ドリエル。 ドリエル、ドリエルEXの効果、副作用、2つの違いは?【口コミ】

ドリエルは効果ない?副作用に要注意【口コミ・評判】

ドリエル

やっぱりな!!! え?と思った方。 風邪薬を飲んで眠くなったり、ぼーっとした経験が過去にありませんか?ドリエルの効きはあの程度です。 もちろん「ものすごく効くよ」って方も中にはいると思いますが、そういう方は検索しないと思いますので、思ったことを正直に書いていきます! ちなみにですが、JONはこういった類の薬は使わないです。 というのも、薬を飲んでぼーっとする経験をしたことはあるのですが、湯舟に浸かって体温が冷えてくるときにも同じような眠気を出すことができるんですね。 なので私はドリエル系の薬は使用せず、湯舟に浸かるようにしています。 正直それで十分だと思いますよ! ドリエルの正体 ドリエルが効かないって言ったのは半分本当で半分は過剰表現です。 先にも書きましたが、風邪薬を飲んだ時の眠気や、体のだるさを引き起こす成分がドリエルの正体です。 なので、処方箋をもらって薬局からもらうような睡眠薬とは根本的に薬の効きも、作用する場所も何もかもが違う薬なんですね。 ドリエルが大して効きませんという理由は処方箋と比べてということですね。 なんじゃそれ 抗ヒスタミン剤とは、蕁麻疹や皮膚のかゆみに使う薬、つまりアレルギーの薬のことです。 みんなが知っている薬だと、虫刺されの「ムヒ」がそれです。 ムヒは軟膏なので眠くなることはないですが、あれを錠剤にしたのが「レスタミン」と呼ばれる薬。 どちらもアレルギーの薬で、ドリエルはレスタミンと成分が全く同じなんです。 つまり、 レスタミンを飲んだら眠くなるってわかってるなら、それを逆手にとって眠りの薬も販売しようよ!という具合にできたのがドリエルなんですね。 実際の会話はこうであったか不明ですが、もともとの成分はアレルギーの薬なので、眠気に対して効きが弱いのは当然ですよね。 ドリエルが効くのは寝つきが悪い人だけ! それでもダメ!お酒の分解って思っている以上に時間かかるんだよ! お酒を飲むなら薬は飲まないでください。 いつもお酒飲んだ後に薬飲むから平気と思っている方も、それはたまたま何ともなかっただけで、何かのきっかけで重大な副作用が出る危険性もあります! ドリエルに限らず、お酒と薬の併用は絶対やめてください。 あなたの体を守るためです。 まとめ 本日は、市販されている睡眠補助薬について書きましたがいかがだったでしょうか 実は私が薬剤師として働いている際、睡眠で悩んでいる人ってたくさんいるんだなあと思ったのがこの記事を書こうと思ったきっかけです。 市販の睡眠補助薬は、もともと副作用だった眠気を利用した薬になっているので、処方箋と比べてしまうとどうしても効きが弱くなってしまいます。 しかし初めて使用するような、寝付きが悪い方にとっては良い薬なのではないかなと思います。 どうしようもないときに薬を使用するのは良いと思いますが、その前に湯舟に浸かったり、日中運動してみたりなど、自律神経を整えることの方が重要なのかなと私は思います。 では本日は以上になります! 以上、薬剤師のJONでした。 またねー.

次の

一般用医薬品 : ドリエル

ドリエル

ドリエルは、2003年に発売された 睡眠改善薬です。 この薬のことを、不眠症の治療薬と考えている人も少なくありませんが、それは大きな誤解です。 ドリエルは、睡眠薬でもありませんし、不眠症の治療薬でもありません。 あくまで、 一般用医薬品(睡眠改善薬)であり、病院で処方される睡眠薬とは全く異なる製品です。 ドリエルの説明書には、「不眠症の方は、この薬を使用しないように」と、しっかり記載されています。 【使用上の注意】 次の人は服用しないでください。 日常的に不眠の人。 不眠症の診断を受けた人。 引用:「」 「寝つきをよくする」という売り文句からすると、およそとんちんかんな文章に見えなくもありません。 不眠症で使ってはいけない成分 不眠症で使用しなかったら、いったいこの薬はいつ使用するべきなのでしょうか。 説明書にはこのように書かれています。 こんなとき、こんな方の一時的な不眠に• ストレスが多く、眠れない• 疲れているのに、神経が高ぶって寝付けない• 心配ごとがあって、夜中に目が覚める• 不規則な生活で、睡眠リズムが狂い、寝つけない ドリエルは就寝前の服用により、寝つきが悪い、眠りが浅いといった 一時的な不眠症状の緩和に効果をあらわします。 引用:「」 いずれも、不眠症としか考えられない症状のように見えますが、 あくまで不眠症の患者さんは服用しないように、というのが、この薬の使用上の注意の目立つ場所に記載されています。 いったい、いつ服用するための薬なのかというと、 「一時的な不眠の症状の緩和」と、記載されています。 連用してはいけない薬 ドリエルは、毎日続けて服用してはいけない薬です。 多くとも、3日以上の連用は逆効果にもなりかねません。 この薬の効き目成分は、 ジフェンヒドラミン塩酸塩というものです。 この成分は、 抗ヒスタミン剤と呼ばれるもので、風邪薬や鼻炎薬などの、炎症を抑制するための薬に含まれている成分です。 ジフェンヒドラミン塩酸塩には、もともと、眠くなる副作用が備わっています。 その副作用を利用したものが、ドリエルです。 見ての通り、この成分は、 本来は不眠の症状に効く成分ではないのです。 プラセボ効果と言って、最初の1〜2回は心理的な「思い込み効果」で寝つきがよくなるかもしれません。 信じられないかもしれませんが、プラセボ効果の力は絶大です。 また、短期間で薬に対する耐性(抵抗)もできてしまいます。 代わりに、医師が処方する睡眠薬のように、強い 依存性や 離脱症状などの恐ろしい副作用はほとんど心配ありません。 高血圧や心疾患の症状のある人は注意が必要ですが、特に持病もなく、すでに服用している薬もないのなら、あまり副作用の問題を深刻に考える必要はないでしょう。 不眠症の患者さんが使ってはいけない 繰り返しとなりますが、不眠症の患者さんは、この薬は使ってはいけません。 効果を実感できないどころか、効き目が悪いからと言って、闇雲に服用量を増やしてしまい、副作用に悩む羽目になり兼ねないからです。 本当に眠れる睡眠薬が必要なら、やはりきちんと病院を診察し、処方薬を貰うことをおすすめします。 また、最近では自然なアミノ酸などを活用した、安全性の高いサプリメントも販売されています。

次の

【わかりやすい】ドリエルとドリエルEXの違い・市販で買える睡眠改善薬の代表格の効果と口コミ

ドリエル

1.ドリエルはどのような薬か 風邪薬や花粉症の薬を飲んで、眠くなった経験のある人は多いと思います。 実は、これを利用した薬が今回のテーマであるドリエルです。 どういうことか、もう少し詳しく説明します。 一部の風邪薬や鼻炎薬には、「 抗ヒスタミン薬」と呼ばれる成分が含まれています。 これは文字通り、体内に存在するヒスタミンという物質の作用に拮抗するものです。 では、ヒスタミンは身体にどのような作用をもたらすのか。 もっとも卑近な例は、 アレルギー症状です。 具体的には、鼻水・くしゃみ・皮膚のかゆみなどがこれにあたります。 抗ヒスタミン薬は、こうした症状を抑える目的で使われています。 一方で、抗ヒスタミン薬には無視できない副作用もあります。 代表的なのは 眠気です 1。 特に、古い世代の抗ヒスタミン薬ではこうした副作用が顕著です。 ドリエルの有効成分である「 ジフェンヒドラミン」は、もっとも古典的な抗ヒスタミン薬です。 眠気の副作用は、通常ならば問題となるところですが、不眠で困っている人にとってはむしろ有益な作用となり得ます。 こうした理由から、 抗ヒスタミン薬の眠気という副作用を、治療目的に利用したのが、ドリエルというわけです。 2.ドリエルの睡眠改善効果 ドリエルはたった今述べたような効果によって、寝つきが悪い、眠りが浅いといった睡眠に関する症状・問題を改善します。 ただし、 この薬はあくまでも短期的な使用にとどめるべきです。 というのも、ドリエルの有効成分であるジフェンヒドラミンを繰り返し飲んでいると、わずか 4 日程度で眠気が起こりにくくなるからです 2。 専門的には、こうした現象を「 耐性が生じた」といいます。 つまり、長期間飲み続けても、効果があるのは最初の数日だけで、それ以降はムダな薬を使うことになります。 なお、耐性が生じてからどのくらいの期間をあければ元の状態に戻るかについては、現時点ではよく分かっていません。 加えて、後述する病院でもらう睡眠薬と比較すると、ジフェンヒドラミンは眠気の起こる程度や睡眠の質の点で、これにやや劣る傾向にあると考えられます 3。 この試験は高齢者を対象に行われたものなので、若い人も同様のことがいえるかは明らかでありませんが、上で書いた内容と併せると、ドリエルが長期使用に向かないことは間違いなくいえます。 したがって、例えば出張などで睡眠時の環境が変わるために眠れない、といった 原因が明らかかつ一時的な不眠に使用するのが、もっとも効果的な薬といえます。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ドリエルとドリエルEXの違い 現在市販されているドリエルには、「ドリエル」と「ドリエルEX」という2つの製品があります。 これらは、含まれる有効成分やその量は同じです。 両者の違いは主に以下の3点です。 薬の形:ドリエルは普通の錠剤、ドリエルEXはラベンダーの香りがついたソフトカプセル• 1回の服用数:ドリエルは1回2錠、ドリエルEXは1回1カプセルを服用します• 製品展開:ドリエルには3日分と6日分の2種類が販売されていますが、ドリエルEXは6日分のみです 基本的に、期待される効果などはどちらも変わりありませんので、上記の点を考慮して好みの方を選択すればよいでしょう。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 3.ドリエルの注意すべき副作用・飲み合わせ ドリエルの副作用として注意すべきものは、大きく以下の4つです。 口の渇き• 尿が出にくくなる• 眼圧の上昇• 眠気 AからCについては、ジフェンヒドラミンが持つ「 抗コリン作用」が関係するものです。 これは、体内に存在する「 アセチルコリン」という物質の作用に拮抗する作用のことです。 特にBとCがあるために、 ドリエルは前立腺肥大や緑内障といった持病がある人は、通常服用できません。 購入する際に相談するべきでしょう。 Dについては、そういう効果の薬なのだから当たり前だろうと思うかもしれません。 ここでお伝えしたいのは、飲んですぐに眠くなるということではなく、 翌朝以降に残る眠気です。 ジフェンヒドラミンは飲んで12時間経過しても、結構な割合がまだ脳に残っていることが知られています 4。 これにより自覚できるような眠気が起きるかは人によって異なりますが、思いのほか効果が長引く可能性は知っておいた方が無難です。 次に、ドリエルとの飲み合わせに注意すべきものについて。 ドリエルと絶対的に相性の悪い薬 併用禁忌といいます は知られていません。 しかし、冒頭でも書いたようにドリエルに含まれるジフェンヒドラミンと同じグループの、抗ヒスタミン薬は風邪薬などに入っていることが多いものです。 よって、こうした薬を使っているときにドリエルを追加すると、同じような成分が重複する可能性があります。 やはり購入するときにこの点も確認した方がよいでしょう。 4.病院でもらう睡眠薬との違い ドリエルは市販薬ですが、病院で処方される睡眠薬とは何が違うのでしょうか。 病院から出される薬を「医療用医薬品」と呼ぶのですが、医療用医薬品の中で睡眠薬として使われるものには、いくつかの系統があります。 しかしながら、現時点でもっとも汎用されているのは「 ベンゾジアゼピン系」という系統ですから、ここではこれについて述べます。 眠気を起こす、睡眠の質を上げる、夜中に起きる回数を減らすといった効果は、ドリエルでもベンゾジアゼピン系薬物でも、共通して認められます 3。 大きな違いとしては、 ベンゾジアゼピン系薬物では適切に使用すれば耐性があまり問題にならないことが挙げられます。 したがって、月単位など長期で使う場合は、こちらの方が向いています。 またベンゾジアゼピン系には、さまざまな効果の持続時間を持った薬物が存在します。 これにより、例えば寝つきが悪いだけの人には短時間型を、夜中に起きてしまうことが多い人には長時間型を、といった症状に応じた使い分けが容易にできることも、ドリエルとの違いといえるでしょう。 なお、不眠は何らかの病気の症状として現れることもあります。 具体的にはうつ病や統合失調症などの精神疾患はもちろん、ホルモンの分泌異常を起こす内臓関係の病気などです。 故に、 不眠が長引く場合は一度医療機関を受診することを推奨します。 この場合、まずは内臓関係の病気を調べるために普通の内科に行き、そこで検査などを受けてからその後の対応を決めるのが一般的です。 5.ドリエルと同じタイプの市販薬 ドリエル以外にも、市販の睡眠薬はありますが、基本的に有効成分は同じジフェンヒドラミンでその量も同じです。 そのため、効果や使用上の注意点なども上で述べた内容がすべてそのまま当てはまります。 具体的な商品名を、いくつか紹介します。 アンミナイト• デイトナS• ナイフル• ネオデイ 6.まとめ• ドリエルは風邪薬などに含まれる抗ヒスタミン薬の副作用である眠気を利用した薬である• 連用すると数日で効果がなくなるので、あくまでも一時的に用いるべきである• 口の渇きなどの副作用のほか、持病によっては服用できないことがあるので事前に相談する• 不眠が長引く場合は、病院を受診して然るべき治療を受けるべきである 7.参考文献• Nolen TM, Clin Ther. 1997 Jan-Feb;19 1 :39-55 PMID: 9083707• Richardson GS, et al. 2002 Oct;22 5 :511-5. PMID: 12352276• Glass JR, et al. J Clin Psychopharmacol. 2008 Apr;28 2 :182-8. PMID: 18344728• Zhang D, et al. J Clin Psychopharmacol. 2010 Dec;30 6 :694-701. PMID: 21105284.

次の