関電 問題。 関電問題の本質

関電金品受領問題、株主も役員ら22人に92億円賠償請求 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

関電 問題

今世間を騒がせているニュースがある事をご存知でしょうか?それは関西電力の役員20人が、福井県高浜町の元助役だった故・森山栄治氏から3億円を超える金品を受け取っていたという問題です。 この手のニュースはよくあるのでまたか?って簡単に済ませてしまう人もいるかと思いますが、この金品は我々関西電力を利用している消費者が払っている電気料金から出ているので人ごとでは済まされませんし、福井県高浜町は高浜原発があるので原発マネーという言葉が当てはまる公金ロンダリングと言えるでしょう。 関西電力の原発マネーの問題をわかりやすく解説していきたいと思います。 また、金品を受け取った役員がどのような物、どれだけの金額を受け取ったかのかもまとめていき、皆んなはどのように感じているのかネットの意見をまとめたいと思います。 最後までお付き合いいただければと思います。 関電問題とは? 関電問題とは一体なんなんでしょうか?簡単に一言で済ますなら、 関西電力の幹部らが高浜原発がある、福井県高浜町の元助役の森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取った問題です。 いわゆる賄賂をもらっていたということですね。 と、ここで疑問に思うのが何故このタイミングでこの問題が浮かび上がってきたかという事です。 一連の問題が明らかになるきっかけになったのが、金沢国税局による税務調査です。 原発と税務調査と聞いたら何やらキナ臭い匂いがしてきます。 税務調査の対象となったのは、関西電力の原発関連の工事を多く請け負っている福井県高浜町の建設会社『吉田開発』で税務調査を行なった際に、森山氏が工事受注の手数料などの名目で約3億円を受け取っていたことが判明し2018年6月に関係先の自宅などを調べると、金品を渡したとされる相手の名前、金額が書かれたメモが見つかっています。 結論を述べると、高浜町の元助役だった森山栄治氏が、関西電力の幹部らに多額の金品を渡して金品を受け取った関西電力は、森山栄治氏が顧問を勤めている吉田開発のほか関連会社に仕事を発注させるという仕組みを作ったということになります。 関電側も賄賂とわかっているので、受け取りを拒否したり一度は受け取ってものちに返却を試みますが、 スポンサーリンク 金品受領した役員20人のリスト 関西電力の役員20人が受け取ったのは、金の延べ棒や商品券・スーツのお仕立て券など、 総額約3億2000万円で中には1人で1億円を超える金品を受け取ってる役員もいます。 sankei. 「受け取った金品は雑所得になるんじゃないの?」 そうですね。 受け取った金品は雑所得になるので税金を払わないといけません。 しかし、森山栄治氏や関電役員20人のうち4人が国税局の税務調査の後に修正申告していますが、現金でなく金の延べ棒などを渡している事から脱税しようとしていたのではと感じます。 現金なら通帳に記載され税務署に目をつけられやすいが、金の延べ棒や金品なら入手先がわかりずらいため財産の動きを誤魔化しやすいことをわかっていて脱税する気満々だったんだろうなと思います。 スポンサーリンク ツイッターでの反応は? ツイッター上でも厳しい意見が飛び交っています。 個人的に共感できるツイートを載せたいと思います。 でもこれ、元助役が関電役員に送ったのが「現金だけでなく、金の延棒や小判」である「必要性」があるのよ。 「金の延棒や小判」だったら、確定申告せずに済む。 つまり、こいつら脱税もしとるわけ。 ひでぇな。 モーニングショー、大島教授キッパリ「これは電気料金の還流です」郷原弁護士、会見を見て「信じられない光景を見てしまった、およそ常識で考えられないことを会長・社長が平然と言ってる」全員首の上厳罰に処してほしい。 関西電力のトップが辞任しない。 1億円あまりを受け取った役員は、2ヶ月の減給・厳重注意のみ。 電気料金の値上げ• 原発がらみのマネーロンダリング。 脱税疑惑。 重要人物が故人で真相は闇の中。 個人的には金品を受け取った役員20人は、向こう10年タダ働きでその分電気料金を無料でいいんじゃね?と思ってしまいました。 死人に口無しで真相は闇の中ですが、関西電力は国民に誠意ある対応を見せて欲しいですね。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

関電問題とは?わかりやすく解説!金品受領の役員20人のリストあり

関電 問題

今世間を騒がせているニュースがある事をご存知でしょうか?それは関西電力の役員20人が、福井県高浜町の元助役だった故・森山栄治氏から3億円を超える金品を受け取っていたという問題です。 この手のニュースはよくあるのでまたか?って簡単に済ませてしまう人もいるかと思いますが、この金品は我々関西電力を利用している消費者が払っている電気料金から出ているので人ごとでは済まされませんし、福井県高浜町は高浜原発があるので原発マネーという言葉が当てはまる公金ロンダリングと言えるでしょう。 関西電力の原発マネーの問題をわかりやすく解説していきたいと思います。 また、金品を受け取った役員がどのような物、どれだけの金額を受け取ったかのかもまとめていき、皆んなはどのように感じているのかネットの意見をまとめたいと思います。 最後までお付き合いいただければと思います。 関電問題とは? 関電問題とは一体なんなんでしょうか?簡単に一言で済ますなら、 関西電力の幹部らが高浜原発がある、福井県高浜町の元助役の森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取った問題です。 いわゆる賄賂をもらっていたということですね。 と、ここで疑問に思うのが何故このタイミングでこの問題が浮かび上がってきたかという事です。 一連の問題が明らかになるきっかけになったのが、金沢国税局による税務調査です。 原発と税務調査と聞いたら何やらキナ臭い匂いがしてきます。 税務調査の対象となったのは、関西電力の原発関連の工事を多く請け負っている福井県高浜町の建設会社『吉田開発』で税務調査を行なった際に、森山氏が工事受注の手数料などの名目で約3億円を受け取っていたことが判明し2018年6月に関係先の自宅などを調べると、金品を渡したとされる相手の名前、金額が書かれたメモが見つかっています。 結論を述べると、高浜町の元助役だった森山栄治氏が、関西電力の幹部らに多額の金品を渡して金品を受け取った関西電力は、森山栄治氏が顧問を勤めている吉田開発のほか関連会社に仕事を発注させるという仕組みを作ったということになります。 関電側も賄賂とわかっているので、受け取りを拒否したり一度は受け取ってものちに返却を試みますが、 スポンサーリンク 金品受領した役員20人のリスト 関西電力の役員20人が受け取ったのは、金の延べ棒や商品券・スーツのお仕立て券など、 総額約3億2000万円で中には1人で1億円を超える金品を受け取ってる役員もいます。 sankei. 「受け取った金品は雑所得になるんじゃないの?」 そうですね。 受け取った金品は雑所得になるので税金を払わないといけません。 しかし、森山栄治氏や関電役員20人のうち4人が国税局の税務調査の後に修正申告していますが、現金でなく金の延べ棒などを渡している事から脱税しようとしていたのではと感じます。 現金なら通帳に記載され税務署に目をつけられやすいが、金の延べ棒や金品なら入手先がわかりずらいため財産の動きを誤魔化しやすいことをわかっていて脱税する気満々だったんだろうなと思います。 スポンサーリンク ツイッターでの反応は? ツイッター上でも厳しい意見が飛び交っています。 個人的に共感できるツイートを載せたいと思います。 でもこれ、元助役が関電役員に送ったのが「現金だけでなく、金の延棒や小判」である「必要性」があるのよ。 「金の延棒や小判」だったら、確定申告せずに済む。 つまり、こいつら脱税もしとるわけ。 ひでぇな。 モーニングショー、大島教授キッパリ「これは電気料金の還流です」郷原弁護士、会見を見て「信じられない光景を見てしまった、およそ常識で考えられないことを会長・社長が平然と言ってる」全員首の上厳罰に処してほしい。 関西電力のトップが辞任しない。 1億円あまりを受け取った役員は、2ヶ月の減給・厳重注意のみ。 電気料金の値上げ• 原発がらみのマネーロンダリング。 脱税疑惑。 重要人物が故人で真相は闇の中。 個人的には金品を受け取った役員20人は、向こう10年タダ働きでその分電気料金を無料でいいんじゃね?と思ってしまいました。 死人に口無しで真相は闇の中ですが、関西電力は国民に誠意ある対応を見せて欲しいですね。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

関電問題とは?わかりやすく解説!金品受領の役員20人のリストあり

関電 問題

関電の記者会見から聞こえてきたことは三文ドラマにもならない馬鹿々々しさであります。 菓子の下から金貨が出てきたなんて言うのはドラマで医者がもらう話だけかと思っていました。 (ゼネコン出身の私の知る世界は菓子箱の下に入る程度の現金では足りませんでしたが。 ) 今回の関電の事件はツッコミどころが満載なのですが、いくつか切り口を考えてみたいと思います。 記者会見の意味 関電が2度目の記者会見で3時間以上も対応し、世間一般が唖然とするような赤裸々な話の裏側とは「死人に口なし」で森山元助役がいかに無理やりそれらを押し付けていたのか、ということを一方的に述べたということでしょう。 これで興味の部分を金品の種類や金額、その方法に興味の目線が行き、3時間ドラマを社長が演じ切ったということではないでしょうか? ずぶずぶの関係はいつから始まったのか、ですが、高浜原発1号機で1979年、放射能を含んだ一次冷却水が大量に漏れるなど重大事故が連続して起きています。 当時、3,4号機の準備にかかっていたのですが、世論が猛反対運動を展開、それでも3,4号機が完成、運転にこぎつけたのは森山元助役のおかげとされます。 つまり、関電にとって恩義があったわけです。 記者会見だけを見ると無理やり金品を押し付けてきたというヤクザまがいの話になっていますが、本質は関電と森山元助役の不可分の関係がその時以降、生まれていたとも言えないでしょうか? なぜ辞めない会長、社長 それでも辞任はしないという会長、社長の理由は何でしょうか?収賄で刑事罰を下すのは難しいと記事にありました。 それが理由でしょうか?私の直感は会長、社長が辞めればもらった人全員辞めなくては道理に反するということになり、経営幹部がそっくり居なくなるからだとみています。 電力会社の経営は厳しさと同時に激変期を迎えています。 9月末で稼働している原発は9基のみで政府の目標を大幅に下回ります。 各社様々な工夫を凝らしているものの東電のようにいつまだ立っても柏崎の再稼働にめどが立たないところや九州のように太陽光発電が多すぎて困っているところもあります。 需要と供給のバランスがとりにくく安定電力の供給は極めて微妙なバランスの上に成り立っています。 そんな中で関電は原発再稼働という点においては最優秀電力会社であったのですが、今回の経済産業省の怒り方は生半可なものではありません。 ではこの責任問題をどう決着付けるのか、でありますが、どこか他の電力会社に吸収合併してもらうという案が出てきてもおかしくないとみています。 今や、関電の人事は関電にあらず、という気がします。 個人的には以前から電力会社再編があるべきと思っています。 経産省が電力再編をこの機に行えるなら絶好のチャンスと見ます。 (東電も東電だから駄目だというイメージがありませんか?新会社に移れば柏崎、動かせる気がします。 ) 原発誘致の本質的問題 先週の「今週のつぶやき」にも記しましたが、結局、原発の立地が今回の問題の背景にあったことは否めません。 関電に限らず原発の立地を決めるには非常に悩ましい、そして文章にすることが憚れるようなこともあります。 基本は産業がないような場所が選ばれるわけでそこに多額のマネーが動くとされます。 仮に原発がどこにでも作れるような環境があったなら今回の森山元助役のような「誘致したいんだろう」という心理を逆手に取ったずぶずぶの関係にはなりにくかったはずです。 ある意味、原発誘致の話はどこの電力会社もあまりしたがらないと思いますが、それぐらい誘致先を決めるのは困難であったともいえるのでしょう。 今回は原発そのものの問題ではないのですが、世界の趨勢からしても現在の日本に於いて原発に電力源の3割頼る目標は政府の気持ちと裏腹にもはや到達不能になったのではないか、という気がします。 しばらくは関電絡みのニュースが続くことかと思いますが基本は終わった話ですので関電のペースで経済小説仕立てで終わるのか、はたまた業界再編まで行くのか、要注目というところでしょうか? では今日はこのぐらいで。

次の