きっしょ しね や。 【きっしょ(吉書)】

「きっしょ、きっしょを大切にする」

きっしょ しね や

「これをきっしょにやってみることにしました。 」 文章で読めば、意味はすんなりわかりますね。 「これを機会に」「これをきっかけに」というニュアンスでしょう。 しかし、初めて聞いたとき、「これを きっしょに やってみることに しました」というふうに分けては聞こえないのです。 知らない言葉は始まりと終わりがわかりません。 一語なのか複数の言葉の連なりなのかもわかりません。 ひどいときには、日本語なのか外来語なのかもわからないこともあります。 たとえばこんなふうに聞こえます。 「これおきしょなってみることにしました」 意味を知っていれば、聞こえない音でも聞こえます。 耳って不思議ですね。 音を聞いているのではなく、意味を聞いているのです。 それで、「きっしょ」を調べてみました。 この使い方はだと書かれていました。 転載します。 (出所:ウェブの ) 吉書。 期日を選んでに申し上げる文書。 意味が転じた。 これをきっしょにやってみなはれ。 年末はきっしょやさかい挨拶に行っとかなあかんで。 「きっしょを立てる」でけじめをつけること。 「けじめ」は用語から。 世の中には、知らない言葉がゴロゴロしています。 ちなみに、この言葉を覚えてから後、テープ起こしの最中にこの言葉が出てきたことはこれまで一度もありません。 残念(笑)。 次は必ずわかるのになぁ。 HajimetenoKotoba819.

次の

【きっしょ(吉書)】

きっしょ しね や

「夏だ! 水着ギャルだぁ~~!! 」 「キリンさん、飛び出さないでくださいっす」 「ギャパパ! ビーチを真っ赤に染めてやるぜぇ! 」 秘密結社ヤルミナティーのメンツはとあるリゾートにバイトをしていた バイト先での旅館で腐った料理を食べ女将に追いかけられ、お祓いをし忘れ死んだ…はずだかそこは物語の強制力。 ハック! 何でだと思う!? 」 「うわ近いっす…そうっすねぇ、やっぱその水着はヤバイっすよ?」 「ギャパ…何言ってんだハック、存在に決まってんだろ?」 「それはあんまりすぎるっす…!」 「水着、この水着のどこがいけないんだ!? 」 そう言ってキリンは二人に自分の水着を見せつける キリンの水着はキリン柄で自己主張が激しく、そしてヒップの部分の生地が半分露出したとにかく露出度の高い水着であった。 余程自分のアレに自信があるようだ 「最高だろ?」 「「露出しすぎで直視出来ない」」 「ハモるなよ!お前らなんて自分のアレに自信がないからそんな地味~な水着なんだろ!やーいやーい嫉妬~」 「うっ…に、人間とキリンのアレを比べないで欲しいっす」 アレの事を指摘されて股間をパーカーで隠すハックの水着はデニムプリントのローライズ短パン水着である。 前屈みになって股間を隠しているせいかお尻のラインがハッキリとわかってしまっていて、更に短パンの裾からお尻がチラチラと見え隠れしていた 「お、俺様別に気にしてないぜ…」 そう言って目を逸らすタブーだが着ている水着はかなり自己主張の激しい水着であった。 黒とピンクのラインが入った水着は太ももまで被われているが、下半身にピッタリフィットしアレの形が若干水着越しでもわかってしまう キリンはそんな二人の水着を360度グルグル見つめ、不満を漏らす 「お前らの水着もだーいぶ卑猥だよな?」 「えっ!? どこがっすか!? 」 「ハックの水着裾広くないか?それに短いから短パン捲れたらアレが見えちゃうだろ…ほら」 「う、うわぁぁぁ!! なに捲ってんすか!? 」 キリンがハックの短パンの裾を捲るとアレがくんにちは…してない。 デニムのビキニがハックのアレと丸くて小さなお尻を守っていた 「なんだ、対策されていた」 「こ、この…変態ぃ!! 」 「うげぇっ!! 」 ハックに思い切り膝蹴りされてタブーの足元まで転がるキリンだが、うぉぉと呻きながら上体を起こし、そのままタブーの水着を品定めしだした 「こんなピッチリした水着なんて着て、尻の形丸わかりだろ。 食い込ませたらアレの形までくっきりわかるぞ…ほら」 「ギャッギャパパー!? 」 タブーの後ろに回り込み、水着のウエスト部分を掴み上にグッと食い込ませる するとタブーのネジ形のアレが強調され、ビクンとタブーのアレが反応する 「おっ! タブーお前こーゆーのが好きなの…」 「ば、ば、バ…バラしてやるこのやろう!! そこ座れ!! 」 「ギャー!! ハック、助けて! 」 「タブーさん、やっちゃってください! 少なくともセクハラ出来なくなるくらいに!! 」 「oh…ジーラフゥ~!! 」 白い砂浜が赤く染まり、グロテスクな肉が散らばる惨状。 居合わせた人々に大きなトラウマを植え付けたヤルミナティーの三人であった.

次の

「きっしょ、きっしょを大切にする」

きっしょ しね や

「きっしょ、きっしょを大切にする。 」 京都や大阪では、大事な機会や節目などを「きっしょ」と言います。 吉書: 期日を選んで天皇に申し上げる文書、が転じて大事な節目、機会の意味として使われている。 年末、年始はきっしょやさかい挨拶に行かなあかん。 とか、 七五三、十三詣りや成人式、結婚式もきっしょ。 人生の節目節目を大切にしたいものです。 そこでそれを彩るのがきもの! 思い出深いきっしょにして下さい。 もちろん、普段のお出掛けもおきもので。 今年ももう年の瀬を迎えます。 皆様のおかげで、無地に一年を過ごせました。 今年一年本当にありがとうございました。 年内は、31日まで。 店主 小林満.

次の