先発 pg。 シクサーズが第二幕へ向けて先発変更を模索。シモンズはPFにスライドへ。エンビードは先発昇格のミルトンに期待(THE DIGEST)

76ersが大型司令塔ベン・シモンズのPF起用をテスト 先発PGはシェイク・ミルトンか(NBA Rakuten)

先発 pg

「他の誰よりも、今は彼が最もフレッシュだと思った」とボーゲルHC 10月23日(現地時間22日)に行われたロサンゼルス・クリッパーズとのレギュラーシーズン開幕戦で、ロサンゼルス・レイカーズは102-112で敗戦。 この試合、レイカーズはをポイントガード(PG)役として起用。 とダニー・グリーンをバックコートに配置し、とジャベール・マギーがインサイドに入ったものの、第4クォーターでクリッパーズに主導権を奪われ、追いつくことができなかった。 レブロンはクリッパーズ戦で36分プレーして18得点に9リバウンド8アシストをマークしたものの、第4クォーター序盤にターンオーバーを犯すなど、このクォーターで計3本を記録。 フィールドゴールも4投中成功わずか1本と不発だった。 だが、26日(同25日)に行われるユタ・ジャズとの試合に向けて、レイカーズはスターターを変更することになりそうだ。 25日(同24日)のチーム練習後、フランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)はロンドについて「多くの試合で、彼が先発PGを務めることになるだろう」と語った。 ロンドがジャズ戦に出場できるかどうかは確定していないものの、「彼はいい状態に見えた。 他の誰よりも、今は彼が最もフレッシュだと思った。 今日の状態を見て、明日(出場できるかどうか)決断することになるだろうね」と指揮官は言う。 レイカーズ1年目となった昨季は、相次ぐケガのため46試合(うち先発は29試合)のみの出場となったが、平均29. 8分9. 2得点5. 3リバウンド8. 0アシスト1. 2スティールを記録。 デイビスとはニューオーリンズ・ペリカンズ在籍時にチームメートとしてプレーしており、PGとしての知識と経験は間違いなくチームトップ。 「僕が優先しているのは、コーチが自分にやってほしいことをこなすこと。 だから(先発PG起用は)問題ないよ」とロンド。 もっとも、ロンドは3ポイント全盛と言ってもいい現代において、キャリア通算成功率が31. 5パーセント。 平均成功数も昨季に自身初となる平均1. 0本以上(1. 1本)を記録したレベルであり、決して得意分野ではない。 とはいえ、チームオフェンスを円滑にコントロールし、タレント豊富なロースターを活かすうえで、ロンドは不可欠な存在と言っていい。 「僕はいつだって自分のゲームをしていくだけ。 僕をPGにするのはすごくいい(オプションだ)と思う。 これまでのキャリアにおいても、僕はPGとしていい結果を残してきた。 大事なのは自己犠牲であり、チームにとって何がベストなのかを理解すること」とロンドは言う。 ロンドが先発PGに入るとなると、バックコートの相棒は3ポイントを武器にするグリーンになるだろう。 レブロン、デイビス、マギーと共にスターターを形成するとなると、ブラッドリーの激しいディフェンスも捨てがたいが、フロアバランスを考慮すれば、アウトサイドシュートに秀でたグリーンが適任だろう。 レイカーズとしても、ロンドが出場できるかどうかがジャズ戦における勝敗を左右する要因になるかもしれない。

次の

シクサーズが第二幕へ向けて先発変更を模索。シモンズはPFにスライドへ。エンビードは先発昇格のミルトンに期待(THE DIGEST)

先発 pg

フィラデルフィア・76ersは身長208cmのベン・シモンズを大型司令塔として起用してきたが、7月30日(日本時間31日)からのシーズン再開にあたり、パワーフォワード(PF)での起用を視野に入れているようだ。 シモンズは2月22日(同23日)のミルウォーキー・バックス戦で背中を痛めて離脱。 その後、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断されるまで、2年目のシェイク・ミルトンが先発ポイントガード(PG)を務め、平均16. 6得点、4. 4アシスト、3ポイント成功率58. 5%の好成績を収めた。 背中の故障が癒えたシモンズはすでに復帰しているが、『NBC Sports Philadephia』のノア・レビック記者によれば、フロリダ州オーランドの練習ではミルトンが先発PG、シモンズはPFとしてのみ起用されているという。 ブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)は、「ベンをよりオフ・ザ・ボールにするほうがいいのか、どのようにチームとしてボールを回すのか、新しい形に挑戦している。 誰をスタートで起用するか、それはまだ検討中だ」と選手の組み合わせをテストしていることを明かしている。 シモンズとミルトンは今季223分しか一緒にプレイしておらず、ジョシュ・リチャードソン、トバイアス・ハリス、ジョエル・エンビードとのユニットとなればシーズン初となる。 レニック記者は、シモンズがPFに回る場合はスクリーナー&ローラー役に使う形を多く取り入れ、ミルトンがピック&ロールを発動させることになる見込みだとした。 ゲームメイカーの役割が期待されるミルトンは、シモンズとの同時起用について「ベンはアンセルフィッシュな選手。 パスができて、フィニッシュもできる。 一緒にピック&ロールもできる。 まったく問題ないよ」とポジティブに捉えている。 76ersはシモンズとエンビードの二枚看板を中心に、過去2年連続でプレイオフ・カンファレンス準決勝に進出し、今季もカンファレンス6位(39勝26敗)につけている。 シモンズのPFコンバートがカンファレンス準決勝の壁を打ち破る秘策となるか、76ersの戦いに注目が集まる。 NBA Rakuten.

次の

パワプロアプリのクロスナインでPG先発を作る話|ねこじゃらし|note

先発 pg

これで このオフシーズンにストークスが獲得した選手は全員がB1経験者となりました。 3選手ともディフェンスに定評があり、ハードでインテンシティの高いプレーが魅力。 フロントの編成方針やHCのプランがしっかりと定まっていることがうかがえます。 ちなみに渡邊選手は180cmで、今野翔太選手(182cm)、福田真生選手(193cm)と、少しずつではありますが各ポジションでサイズアップが意図されています。 どんな起用法になるのでしょうか。 こんなにいい選手ばっかり取って使いこなせるの? なんて贅沢な悩みだけれど、やっぱりタイムシェアは大切です。 そこでtwitterにてこんなアンケートを実施しました。 すべすべさんに焼き殺されそうだ。 【緊急アンケート】残り2分、5点リード。 クロージングを任せるなら?— 大迫力 osakochikara 設定時間をミスって、質問によって票数がアンバランスになっているのですが、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。 以下は結果に対する雑感です。 功労者だしね。 個人的にはおそらくスタートは渡邊・道原になると思います。 やっぱり渡邊選手の得点力やキレ味は絶品。 松崎・岸田とは違う、いい意味で自分ファーストなところは、 主役にならなくてもいい道原選手や谷選手とも共存しやすそう。 予想がつかないのは第2PG・第3PGの序列。 ゲームチェンジャーとしての岸田選手の能力は認めつつ、無難に行くなら松崎選手になる。 でも、渡邊選手との違いを強調しようとすると岸田選手になる気もして、 どっちかが大幅にプレータイムを減らすことになりそう。 面白い。 本職のPGがいないよ。 続くのが岸田・道原。 これを見ると、 岸田選手には得点面での爆発力が期待されていることがわかります。 東京EX戦でスリーを決めまくったあの試合の印象が強いんだろうね。 逆に言えば、スリーの精度を上げるなり、得点力にさらに磨きをかけないとしんどいと思われているってことだ。 個人的な予想はビハインドならやっぱり渡邊・道原。 2位に松崎・今野が来ていることからもわかるように、守り切ってほしい場面。 つまり、 今野選手にはタフな場面での勝負強さや頼れる部分が期待されている。 ここは点差次第でいろいろなパターンが考えられそう。 もっと点差が開けばPGは岸田選手に任せてもいいし、同点やワンポゼッションくらいの差なら松崎選手を入れてじっくり攻めてもいい。 シーズン前半は松崎・道原で、終盤は渡邊・道原とかもいいかも。 渡邊選手にフランチャイズプレーヤーになってもらおう。 掴んだら離さないぜ。 ガードからフォワードはもう完璧。 100点満点。 もっとあげてもいい。 日本人選手が8人、アジア枠が1人。 日本人選手はもうないと思うけれど、あるとすれば若手のインサイドかな。 残るは外国籍選手。 フィッシャーHCのコネクションで、1〜2人はユーロリーグから引っ張ってきそうな気がする。 賢明な読者諸賢はお察しのように、何の根拠もありません。 再契約があるのなら、いくらなんでもそろそろ発表されているはず。 また、これだけディフェンスで動ける選手を集めていることから考えても、バーンズ先生は残念ながら、ない。 バーンズ先生のディフェンスは老獪でほんとにいやらしくて(褒め言葉)サイズ不足を補って余りあるものですが、高さと共に機動力に欠け、穴になることも多かった。 ブラッドさんはディフェンスが悪いわけじゃないけれど、ペリメーターくらいまでは守ってほしいというのがフィッシャーHCの要求なのではないでしょうか。 求め過ぎなような気もするけれど。 クリント・カペラじゃないんだからさ。 でも、一つお願いするとすれば、 このまま退団になるとしても、せめて2人からのコメントは残してほしい。 そして、チームからのコメントも贈ってほしい。 それだけの待遇を持って送り出される選手だと思う。

次の