アリル イソ チオシアネート。 イソチオシアネート

ワサパール|抗菌シート・抗菌バラン

アリル イソ チオシアネート

Key: ZOJBYZNEUISWFT-UHFFFAOYAS 特性 C 4H 5NS 99. 013—1. アリルイソチオシアネート Allyl isothiocyanate, AITC は、示性式 CH 2CHCH 2NCSで表されるの1つであり、にも分類される。 無色の油状液体で、やなどの辛味成分である。 辛味や催涙作用の発現には、TRPA1、TRPV1の2つのイオンチャネルが関わっている。 水には微溶だが、ほとんどの有機溶媒には可溶である。 生合成と生理機能 [編集 ] やの種子から得ることができる。 これらの種子が破壊されると、放出されたミロシナーゼの働きでとして知られるが分解され、AITCが生じる。 この物質は本来、への忌避物質として機能していると見られる。 AITCそのものは植物体に対しても有害であるが、これを無害なカラシ油配糖体の形で貯蔵し、草食動物に摂食された際にミロシナーゼによってAITCを遊離することで忌避作用が発揮されると考えられる。 植物体に対する作用としては、ACC合成酵素の活性と発現を抑制し、植物体の老化を早めるの発生量を減らすことが確認されている。 合成と利用 [編集 ] との反応により合成される。 合成マスタードオイルは・ ・殺線虫剤などとして、作物保護に用いられる。 また、聴覚障害者用の火災警報器にも使用されている。 この臭いをかぐと深い眠りからでも確実に起きると言われる。 この他に、物品の防虫にも用いられることがある他に、の忌避剤などとしての使用も考えられている。 AITCは加水分解によってを生成する。 抗腫瘍作用 [編集 ] 実験とでは、がん予防剤としての多くの望ましい性質が示されている。 関連項目 [編集 ]• (の辛味成分)• (の辛味成分)• (の香り成分)• 脚注 [編集 ]• Everaerts, W. ; Gees, M. ; Alpizar, Y. ; Farre, R. ; Leten, C. ; Apetrei, A. ; Dewachter, I. ; van Leuven, F. et al. 2011. Current Biology 21 4 : 316—321. ; Peeters, P. ; Marrannes, R. ; Mercken, M. ; Nuydens, R. ; Meert, T. ; Gijsen, H. 2008. Toxicology and Applied Pharmacology 231 2 : 150—156. Ryckmans, T. ; Aubdool, A. ; Bodkin, J. ; Cox, P. ; Brain, S. ; Dupont, T. ; Fairman, E. ; Hashizume, Y. ; Ishii, N. et al. 2011. Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters 21 16 : 4857—4859. ; Klenk, H. 2005 , "Thiocyanates and Isothiocyanates, Organic", , Weinheim: Wiley-VCH, :。 永田, 雅靖 1995 , ,• Shin, Il Shik, Hideki Masuda, and Kinae Naohide. 2004. International journal of food microbiology 94 3 : 255-261. 2015年4月4日閲覧。 Leffler, M. 1938. 18: 5. ; Collective Volume, 2, p. 2015年4月4日閲覧。 Zhang, Yuesheng. 2010.

次の

ヒアリが嫌がるワサビの成分アリルイソチオシアネート

アリル イソ チオシアネート

アリルイソチオシアネート-日本テルペン化学株式会社 NIPPON TERPENE CHEMICALS TECHNICAL DATA SHEET アリルイソチオシアネート (Allyl isothiocyanate) 本品は、天然カラシ油の主成分で、強いカラシ様の刺激臭を有しており、食品香料として広く用いられています。 分子式 C 4H 5NS 分子量 99. 15 化学名 3-Isothiocyanato-1-propene 既存化学物質番号 2-1689 CAS. 57-06-7 危険物分類 第4類第2石油類 標準規格と代表的な分析値 外観 無色又は淡黄色透明の液体 規格(食品添加物公定書収載) 分析値 含有 97%以上 99. 2% 比重 1. 018〜1. 023 1. 0226 屈折率 1. 528〜1. 531 1. 530 確認試験 1 , 2 適 純度試験 3 適 参考物性 引火点 50.

次の

イソチオシアネート

アリル イソ チオシアネート

当館及び県立川崎図書館で調査した結果を回答した。 50~の中で「根からアリルイソチオシアネートを放出して他の植物が近接しないようにする」との記述があります。 ただし、化学作用について詳しい記載はありませんでした。 こちらの記事は日本植物防疫協会のウェブサイトで全文公開されています。 72に「植物自身から分泌される有機酸などの他感物質によって近接の生物の生育や活動が影響されることを他感作用(アレロパシー)allelopathyという」と記載がありました。 147~149、生長帯に大量のアリルイソチオシアネートを生成するクロガラシ(Brassica nigra)を磨砕した組織からの揮発性物質および純品が、ヒゲナガスズメノチャヒキ(Bromus rigidus)の幼根の生長に阻害的に働くことや、揮発性ガスに曝されると根の生長が抑制され、種子は発芽が抑制されるとした、Mullerら(1964)による試験結果が紹介されています。 329~330、アリルイソチオシアネートあるいはアリルチオシアネートといったカラシ油類は、シニグリンのようなカラシ油配糖体が加水分解されることによって生成すること、 Evenari(1949)によれば、カラシ油は種子発芽や微生物の生育を強力に阻害するということが紹介されています。 また、BellとMuller(1973)による試験を紹介し、クロガラシ(Brassaica nigra)のカラシ油は、実験室内の試験では種子発芽を強く阻害したが、圃場試験においては顕著な効果を示さなかったことなどが書かれています。 CiNii Articles(学術論文情報のデータベース )にてキーワード「アリルイソチオシアネート アレロパシー」で検索したところ、次の論文がヒットしました。 由来の揮発性物質による雑草の発芽抑制」『千葉県農業試験場研究報告』41号(2000-3)p. 29~34 ワサビから発生した物質についてではありませんが、「I緒言」に「アブラナ科植物の植物体から発生したAITCが株周辺の雑草種子に対して発芽抑制作用を示していることが指摘された(BROWN and MORRA 1996, WESTON 1996)」、「V摘要」に「カラシナから発生するAITCを利用して雑草防除を行うため、レタスおよび雑草種子の発芽抑制効果を明らかにした。 」といった記述がありました。 AITCはアリルイソチオシアネートの略です。 なお、こちらの論文はアグリナレッジ(農林水産研究に関する国内の論文・情報が探せる データベース)によりインターネット上で全文公開されています。 ( ) 事前調査事項でいただいた土壌殺菌作用については資料を見つけることができませんでした。 土壌に限らない抗菌作用ついては、次の資料に記載がありました。 95~100「7. 95~102では、アリル芥子油に、大腸菌、腸炎ビブリオ菌、サルモネラ菌やカビに対する強い抗菌作用が確認されているとして、細菌、酵母、カビに対する作用や抗寄生虫作用を示す実験結果などを紹介しています。 64-74 沢わさびの抗菌作用と抗カビ作用の項目で、アリルイソチオシアネート(AITC)の抗菌性について言及されています。 こちらの論文にも植物に対する作用については記述がありません。 アリルイソチオシアネートのエチレン作用の抑制に関する情報は、次の通りです。 そのうち、インターネット上で閲覧できるものは7件ありました。 その他、下記の資料を調査いたしましたが、アリルイソチオシアネートやエチレン生成の抑制に関わる内容は見つかりませんでした。 自家中毒についての説明においても「この物質によって大きくなれない」など表現が曖昧であり,わさびが自らが放出するアリルイソチオシアネートがどのような作用によってわさび自身の成長を阻害するのかは不明である。 この他の多くのウェブサイトでも調べたが、Wikipediaの情報を元にしたものが多いためかどれも同じような説明で、研究論文や出典などは見当たらなかった。 一方で、アリルイソチオシアネートにはエチレンの生成を抑制する作用が知られており、これにより他の植物やわさび自身の成長が抑制されるとも考えたが事実確認できなかった。 NDC 一般植物学 471 9版 作物栽培.作物学 615 9版 森林利用.林産物.木材学 657 9版 参考資料 Reference materials.

次の