ホルン ソロ 曲。 ホルンのソロ曲を探しています。

吹奏楽でホルンが1番難しい理由とは?吹きやすい曲や解決方法をご紹介

ホルン ソロ 曲

A ベストアンサー 「力強く、しかも物悲しい」というのは、なかなか難しいですね。 うーん。 とりあえず「ホルンがかっこよく使われている曲」と質問の冒頭にはかかれていますから、思いつくままに・・・。 ・バッハ:ブランデンブルグ協奏曲 第1番 第1楽章の第2トリオ ・ヘンデル:組曲「水上の音楽」より「ア・ラ・ホーンパイプ」 ・ハイドン:交響曲第31番「ホルン信号」冒頭から、4本のホルンのファンファーレ。 ・ベートーベン:交響曲第3番「英雄」第3楽章 カッコいいホルンのトリオ。 ・ 同 交響曲第8番 第3楽章 美しいホルンのデュエット。 ・シューマン:「4本のホルンのための小協奏曲」すごいハイトーンが出てきて非常にむずかしそう。 スリリング。 余り難しいので、実際の演奏会では、まずやらない。 ・ブラームス:交響曲第3番第3楽章 もっとも美しいメロディーのひとつ。 ・チャイコフスキー:交響曲第5番 第2楽章 ホルンの長ーいソロ。 ・リヒャルト・シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」全曲を通じてホルンが活躍。 リヒャルトシュトラウス(ワルツのヨハンシュトラウスとは、関係がありません. 別人です。 )は親父さんがホルン吹きだったので、彼の曲は全体的にホルンが効果的につかわれています。 ホルン協奏曲も2曲書いています。 ・マーラー:マーラーの交響曲はどれも、ホルンが大活躍します。 比較的聞きやすいのでいうと、5番かな。 3楽章とか。 ・ロッシーニ:歌劇「セミラーミデ」序曲。 冒頭のホルン四重奏がとてもきれい。 ・ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲。 賛美歌にもなった有名なメロディーをホルン4本が美しいハーモニーで演奏します。 ・ラベル:「亡き王女のためのパヴァーヌ」うっとりするようなメロディー。 しかし、演奏する側に回ると、はずさないか、ひやひや。 ・ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 第一楽章、第2主題。 ドヴォルザーク特有の懐かしいようなメロディーが、チェロ・ソロよりも印象的なぐらい。 とりあえず、こんなものですが、また思い出したら書きます。 「力強く、しかも物悲しい」というのは、なかなか難しいですね。 うーん。 とりあえず「ホルンがかっこよく使われている曲」と質問の冒頭にはかかれていますから、思いつくままに・・・。 ・バッハ:ブランデンブルグ協奏曲 第1番 第1楽章の第2トリオ ・ヘンデル:組曲「水上の音楽」より「ア・ラ・ホーンパイプ」 ・ハイドン:交響曲第31番「ホルン信号」冒頭から、4本のホルンのファンファーレ。 ・ベートーベン:交響曲第3番「英雄」第3楽章 カッコいいホルンのトリオ。 ・ 同 交響曲... A ベストアンサー こんにちは。 トロンボーン経験者(アマチュア)です。 吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。 今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。 ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。 goo. php3? 「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。 今の生徒さんの状態は「バテ」ではなく, 2さんがおっしゃるように,疲労した状態で吹きすぎてバランスを崩したか,あるいは,唇の粘膜を痛めてしまっている,という状態だと思います。 まず,今の生徒さんの状態は,運動部で言うところの「けが・故障」に近い状態である事をご理解ください。 今はとにかく,無理をさせないことが大事だと思います。 特に指導者側からのプレッシャーは絶対に禁物です。 出ない音を無理して吹かせない,というのは絶対に守ってください。 粘膜の部分はデリケートですが,一方で回復も早いですから,あせらずに数日リラックスすれば,きっとかなりの部分回復すると思います。 コンクール間近であれもこれもやりたい,というのはお察しいたしますが,これは金管楽器奏法の本質的に関わる部分ですので,都合のよい特効薬はない,というところはご理解ください。 この時期,コンクールを目指す学校・団体は,どこも練習時間を長く取っていると思います。 しかし,金管楽器奏者の唇は紛れもなく「消耗品」ですので,過剰な練習は禁物です。 疲れて音が出なくなったら休む,というのは大原則です。 耐久力(唇の筋力)をつけるためには,ある程度の負荷は必要ですが,それ以上は唇の粘膜を痛めたり,奏法のバランスを崩したり,と何もいい事はありません。 今さらかもしれませんが,必要以上に体(唇)をいじめない,というのは,本番直前のコンディション悪化を予防するための非常に重要なポイントですので,ご指導の際はお気をつけください。 本番当日の練習も,生徒さんの耐久力に応じて加減してください。 --- 以上,長文失礼いたしました。 ご参考になりましたら幸いです。 ご健闘お祈り申し上げます。 こんにちは。 トロンボーン経験者(アマチュア)です。 吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。 今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。 ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。 goo. php3? 「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。... A ベストアンサー こんにちは。 トロンボーン経験者(アマチュア)です。 そういえば今はコンクールシーズンですね。 懐かしいです(笑)。 まず,余計なお世話かもしれませんが, >腫れてしまっているようなのです。 >前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。 自分の体,音がきちんと観察できている事は素晴らしいことだと思いますが(それこそが上達への最大の鍵ですからね),本番が近くなって必要以上に神経質になっている可能性もないとは言えません。 もう一度,自分の体の状態,吹き方,出てくる音を冷静に観察してみてください。 ちょっとした調子の変動の範囲内の事が過剰に気になっているだけかもしれませんよ。 ただ,実際のところは,吹きすぎによる疲労が原因の可能性が高いと思います(もちろん,断定はできませんが)。 私も同様の経験あります。 この時期,どうしても練習時間は長くなると思いますが,金管奏者の唇は「消耗品」ですので,疲労してしまったら休めるしか回復方法はありません。 きちんと休息を取れば,すぐにコンディションは戻ると思います。 また,回復を早めるには, 2さんがおっしゃっている「冷やす」は効果あると思います。 *ちなみに,またしても余計なお世話ですが,ある程度負荷をかけた練習は耐久力アップのために必要ですが,音が出なくなってしまってもしつこく練習を続けるのは逆効果です。 なお,練習後の疲労した唇は,粘膜が弱くなっていますので,場合によっては 1さんがおっしゃっているような状態にもなりかねません。 日常の手入れにも気を配ってください。 といっても, ・唇周辺についた汗や唾液をきれいにする (できればリップクリームくらいをつけておく) ・マウスピースも同様にきれいにする くらいのことに気をつけていれば十分と思いますが。 もしも,原因が分からなくて&本番までに治るかどうか不安でしたら,今のうちに一度病院に行っておく事をお勧めします。 大したことなくても,それが分かるだけでも気分的にはずいぶん楽になるでしょうし,ちょっとした腫れならば,薬で比較的簡単に治ると思います(これも私からは断定できませんが)。 --- 長文失礼しました。 素敵な音楽が楽しめるよう,がんばってくださいね! こんにちは。 トロンボーン経験者(アマチュア)です。 そういえば今はコンクールシーズンですね。 懐かしいです(笑)。 まず,余計なお世話かもしれませんが, >腫れてしまっているようなのです。 >前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。 自分の体,音がきちんと観察できている事は素晴らしいことだと思いますが(それこそが上達への最大の鍵ですからね),本番が近くなって必要以上に神経質になっている可能性もないとは言えません。 もう一度,自分の体の状態,吹... A ベストアンサー 3です。 当たり前の話ですが、どういう口の形で、どれぐらいの息の強さで吹け、 と指示したところで、それが万人にとっていい音を出す方法ではありえません。 極端な話、たとえ教則本に書いてある方法からかなり外れていようとも、 それでいい音が出るならばそれはその人に合った音の出し方です。 いい音を得るためには、常にいい音をイメージし、 自分の出した音と比較して微調整を施すといった鍛錬が必要と思います。 そういう意味で、いい音を聴こうという姿勢は正しいと思います。 以上を前提に、私の吹き方を一例として紹介します。 とにかく、息を送りつづける部分=腹筋以外はリラックスすること。 唇に至っても、できるだけ力を入れないようにします。 音を出したときの感覚は、おなかから自然に息が吹き抜けてゆく感じ。 どこかに力が入った部分があると、とたんに音が曇ります。 とくに、大きな音を出そうとするとき、 息の圧力に負けじと唇に無駄な力が入ってしまうと、 音が曇り、またはつぶれてしまいます。 あと、タンギングに関しては、音を出すタイミングに連動して、 必要以上に息の入れ方を変えていたりしていませんか? 息をおなかから一定の強さで送りつづけた状態で、 舌先で音の出、止めを制御したときの音で、 いい出だしの音を探してみてはどうでしょう。 抽象的なアドバイスで申し訳ありませんが、 いい音を手に入れるきっかけになれば幸いです。 3です。 当たり前の話ですが、どういう口の形で、どれぐらいの息の強さで吹け、 と指示したところで、それが万人にとっていい音を出す方法ではありえません。 極端な話、たとえ教則本に書いてある方法からかなり外れていようとも、 それでいい音が出るならばそれはその人に合った音の出し方です。 いい音を得るためには、常にいい音をイメージし、 自分の出した音と比較して微調整を施すといった鍛錬が必要と思います。 そういう意味で、いい音を聴こうという姿勢は正しいと思います。 以上を前提... A ベストアンサー 休眠中の素人ホルン吹きです。 度胸と体力さえあれば、と言ったところでしょうか。 少なくとも3楽章のソロはチャイ5より難しいです。 正直疲れるばかりで面白くないかも知れません。 その他の曲については良く分かりません。 この中で3年程度(で天才的に上達していれば別ですが)何とかこなせるのは「未完成」くらいではないでしょうか。 他の曲ではトップはもちろん下吹き(2. 4番)も相当難しくなります。 ある意味トップより大変です。 一か八かの挑戦みたいになってしまうかも知れませんよ! ご健闘を!! 休眠中の素人ホルン吹きです。 度胸と体力さえあれば、と言ったところでしょうか。 少なくとも3楽章のソロはチャイ5より難しいです。 正直疲れるばかりで面白くないかも知れません。 Q 中学時代、吹奏楽でホルンをやっていました。 結構厳しい部だったのでそれなりには吹けていました。 その後、5年間ホルンに触れることはなかったのですが、最近オーケストラを聴いて久しぶりにやってみたくなったんです。 今は音を出すことすら危ういですが・・・ そこで、楽器を持っていないので購入しようかと思っているのですが、ホルンって(楽器全般そうですが・・・)値段に相当な幅がありますよね?またメーカーも何種類かあります。 おすすめはやっぱりヤマハですね。 フルダブルで手頃な価格というとYHR-567シリーズがおすすめです。 一番無難なモデルなのですが、評価は非常に高く、発売当時来日したゲルト・ザイフェルト氏(ベルリンフィル首席)がいたく気に入って、ステージ本番で使用したという逸話もあります。 非常に素直でクセのない楽器で、質問者さんの条件にピッタリだと思います。 また、中古でも人気なので買い換える時もそれなりの値段が付くと思います。 頑張って新たなホルンライフを満喫してください。 yamaha. html 005 Q ホルンのプロテクターに付いて質問です。 先日YAMAHAのYHR-668を購入して使っています。 今まで使っていた楽器が古い学校楽器でシングルだったので 凄く軽かったのですがダブルに成って凄く重たくなり もともと手も小さいので左手がうっ血してしまいます。 それよりも、楽器を満足に構えられないという方が大きな問題です。 「楽器を構える」という負担のために、演奏に注ぐべきエネルギーや注意力が失われているなら、それを取り除くことの方がメリットが大きいと思います。 練習のとき付けるなら、本番も同じコンディションにするため、付けたままの方が良いと思います。 プロテクター以外に、手が小さいのであれば、小指の指かけの位置を変えることも考えた方が良いかもしれません。 一度楽器店に相談してみてはどうでしょうか。 yamahamusic. これは音色作りや音を長く続かせるという点でも重要になってくると思います。 しっかり腹筋で支えて勢いのある息をまっすぐ楽器に吹きこむように意識すると良いです。 私は8拍で吸って8拍ではく,というのを繰り返す呼吸練習を取り入れるのも効果的ではないかと思います。 難しいようなら6拍で吸って6拍ではくとかでも大丈夫 最初は苦しいですが,慣れてくると8拍はき続けるのが苦ではなくなってくると思うのでぜひやってみてください! つぎに,音程の合わせ方の話になりますが,基準となる音をチューナーやピアノで鳴らして,耳でその音に寄せるようにして合わせるという方法をおすすめします。 質問者さんは普段チューナーで合わせているのですかね?楽器ごとに中心となる音があると思うのでその音と,音程がずれやすい音を大まかに合わせたら,あとは一音ずつ音程のあった音を聞いて耳で合わせてるようにしてみてください。 この方法で丁寧に合わせるようにするとだんだん合いやすくなってくると思います。 お役に立てれば嬉しいです。 アンブッシャーが良いのであれば, まず,正しい腹式呼吸でまっすぐ息が楽器に送れるようにする,というのが重要です。 これは音色作りや音を長く続かせるという点でも重要になってくると思います。 しっかり腹筋で支えて勢いのある息をまっすぐ楽器に吹きこむように意識すると良いです。 私は8拍で吸って8拍ではく,というのを繰り返す呼吸練習を取り入れるのも効果的ではないかと思います。 難しいようなら6拍で吸って6拍ではくとかでも大丈夫 最初は苦しいですが,慣れてくると8拍はき続けるのが苦ではな...

次の

吹奏楽で、ホルンのソロがある曲を教えてください。また、「Sin...

ホルン ソロ 曲

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

ホルンソロのある吹奏楽曲、教えてほしいです。

ホルン ソロ 曲

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の