悠 読み方。 「悠」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

【男女別】「悠」の名前TOP100選|悠の意味・由来・漢字の読み方も

悠 読み方

悠悠の悠、悠遠の悠、やっぱり悠久の悠ぐらいしか思い付かない。 悠然と構えるの「ゆう」もいいかもしれません。 自分は芸能人、有名人の名前が得意じゃないので、誰かいませんか「悠」を使った名前の人。 人に説明する時、まず11画だと言いましょう。 そして、一番下に大きく心がある…と全体像から解りやすい場所から説明したらどうかな。 その上に、にんべんと縦ぼう、さらに一番右にぶんつくり。 区点コードを言ってあげれば、すぐ解るけど相手によるしデジタル機器が即使る環境が必須。 この漢字が即頭に浮かぶ人は少なくなっているでしょう。 多分、常用漢字で普通の人は知ってて当たり前だと思います。 ユーザーID: 7743507658• 悠久の悠という意味で正しい.

次の

悠(はるか)という名前が正直辛いです。私の名前です。初見の人...

悠 読み方

この記事の目次• 『悠人』の読み方 『悠』は 男女ともに大変人気の高い漢字です。 『人』は男の子の止め字として定番ですね!まずは、それぞれの漢字が持つ読み方からご紹介します。 「陽」や「春」「晴」など、春の日、晴れた空を表す漢字は特に人気が高いので、『悠』を「はる」と読ませると個性が感じられながらも 流行的な名前になりそうです。 「 ゆうと」の読みも定番的。 「悠々自適」という言葉等にも使われている読み方なので、 多くの人がスムーズにそう読んでくれそうです。 四文字読みにある「 ゆうじん」は、 現代的な印象を与えます。 他の漢字を使って用いられる読み方でもあり、斬新奇抜な印象は与えません。 濁点を含むので どっしりと男の子らしい名前になりそうです。 個性的な読み、当て字の読みは、スムーズに読んでもらうことは難しいかもしれません。 人気の高い名前だからこそ、 読み方は人と違うものを!と考える方にはおすすめです。 漢字の意味&成り立ち 『悠』と『人』、それぞれの漢字が持つ意味を調べてみました。 成り立ちとともにご覧ください。 『悠』の意味と成り立ち 「攸」と「心」の組み合わせからなる『 悠』。 「攸」の方は、 長く細く水を垂らす様子が原形です。 そこから水がはるか遠くに流れゆく様子や、人の進む道を表すようになり、「はるかに・すらりと長く」という意味になりました。 人が背中に水をかけて洗い流す様子から清めることを表すという説もあります。 そこに「心」を加えることで、 清々しい気持ちが安定している、心がゆったりとしている、気の長い様子を表すようになりました。 遠く先のことを想う心の余裕というニュアンスで捉えると良いでしょう。 さらにそこから、時間や空間が広く遠いことを表す意味が派生し、「はるか・遠い」という意味も持つようになりました。 『悠』にある魅力 男女ともに、 名前ランキングではいつも上位に入る漢字のひとつです。 ゆったりとした様子、スケールの大きさから、寛大で大らかな人柄を表すに相応しい漢字です。 字面の形にもカーブがあり、心が入ることからも 優し気な雰囲気が感じられますね。 悠々自適、悠長、という言葉に使われることからも、 のんびりと穏やかな人柄が想像できます。 何となく安心できるような名前、そう感じられる方は多いのではないでしょうか。 男の子の名付けの変遷を見ると、昔は強さや逞しさを表す「勇・剛・猛・健」などが多かったものの、最近は優しさや思いやり、のんびり、大らかといった意味のものに人気が集まっています。 努力を重ねて高みを目指して猪突猛進というよりも、 マイペースで自分らしい魅力を大切にしながら、ゆっくりのんびり成長してほしいと願うパパ・ママが増えているのでしょうか。 そういった意味では、『悠』は時代を表す漢字のひとつであるとも言えそうですね。 [co-8] 『人』の意味と成り立ち 『人』の字は、人と人とが支え合っている様子から成り立った漢字である、という話をどこかで耳にしたことはありませんか? 実はこの漢字、2人の人が互いに支え合っているのではなく、1人の人間を横から見た姿を形にしたものなのです。 1画目が人の頭から手まで、2画目が胴体から足までを表して、意味としては「 人間・人類」です。 さらにこの2画目には、人の本質を表すものであるという説もあります。 人の形であるだけでなく、心の内側までをしっかりと形にした漢字、そう捉えるとイメージががらりと変わり、 簡単だからこそ奥深い意味のある漢字だと感じます。 このことを表す意味として、「 人柄・性質」があります。 『人』にある魅力 この漢字は、小学校1年生のごくごく早い時期に習います。 従い、 誰もが最も親しみを持てる漢字であると言っても過言ではないかもしれません。 簡単すぎるくらい簡単ですが、左右にぐっと伸びた字面が全体をバランス良く整え、他の漢字と合わせても違和感なく使うことができます。 縦に書いても横に書いても、 最後にしっかりとまとめる力のある漢字です。 また「人と人とが支え合っている」という語言説は、ひと昔前に大流行した「金八先生」というドラマの中に出てきたフレーズであり、解釈としては正しくはありません。 しかし、そのような思いで使ってもあながち間違いではないのでは?と思わせる形ですよね。 人は1人で生きていくことはできず、誰かを支え、また支えられて生きるもの。 そこから 絆や幸せを見つけられる人生を送ってほしいという願いを込めると素敵な名前になりそうです。 *人の心をぽっと照らすような、穏やかで大らかな輝きを持った子に。 *長い人生をゆったりのんびりと楽しんで過ごすことができますように。 *周りの人に愛され、平和でのんびりとした毎日を過ごせますように。 *精神的な落ち着きを持って、物事を大きく捉えることのできる賢く優秀な子になってほしい。 *自由にのびのびと挑戦できるような、想像力の豊かな子になってほしい。 『悠』の字は、悠仁親王がお生まれになって一気に知名度の上がった漢字とも言えるかもしれませんね。 何となく説明の仕方が難しい漢字ではありますが、悠仁親王の「悠」と言えば分かってもらえることも多いようですよ。 この漢字は11画で、画数で見てもおおらかな魅力を持つそうです。 人柄・性格をそのまま映し出したような、魅力あふれる幸せな人生になってくれるように期待したいですね!.

次の

【男女別】「悠」の名前TOP100選|悠の意味・由来・漢字の読み方も

悠 読み方

この記事の目次• 『悠人』の読み方 『悠』は 男女ともに大変人気の高い漢字です。 『人』は男の子の止め字として定番ですね!まずは、それぞれの漢字が持つ読み方からご紹介します。 「陽」や「春」「晴」など、春の日、晴れた空を表す漢字は特に人気が高いので、『悠』を「はる」と読ませると個性が感じられながらも 流行的な名前になりそうです。 「 ゆうと」の読みも定番的。 「悠々自適」という言葉等にも使われている読み方なので、 多くの人がスムーズにそう読んでくれそうです。 四文字読みにある「 ゆうじん」は、 現代的な印象を与えます。 他の漢字を使って用いられる読み方でもあり、斬新奇抜な印象は与えません。 濁点を含むので どっしりと男の子らしい名前になりそうです。 個性的な読み、当て字の読みは、スムーズに読んでもらうことは難しいかもしれません。 人気の高い名前だからこそ、 読み方は人と違うものを!と考える方にはおすすめです。 漢字の意味&成り立ち 『悠』と『人』、それぞれの漢字が持つ意味を調べてみました。 成り立ちとともにご覧ください。 『悠』の意味と成り立ち 「攸」と「心」の組み合わせからなる『 悠』。 「攸」の方は、 長く細く水を垂らす様子が原形です。 そこから水がはるか遠くに流れゆく様子や、人の進む道を表すようになり、「はるかに・すらりと長く」という意味になりました。 人が背中に水をかけて洗い流す様子から清めることを表すという説もあります。 そこに「心」を加えることで、 清々しい気持ちが安定している、心がゆったりとしている、気の長い様子を表すようになりました。 遠く先のことを想う心の余裕というニュアンスで捉えると良いでしょう。 さらにそこから、時間や空間が広く遠いことを表す意味が派生し、「はるか・遠い」という意味も持つようになりました。 『悠』にある魅力 男女ともに、 名前ランキングではいつも上位に入る漢字のひとつです。 ゆったりとした様子、スケールの大きさから、寛大で大らかな人柄を表すに相応しい漢字です。 字面の形にもカーブがあり、心が入ることからも 優し気な雰囲気が感じられますね。 悠々自適、悠長、という言葉に使われることからも、 のんびりと穏やかな人柄が想像できます。 何となく安心できるような名前、そう感じられる方は多いのではないでしょうか。 男の子の名付けの変遷を見ると、昔は強さや逞しさを表す「勇・剛・猛・健」などが多かったものの、最近は優しさや思いやり、のんびり、大らかといった意味のものに人気が集まっています。 努力を重ねて高みを目指して猪突猛進というよりも、 マイペースで自分らしい魅力を大切にしながら、ゆっくりのんびり成長してほしいと願うパパ・ママが増えているのでしょうか。 そういった意味では、『悠』は時代を表す漢字のひとつであるとも言えそうですね。 [co-8] 『人』の意味と成り立ち 『人』の字は、人と人とが支え合っている様子から成り立った漢字である、という話をどこかで耳にしたことはありませんか? 実はこの漢字、2人の人が互いに支え合っているのではなく、1人の人間を横から見た姿を形にしたものなのです。 1画目が人の頭から手まで、2画目が胴体から足までを表して、意味としては「 人間・人類」です。 さらにこの2画目には、人の本質を表すものであるという説もあります。 人の形であるだけでなく、心の内側までをしっかりと形にした漢字、そう捉えるとイメージががらりと変わり、 簡単だからこそ奥深い意味のある漢字だと感じます。 このことを表す意味として、「 人柄・性質」があります。 『人』にある魅力 この漢字は、小学校1年生のごくごく早い時期に習います。 従い、 誰もが最も親しみを持てる漢字であると言っても過言ではないかもしれません。 簡単すぎるくらい簡単ですが、左右にぐっと伸びた字面が全体をバランス良く整え、他の漢字と合わせても違和感なく使うことができます。 縦に書いても横に書いても、 最後にしっかりとまとめる力のある漢字です。 また「人と人とが支え合っている」という語言説は、ひと昔前に大流行した「金八先生」というドラマの中に出てきたフレーズであり、解釈としては正しくはありません。 しかし、そのような思いで使ってもあながち間違いではないのでは?と思わせる形ですよね。 人は1人で生きていくことはできず、誰かを支え、また支えられて生きるもの。 そこから 絆や幸せを見つけられる人生を送ってほしいという願いを込めると素敵な名前になりそうです。 *人の心をぽっと照らすような、穏やかで大らかな輝きを持った子に。 *長い人生をゆったりのんびりと楽しんで過ごすことができますように。 *周りの人に愛され、平和でのんびりとした毎日を過ごせますように。 *精神的な落ち着きを持って、物事を大きく捉えることのできる賢く優秀な子になってほしい。 *自由にのびのびと挑戦できるような、想像力の豊かな子になってほしい。 『悠』の字は、悠仁親王がお生まれになって一気に知名度の上がった漢字とも言えるかもしれませんね。 何となく説明の仕方が難しい漢字ではありますが、悠仁親王の「悠」と言えば分かってもらえることも多いようですよ。 この漢字は11画で、画数で見てもおおらかな魅力を持つそうです。 人柄・性格をそのまま映し出したような、魅力あふれる幸せな人生になってくれるように期待したいですね!.

次の