ストレージ その他 削除。 Android空き容量のその他って一体なに!?削除方法は?

Android空き容量のその他って一体なに!?削除方法は?

ストレージ その他 削除

システムとプログラムのみで使用しているCドライブ(SSD245GB のストレージがいっぱいになり内容をチェックしたところ その他で140GB占有していますが、容量の大きい順に表示しても140MBのファイル desktop)が出てくるだけでその他のファイルの表示がありません。 PC、Cドライブで サイズ:巨大の検索をするとWindowsインストーラー修正プログラムファイルが2015年からのものが出てきました。 合計で4152MBとなっています。 現状のバージョンは1709でストップでそれ以後cドライブの容量一杯でインストールができなくなっている状態です。 このインストーラー修正プログラムはCドライブの容量回復のために削除しても良いのでしょうか? また他のHDに移してC:ドライブには残っていないはずのもののデータのファイルも表示されているのですが削除することができません。 どの様に削除し、容量回復したらよいのでしょうか? 現在、Windows 10バージョン1709をお使いということですね。 コルタナの検索窓に「ディスク クリーンアップ」を入力して表示されたデスクトップアプリを起動してみてください。 起動したら、[システム ファイルのクリーンアップ]を選択します。 「不要なWindows Updateのクリーンアップ」などで7~8GBぐらいは空くはずです。 それでも不足しているというのであれば、「その他のオプション」タブにある「プログラムと機能」と「システムの復元とシャドーコピー」の[クリーンアップ]を実行します。 ただし、 「システムの復元とシャドーコピー」の削除は前のバージョンに復元することが出来なくなりますから、自己責任でお願いします。 もし、貴方がiPhoneを利用して、iTunesでiPhoneのバックアップをしているのであれば、バックアップファイルが容量を使用しているか確認してください。 iPhoneのバックアップファイル容量は、Windows標準の容量一覧には含まれなかったと思います。 他の機器のバックアップもPcで取ってはいません。

次の

iPhoneストレージ内の「その他」を削除する方法

ストレージ その他 削除

よくわからない「その他」がストレージを圧縮したい インターネットで色々調べてみると、MacBook(macOS)の『その他』には『写真』や『アプリ』などに分類されない、もろもろのモノが入っているそうです。 モノによっては、削除してもいいらしいのですが、下手なことをするとPCが起動しなくなったり、動かなくなってしまったりするそうです。 僕も向かい、Windowsでやらかしたことがあります… これらの『その他』のストレージを圧縮するためには『セーフモード』という起動方法により、効果があるということがわかりました。 セーフモードの起動でも効果なし いろいろ調べてみると「セーフモードを利用して再起動を繰り返すとだいたいのことは回復する」的なことが書いてあるのですが、僕はさっぱりだめでした。 やっぱり3年以上ほったらかしていたゴミファイルは手強いみたいですね笑 手順としてはこんな感じ。 多くの人はこれで良いみたいなんですけどね…僕はダメでした。 最終的に行き着いたのが『クリアインストール』 macOSは、割と頻繁にバージョンアップがされるんですよね。 もちろん、毎回バージョンアップするのですが、これは基本的に『上書きインストール』というモノらしいです。 『上書きインストール』でも、基本的には問題ないそうです。 ただ、macOSのバージョンが上がっていくだけで、 MacBook Proの中身のゴミファイルがきれいになるわけではないらしいです。 そりゃそうですよね。 あくまでもOSのアップデートですので。 で『クリアインストール』というのが効果的というものが良いってわけ。 つまり、MacBook Proをいったんカラッポにして、最新のmacOSをインストールして『新品っぽい状態』にできるんですね。 手順としてはこんな感じ。 2020年3月で最新のmacOSは『Catalina』だったので、そのクリーンインストール全体の流れはこんな感じ。 ここからがクリアインストールの手順。 MacBookを使ったことがあるなら、インストールなど問題なくできると思います。 詳しい手順はこちらのブログを参考にしてみましょう! 上書きインストールしたMacBook ProをTime Machineでバックアップして、クリーンインストール後にそのデータを移行するんだからゴミファイルもコピーされるんじゃないか?と思っていたけど、結果は全く違いました。 お金、大事ですからね笑 iPhone8でも「再インストール」が効果あり! 実を言うと、僕の使用していたiPhone8も『その他』のストレージが30GB以上ありました。 こうやって考えると、やっぱりiPhoneもコンピューターなんだなってことが分かりますね。 『再起動』『再インストール』は神業! かなり紆余曲折ありましたが、『クリアインストール』という方法をとることで、MacBook Proのストレージが劇的に圧縮されました。 そのおかげでPCの動きもかなり改善。 128GBストレージというミニマムなマシンですが、なんとかうまく使ってけそうです。

次の

iPhoneストレージ『その他』を削除!50GBを圧縮した方法

ストレージ その他 削除

その他:Siri の音声、フォント、辞書などの削除できないモバイルアセット、削除できないログやキャッシュ、Spotlight のインデックス、キーチェーンや CloudKit データベースなどのシステムデータ。 キャッシュ済みのファイルがシステムによって削除されることはありません。 特に、音楽やビデオ、写真などを再生したり、表示したりする場合に、キャッシュデータが作成されます。 そこで、アイフォンを長く使うと、ストレージ内にある「その他」データがだんだん溜まってストレージの容量を圧迫します。 Part 2: iPhoneの「その他」を確認するには それでは、アイフォンストレージの「その他」のデータ容量を確認したい場合に、どうすればよいのでしょうか?iPhone本体とパソコンの両方から確認することができます。 iPhone本体での確認手順 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップして、グレイ色の項目は「その他」です。 iOSデバイスを再起動してその他を削除することは確かに手軽に操作できますが、削除できないや削除してから急に増加することもありますから、その場合に、次の方法2を試してください。 方法2: 不要ファイルが溜まっているiPhoneアプリを整理してその他を削除する 「その他」にはインストールされているアプリ内のキャッシュデータや不要ファイルもたくさんありますから、その他を削除したいなら、iPhoneアプリの使用容量を確認して整理する必要があります。 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップします。 アプリの使用状況をクリックして確認します。 使っていないアプリなら、状況によって「Appを取り除く」や「Appを削除」をタップしてiPhoneから削除します。 不自然に容量の多いアプリなら、削除して再インストールしてみてください。 「Appを取り除く」をタップしたらアプリ本体だけを削除します。 「Appを削除」をタップしたらアプリ本体以外、書類とデータなどすべてのデータを削除します。 すると、iPhone内のアプリデータを整理していらないデータやゴミファイルを削除できます。 しかし、もしお使いのiPhoneでアプリがいっぱいで、1つずつで確認するのは面倒ですから、「その他」を一括に消したいなら、次の方法3を参考にしてください。 具体的な操作方法は、次の部分でご紹介します。 iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。 iTunesを起動してデバイスアイコンをクリックします。 「iPhoneのバックアップを暗号化」をクリックしてパスワードを設定します。 「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneを完全にバックアップします。 iTunesでもう一度確認 そうすると、iPhoneストレージの「その他」の大部分を削除することができます。 しかし、iTunesでデータを完全復元する場合に、「その他」の一部も復元しますので、ここで、バックアップからデータを選択して復元すできる方法をご紹介します。 iTunesバックアップからデータを選択して復元する方法 バックアップからデータを選択して復元したいなら、iOSデバイス向け専用のデータ管理ソフト — を利用する必要がありますから、まず、このソフトを一緒に見てみましょう! AnyTrans for iOSは万能なワンストップコンテンツマネージャーで、。 それでは、早速、iPhoneを初期化してから、データを選択復元して「その他」を徹底的に削除しましょう!.

次の