シャボン 玉 液 自作。 シャボン玉で遊ぼう!(実技編)

シャボン玉液(自作)について教えてください。

シャボン 玉 液 自作

シャボン玉の吹き具にストローを使っている方は多いと思います。 でも、そのまま使っている方が多く、切り込みを入れている方や、束にして遊んでいる方はあまり見かけませんね~。 わたしもストローに何の加工もしないで使っていて、「シャボン玉が作れないなぁ~」って思っていた時がありました。 でも、ストローの先に切り込みを入れることで、たくさんシャボン玉が出すことができるんですよ。 しかも、幼児が誤飲しないように穴を開けたりすれば、安全性も高まります! この記事では、 ストローを使って安全で楽しく遊べるシャボン玉をご紹介します。 我が家の定番のシャボン玉液の作り方も載せていますので、ぜひご参考になさってくださいね。 それでは、いっしょに見ていきましょう~。 ロボットプログラミング教室 最近、ショッピングモールなどで、 ロボットプログラミングのイベントをしている光景をよく見ますよね~。 子供向けのプログラム言語を使ってロボットを動かす体験を実際にやらせてくれます。 ただ、どこも大人気で、参加したくても、満員で体験できなかったお子さんもいらっしゃると思います。 体験授業(60分)を無料で2コマまで受けていただけます。 体験授業の参加者へのアンケート調査を行ったところ満足度90%以上とご評価いただきました。 お教室を運営している先生にお話を聞いてみると、• お子さまの興味や得意、ペースに合わせて、1人ひとりカリキュラムを考案• ゲームプログラミング以外に、ロボットやデジタルファブリケーションなど、ものづくり系コースもご用意• テクノロジーを活用したものづくりを通じて、基礎技術力の習得はもちろん、自分で考え形にする経験を大切にしています このような考えをモットーに、お教室を運営されています。 すべての工作をまとめている記事は、こちらになりますので、よかったらご覧になってくださいね。

次の

【シャボン玉液の作り方】洗濯のりなし・砂糖と洗剤でもOK?割れない&簡単な方法

シャボン 玉 液 自作

シャボン玉液 自作 について教えてください。 作り方はネットで検索すればいろいろ出てきます。 人によって比率はいろいろですが、混ぜ合わせた際、泡立てないようにゆっくり混ぜるとみなさん言っておられます。 ナゼですか? シャボン玉液を泡立ててしまうと上手にシャボン玉ができないのは知っています。 私は、作ってすぐに使うつもりはなく作りおきする予定だったので使うときに泡立ってなければいいのだろうと思い、2リットルのペットボトルに全て混ぜ蓋をして泡立ちも気にしなくシェイクしました。 その結果ぜんぜんシャボン玉出来ませんでした。 泡立ててしまうと液に何が起きてしまうのでしょうか。 それとも作りおきがダメなのでしょうか。 分かるかたいましたら教えてください。 おそらく、 ネットに出でいるシヤボン玉液は シヤボン玉を大きく作るために、液体の粘度をゼラチンや洗濯のり、 砂糖等で 上げていると思います。 つまり、 とろとろに近い状態 これは、 その方が シャボン玉の幕の強度が上がるためです。 で、 強度を上げるため トロトロに近くしたシャボン玉液は 細かな空気の気泡が抜けにくいと想像します。 簡単に言うと、水あめに 空気の気泡を混ぜると 気泡がいつまでも残る状態です そして、 細かな空気の気泡が入った状態で、 シャボン玉を作ろうとすると、 混じった細かな空気の気泡が ピンホールとなり シャボン玉の幕から 空気が漏れる という現象が発生し 結果、 シヤボン玉が膨らまない 長時間、 液を放置しても 膨らまない という結果と 想像いたします。

次の

手作りシャボン玉液の作り方|自作レシピ

シャボン 玉 液 自作

でも、シャボン玉液は小さな子どもが使うもの。 できる限り安全な材料で作りたいと思うママも多いことでしょう。 そこで最後に、台所洗剤を使わない作り方も紹介しておきますね。 【材料】 ・ぬるま湯:100cc ・無添加粉末せっけん:5g ・砂糖:少々 これまでのレシピと作り方は同じですが、ポイントはぬるま湯 を使うこと。 粉末石けんが溶けやすい水温は30度〜40度です。 お風呂よりちょっとぬるいな、という程度のぬるま湯に、しっかりと溶かしてくださいね。 『ウチは子どもがたくさんいるので、シャボン玉液は奪いあい。 だから、何年もずっと自作してますよ。 洗濯のりや洗剤を計量するときは、ペットボトルのキャップ がおすすめです。 どのキャップも1杯だいたい5ccなので、覚えておくと便利ですよ!』(40代女性/4人のお子さんのママ) 確かに、食品じゃないものを小さじなどで測るのはちょっと避けたいですよね。 ペットボトルのキャップなら、手に入れるのも簡単。 洗濯のりや洗剤を入れても気になりませんね。 ナイスアイディアです! 『自作液は安く楽しめるのですが、市販の液よりもベトベト感が強い です。 服につくとなかなか取れないので、人の少ない広めの公園で遊ぶように心がけています』(30代女性/2人のお子さんのママ) 洗濯のりや砂糖が入っているので、自作のシャボン玉液は粘度が高めなんですよね。 そのおかげで割れにくいシャボン玉ができるのですが、服や持ち物についたときにちょっと面倒です。 市販の液を使うときよりも更に、周囲に気を配って行うべきですね。 さて、自作シャボン玉液を楽しめるのは、小さな子だけではありません。 もうシャボン玉を卒業した小学生たちにも、こんなメリットがあるようです。 『何をどれくらいまぜると、どのようなシャボン玉ができるか。 材料が溶けやすい水温は何度なのか、など、子どもの好奇心をくすぐるポイントがたくさんあるんです。 わが家では、上の子の夏休みの自由研究にもしましたよ。 量る、混ぜるなどの行程は子どもだけでできるため、やりがいがあったようです。 出来上がったあと家族で遊べるのもよかったですね』(40代男性/2人のお子さんのパパ) 自由研究にもつかえるなんて、一石二鳥ですね。

次の