のだめカンタービレ あらすじ。 解説・あらすじ

のだめカンタービレの漫画が全巻無料で読めるスマホアプリ

のだめカンタービレ あらすじ

とりあえずのだめカンタービレのあらすじ! 待ったく知らない!! って人もいると思うんで、一応あらすじくらいはwikiから持ってきておきますね のだめカンタービレ! ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音大学生・千秋真一は、胴体着陸の恐怖体験による重度の飛行機恐怖症に加えて海で溺れたことのトラウマのため船にも乗れないことから、クラシック音楽の本場であるヨーロッパに行くことが出来ず、将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。 ある日、千秋は酔っ払って自宅の前で眠ってしまう。 目が覚めると周囲にはゴミの山と悪臭、そして美しいピアノソナタを奏でる女性がいた。 彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)で、なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。 入浴は1日おき、シャンプーは3日おきというのだめだったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る。 そしてのだめもまた、千秋の外見と音楽の才能に憧れて彼に纏わり付くようになる。 この出会い以来、千秋はのだめの才能を引き出すべく、何だかんだと彼女に関わるようになる。 将来に行き詰まりを感じていたため無愛想だったが、本来は面倒見が良い性格の千秋は、のだめとの出会いを機に彼女の存在が潤滑油となり、音大の変人たちに出会い、懐かれ、順調に道を踏み外しながらも音楽の楽しさを思い出し、新しい音楽の世界と指揮者への道を一歩一歩切り拓き始める。 また、千秋の存在によりのだめもより高い技術を得るための指導者や、環境に出会う機会を得て、それぞれが成長していく。 簡単に言うと優秀なイケメン指揮者(性格は俺様)の千秋が、音楽の才能はすごいけどそれ以外はまったく駄目な主人公(のだめ)と出会って、何か上手いことお互い高めあってく話(雑) のだめが主人公って言ってるけど、基本的に千秋視点 物語は音大からスタート! 結構青春。 もちろん知ってるに越した事はないし、知ってた方が面白いとは思いますが 感覚的には囲碁知らなくても面白いヒカルの碁とかに近いと思います 本来クラシックって滅茶苦茶敷居高いじゃないですか? ちょっとしたブームとか引き起こした作品って事からも分かる通り、その敷居をグッと下げているんですよね そういうのってホント凄いなーって思います。 尊敬の念すら感じる たぶん、恋愛漫画とか、ギャグ漫画とか、青春漫画とか、そういう方面から入ってもそれなりにちゃんと楽しめるんですよ。 クラシック漫画なのに! それってすげー事だ!! ちなみにギャグ寄りではありますが、意外と少女漫画したりもしてます 逆に言えば人によってはそこが欠点にもなるかもしれないですね クラシック超大好き!! って人が そういうのにどっぷり浸る漫画読みたいぞ!! ってのだめを読んだら 「薄くない?」とがっかりするかもしれません 全く知らない人が読んでも重くないと言うか、負担にならないレベルにしているので、すごい詳しい人がそうなるのは致し方無いかもしれないですね それでものだめはその辺のバランスもかなり上手いとは思いますが 僕もどちらかというとクラシック事態と言うよりは、それを通したキャラクターの成長とか、関係性とか、そう言う部分が一番楽しくて読んでいました のだめカンタービレ、パリ編について どちらかというと不評だけど僕は好きさ! あれはあれでよくない? グダった感は否めないけど、やっぱり必要だったと思う。 読み返す程好きになる 天使は俺か……!? とか鳥肌立つ ただ終わり方は結構あっさりで、物足りなさが残る っていうのもクライマックスっぽいクライマックスが無くて、めっちゃドラマティックに終わったりしなかったんですよね これで最終巻かー、って思って読んでて、半分くらい読んでから「え、これ最終巻だよね??」って何回も確認したもん 起承転結の結なんだからもっと盛り上げろよーーーー! 1回落としても良いからーーーー! みたいな想いは凄くあった でもまあ、これはこれでのだめっぽくて良いかな、みたいなね 最後の数ページはとても好きです でも個人的にはやっぱ音大編がめちゃ面白かった 何あの青春感、くっそ羨ましいわ 一番初めの講演のナポレオンのとことかニヤニヤしちゃう はーー、卒業コンパで 永遠に輝け! レジェンドオブSオケ~~ とか俺も歌いたかったわ って話を音大生の友達にしたら 「フィクションだから」 「音大に千秋様みたいな男は居ない」 「絶対に居ない」 「あくまであれはフィクションだから」 ってキレられました。 しょぼん• キャラが個性的で• 安心して読めて• 敷居が凄く低くて• ギャグ多めで• 少女漫画もしてて• でも「成長」とか、「物語」的な楽しさもある クラシック漫画 という事になります 個人的にはおもしれーからとりあえず読め! って感じですね 特に過激な作品は苦手、安心して読みたいって人にはオススメですね。 僕は過激なのも良く読みますし、好きですが、やっぱこういう作品が読みたい時もあります 合う合わないはとりあえず2巻まで読んで頂ければわかるかな、と思います 絵とかもそこそこ癖があります。 少女漫画っぽい癖ではないんで、男性が特に無理そうっていうのはないです(っていうかかなり「男が読んでも面白い少女漫画」の部類だと思います) 2巻時点で「あ、これ無理」ってなったらたぶんそっから先もあまり面白くないですし、逆に「あ、面白い」って思ったら続きを読んでみてください 漫画はめんどくさいって人はドラマ版も出来が良いので普通にオススメです 漫画と違って「音」が実際に聞こえるってメリットはでかいですね クラシック好きから入る人はドラマのが良いかもです アニメ版はあまりちゃんと観てないのでノータッチで(でもOPのアレグロカンタービレはめっちゃ好き).

次の

ドラマ版「のだめカンタービレ」のあらすじと感想まとめ

のだめカンタービレ あらすじ

とりあえずのだめカンタービレのあらすじ! 待ったく知らない!! って人もいると思うんで、一応あらすじくらいはwikiから持ってきておきますね のだめカンタービレ! ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音大学生・千秋真一は、胴体着陸の恐怖体験による重度の飛行機恐怖症に加えて海で溺れたことのトラウマのため船にも乗れないことから、クラシック音楽の本場であるヨーロッパに行くことが出来ず、将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。 ある日、千秋は酔っ払って自宅の前で眠ってしまう。 目が覚めると周囲にはゴミの山と悪臭、そして美しいピアノソナタを奏でる女性がいた。 彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)で、なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。 入浴は1日おき、シャンプーは3日おきというのだめだったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る。 そしてのだめもまた、千秋の外見と音楽の才能に憧れて彼に纏わり付くようになる。 この出会い以来、千秋はのだめの才能を引き出すべく、何だかんだと彼女に関わるようになる。 将来に行き詰まりを感じていたため無愛想だったが、本来は面倒見が良い性格の千秋は、のだめとの出会いを機に彼女の存在が潤滑油となり、音大の変人たちに出会い、懐かれ、順調に道を踏み外しながらも音楽の楽しさを思い出し、新しい音楽の世界と指揮者への道を一歩一歩切り拓き始める。 また、千秋の存在によりのだめもより高い技術を得るための指導者や、環境に出会う機会を得て、それぞれが成長していく。 簡単に言うと優秀なイケメン指揮者(性格は俺様)の千秋が、音楽の才能はすごいけどそれ以外はまったく駄目な主人公(のだめ)と出会って、何か上手いことお互い高めあってく話(雑) のだめが主人公って言ってるけど、基本的に千秋視点 物語は音大からスタート! 結構青春。 もちろん知ってるに越した事はないし、知ってた方が面白いとは思いますが 感覚的には囲碁知らなくても面白いヒカルの碁とかに近いと思います 本来クラシックって滅茶苦茶敷居高いじゃないですか? ちょっとしたブームとか引き起こした作品って事からも分かる通り、その敷居をグッと下げているんですよね そういうのってホント凄いなーって思います。 尊敬の念すら感じる たぶん、恋愛漫画とか、ギャグ漫画とか、青春漫画とか、そういう方面から入ってもそれなりにちゃんと楽しめるんですよ。 クラシック漫画なのに! それってすげー事だ!! ちなみにギャグ寄りではありますが、意外と少女漫画したりもしてます 逆に言えば人によってはそこが欠点にもなるかもしれないですね クラシック超大好き!! って人が そういうのにどっぷり浸る漫画読みたいぞ!! ってのだめを読んだら 「薄くない?」とがっかりするかもしれません 全く知らない人が読んでも重くないと言うか、負担にならないレベルにしているので、すごい詳しい人がそうなるのは致し方無いかもしれないですね それでものだめはその辺のバランスもかなり上手いとは思いますが 僕もどちらかというとクラシック事態と言うよりは、それを通したキャラクターの成長とか、関係性とか、そう言う部分が一番楽しくて読んでいました のだめカンタービレ、パリ編について どちらかというと不評だけど僕は好きさ! あれはあれでよくない? グダった感は否めないけど、やっぱり必要だったと思う。 読み返す程好きになる 天使は俺か……!? とか鳥肌立つ ただ終わり方は結構あっさりで、物足りなさが残る っていうのもクライマックスっぽいクライマックスが無くて、めっちゃドラマティックに終わったりしなかったんですよね これで最終巻かー、って思って読んでて、半分くらい読んでから「え、これ最終巻だよね??」って何回も確認したもん 起承転結の結なんだからもっと盛り上げろよーーーー! 1回落としても良いからーーーー! みたいな想いは凄くあった でもまあ、これはこれでのだめっぽくて良いかな、みたいなね 最後の数ページはとても好きです でも個人的にはやっぱ音大編がめちゃ面白かった 何あの青春感、くっそ羨ましいわ 一番初めの講演のナポレオンのとことかニヤニヤしちゃう はーー、卒業コンパで 永遠に輝け! レジェンドオブSオケ~~ とか俺も歌いたかったわ って話を音大生の友達にしたら 「フィクションだから」 「音大に千秋様みたいな男は居ない」 「絶対に居ない」 「あくまであれはフィクションだから」 ってキレられました。 しょぼん• キャラが個性的で• 安心して読めて• 敷居が凄く低くて• ギャグ多めで• 少女漫画もしてて• でも「成長」とか、「物語」的な楽しさもある クラシック漫画 という事になります 個人的にはおもしれーからとりあえず読め! って感じですね 特に過激な作品は苦手、安心して読みたいって人にはオススメですね。 僕は過激なのも良く読みますし、好きですが、やっぱこういう作品が読みたい時もあります 合う合わないはとりあえず2巻まで読んで頂ければわかるかな、と思います 絵とかもそこそこ癖があります。 少女漫画っぽい癖ではないんで、男性が特に無理そうっていうのはないです(っていうかかなり「男が読んでも面白い少女漫画」の部類だと思います) 2巻時点で「あ、これ無理」ってなったらたぶんそっから先もあまり面白くないですし、逆に「あ、面白い」って思ったら続きを読んでみてください 漫画はめんどくさいって人はドラマ版も出来が良いので普通にオススメです 漫画と違って「音」が実際に聞こえるってメリットはでかいですね クラシック好きから入る人はドラマのが良いかもです アニメ版はあまりちゃんと観てないのでノータッチで(でもOPのアレグロカンタービレはめっちゃ好き).

次の

【漫画】のだめカンタービレの最終回ネタバレと無料で読む方法を紹介

のだめカンタービレ あらすじ

com のだめこと野田恵は、桃ケ丘音楽大学ピアノ科の3年生。 音楽を一度聴けば弾けてしまうという天才的な一面と、楽譜を読むのが苦手という一風変わった生徒だった。 そんなのだめとは対照的にエリートコースまっしぐらの同じピアノ科の4年生千秋真一。 音楽一家に生まれピアノだけでなくヴァイオリンの腕も一流の千秋は実は指揮者を目指し勉強をしていたが、幼いころのトラウマで飛行機恐怖症で海外留学すらできないでいた。 出演者:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、向井理、紗栄子、竹中直人、伊武雅刀 2006年10月16日~12月25日 全11話 FOD配信: 見放題あり 新春スペシャルドラマ in ヨーロッパ 桃ケ丘音楽大学の仲間たちに別れを告げたのだめと千秋。 のだめはパリのコンセルヴァトワールにピアノ留学、千秋は世界の舞台で活躍するプロ指揮者を目指してパリへと旅立った!のだめたちが住むアパルトマンには派手好きなロシア人ピアノ留学生のターニャや、アニメオタクのフランス人音楽学生フランクらが暮らしていた。 のだめはまずはフランス語の習得を、千秋はプラニティ国際指揮コンクールに向けて勉強を開始した。 のだめカンタービレ• のだめカンタービレ巴里編• のだめカンタービレフィナーレ のだめカンタービレ 出典:www. happyon. jp 2007年1月11日~6月28日 声優:川澄綾子(のだめ)、関智一(千秋)、川田紳司(峰)、小川真司(シュトレーゼマン) 全23話 FOD配信: 見放題あり のだめカンタービレ巴里編 出典:www. happyon. jp 2008年10月9日~12月18日 声優:浅沼晋太郎(フランク)、伊藤静(ターニャ)、大原さやか(孫Rui) 全11話 FOD配信: 見放題あり のだめカンタービレフィナーレ 出典:www. happyon. jp 2010年1月14日~3月25日 全11話 FOD配信: 見放題あり アニメは1話ごと23分でとってもみやすいです! しかも アニメは期間限定配信なのでこの機会にぜひお試しください。 とことん楽しませてくれるのにクラシックはまじめ。 メリハリしっかりな『のだめカンタービレ』です。

次の