小牧 工業 マーチング バンド。 佐藤二朗の主演ドラマ放送延期、理由は自殺事件。小牧工業高校マーチングバンド部でトラブル、顧問が衝撃の死…

小牧工業で50代教諭自殺!原因はいじめ・恨み?通報したのは誰?名前や顔画像

小牧 工業 マーチング バンド

中京テレビ放送株式会社 所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長:丸山公夫 は、中京テレビ開局50周年記念ドラマ「翔べ!工業高校マーチングバンド部 ~泣き虫先生が僕らに教えてくれたこと~」を2020年4月4日 土 午後3:00~4:55に放送いたします。 堤監督 佐藤二朗 このドラマのモデルとなったのは、愛知県小牧市にある工業高校のマーチングバンド部と、その顧問の澤田先生。 今年の夏、甲子園でも話題になった、作業着にヘルメットという一風変わったブラスバンドの姿。 そのマーチングバンド部の誕生秘話をベースに、笑って泣けるオリジナルのストーリーが! 主演は愛知県東郷町育ちの俳優・佐藤二朗。 監督は名古屋市千種区育ちの「SPEC」「TRICK」「20世紀少年」の堤幸彦。 古くから付き合いのある地元出身の盟友が強力タッグを組みます。 僕の場合はギャッとか、グサッとかドバッとかが結構多いので。 こうやってきちんと向き合う、青春に向き合う…若い人たちの心模様に向き合ってるという作品を手掛けるのは大変珍しいトライアルなので、実は本音で言うと緊張して撮っています。 私自身の成長もかけた作品でもあるという風に思っている。 そのときから堤さんも僕も愛知県出身で、郷里に恩返しがしたいということを言っていて、「堤さんを監督で二朗さんにも出て頂いてドラマを作りたい」というのを結構前から聞いていた。 2年前ぐらいですかね…愛知県に恩返しがしたいという思いもあり…そんな気持ちで臨みました。 単なる「このオッサン酔っ払いじゃないな」って、その迫力とか気迫というのは毎カット毎カット強く感じている。 佐藤二朗の実力を思い知った感じがしますね。 ちょっと何者かわからない登場感?寅さんのような掴みどころのない感じで、ギャグも沢山してもらい生徒との絡みもヘンテコで面白い。 やっぱりドラマのメインストーリーもきちっとしてくれて感謝している。 脚本の解釈や予想を裏切ってくる。 あのシーンをあんな風に解釈して演出するのは、日本で堤幸彦しかいないと思う。 主役をやると当然関わっている分量も多いわけで、堤さんの演出で芝居が変わっていく様を、長い時間見ることができた贅沢なひとときでしたね。 主役ということでこちらからもプレゼンしたり、堤さんのプレゼンを受けたり、堤さんも僕のプレゼンを見て、僕も堤さんのプレゼンを見て、じゃあこうしようって言いあったり堤さんとそういう応酬ができて楽しい時間を過ごしました。 とはいえ堤さんの手のひらで転がされているんですけど。 僕らは、手の平で転がるのが仕事なので、非常に楽しく転がっています。 ぜひ楽しみに観ていただければと思います。 佐藤:小牧工業高校の実話を元にしたフィクションなのですが、教室の片隅にいて何もできない子が前を向いていくドラマです。 教室で目立たない子っていうのは、実はものすごく多いと思うので大人が見ても、同年代の高校生が見ても、ちょっと歯を食いしばって頑張ろうと思える作品になると思います。 楽しみに是非とも家族と一緒に観てもらいたい。 偉人の名言をすぐ言いたがる、この現代文の武田先生が、着任早々気になったのは、たった1人の吹奏楽部。 廊下の隅っこを歩く部長をはじめ、学校生活を楽しめていない生徒たちに声をかけ、武田先生の数々の秘策と熱意とバイタリティーで、幾多の失敗と困難を乗り越え、吹奏楽部は次々と部員を獲得、マーチングバンド部へと変身! 最後には、街の人気者にまで成長させていく、実話を元にしたオリジナルストーリー。

次の

「翔べ!工業高校マーチングバンド部」工業高校+吹奏楽部って私の青春時代でしたね!

小牧 工業 マーチング バンド

マーチングバンド部のドラマ放送間近の出来事 2019年12月7日(土)には、小牧工業高校のマーチングバンド部をモデルにしたドラマが放送される予定になっていました。 このドラマは、愛知・岐阜・三重限定で放送される予定で、「家庭教師のトライpresents 中京テレビ開局50周年記念ドラマ」として制作されていました。 東海地方にゆかりのあるキャストをメインにしたドラマとなっており、マーチングバンド部の誕生秘話をオリジナルストーリーで描き出します。 今回の事件を受け、放送の予定がどうなるのかについても心配されています。 『翔べ!工業高校マーチングバンド部~泣き虫先生が僕らに教えてくれたこと~』キャスト紹介• 武田尚幸/佐藤二朗• 池田翔太/泉澤祐希• 小嶋杏梨/河村花• 工藤航樹/田村杏太郎• 鵜飼先輩/小平大智• 翔太の祖父/西川右近• 翔太の母/伊藤みづめ• 学校のOB/井戸田潤(スピードワゴン)• 校長/多田木亮佑• 池田澄人/甲本雅裕 この他にも、愛知県出身のラッパーSEAMOさんや中京テレビのアナウンサーも多数出演します。 『翔べ!工業高校マーチングバンド部~泣き虫先生が僕らに教えてくれたこと~』あらすじ.

次の

放送が無期延期になっていた、『翔べ!工業高校マーチングバンド部』の放送日が決定しました : 小牧つーしん

小牧 工業 マーチング バンド

クイズ・バラエティ番組『超逆境クイズバトル!!99人の壁』(フジテレビ系)の司会者としても活躍中の俳優・佐藤二朗さん 50 の主演ドラマが、関係者の自殺によって放送が無期延期になっていることが明らかになりました。 愛知・名古屋の中京テレビ(日本テレビ系)は開局50周年記念作品として、スペシャルドラマ 『翔べ!工業高校マーチングバンド部~泣き虫先生が僕らに教えてくれたこと~』を制作し、 12月7日(土曜)15時~16時55分に東海3県(愛知県・岐阜県・三重県)放送予定でした。 このドラマの監督は、ドラマ『金田一少年の事件簿』『TRICK』『ケイゾク』『SPEC』、映画『20世紀少年』など数多くのヒット作を手掛けている三重県生まれ、名古屋育ちの堤幸彦さんが担当し、佐藤二朗さんの他に、スピードワゴン・井戸田潤さん、甲本雅裕さん、泉澤祐希さん、SEAMOさん、河村花さん、田村杏太郎さん、小平大智さん、西川右近さん、伊藤みづめさん等の出演が発表されていました。 楽しみにして頂いていた皆さまには 大変申し訳ございません。 放送日時は、決まり次第 ホームページで発表いたします。 」と放送延期の発表があり、延期とする詳しい理由については明らかにしていませんでした。 そんな小牧工業高校のマーチングバンド部と顧問をモデルにドラマ化し、人気俳優の佐藤二朗さんが主演に起用され注目を集めていたのですが、放送は急遽延期となりました。 その原因について12日発売の週刊誌『女性セブン』などは、 11月25日深夜に関係者が自殺したことにあると報じています。 各メディアの報道によれば、11月25日午前2時10分ごろに、小牧工業高校の職員室で男性が大量に血を流して倒れているとの通報があり、地元消防が駆け付けた時点で男性は亡くなっていました。 亡くなったのは小牧工業高校の50代教諭で、愛知県警小牧署は 現場の状況などから自殺とみており、 男性が発見された約1時間前に男性の妻が行方不明届を出していました。 S先生ほか顧問の先生たちは本当に仲がよかった」と明かしています。 全国紙社会部記者によれば、 A教諭は鋭い刃物で首あたりを切り、発見された職員室には大量の血が流れていたといい、 遺体のすぐ近くには遺書も残されていたため、警察はすぐに自殺と断定したとのことです。 A教諭が自殺をしたのは日曜ということから、 「わざわざ週末の職員室に忍び込んでの自殺だったので、学校側やほかの教諭に対して、何か抗議したいことがあったのだろうと推測されます。 遺体発見の1時間前、A教諭の家族から警察に行方不明者届が出されていたので、家族は何か異変を感じ取っていたのかもしれません」と語っています。 前出の地元教育関係者によると、発見された遺書にはマーチングバンド部のことも書かれていたといい、 「これからも演奏を続けていってほしいこと、ドラマを放送してほしいこと…。 ほかには、学校上層部との人間関係の悩みが綴られていたそうです。 ご遺族は学校に不信感を持っていたのか、葬儀に参列した学校関係者は、顧問のS先生だけだったそうです」と証言しています。 こうしたトラブルが発生しながらも、マーチングバンド部は12月9日に地元の音楽祭でパフォーマンスを披露し、『女性セブン』の取材に対して澤田直樹教諭は、 「参加するかどうか、生徒たちと話し合いました。 『みなさんも楽しみにしてくれているし、自分たちも元気になるきっかけにしたい』と参加を決めました。 Aさんのことについては、私の立場からは申し上げられません」と回答しています。 この報道に対してネット上では、• 生徒を思うならそんな死に方しないで欲しい• 制作関係者には迷惑以外何物でもないだろうけど• 放送して欲しいと遺書にあったなら、その通り放送するのがせめてもの…• 最近学校でのハラスメントがニュースで多々放送されていて、この件も何が出てくるかわからないから、事実確認出来るまでは放送出来ないだろうな。 などのコメントが寄せられています。 学校に忍び込み、職員室で自ら首を切るということは、学校側に対して相当な恨みを持っていた可能性があり、そこまで追い詰められていることに周囲が気づいてあげられなかったこと、状況を改善できなかったことなど様々な問題を感じさせる事件で、ドラマ放送直前にこのような事件が起きてしまったのは非常に残念です。 自殺したA教諭は小牧工業高校マーチングバンド部の顧問を務めていたという方で、なぜこのタイミングで自殺をしたのか、遺書には「ドラマを放送してほしいこと」が書かれていたとのことですが、このような事件が発生してしまった以上は放送することもなかなか難しいかと思いますので、下手すればこのままお蔵入りという可能性もあるのではないでしょうかね。 A教諭の自殺に関しては特に続報も無く、マーチングバンド部は9日の音楽祭に出演するなど活動を再開しているとのことですが、果たして中京テレビは今後どのような判断を下すのか、引き続き動向を見守っていきたいです。

次の