伊藤 詩織 大学。 伊藤詩織裁判。おかしいと思う点を下に書きます。伊藤氏支持...

伊藤詩織の結婚した旦那(夫)に子供は?経歴や学歴・大学、山口敬之とはホント?

伊藤 詩織 大学

伊藤詩織裁判。 おかしいと思う点を下に書きます。 伊藤氏支持の方々、山口氏支持の方々、興味のある部分だけでいいですので、ご自由にご意見をいただければ幸いです。 (下のトピックと関係のない書き込みはご遠慮ください。 ) セカンドレイプの可能性があり、このような問題提起をするのは心苦しいです。 ただ、物事が正しい方向に向かうことを願って投稿させていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。 東京地裁の、証言の信頼性の検証 2. 今後のレイプ裁判のために 3. 冤罪の検証 【1. 東京地裁の、証言の信頼性の検証】 「伊藤さんがホテルでシャワーを浴びることなく、4日午前5時50分にホテルを出てタクシーで帰宅したことについて、『合意のもと性行為に及んだ後の行動としては、不自然に性急』、『むしろホテルから一刻も早く立ち去ろうとするための行動であったとみるのが自然』とした。 」 そんなにおかしいことでしょうか。 「伊藤さんが4日に産婦人科を受診してアフターピルの処方を受けたことも『避妊することなく行われた今回の性行為が、予期しないものであったことを裏付ける事情』とした。 」 予期しないかどうかと、当日の性行為に合意があったかどうかは別問題だと思います。 「さらに、伊藤さんが7日と8日に友人2人に相談したこと、9日に原宿警察署に相談したことを踏まえ、『行為があった時から近い時期に、合意に基づかずに行われた性交渉であると周囲に訴え、捜査機関に申告していた点は、今回の性行為が伊藤さんの意思に反して行われたものであると裏付けるもの』と結論づけた。 」 山口氏側の主張によれば、彼はハメられたことになります。 仮の話として、7日より前に伊藤さんにその意図があれば、上のことは伊藤さんを支持する要素にならないと思います。 『寿司屋から恵比寿駅は徒歩でわずか5分程度の距離であり、寿司屋を出た時点でタクシーに同乗させた点について、合理的な理由は認めがたい」 アラフィフ男性ですが、恥しながら、泥酔した女性を5分もかつぐ体力はありません。 自分に酒が入っていればなおさらです。 「山口さんは、伊藤さんが午前2時ごろホテルで目覚めた際に『私は、なんでここにいるんでしょうか』と述べ、酔っている様子は見られなかったと証言した。 これについて判決は、伊藤さんの発言自体『伊藤さんがホテルの部屋に入室することについて同意をしていないことの証左というべき』」 酔っていた時の記憶が飛んでいるというのは、ありうることではないでしょうか。 「伊藤さんをホテルに連れて行くことを決めた。。。 」 「山口さんが寝ていた窓側のベッドに。。。 」 アラフィフですが、このような場合、自分だったら記憶違いもあるかもわかりません。 今後のレイプ裁判のために】 合意があったかどうかは、結局本人たちの心の中の問題ですから、伊藤さんが警察で言われたように検証は困難です。 検証・証明の過程を示すことで、今後女性が何に気をつけるべきかを明らかにする大事な裁判であるはずなのに、そういう観点の議論がなく、山口氏がアベ友だから逮捕されなかったんじゃないかという議論ばかりが目につくのはどうしででしょう? 【3. 冤罪の検証】 レイプ冤罪等を取り扱った「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(The Life of David Gale)」という映画がありますが、今回誰も話題にしないのはなぜでしょう? ケビン・スペイシーやケイト・ウィンスレットなど大物俳優の起用で、当時話題になったと思います。 補足早速ご回答をくださった方々、どうもありがとうございます。 時間をみつけて、少しずつ返信をつけていきます。 私も判決のなかに疑問を感じた点が複数ありました。 モフモフさんの挙げられた点について思ったことを書かせていただきますが、モフモフさんの言う通りだなと思う点が多いのでそこは省略させていただきます。 加えさせていただくと、「ホテルに入ることへの同意の有無」と「性行為の同意の有無」は別物だと思いました。 事件からそれなりに時間も経ってますのでなおさらです。 記憶違いがあって話が変わる人と、しっかり覚えていて話が変わらない人がいた場合、どちらの話を採用するかという問題ではないでしょうか。 一番話が変わらないのは、「絶対にバレてはいけない嘘をついている人」だと思うんですがね... 私は山口も伊藤も嘘をついていると思っていますが、伊藤のほうがしっかり嘘をつく準備をしていたなという印象です。 レイプ冤罪を扱っているのですか... 今や伊藤詩織は性被害を告発した勇敢な悲劇のヒロインとして世界各国で讃えられていますからね... このタイミングでレイプ冤罪をテーマにした映画を話題にしたら、まるでこの件がレイプ冤罪だと言っているようにも見えてしまうかもしれません。 話題にしずらいと思います。 人口10万人あたりでは、日本の14倍と非常に高い数値を示した。 韓国の犯罪で気になるのは、日本は件数が減少傾向だが、韓国では増加傾向にあることだ。 1件、日本が1件。 傷害事件の届出数は、韓国が64. 6件、日本が16. 0件である。 以下解説: 上記は『2010年版ブリタニカ国際年鑑』によるものだが、2011年の日本の警察白書と韓国最高検察庁犯罪統計で、さらに比べると以下のようになるという。 10万人当たり件数で見ると、 殺人 日本0. 82 韓国2. 55 強盗 日本2. 87 韓国8. 89 暴行 日本22. 87 韓国221. 82 傷害 日本20. 21 韓国143. 28 放火 日本0. 85 韓国7. 06 窃盗 日本132. 23 韓国542. 92 韓国39. 46 横領 日本1. 31 韓国52. 10 >そんなにおかしいことでしょうか。 おかしくはありませんね。 というかどうでもよいことです。 どちらでもよい… 私にしたらその裁判官は「おかしい」ですね。 根拠は以下の通り… 伊藤氏の状態は単なある時系列ではなく、事実を平行した図式化で良くわかります。 閲覧制限の理由は「他人の顔が映っている」だが、自身の名前と顔を出す前に、この映像にモザイクをかけても映像を出すべき… 名前と顔にまったくの証明情報はない反面、映像には証拠としての情報はかなり含まれているはずですね。 伊藤氏の主張のおかしなところは証言不可能なところ 争点 を憶測で作り上げているところですね。 レイプドラッグとか… しかし、伊藤氏が証言可能なのは「D」でしかありませんし、「D」につきましても…というか「D」しか陳述書に書いてないのだし、4日の産婦人科の医師と看護婦+6日の警察官 調書)にも「D」を述べたと主張しているのだから「C」など出す必要がない… なぜなら、圧倒的に「C」より「D」のほうが証明しやすいし、罪が重い… 不自然とはこちらのことを言いますね。 なぜ「C」にこだわるのか??? それは「証拠がない」ことは推測できます。 「傷」「痕跡」=【証拠】は十分4~6日までの間で存在していたはずなのに… よく性被害者にある「迷った」は通用しません。 6日には山口氏を犯罪者にする意思を固めています。 また「レイプドラッグ」も尿では1~2日しか残りませんが、髪の毛なら数か月残っています。 数か月~1年以上 何をしているのやら??? 常識では到底考えられません。 明らかに異常です。 2、は「欲望からのこじつけ」ですね。 1も伊藤氏の発言も山口氏も同じなのですが、みな「欲望」のために嘘なり誇張なり、こじつけをしています。 まぁ【事実】と【憶測】の区別がつけられない方でしょうね。 ゆえにファンタジー的に誇張変換されていく… 何の証拠も根拠もないのに… 3、2に通づるものですが、「欲望」とはドラッグに近い性質を持ちます。 この「欲望」が強い人間ほど「理性」が利きません。 ブレーキですね。 通常こういった問題を見ますと、「反対の意見も調べてみよう」「メリット 欲によってかなえられる利益 に対し、デメリット(悪影響を及ぼすもの、損失 」を必ず考えますよね? しかし、そのブレーキ=理性が利かないのでメリットしか考えず、デメリットを思慮できないのが特徴ですね。 これは「犯罪者の思考様式」といえます。 利益を得たい欲に目がくらみ、デメリットがブラインド化する… 犯罪者が、金品を目の前にして「捕まるかも?」「刑罰を負うかも?」「持ち主が困るかも? 共感力 」といったデメリットが思慮できなくなる=「欲に目がくらむ」現象ですね。 つまり、そういった欲があるために、そういったところまで思慮が及ばない… そういった作品を知らずとも、デメリットは十分考えられてしかるべきです。 これは伊藤氏、山口氏とその擁護者すべてがこの思想に陥っており、もしかしたら裁判官もこれに引きずられて本質を見失ってる疑いがありますね。 しかし、私はベストは 伊藤氏は… 「意識がなかった点 準強姦 はわからないので問わないが、意識がある部分 強姦 の証明をする。 」「証明できないのであれば山口氏の認めている避妊具未装着での慰謝料300万円」とする… 山口氏は… 「意識がなかったか知らなかったが、伊藤氏は確かに誘った主張をする」「準強姦、強姦は認めないが、避妊具は常識的にミスなので慰謝料300万円を渡す」 裁判官は… 「準強姦は証明できないので、強姦を争点にする」「それすら証明できないのであれば、伊藤氏に対しその点を注意し、山口氏に関し、避妊具の慰謝料支払いを認める旨を伝える…」 そうすれば、次なる争いは起こりにくいのに… つまりは「どちらも悪いところはあるが、合意している点については慰謝料を払おうね?』とすべきですね。 あれじゃぁ、裁判官も引っ張られて、争点が証明不可能なことを延々と争う羽目になる… 裁判官であれば準強姦が証明困難なのは知ってて当然なのだが… しかも、それよりはるかに容易である「強姦の証明」すら、伊藤氏はできていないんだから、準強姦の証明などできる可能性があるはずもない… ということに気づくべきですね。 まぁあの様子じゃまた荒れると思いますね。 東京地裁について 伊藤さんは当時26歳で 薬入れられたか別に 異性と吐く程度まで飲んでいる。 更に、喫茶店等ではなく串かつ屋から寿司屋へと自らはしごしていて、明示ではないにせよ山口さんと性交を容易に予期でき合意があったとも山口さんには理解できてもおかしくない。 また、性交後ホテルに出るも、すぐに警察へ行くわけでもなく、妊娠だけを気にししていないにも関わらず「妊娠しているかもしれない」と山口さんを脅すようなメールを送っている。 万一、薬をもられたりして酔いが早いとか望まぬ性交ならば彼女の行動派の性格から即警察に行かなかったのは彼女なりの理由があったともいえる。 そして、就職につき困難と感じたのか9日になって公的機関を利用しており、言葉悪いも「体を利用するも無理だったから」とも取れない。 性交についての合意の有無につき地裁の判断とは異なる結論を持論にしています。 今後の裁判と冤罪について 今後も例えば草津の女性議員 私個人としては女性が嘘をでっち上げていると感じますが 詳細は本件とはあまり関連性が薄いため もしこういう嘘が横行して、刑事としては冤罪、民事としては訴訟詐欺が多数誕生する可能性が高いです。 ましてや、伊藤さんは物書きとして、根も歯もないことまで書ける可能性それも日本内外にまで。 ある意味悲劇のヒロインを演じ商売できます。 例え控訴審や上告審で異なる結論が出ても、地裁で勝ちえたのは事実で少なくとも今は伊藤さんが被害者という社会的な認識が一般化されている。 そういう輩が台頭してよいのか疑問です。 その映画は存じませんが、もし刑事でも準強姦等が容易に認められれば交際しても強姦となり得ますね。 かなり危機感を感じます。

次の

伊藤詩織 VS 山口敬之 の件で、伊藤詩織は嘘を言っていないと考える方に伺...

伊藤 詩織 大学

名前:伊藤詩織(いとうしおり) 年齢:29~30歳 生年月日:1989年?月?日 出身:神奈川県 職業:ジャーナリスト、モデル 伊藤詩織さんは 1989年生まれの神奈川出身という情報がありますが、具体的な年齢などについては情報はありませんでした。 また、日本の短大卒業後にアメリカに留学しているため、経歴がやや謎に包まれている状態になっています。 伊藤詩織の経歴 画像を見ると分かりますが、かなりの美人さんですよね。 実際に9歳の頃からモデルをしていたようで、昔からルックスは良かったんですね。 日本の短大を卒業した後は、ジャーナリストを目指してアメリカ・ニューヨークの大学に留学しています。 そのための学費を稼ぐためにベビーシッターと ピアノバーでアルバイトをしていたそうです。 このピアノバーは日本で言うキャバクラのようなお店みたいですね。 アメリカの大学の学費は日本の物とは比べ物にならない程高いので、その学費を何とかねん出するためにしかたなくこういった夜のお店で働いていたといいます。 アメリカ留学は両親から反対されていたので、ほとんど援助は無かったそうです。 この情報が広まってしまい、今回の元TBS記者の山口氏との事件も、 ハニートラップもしくは仕事目当ての枕営業だったのではないか?という憶測が出回っていました。 ただ仮にキャバクラで働いていたとしても、暴行されて良い理屈は全く無いので、そういった発言は確実に名誉棄損に当たりますね。 実際に伊藤詩織さんはそういった発言をした人物に対して法的措置を検討しているそうです。 その時に火中の 山口記者と出会い、日本テレビのニューヨーク支部でインターン先を紹介してもらったそうです。 ただインターンは無給だったため、伊藤詩織さんはアメリカでの生活費を賄えずに日本に帰国しています。 その後日本でロイター通信のインターンとして働いていた伊藤詩織さんは、海外でのジャーナリストの夢を諦められなかったのか、山口記者にもう一度コンタクトを取っています。 彼は以前にニューヨークではなく、ワシントン支局なら有給のインターンも紹介できると彼女に言っていたそうです。 アメリカでのビザについて話すために、山口記者から東京で会えないかという連絡が彼女の元にきました。 そして飲み屋で会話していた最中に昏睡状態になった彼女は、目が覚めると報道に出ていたホテルのベッドの上だったそうです。 飲み屋からホテルに移動するまでの経緯はこれまで具体的に報道されていませんでしたが、ホテルのドアマンによる供述調書によって明らかになりました。 一度は逮捕状まで出ていたようですが、 警察の上層部によってそれが差し止められた疑いがあります。 元TBS記者だった山口氏は安倍総理とかなり深い関係にあったため、その忖度があったのではないかという報道も出ています。 参考: そのため山口記者を起訴できなかった伊藤さんは、次に民事で彼を訴える事にしました。 その第一審の判決が2019年の12月に出て、勝訴という結果を勝ち取っています。 皮肉にもこの事件により知名度を上げた伊藤詩織さんは、現在はカルバンクラインのモデルをに抜擢されたり、今回の事件に関する著書「ブラックボックス」を出版したりと忙しく活動されているようです。 いくら女性をエンパワーしたいと言われても、下着と聞いて断るつもりだったそう。 でも、「レースの下着を履いていたから同意していた」と無罪判決になったアイルランドのニュースを見て、「どんな下着を身につけていようがそれは同意にはならない」との思いで出演を決めたそう。 日本テレビのニューヨーク支部でインターンが出来ているので、それなりに名の通った大学だとは思いますが、短大卒という学歴で有名校に入学できるとは余り思えないですね。 ジャーナリストであるならば学歴も公開すべきという声があるのに対して、伊藤詩織さんはこの様に回答されています。 承前)とくに、歳の離れた妹への影響は私も心配でした。 性暴力を受けた話をするからというだけではなく、逮捕状が出てるのに逮捕当日に取りやめになったことや、その後の経緯を考えても、何かしらの力が働いているのではないかと恐怖を感じました。 無名のジャーナリストやその家族なんて、…(続 — Q太郎 qtaroxxx 承前)…いとも簡単に潰されてしまうのではないかと。 その後、本名は明かしましたが、友人と一緒に外に出ると写真を撮られたり、ソーシャルネットワークを通じて友人の写真を荒らされたりしたので、家族や友人につながらないように、出身地や出身校などの固有名詞は出さないことにしています。 》 — Q太郎 qtaroxxx やっぱりご家族などに迷惑がかからないようにするための処置の様です。 確かに実際に大きな事件に繋がっているので、この考えは懸命かもしれません。 伊藤詩織は結婚してる? 伊藤詩織さんについて、そのルックスから 結婚しているのではないかと気になっている方も多いようです。 ですが、確証がある情報は出ていませんが、おそらく未婚であるという説が濃厚です。 既に彼女は世界を舞台に活動していますし、結婚をして家庭を作る状況には現在ないと思われます。 裁判なども続いていて、結婚するとしてももう少し落ち着いてからになるのではないでしょうか? これだけ美人な方なのでパートナーとなる男性はいるでしょう。 ただ、今回の判決で一応のピリオドはついたので、今後結婚される可能性は高くなりそうです。 まとめ 今回は謎が多い 伊藤詩織さんについて、経歴やプロフィール、結婚の有無、高校・大学などの学歴、について調べてみました! 今回の裁判の判決からも暴行されたのは確かなようで、伊藤さんには非常に気の毒に思います。 報道直後も色々な憶測がネット上に飛び交った事で、さらに深い心の傷を負ってしまったでしょう。 参考記事: ですがそれにもめげずに、今も表に立って戦う伊藤詩織さんはとてもカッコイイ女性だなと思いました。 今後もモデルやジャーナリストとしての活躍に期待したいと思います!.

次の

伊藤詩織の結婚した旦那(夫)に子供は?経歴や学歴・大学、山口敬之とはホント?

伊藤 詩織 大学

伊藤詩織裁判。 おかしいと思う点を下に書きます。 伊藤氏支持の方々、山口氏支持の方々、興味のある部分だけでいいですので、ご自由にご意見をいただければ幸いです。 (下のトピックと関係のない書き込みはご遠慮ください。 ) セカンドレイプの可能性があり、このような問題提起をするのは心苦しいです。 ただ、物事が正しい方向に向かうことを願って投稿させていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。 東京地裁の、証言の信頼性の検証 2. 今後のレイプ裁判のために 3. 冤罪の検証 【1. 東京地裁の、証言の信頼性の検証】 「伊藤さんがホテルでシャワーを浴びることなく、4日午前5時50分にホテルを出てタクシーで帰宅したことについて、『合意のもと性行為に及んだ後の行動としては、不自然に性急』、『むしろホテルから一刻も早く立ち去ろうとするための行動であったとみるのが自然』とした。 」 そんなにおかしいことでしょうか。 「伊藤さんが4日に産婦人科を受診してアフターピルの処方を受けたことも『避妊することなく行われた今回の性行為が、予期しないものであったことを裏付ける事情』とした。 」 予期しないかどうかと、当日の性行為に合意があったかどうかは別問題だと思います。 「さらに、伊藤さんが7日と8日に友人2人に相談したこと、9日に原宿警察署に相談したことを踏まえ、『行為があった時から近い時期に、合意に基づかずに行われた性交渉であると周囲に訴え、捜査機関に申告していた点は、今回の性行為が伊藤さんの意思に反して行われたものであると裏付けるもの』と結論づけた。 」 山口氏側の主張によれば、彼はハメられたことになります。 仮の話として、7日より前に伊藤さんにその意図があれば、上のことは伊藤さんを支持する要素にならないと思います。 『寿司屋から恵比寿駅は徒歩でわずか5分程度の距離であり、寿司屋を出た時点でタクシーに同乗させた点について、合理的な理由は認めがたい」 アラフィフ男性ですが、恥しながら、泥酔した女性を5分もかつぐ体力はありません。 自分に酒が入っていればなおさらです。 「山口さんは、伊藤さんが午前2時ごろホテルで目覚めた際に『私は、なんでここにいるんでしょうか』と述べ、酔っている様子は見られなかったと証言した。 これについて判決は、伊藤さんの発言自体『伊藤さんがホテルの部屋に入室することについて同意をしていないことの証左というべき』」 酔っていた時の記憶が飛んでいるというのは、ありうることではないでしょうか。 「伊藤さんをホテルに連れて行くことを決めた。。。 」 「山口さんが寝ていた窓側のベッドに。。。 」 アラフィフですが、このような場合、自分だったら記憶違いもあるかもわかりません。 今後のレイプ裁判のために】 合意があったかどうかは、結局本人たちの心の中の問題ですから、伊藤さんが警察で言われたように検証は困難です。 検証・証明の過程を示すことで、今後女性が何に気をつけるべきかを明らかにする大事な裁判であるはずなのに、そういう観点の議論がなく、山口氏がアベ友だから逮捕されなかったんじゃないかという議論ばかりが目につくのはどうしででしょう? 【3. 冤罪の検証】 レイプ冤罪等を取り扱った「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(The Life of David Gale)」という映画がありますが、今回誰も話題にしないのはなぜでしょう? ケビン・スペイシーやケイト・ウィンスレットなど大物俳優の起用で、当時話題になったと思います。 補足早速ご回答をくださった方々、どうもありがとうございます。 時間をみつけて、少しずつ返信をつけていきます。 私も判決のなかに疑問を感じた点が複数ありました。 モフモフさんの挙げられた点について思ったことを書かせていただきますが、モフモフさんの言う通りだなと思う点が多いのでそこは省略させていただきます。 加えさせていただくと、「ホテルに入ることへの同意の有無」と「性行為の同意の有無」は別物だと思いました。 事件からそれなりに時間も経ってますのでなおさらです。 記憶違いがあって話が変わる人と、しっかり覚えていて話が変わらない人がいた場合、どちらの話を採用するかという問題ではないでしょうか。 一番話が変わらないのは、「絶対にバレてはいけない嘘をついている人」だと思うんですがね... 私は山口も伊藤も嘘をついていると思っていますが、伊藤のほうがしっかり嘘をつく準備をしていたなという印象です。 レイプ冤罪を扱っているのですか... 今や伊藤詩織は性被害を告発した勇敢な悲劇のヒロインとして世界各国で讃えられていますからね... このタイミングでレイプ冤罪をテーマにした映画を話題にしたら、まるでこの件がレイプ冤罪だと言っているようにも見えてしまうかもしれません。 話題にしずらいと思います。 人口10万人あたりでは、日本の14倍と非常に高い数値を示した。 韓国の犯罪で気になるのは、日本は件数が減少傾向だが、韓国では増加傾向にあることだ。 1件、日本が1件。 傷害事件の届出数は、韓国が64. 6件、日本が16. 0件である。 以下解説: 上記は『2010年版ブリタニカ国際年鑑』によるものだが、2011年の日本の警察白書と韓国最高検察庁犯罪統計で、さらに比べると以下のようになるという。 10万人当たり件数で見ると、 殺人 日本0. 82 韓国2. 55 強盗 日本2. 87 韓国8. 89 暴行 日本22. 87 韓国221. 82 傷害 日本20. 21 韓国143. 28 放火 日本0. 85 韓国7. 06 窃盗 日本132. 23 韓国542. 92 韓国39. 46 横領 日本1. 31 韓国52. 10 >そんなにおかしいことでしょうか。 おかしくはありませんね。 というかどうでもよいことです。 どちらでもよい… 私にしたらその裁判官は「おかしい」ですね。 根拠は以下の通り… 伊藤氏の状態は単なある時系列ではなく、事実を平行した図式化で良くわかります。 閲覧制限の理由は「他人の顔が映っている」だが、自身の名前と顔を出す前に、この映像にモザイクをかけても映像を出すべき… 名前と顔にまったくの証明情報はない反面、映像には証拠としての情報はかなり含まれているはずですね。 伊藤氏の主張のおかしなところは証言不可能なところ 争点 を憶測で作り上げているところですね。 レイプドラッグとか… しかし、伊藤氏が証言可能なのは「D」でしかありませんし、「D」につきましても…というか「D」しか陳述書に書いてないのだし、4日の産婦人科の医師と看護婦+6日の警察官 調書)にも「D」を述べたと主張しているのだから「C」など出す必要がない… なぜなら、圧倒的に「C」より「D」のほうが証明しやすいし、罪が重い… 不自然とはこちらのことを言いますね。 なぜ「C」にこだわるのか??? それは「証拠がない」ことは推測できます。 「傷」「痕跡」=【証拠】は十分4~6日までの間で存在していたはずなのに… よく性被害者にある「迷った」は通用しません。 6日には山口氏を犯罪者にする意思を固めています。 また「レイプドラッグ」も尿では1~2日しか残りませんが、髪の毛なら数か月残っています。 数か月~1年以上 何をしているのやら??? 常識では到底考えられません。 明らかに異常です。 2、は「欲望からのこじつけ」ですね。 1も伊藤氏の発言も山口氏も同じなのですが、みな「欲望」のために嘘なり誇張なり、こじつけをしています。 まぁ【事実】と【憶測】の区別がつけられない方でしょうね。 ゆえにファンタジー的に誇張変換されていく… 何の証拠も根拠もないのに… 3、2に通づるものですが、「欲望」とはドラッグに近い性質を持ちます。 この「欲望」が強い人間ほど「理性」が利きません。 ブレーキですね。 通常こういった問題を見ますと、「反対の意見も調べてみよう」「メリット 欲によってかなえられる利益 に対し、デメリット(悪影響を及ぼすもの、損失 」を必ず考えますよね? しかし、そのブレーキ=理性が利かないのでメリットしか考えず、デメリットを思慮できないのが特徴ですね。 これは「犯罪者の思考様式」といえます。 利益を得たい欲に目がくらみ、デメリットがブラインド化する… 犯罪者が、金品を目の前にして「捕まるかも?」「刑罰を負うかも?」「持ち主が困るかも? 共感力 」といったデメリットが思慮できなくなる=「欲に目がくらむ」現象ですね。 つまり、そういった欲があるために、そういったところまで思慮が及ばない… そういった作品を知らずとも、デメリットは十分考えられてしかるべきです。 これは伊藤氏、山口氏とその擁護者すべてがこの思想に陥っており、もしかしたら裁判官もこれに引きずられて本質を見失ってる疑いがありますね。 しかし、私はベストは 伊藤氏は… 「意識がなかった点 準強姦 はわからないので問わないが、意識がある部分 強姦 の証明をする。 」「証明できないのであれば山口氏の認めている避妊具未装着での慰謝料300万円」とする… 山口氏は… 「意識がなかったか知らなかったが、伊藤氏は確かに誘った主張をする」「準強姦、強姦は認めないが、避妊具は常識的にミスなので慰謝料300万円を渡す」 裁判官は… 「準強姦は証明できないので、強姦を争点にする」「それすら証明できないのであれば、伊藤氏に対しその点を注意し、山口氏に関し、避妊具の慰謝料支払いを認める旨を伝える…」 そうすれば、次なる争いは起こりにくいのに… つまりは「どちらも悪いところはあるが、合意している点については慰謝料を払おうね?』とすべきですね。 あれじゃぁ、裁判官も引っ張られて、争点が証明不可能なことを延々と争う羽目になる… 裁判官であれば準強姦が証明困難なのは知ってて当然なのだが… しかも、それよりはるかに容易である「強姦の証明」すら、伊藤氏はできていないんだから、準強姦の証明などできる可能性があるはずもない… ということに気づくべきですね。 まぁあの様子じゃまた荒れると思いますね。 東京地裁について 伊藤さんは当時26歳で 薬入れられたか別に 異性と吐く程度まで飲んでいる。 更に、喫茶店等ではなく串かつ屋から寿司屋へと自らはしごしていて、明示ではないにせよ山口さんと性交を容易に予期でき合意があったとも山口さんには理解できてもおかしくない。 また、性交後ホテルに出るも、すぐに警察へ行くわけでもなく、妊娠だけを気にししていないにも関わらず「妊娠しているかもしれない」と山口さんを脅すようなメールを送っている。 万一、薬をもられたりして酔いが早いとか望まぬ性交ならば彼女の行動派の性格から即警察に行かなかったのは彼女なりの理由があったともいえる。 そして、就職につき困難と感じたのか9日になって公的機関を利用しており、言葉悪いも「体を利用するも無理だったから」とも取れない。 性交についての合意の有無につき地裁の判断とは異なる結論を持論にしています。 今後の裁判と冤罪について 今後も例えば草津の女性議員 私個人としては女性が嘘をでっち上げていると感じますが 詳細は本件とはあまり関連性が薄いため もしこういう嘘が横行して、刑事としては冤罪、民事としては訴訟詐欺が多数誕生する可能性が高いです。 ましてや、伊藤さんは物書きとして、根も歯もないことまで書ける可能性それも日本内外にまで。 ある意味悲劇のヒロインを演じ商売できます。 例え控訴審や上告審で異なる結論が出ても、地裁で勝ちえたのは事実で少なくとも今は伊藤さんが被害者という社会的な認識が一般化されている。 そういう輩が台頭してよいのか疑問です。 その映画は存じませんが、もし刑事でも準強姦等が容易に認められれば交際しても強姦となり得ますね。 かなり危機感を感じます。

次の