コロナ 自粛期間 予想。 新型コロナ対策としての自粛とは?自粛の次の要請は?

コロナの第二波がきたら また自粛とかになるのでしょうか?

コロナ 自粛期間 予想

コロナ以外の病気に関して、自粛期間になにがあったかを予想してみたい。 この期間、心筋梗塞や動脈瘤の破裂などが少なかったのではないか。 3月は、春めいてウキウキする時期で、旅行先やゴルフの最中に心筋梗塞や動脈瘤破裂や動脈解離がよく起こる。 寒中の、一念発起のランニングや剣道の稽古などで、打ち取られた方を知っているものからすると、不要不急の外出を控えることで、不慮の心血管事故は少なくなったのではないかと考えたくなる。 また、医療機関の受け入れが大変であることも逆にprosに働いた可能性もある。 救急搬送されたら、隣にコロナ肺炎のストレッチャーがいることも報道されるのも、注意喚起になったのかもしれない。 心血管系に自信のない人は、薬を欠かさず内服して、無理をせず、体にいいものを食べて、睡眠をとって、時折ストレッチなどをしたりして、健康的生活になっているのではないか。 家でじっとしていると、絶対に悪化しにくいのが、心不全である。 風邪をこじらせたり、出先での水分出納がくずれて、脱水や溢水で不整脈や感染から心不全が起こるのである。 ステイホームでかえって、みんな胸水は少なくなったし、指標のBNPは軒並みさがっている。 4月は気胸と腸閉塞のシーズンである。 これも、普段慣れないハイキングや旅行も控えるであろから肺の嚢胞が破ける自然気胸は起こりにくいと思われる。 外食して、花見をして、おなかを冷やしておこる恒例の腸閉塞もおこりにくいであろう。 高齢者が、外食で対面揚げたて高級天ぷらを食べすぎて起こる、胆石胆嚢炎も少ないであろう。 酒飲みの膵炎は、家でテレワークしながら、昼から一杯やっていることもあろうから、気を付けないと、いけない。 糖尿病は、自粛で運動機会が減るので、HbA1cが悪化するのかと思ったら、ほとんどの人が、横ばいである。 デパ地下の高カロリーの菓子や総菜がそもそも手に入らない、スーパーの総菜は既に飽きた、3食分を家で食事をするからむしろカロリーの計算をしてしまう、万歩計を付けて運動するからむしろ腹が減ることがわかった。 など、糖尿病の栄養指導や運動指導の盲点を突く発想が、このステイホームでおこっているのが、町医者の実感である。 医療費削減にも効果があったのではないか、長期処方で、患者指導料などのレセプトへの負荷が極端に減っているはずである。 病院では、不要不急の眼科整形の予防的手術、循環器系の予防的ステントやアブレーションが延期されているようであるから、経営面では大変であろう。 宿泊や飲食飲酒風営法の関係の経営不振も大変であるが、医療経営人も実態を言わなければいけない。 コロナ病床を千床単位で東京都は造成したようであるが、現実に新規患者数が減ってきたら、どのような予算の配分になるのか。 計上されたコロナ予算はそのままで、余剰病床や労働力を、延期された予定手術の併施に使えるのか。 自粛緩和とともに、活動量が増えて心血管病患者も増加するのは予想されるし、必至の第二波のコロナ感染と重なるとどうなるのか。 いわゆる出口戦略などと豪気な言葉遣いで、医療だけでなく各業界で言っているが、相手は生もののコロナであるので、答えはないのであろう。 船橋洋一先生が最新の文芸春秋で述べておられたが、正しく出口に導くことのできる主導者が、今後の日本だけでなく、世界の指導を担うということのようである。 自粛の最中に、世界情勢もガラリ、ガラガラ変わり、EUバラバラ、国連無力、米中険悪、全世界不況。 指導者としての登場人物は、予想もしない地域から突然現れるのか。 ありがたいような、恐ろしいような。

次の

コロナウイルスはいつまで続か予想!収束予測の4月ではなく梅雨時期?

コロナ 自粛期間 予想

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

コロナウイルスの流行のピークは4月下旬までという予想がされていますが...

コロナ 自粛期間 予想

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の