ファン ダイク 背 番号。 【ウイイレ2019】フィルヒル・ファンダイク|能力値/FP/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【FP版も】

ファン・ダイクと吉田の関係は?移籍後の様子は?

ファン ダイク 背 番号

フィルジル・ファン・ダイク選手の背番号、ポジション フィルジル・ファン・ダイク選手の背番号の変遷は、フローニンゲン所属時に、48、21、4。 その後、セルティックでは一貫して5。 サウサンプトンでは17、リヴァプールでは4番をつけています。 ポジションはセンターバック一筋で、他のポジションにつくことはありません。 フィルジル・ファン・ダイク選手のプレースタイル フィルジル・ファン・ダイク選手のプレースタイルとしては、まずディフェンダーとしての頭の良さが最大の売りです。 立派な体格を誇ってはいますが、その体の強さだけに頼るのではなく、相手の攻撃を常に読み、先回りします。 現地の記者に言わせると、フィルジル・ファン・ダイク選手の凄さは、「その場に常にいること」だそうです。 例えば、ゴールに近いサイド、いわゆるニアサイドを守っていたかと思えば、次の瞬間には逆サイドのスペースのカバーに回っていて、相手はまんまとそこにパスを出して、カットされるといった具合です。 試合の流れを読み、相手がどう攻めてくるのか、味方はどう攻められると嫌なのかを察知する戦術眼を持っているからこそ、成せる業です。 その戦術眼に加えて、先程書いたように体の強さを持ち、さらにスピードも兼ね揃えています。 そのため、たとえ1対1で相手を止めなければならない場面でも、冷静に対処できるのです。 相手は、組織で攻めても、個人で攻めても止められてしまうので、パニックに陥り、自分を追い込み、さらにミスをしてしまいます。 それだけでなく、フィルジル・ファン・ダイク選手は攻撃センスにも優れています。 正確にロングキックを蹴ることができるので、味方の攻撃の起点にもなり得るのです。 ただ守るだけでなく、攻撃でも能力を発揮する、まさにモダンなディフェンダーと言えます。 さらにフィルジル・ファン・ダイク選手はキャプテンシーも持っていて、チームメイトを引っ張ることもできます。 これまでの所属チームでも、同僚から尊敬をされていて、人間としても、優れていることが分かります。 フィルジル・ファン・ダイク選手がいることで、チームのランクが1つ上の段階に進むのです。 現に、彼が加入する前のリヴァプールは、勝負弱さが見られ、中々リーグ、カップ共に大事なところで勝ちきれていませんでしたが、ファン・ダイク加入後は、チャンピオンズリーグを制覇したり、リーグでも上位の成績を残したり出来るようになりました。 オランダ人の選手は元来攻撃的な選手に優秀な選手が多く、古くはヨハン・クライフ氏や、ルート・フリット選手、最近ではアリエン・ロッベン氏、ロビン・ファンペルシー氏など、たくさんのそのポジションの第一人者がいました。 しかし一方でディフェンダーは、ヤープ・スタム氏など、有名な選手がいないわけではありませんが、世代ナンバーワンと言われる程の選手がいたことは、ありませんでした。 オランダ代表チームにとって、いわゆる泣き所だったのです。 そこに世界最高クラスの能力を持ったファン・ダイクが出てきたわけですから、それもまた面白いですね。 オランダ代表もリヴァプールと同じように、フィルジル・ファン・ダイク選手の存在でまた1つランクアップするでしょう。 現に、近年、オランダ代表は2016年のユーロ、2018年のワールドカップの出場権を逃し、暗黒時代を迎えていましたが、現在は2020年のユーロ出場権を早々に獲得するなど、復活の兆しを見せています。 それはやはり、フィルジル・ファン・ダイク選手の働きが、大きいと思われます。 2018年から2019年までのシーズンでは、全50試合で1度も相手に抜かれることがなかったという、信じられない記録を残しています。 このこともまた、彼が世界最高のディフェンダーの1人ということを証明しています。 フィルジル・ファン・ダイク選手のプロフィール 名前:フィルジル・ファン・ダイク(Virgil van Dijk) 生年月日:1991年7月8日 年齢:28歳 出身:ブレダ(オランダ) 国籍:オランダ、スリナム 身長:193cm 体重:92kg 利き足:右足です。 背番号:4 所属:リヴァプールFC オランダ代表 フィルジル・ファン・ダイク選手の経歴• その後、フローニンゲンのユースに移籍。 2011年 フローニンゲンでトップチームデビュー。 2013年 スコットランドのセルティックに移籍。 2015年 イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに移籍。 2018年 同じくプレミアリーグのリヴァプールに移籍。 移籍金は、当時ディフェンダーとしては、プレミアリーグ最高額であった。 2019年 イングランド国内の、年間最優秀選手賞を受賞。 所属クラブ歴 2011-2013 フローニンゲン 2013-2015 セルティック 2015-2017 サウサンプトン 2018- リヴァプール 代表歴 2011 オランダU-19代表 2011-2013 オランダU-21代表 2015- オランダフル代表 最後に ここでは、フィルジル・ファン・ダイク選手の背番号とプレースタイル、プロフィールや経歴までまとめてお伝えしました。

次の

フィルジル・ファン・ダイク

ファン ダイク 背 番号

危険な場所を消すのが、天才的にうまい 自分はFWなのでCBとは常に対峙する立場なんですが、まず何を見るかと言えば「立ち姿」なんですね。 「この選手、自信満々だな」とか(笑)。 どっしり感というのは自信だったり、軽々しいミスをしなかったり、失点したら仲間を励ましたり、逆に軽いプレーをした味方に怒りに行ったり……そのすべてが含まれているんですが、一言でいうとCBとしての覚悟が素晴らしい。 このレベルのCBになると、FWはちょっと勝てる気がしなくなると思います。 まず基本ですが、ロングボールの競り合いに強くて、ボールを跳ね返してくれます。 前にいる選手にとってこれが大きくて、競り合った時に「後ろにこぼれそうだな」と感じたら一度戻らなければなりませんし、全体のプレーエリアが押し下げられます。 その分体力も使いますし、嫌ですよね。 その点、ファン・ダイクみたいな選手が後ろにいれば前で信じて待っていられます。 190cm以上の高さがあるのはもちろん大きいんですが、それ以上にボールの落下点に入るのが早いし、飛ぶタイミングもいい。 CBとFWの空中戦の競り合いって、CBに先に飛ばれてしまうと負けなんです。 上に乗っかられるともう勝てないですし、そこから無理に押しのけようとするとファウルを取られる。 だから先に落下点に入って先に飛びたいんですが、うまいCBはなかなかそれをやらせてくれない。 ファン・ダイクはそのスペシャリストですね。 読みの良さはディフェンス全般にも言えて、ゴール前のクロスのポジショニングも素晴らしい。 FWにとってはその点が取れるポイントを嗅ぎ分けられるのが能力ですが、DFにとっても同じでそこを消せるのがDFの才能です。 ファン・ダイクは一番危険な場所を消すのが天才的にうまくて、常にそこにいるんです。 当たり前のようにプレーしているので普通に見えちゃうかもしれませんが、ボールの位置、敵の位置、味方の位置を瞬時に判断して、一番危険な位置に立ち続けられるのは本当に凄いことで、しかもファン・ダイクは最後にボールに足を出してくるので、これは攻略できないなと(苦笑)。 ファン・ダイクは今季プレミアリーグで一度もドリブル突破されなかったことがOptaによる集計で明らかになり話題となった ムバッペを操った芸術的守備 ここまでベーシックな能力の話をしてきましたが、ファン・ダイクの対人守備の最大の特長は「相手のアクションを誘導すること」ですね。 普通、守備は相手のアクションに対応するリアクションになります。 前回のサンマクシマンのドリブルの時も話しましたが、変則なリズムだったり、飛び抜けたスピードを持った選手を相手にすると、リアクションではどうしても対応できない時があります。 逆に言えば、1対1で絶対抜ける選手はそういう選手ですよね。 ただ、ファン・ダイクは普通なら無理な選手にも1対1で対応できるんです。 象徴的なのが、UEFAネーションズリーグのオランダ対フランスの試合でムバッペと相対したシーンです。 ムバッペのスピードだと1対1になった時点で終わりなんですが、自分の立ち位置や体の向きでプレー方向を限定して、もう縦しか行けなくなったタイミングで足を出してボールをかっさらいました。 選択肢がなくなった瞬間に自分から仕掛ける。 これはもうリアクションではなく、アクションだなと感じました。 単純にスピードもあるんですが、駆け引きがうま過ぎるなと。 もう1つ、トッテナム戦でオープンスペースでの1対2のシーンがありました。 ボールを持っているのはムサ・シソコ、ソン・フンミンがフリーで、DFはファン・ダイクのみ。 その時に彼はハーフウェイラインからずっとソン・フンミンへのパスコースを切るポジショニングを続けて、最後はシソコの左足のシュートがバーの上を越えました。 あとで本人のコメントで「あの場面ではソン・フンミンに出された方が失点の可能性が高いから、逆足でシソコに打たせた」と語っていて、あの瞬間にそこまで冷静な判断をしていたことに驚きましたね。 あと全体的に力んでいないというか、リラックスしています。 そういうDFと相対すると「全部読まれている」気になってくるんです。 どっちにいっても止められる気がしてくるというか、判断に迷ってしまう。 上記のプレミアリーグ第32節トッテナム戦の1対2のシーン タックルや足を出す判断もうまくて、FWがDFを背負ってポストプレーをするシーンがあるじゃないですか。 FWとしてはファーストタッチがハマれば「マイボールだな」という感覚があるんです。 なぜかと言えば、DFはクサビのパスに食いついた後に自分のポジションを空けるのを嫌がるので、取れなかった後はすぐに戻ろうとします。 チームによってはそもそも「食いつくな」という約束事のチームもありますからね。 リバプールは比較的DFが前に出るチームですが、ファン・ダイクはFWがキープした後にもう1回足を出してノーファウルで奪うことがあります。 あれはFWにとって嫌ですね。 想定していないプレーですから。 足の長さ、タックルの間合いだったりが独特ですよね。 セルヒオ・ラモス、ジェラール・ピケと並んで世界で3本の指に入る守備者だと思います。 その3人の中でも最も正統派タイプ。 こういう選手が後ろにいるだけでチーム全体が落ち着きますし、カウンターを受けても「ファン・ダイクがいるから大丈夫か」と味方に感じさせる安心感がある。 リバプールはこの選手が入って来て、明らかにチームのレベルが1つ上がりました。 キックもうまくて、サイドへバシッとロングボールを通したりもします。 チームのやり方によっては後ろから繋ぐサッカーもできると思いますし、この選手に関しては弱点がまったく思いつきませんね。 あったら僕が教えてほしいくらいです(笑)。 <プロフィール> Ryohei HAYASHI 林 陵平(東京ヴェルディ) 1986. 東京ヴェルディのアカデミーでジュニアからユースまで過ごした。 05年に明治大へ進学して頭角を現し、07年関東大学サッカーリーグで43年ぶりの優勝に貢献した。 大学卒業後、09年に古巣の東京ヴェルディに加入したが、翌年に柏へ移籍する。 その柏でJ2、J1優勝、クラブW杯に出場。 12年7月からはモンテディオ山形にレンタル移籍、翌13年シーズンより完全移籍した。 17年に水戸へ活躍の場を移し、チーム最多の14得点を記録。 プロ10年目の18年、東京ヴェルディへ復帰を果たした。 2019年もマニアックなゴールセレブレーションに期待。 Twitter: Instagram:.

次の

【ウイイレ2019】フィルヒル・ファンダイク|能力値/FP/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【FP版も】

ファン ダイク 背 番号

2020年2月29日に追記しました。 追記は後半部分です。 2017年12月時点で、DFとしてはプレミアリーグ最高額での移籍金で、リバプールに移籍をした ファン・ダイク。 移籍金は7500万ポンド 114億円 という高額な移籍金で話題となりました。 しかし、実力は本物であり、リバプールとしては良い選手を獲得できたなという印象です。 日本代表の吉田麻也と同じサウサンプトンに所属していたこともあり、吉田麻也もファン・ダイクから学んだことも多いことでしょう。 今回は、世界屈指のDFに成長したファン・ダイクについて書いていきたいと思います。 まずは、ファン・ダイクのプロフィールから見ていきたいと思います。 この記事の内容• ファン・ダイクのプロフィール。 国籍:オランダ、スリナム 生年月日:1991年7月8日(27歳) 出身地:ブレダ 身長:193cm 体重:92kg 在籍チーム:リバプールFC ポジション:DF CB 背番号:4 利き足:右足 オランダのヴィレムIIのユースからフローニンゲンに移籍。 2011-2013年まで所属し、スコットランドの強豪、セルティックに移籍。 セルティックでは、リーグ優勝も経験し、一回り逞しくなったことでしょう。 セルティックの活躍が認められ、プレミアリーグのサウサンプトンに移籍を果たす。 サウサンプトンでは、主力として活躍し、2015-2017年まで所属し、67試合に出場した。 そして、2017年12月にリバプールに移籍を果たすが、この移籍の裏側には問題もあった。 この年の夏にリバプールがファン・ダイクに接触したと、サウサンプトンが訴え、冬の市場での移籍となったらしい。 移籍の問題は色々とありますが、ファン・ダイクとしてはステップアップできて良かったと思います。 強豪リバプールに移籍をし、存在感を増したファン・ダイクは大きく成長し、今ではリヴァプールの中心選手としてリーグ戦優勝、チャンピオンズリーグ制覇に向けて活躍をされています。 理想的なCBとして有名になったファン・ダイクですが、背番号4が本当によく似合う。 次は、ファン・ダイクのこれまでの背番号についてと拘りがあるのかについて書いていきたいと思います。 ファン・ダイクのこれまでの背番号と背番号には拘りはあるのか? まずは、 ファン・ダイクのこれまでの背番号について書いていきたいと思います。 フローニンゲンの時の背番号ですが、載っていませんでした・・・。 左上がファンダイクですが、背番号は確認できません。 他のページを調べてみてもわかりませんでした。 セルティックの時からは、ファン・ダイクの背番号は確認することができました。 セルティック時代は、背番号5番を背負ってプレーしていました。 何か、今のファン・ダイクと雰囲気が違いますね。 年齢が違うからもありますが、CBとしてのオーラが違いますね。 若かったことと経験を積んでいなかったから、そう見えるのだと思います。 初のプレミアリーグに移籍をしたサウサンプトンでは背番号は何番だったのでしょうか? サウサンプトンでは、背番号17だったようです。 サウサンプトンでは、一桁の番号が空いていなかったのでしょうかね? ファン・ダイクにとっては背番号は関係なくプレーができれば良いといった感じの選手なのでしょうかね? 吉田麻也と共に戦っていたファン・ダイクですがステップアップをするために、リバプールに移籍をすることになりました。 リバプールでは、背番号4。 ファン・ダイクのために用意されていたのではないでしょうか? 今では名実ともに、リバプールの中心選手として活躍しています。 背番号4が似合う選手に成長しましたね! オランダ代表でも背番号4を背負っていますが、クラブと同じ背番号を背負ってもらっているような感じがしますね。 これまでのファン・ダイクの背番号を見てみると、クラブで様々な背番号を背負ってきているんですね。 見ている限りですが、ファン・ダイクには背番号に拘りはなさそうですね。 プレーすることが一番大切といったタイプの選手なのでしょう。 現在は、リヴァプールやオランダ代表でも背番号4を背負っているので愛着があるのではないでしょうか? 恐らく、リバプールに居続けると思われるので、背番号4=ファン・ダイクということになっていそうですね。 オランダ代表でもそうでしょう!移籍もなさそうな気もしますし、リバプールの歴史に名を刻むこととなるでしょう。 ここから追記しました。 ファン・ダイクが背負っている背番号4ですが、リバプールで背番号4を背負ってきた選手は、どんな選手がいるのでしょうか? 日本代表から、アルゼンチンのレアなクラブまで! フットボールマックスは3000種以上の をお届けいたします! リバプールの歴代4番を背負ってきた選手は? 現在は、ファン・ダイクの背番号で有名ですが、以前は、誰が背負っていたのでしょうか? 近年では、サミ・ヒーピア。 1999-2009にリバプール在籍。 何と!加入1年目からレギュラーポジションを掴むとステファヌ・アンショズと組む最終ラインは、プレミアリーグ最高とも言われるほど。 サミ・ヒーピアにとっては、2004-2005UEFAチャンピオンズリーグ優勝が印象に残るでしょう。 リバプールでは、464試合に出場し、35得点を挙げる活躍をし、リバプールサポーターから愛された選手でした。 続いては、アルベルト・アクィラーニ。 2009-2012にリバプール在籍。 2011-2012は、ユベントスにレンタル移籍。 2012-2013は、ミランにレンタル移籍。 リバプールでプレーをしたのは、移籍初年度のシーズンのみ・・・。 しかも、加入後は怪我で出遅れていたので、最初の内はリハビリ。 後半に出番は合ったもののインパクトは残せず、2012年に、フィオレンティーナへ移籍。 その後は、様々なクラブを渡り歩き、2017年に現役引退。 私は、この選手は知らなかったです・・・。 申し訳ないですが。 最後ですが、コロ・トゥーレ。 2013-2016に在籍。 コロ・トゥーレは、コートジボワール代表で見ていました。 リバプールにいたことは知りませんでした。 調べてみると、色々と出てくるものですね。 コロ・トゥーレは、対人守備に強く、地上戦、空中戦関係なく強い! アフリカ最高のCBと評価されるほどの実力の持ち主でした。 2017年に引退し、セルティックのコーチに就任したそうです。 以上、3人が、リバプールの背番号4を背負った選手となります。 (近年ですが。 ) やはり、DFの選手が背負っていますね。 背番号4には、そういうイメージがありますので、仕方がないと思います。 現在は、世界最高のCBであるファン・ダイクが背負っています。 今後、リバプールに多くのタイトルをもたらせてくれると思われます。 今後も、ファン・ダイク、リバプールの試合には注目ですね。 まとめ。 今回は、ファン・ダイクのプロフィールと 背番号のことについて書かせていただきました。 ファン・ダイクが所属してきたクラブは、日本人選手が所属していた、しているクラブばかりだったんですね。 ちょっと、驚きました。 特に、セルティックにいたとは思いませんでした。 着実にステップアップをされてきたみたいです。 お手本のようなステップアップの仕方なので、日本人選手も見習わないとですね。 その都度、背番号は変わっていますが、ファン・ダイクに似合う背番号になっていっているのでしょう。 今では、本当に背番号4が似合う選手となりました。 現在、プレミアリーグ首位を走るリバプールの主力として戦っていますが、是非、リーグ優勝を果たしてほしいですね。

次の