設定できるので、毎月の返済額が抑えられるのです。 資金使途が自由 お金の使い道は事業性資金が利用できるかどうか?という違いは不動産担保ローンによってあるものの、それ以外は比較的自由に資金を使うことが可能です。 家族の所有する不動産も担保にできる 申込者本人の親族(三親等以内)所有の不動産も担保にすることが可能です。 ただし、共有物件やご本人以外が所有する不動産を担保とされる場合は物件共有者や物件所有者の方が帯保証人になる必要があります。 保証人不要 前述した自己所有の物件以外を担保にする場合を除いて、保証人は不要なところがほとんどです。 保証会社が保証する代わりに保証料を支払うケースが多いのです。 借り換え利用、おまとめ利用に適している 不動産担保ローンは、前述した通りで、貸し倒れリスクが低い為• 金利が低金利• 限度額が大きい• 審査が通りやすい というメリットがあるのです。 無担保ローンであるカードローンやクレジットカードのキャッシング、法人向けのビジネスローンから、不動産担保ローンに借り換えることができれば、適用金利も低金利になり、毎月の返済額も、将来の利息返済額も、完済までの期間も、すべての条件が良くなる可能性が高いのです。 借り換えだけでなく、複数の借り入れを一本化する「おまとめローン」としても利用する方が多いのです。 不動産担保ローンのデメリット 諸費用が発生する 個人向けの無担保ローン「カードローン」、法人向けの無担保ローン「ビジネスローン」の場合は基本的には利用時の諸費用は発生しません。 しかし、不動産担保ローンの場合は、不動産を担保にする「抵当に入れる」ことになるため、登記費用などの費用がかかるのです。 金融機関もこの作業をすることになるため、諸費用として事務手数料が発生するケースが多いのです。 事務手数料• 不動産鑑定費用• 印紙代• 抵当権、根抵当権の登記費用 金融機関によって不動産担保ローンの諸費用や実費の取り扱いは違うので注意しましょう。 審査には時間がかかる 個人向けの無担保ローン「カードローン」、法人向けの無担保ローン「ビジネスローン」の場合は最短30分審査、最短即日融資というものも少なくありません。 しかし、不動産担保ローンの場合は「不動産の担保評価」という作業をしなければならないため、即日融資はほとんどできないのです。 一般的には申込みから融資まで5営業日ほどかかります。 返済できなければ担保である不動産を失う 当然ですが、返済できなければ担保である不動産は失うことになってしまいます。 一回の滞納ですぐに不動産を失うというわけではありませんが、数回の返済遅延や数か月に及ぶ返済遅延をした場合には、抵当権を実行されてしまいます。 抵当権というのは債権者がその不動産を競売にかけて、お金にした場合に優先的に借金の弁済に充てることができる権利のことを言います。 つまり、不動産担保ローンを提供している金融機関は返済が予定どおりに行われない場合に不動産を勝手に競売にかけて売却して、融資額の回収をすることができるのです。 有担保ローンである以上、このリスクは当然あるのですが、きちんと認識したうえで返済をしていく必要があります。 不動産担保ローン比較検討のコツ 個人向けの不動産担保ローン 人気ランキング1位 SBIエステートファイナンス不動産担保ローン SBIエステートファイナンス不動産担保ローンは、SBIグループのSBIエステートファイナンス株式会社が提供している個人、法人向けの不動産担保ローンです。 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化した不動産担保ローン会社として、20年を超える事業歴があり、高い融資ノウハウを備えています。 SBIエステートファイナンス不動産担保ローンの特徴は「SBIグループの信頼性」「20年を超える事業歴」「年間3,000件を超える相談実績」「下限金利、上限金利ともに低金利」「最大5億円の借り入れが可能」「最長25年の借り入れが可能」「独自の審査基準で柔軟な審査を実現」「最短即日の審査回答、最短3営業日の融資実行」という点が挙げられます。 とくに「20年を超える事業歴」「年間3,000件を超える相談実績」と豊富な相談実績、融資実績があるため、ほかの不動産担保ローン会社よりも、高い審査ノウハウを持っています。 独自の審査基準で与信や不動産評価を行うため、築古物件、既存不適格物件、抵当権2番以下、赤字決算の会社、創業資金の融資など、ほかの不動産担保ローン会社では審査に下りない状況でも、柔軟な対応が期待されます。 家族や経営している会社の役員の保有物件も担保にすることができるメリットもあります。 最大25年、最高5億円の融資が銀行不動産担保ローンと比較してもそん色のない低金利で実現できることや、最短即日の審査回答、最短3営業日の融資実行の融資スピードを見ても、総合力の高い不動産担保ローンとしておすすめできます。 体験レビュー SBIエステートファイナンス不動産担保ローンの特徴• SBIグループの信頼性• 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化したサービス展開• 20年を超える事業歴• 年間3,000件を超える相談実績• 下限金利、上限金利ともに低金利• 最大5億円の借り入れが可能• 最長25年の借り入れが可能• 独自の審査基準で柔軟な審査を実現• 最短即日の審査回答、最短3営業日の融資実行• 家族や経営している会社の役員の保有物件も担保にできる 人気ランキング 1位 9位 24位 34位 不動産担保ローン名 金融機関名 SBIエステートファイナンス株式会社 SBIエステートファイナンス株式会社 SBIエステートファイナンス株式会社 SBIエステートファイナンス株式会社 本社所在地 東京都 東京都 東京都 東京都 プラン名 不動産担保ローン/不動産担保フリーローン 不動産担保ローン/不動産購入ローン 不動産担保ローン/売却つなぎローン 不動産担保ローン/不動産投資ローン【LTV50】 下限金利 2. 5% 融資金額の2. 5% 融資金額の1. 0% 融資金額の2. 5% 金利タイプ 変動金利 変動金利 変動金利 変動金利 申込み可能エリア 1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県) 1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県) 1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県) 1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県) 申込み可能年齢 - - - - その他の申込み条件 - - - 不動産評価額の50%が上限 遅延損害金 19. 上限金利が業界トップクラスの低金利で、かつ変動金利・固定金利(3年・5年・10年)と住宅ローンのように金利プランが選択可能です。 融資期間最大20年で最大1億円まで借り入れが可能で、事業性資金以外であれば資金使途は自由なので、おまとめローン、借り換えローンとしてもおすすめの不動産担保ローンです。 担保物件は本人以外の所有物件も対象になります。 配偶者、実父母、実兄弟姉妹の所有不動産を担保に借り入れをすることが可能です。 銀行の信頼性と低金利、サービスの選択肢の多さなど人気が高い不動産担保ローンです。 東京スター銀行スター不動産担保ローンの特徴• 銀行の不動産担保ローン• 個人向けの利用であれば資金使途自由• 上限金利が低金利• 変動金利・固定金利(3年・5年・10年)で金利選択が可能• 最大20年で最大1億円まで借り入れが可能• 配偶者、実父母、実兄弟姉妹の所有不動産を担保に借入も可能 人気ランキング 2位 不動産担保ローン名 金融機関名 株式会社東京スター銀行 本社所在地 東京都 プラン名 不動産担保ローン/変動金利プラン 下限金利 0. 0% 金利タイプ 変動金利、固定金利(3年、5年、10年)選択可能(年1. 担保提供者の連帯保証が必要 申込必要書類 ご本人さまが確認できる書類(運転免許証など) 収入を証明するもの(源泉徴収票、課税証明書など)納税証明書 不動産関連書類ほか 人気ランキング3位 つばさコーポレーション不動産活用ローン つばさコーポレーション不動産活用ローンは、株式会社つばさコーポレーションが提供している法人経営者、個人事業主、個人向けの不動産担保ローンです。 大きな特徴は、上限金利はそれほどまで高くありませんが、最長30年間という長期で利用できる不動産担保ローンとなっています。 また、不動産活用ローンは上限金利が15. 0%と不動産担保ローンの中では高めの金利設定ですが、一定条件をクリアした方向けに上限金利が7. 8%と低金利で抑えられている「不動産スーパーサポートローン」が利用できます。 つばさコーポレーション不動産活用ローンは、30年という長期の資金需要が必要な方、不動産担保の担保価値が高いなど好条件での融資が期待できる方、審査に自信がある方におすすめです。 つばさコーポレーション不動産活用ローンの特徴• 法人経営者、個人事業主、個人向けの不動産担保ローン• 不動産活用ローンは上限金利が15. 一定条件クリアで上限金利7. 8%の「不動産スーパーサポートローン」が利用可能• 最長30年という長期借り入れが可能• 借り換えや第2順位以下でのご融資も可能 人気ランキング 19位 不動産担保ローン名 金融機関名 株式会社つばさコーポレーション 本社所在地 東京都 プラン名 不動産担保ローン 下限金利 5. 0% 金利タイプ 固定金利 申込み可能エリア 全国 申込み可能年齢 - その他の申込み条件 - 遅延損害金 20. 担保提供者の連帯保証が必要。 ビジネクスト株式会社は、法人・個人向けの資金調達を専門に事業展開をしている会社で無担保のビジネスローンが主力の商品ですが、有担保ローンである不動産担保ローンも取り扱っているのです。 ビジネクスト不動産担保ローンは最長30年、1億円までの借り入れが可能な不動産担保ローンです。 事業性資金として、運転資金、仕入の支払い、つなぎ資金などの事業資金の資金繰りに利用することができます。 ビジネクスト不動産担保ローンの大きな特徴としては、抵当順位不問、事務手数料無料、保証人不要で利用できる不動産担保ローンであることです。 無担保ローンでは限度額が最大1000万円までですが、担保を用意することで、その10倍の借入ができ、低金利の借入が可能になるのです。 不動産をお持ちで事業性資金を資金調達することを検討している方におすすめできる不動産担保ローンです。 体験レビュー ビジネクスト不動産担保ローンの特徴• 10年以上の歴史のあるアイフルグループの企業• 資金調達を専門に事業展開をしているノンバンク• 最長30年、1億円までの借り入れが可能な不動産担保ローン• 運転資金、仕入の支払い、つなぎ資金などの事業資金の資金繰りに利用可能• 無担保のビジネスローンで取引中の方が利用できる不動産担保ローン• 抵当順位不問• 保証人不要• 事務手数料無料• 来店不要で融資から借り入れまで完結できる 人気ランキング 5位 不動産担保ローン名 金融機関名 ビジネクスト株式会社 本社所在地 東京都 プラン名 不動産担保ビジネスローン 下限金利 2. 担保提供者の連帯保証が必要。 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化した不動産担保ローン会社として、20年を超える事業歴があり、高い融資ノウハウを備えています。 SBIエステートファイナンス不動産担保ローンの特徴は「SBIグループの信頼性」「20年を超える事業歴」「年間3,000件を超える相談実績」「下限金利、上限金利ともに低金利」「最大5億円の借り入れが可能」「最長25年の借り入れが可能」「独自の審査基準で柔軟な審査を実現」「最短即日の審査回答、最短3営業日の融資実行」という点が挙げられます。 とくに「20年を超える事業歴」「年間3,000件を超える相談実績」と豊富な相談実績、融資実績があるため、ほかの不動産担保ローン会社よりも、高い審査ノウハウを持っています。 独自の審査基準で与信や不動産評価を行うため、築古物件、既存不適格物件、抵当権2番以下、赤字決算の会社、創業資金の融資など、ほかの不動産担保ローン会社では審査に下りない状況でも、柔軟な対応が期待されます。 家族や経営している会社の役員の保有物件も担保にすることができるメリットもあります。 最大25年、最高5億円の融資が銀行不動産担保ローンと比較してもそん色のない低金利で実現できることや、最短即日の審査回答、最短3営業日の融資実行の融資スピードを見ても、総合力の高い不動産担保ローンとしておすすめできます。 人気ランキング3位 セゾンファンデックス/事業者向け不動産担保ローン セゾンファンデックス/事業者向け不動産担保ローンは、クレディセゾングループの事業者金融セゾンファンデックスが提供している法人経営者、個人事業主向けの不動産担保ローンです。 変動金利と固定金利の2つプランがあり、変動金利の場合は上限金利が3. 0%台の低金利となっています。 (金利タイプは、変動金利と固定金利があり、審査によって決まります。 )上限金利でこの金利設定は不動産担保ローンの中でも、1位、2位を争う低金利設定となっています。 借入期間は最長25年、最大3億円未満までの借入が可能で、事業資金であれば何でも利用することができます。 低金利ですが、諸費用がかかります。 事務手数料が借入額の1. 5%(税別)、調査料が借入額の0. 5%(税別)、訪問契約の場合+2万円~4万円、これに加えて、登記手数料の実費分などが発生しますが、他社と比較しても同程度です。 また、担保の抵当順位は不問で、代表者のご家族の保有不動産も担保の対象になるため、審査のハードルは低い不動産担保ローンと言えます。 諸費用がかかりますが、それ以上に上限金利が低金利のメリットが大きい不動産担保ローンです。 このレベルの金利設定であれば、長期の資金繰りに活用しやすいため、設備投資や新規事業などの資金にも活用できます。 セゾンファンデックス/事業者向け不動産担保ローンの特徴• セゾングループの不動産担保ローン• 事業性資金の利用であれば資金使途自由• 変動金利と固定金利の2つのプランがある• 上限金利が3. 0%台の低金利(変動金利)• 最長25年の借入が可能• 最大3億円までの借入が可能• 事務手数料が借入額の1. 5%(税別)• 調査料が借入額の0. 5%(税別)• 訪問契約の場合+2万円~4万円• 抵当順位不問• 代表者のご家族の保有不動産も担保の対象 人気ランキング 3位 不動産担保ローン名 金融機関名 株式会社セゾンファンデックス 本社所在地 東京都 プラン名 不動産担保ローン 下限金利 2. 担保提供者の連帯保証が必要。 0%~5.

次の

つばさコーポレーション不動産担保ローンの審査内容は柔軟な対応か

不動産 担保 ローン 通り やすい

表はスライドしてご覧いただけます 審査難易度 不動産担保ローン 適用金利(実質年利) 借入可能金額 コメント 甘い 4. 000%~15. 000% 上限なし(担保評価内) 全国対応、借入金額の明確な上限が決められていませんので、条件次第で高額融資も可能。 看板商品の「スーパーサポートローン」の低金利が魅力。 ネット申込は24時間対応、申込から1週間程度のスピードも魅力。 49%~14. 8% 100万円~1億円 「アイフル」の完全子会社で利便性、安心感は抜群。 事務手数料が無料で借入可能で実費以外の余計な負担とも無縁。 最高1億円までの高額融資が可能。 担保物件の所有者や抵当順位が不問で、柔軟な審査が期待できます。 000%~9. 900% 50万円~5億円 上限金利9. 9%と10%を切る低金利。 最高5億円の高額融資も可能。 インターネットからの申込で最短即日融資が可能。 担保不動産の条件も緩く柔軟な審査が期待できます。 450%~7. 450% 100万円~10億円 最短即日融資可能のスピードが魅力。 上限金利は7. 45%と低めですが、一方、事務手数料は上限5. 5%と高めですので注意が必要です。 最高10億円の高額融資が最長30年で借入できます。 (JFC) 5. 860%~15. 000% 300万円~5億円(5億円以上相談可) 最短3日のスピード融資が魅力。 ネット申込で24時間対応しています。 借入可能金額は最高5億円となっていますが、5億円以上の借入希望も相談に応じています。 銀行融資が難しい方でも審査に合格できるチャンスもあります。 クレジットのニチデン 4. 800%~14. 600% 50万円~1億円 関西圏でおすすめの不動産担保ローン。 4種類の返済方法が選択でき、来店不要で借入可能。 担保不動産の条件も柔軟で、審査基準も低めに設定されています。 400%~9. 800% 30万円~5億円 上限金利9. 8%の低金利、融資までの日数最短3日のスピードが魅力。 借入金額は最高5億円ですが、5億円以上の相談にも応じてくれます。 担保不動産条件も緩く、4種類の返済方法を選択できます。 株式会社エム・アール・エフ 4. 000%~9. 900% 100万円~3億円 国家資格保有のスタッフによる対応が評判。 訪問サービスも実施。 「長期間元金据置プラン」「ブリッジプラン」「オーダーメイドプラン」といった様々なプランからニーズに応じて商品を選択できます。 000%~15. 000% 50万円~1億円 申込から最短24時間以内での借入が可能。 不動産担保ローンでは金利が高めですが事務手数料は不要。 関西圏限定ですが担保不動産条件も緩く、比較的借りやすい不動産担保ローンです。 トライフィナンシャルサービス 6. 800%~14. 850% 300万円~1億円 年齢制限なし、2番・3番抵当、持分、借地等の不動産でも対応可能。 フリーローンを主力とした消費者金融の商品ですので、銀行よりも審査基準が低めであることが予想されます。 600%~5. 900% 300万円~10億円 最高10億円を比較的低金利で借入可能。 申込から最短3日のスピード融資。 首都圏限定ですが、担保不動産条件も緩くなっています。 独立系金融機関ながら東証一部上場ですので安心して利用できます。 普通 2. 650%~9. 900% 100万円~3億円 全国対応で最短3営業日での審査回答のスピードが魅力。 変動金利と固定金利のどちらかを選択できますが、変動金利の上限の低さが人気。 セゾングループの不動産担保ローンですので安心して利用できます。 中央リテール 8. 200%~9. 800% 最高3,000万円 おまとめローン専門で不動産担保ローンの場合、最大3,000万円までのおまとめが可能。 審査回答まで最短2時間のスピードは魅力。 全員国家資格保有の担当者がしっかり相談に応じてくれます。 厳しい 2. 900%~9. 800% 100万円以上5,000万円以内 銀行ならではの低金利が魅力。 団体信用生命保険(ガン保障付きプラン)を付与可能。 資金使途自由、おまとめでも利用可能です。 りそなグループの商品ですので安心して利用できます。 住信SBIネット銀行不動産担保ローン 2. 950%~8. 900% 300万円以上1億円以内 下限金利2. 95%と業界屈指の低金利。 ただし融資金額の2. 0%の事務手数料が必要です。 申込から借入まで3週間から1ヶ月かかりますのでスピード借入には対応できません。 スター不動産担保ローン 0. 850%~8. 350% 100万円~1億円 上限金利の低さが魅力の東京スター銀行取扱の不動産担保ローンです。 本人以外の親族所有の不動産も担保として活用できます。 個人向け限定ですが、おまとめなどにも利用できます。 790%~9. 390% 100万円以上1億円未満 ネット銀行ならではの低金利が人気。 事前審査回答は最短即日ですが、申込から融資までは最短3週間必要です。 繰上返済手数料無料で、借入後の計画的な返済を進めやすくなっています。 300%~3. 675% 1,000万円以上2億円以内 最高2億円までの借入金額、業界屈指の低金利は魅力。 ただし「個人向け」「資金使途限定」「対象地域限定」「担保不動産条件限定」などの諸条件はかなり厳しく設定されています。 しかし金融機関のローンですので、審査は確実に行われ、審査基準も各社異なっています。 「不動産担保ローンだから絶対に審査が通る!」とは決していうことはできません。 不動産担保ローンの審査での主なポイントは以下の2点です。 不動産価格は様々な項目から、金融機関や金融機関出入りの不動産鑑定士が評価を行います。 その正確な価格を申込前から知ることは困難です。 最近では事前相談などで、あらかじめ不動産担保価格を知ることができる金融機関サービスも登場しています。 また知り合いに不動産業務に従事している方がおられる場合は、一度相談してみるのもよいでしょう。 申込者の収入、勤務先、勤続年数、他社借入状況など、無担保ローンの審査と同様の項目で判断が行われます。 とくに「収入」「」は審査に大きな影響を与える項目です。 収入が多くても、他社借入金額が多い場合は、以後の返済に大きな支障を与えます。 不動産担保ローンはその性質上借入金額が高額になるケースの多いローンです。 その分十分な返済能力が求められることになるでしょう。 銀行よりもノンバンクの不動産担保ローンが審査が通りやすい ローンの審査では、一般的に以下のようなことがいわれています。 借入先 金利 審査基準 銀行ローン 低い 厳しい ノンバンク(消費者金融など) 高い 甘い これは不動産担保ローンの分野でも同様です。 銀行の不動産担保ローンでは、安定した収入とともに「 不動産担保設定が第一順位である」といった担保面での条件も厳しくなっています。 不動産の条件面でも「 第二順位以降でも可能」といった柔軟な条件が加味されている先もあります。 とはいっても、審査に通るかどうかは申込者次第。 とくに借入希望金額に応じた収入などの返済能力が不足している状態で、仮に審査に合格できたとしても、すぐに提供した不動産を手放す結果となりかねません。 「ご利用は計画的に」 これは不動産担保ローンであっても、当てはまる文言なのです。 000%~15. 49%~14. 000%~9. 900% 50万円~5億円 不動産担保ローンの審査基準 不動産担保ローンの審査において重要視されるのは「担保評価」「返済能力」の2点です。 これまでの金融機関はどちらかと言えば「担保評価」を重視していました。 担保物件を処分することで、万が一返済不能となっても貸出債権を回収できるためです。 しかしバブル経済崩壊以後の、いわゆる「担保主義」は金融機関の間では非常に問題視されるようになっています。 そのため近年では、「担保評価」と合わせて「返済能力」もきちんと判断されるようになっています。 「返済能力」の判断は一般的な無担保カードローンなどと同様です。 その基準は金融機関により若干の差はありますが、その内容はおおむね一致しています。 主な判断項目は以下の通りです。 他社の借入金額が多くないか• 他社で返済遅延を行っていないか• 借入希望金額に対して収入金額が少なくないか• 雇用形態では、「正社員>契約社員>派遣社員>アルバイト・パート」の順で高い評価を得ることができます。 職種では公務員や大企業勤務の方が高く評価されます。 業種では、サービス業や飲食業勤務の方は経営が不安定としてやや評価が低くなります。 税金に未納・滞納はないか 税金を支払っていない場合、不動産を処分しても、第一優先として税金返済に充当されてしまいます。 仮に抵当権(根抵当権)が第一順位だとしても、税金の回収が優先されてしまいます。 そのため返済不能時に税金滞納分を税務署に支払われてしまい、その結果貸出債権を回収できないリスクがありますので、税金未納者・滞納者は不動産担保ローンの審査に合格することはできません。 不動産担保ローンの審査においては「 担保評価」「 他社借入状況」「 収入状況」「 税金納付状況」の4点が大きなウエイトを占めています。 これらの項目がしっかりしておけば、無担保ローンに比較すると「勤続年数」「雇用形態」などはそれほど重要視されない傾向にあります。 ・Web以外で申込された方は60日間特典を選べません。

次の

審査の通りやすい不動産担保ローンの条件

不動産 担保 ローン 通り やすい

何の条件もなければ、当然「低金利の不動産担保ローン」の方が返済負担が抑えられるので良いのですが、こと「審査の通りやすさ」で見た場合には、逆に「高金利の不動産担保ローン」を選ぶべきなのです。 条件その2.独立系ノンバンクの不動産担保ローンは審査が甘い 不動産担保ローン会社は• 銀行(オリックス銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行)• 銀行グループ(SBIエステートファイナンス、三井住友トラストL&F、セゾンファンデックス)• 独立系ノンバンク と、大きく分けて3種類に分かれます。 何の制約もなければ、多くの方が「銀行」「銀行グループ」の不動産担保ローン会社に申し込みをするので、これらの不動産担保ローン会社には、審査上の優等生が集まり、その中で比較検討されるのです。 しかし、独立系ノンバンクは、「銀行」「銀行グループ」の不動産担保ローンの審査に落ちた人(審査上の劣等生)が集まるため、必然的に審査基準は下がるのです。 独立系ノンバンクは、審査の状態が悪い方が多く申し込むのですから、「銀行」「銀行グループ」の不動産担保ローンの審査に落ちた人にも、チャンスはあるということです。 事務手数料が高ければ高いほど、審査に通してくれる可能性が高い不動産担保ローン会社ということができます。 条件その5.全国対応よりも、地方対応の不動産担保ローンは審査が甘い 全国対応している不動産担保ローン会社は、それなりの顧客数の中で、ふるいにかけることができます。 しかし、一都三県、関西圏などサービス提供エリアを限定している不動産担保ローン会社の場合には、そのエリアの顧客の中で、融資をしていかなければならないため、審査のハードルが下がるのです。 また、地域を限定している不動産担保ローン会社の方が、その地域の物件情報に精通している可能性が高いため、物件の評価をギリギリでも、適正に査定してくれるのです。 審査の甘さの比較項目 内容 上限金利 9. 8% 分類 独立系ノンバンク 不動産売買事業 展開あり 事務手数料(最大) 借入額の5. 0%(税別) サービス展開地域 全国 審査が甘い不動産担保ローンと推察される理由 総合マネージメントサービスも• 不動産担保ローンの貸付業務• 不動産の総合ファインナンス• 不動産の売買・仲介• 不動産のコンサルティング業務• 不動産投資信託• 建設・内装業務 と、総合的に不動産関連ビジネスを展開する中で、その一つの事業として不動産担保ローンを提供しています。 自社で不動産売買ができ、複数の販路を持っている分、不動産物件の査定も、ギリギリまでリスクを負えるのです。 デメリットは、不動産担保ローンに特化しているわけではないため、その分、審査のハードルは若干上がる可能性があります。 不動産担保ローン審査を通すためのポイント できるだけ複数の不動産担保ローンに申し込む 上記で挙げた不動産担保ローン会社が、いくら審査が甘い可能性が高いとは言え、銀行や銀行グループの不動産担保ローン審査に通らない方の場合、審査に落ちてしまう可能性は少なくありません。 審査通過の可能性を少しでも高めるためには、1社だけ申し込むのではなく、2社、3社と同時に申し込むことで、審査通過の可能性を高めながら、融資までの時間を短縮することが可能になります。 また、2社以上審査に通った場合は、条件を比較して、条件の良い方を選ぶことができるため、一石二鳥になるのです。 審査の甘さを重視すると、高金利、高い手数料設定になりがちですので、相見積もりを取ることで、その中では、低金利、安い手数料設定の不動産担保ローンを選べば良いのです。 まとめ 審査の甘い不動産担保ローンの条件には• 条件その1.高金利の不動産担保ローンは審査が甘い• 条件その2.独立系ノンバンクの不動産担保ローンは審査が甘い• 条件その3.不動産売買事業を自社で展開している不動産担保ローン会社は審査が甘い• 条件その4.事務手数料の高い不動産担保ローンは審査が甘い• 条件その5.全国対応よりも、地方対応の不動産担保ローンは審査が甘い というものがあります。 これらの条件に合致した不動産担保ローンは、審査が甘い可能性が高いのです。 その上で、さらに審査に通す可能性を上げるためには• できるだけ複数の不動産担保ローンに申し込む• 借入希望額を下げる• 返済プランを具体的に提示する という点を重視すると良いでしょう。

次の