アイス ブレイク チャレンジ。 【盛り上がるアイスブレイク】シーン別にネタを詳しくご紹介

オンライン会議におけるアイスブレイク

アイス ブレイク チャレンジ

自粛期間が続き、いろいろなイベントがオンラインで開催されるようになっています。 そんな中、「オンラインでアイスブレイクするのが難しい…」と感じたことはありませんか? リアルとは違って、できることに制限のあるオンラインで、どうすれば場の雰囲気をあたため、参加意識をもってもらえるか。 お悩みの方も多いのではないでしょうか? そこで、オンラインイベントでできる効果的なアイスブレイクを、みんなでおしゃべりしながら探る会が開催されました。 今回は、その会で提案された、オンラインならではのアイスブレイク10個をまとめます。 【初級編】初対面の人が多いときに使える、自己紹介系アイスブレイク 1. ボールを投げるジェスチャーの他にも、パンチをするジェスチャーや、投げキッスをするジェスチャーでも面白いかもしれません。 コツはパスするときに最後までカメラを隠し、次の人はそのタイミングに合わせたジェスチャーをすることです。 すると上手くキャッチできたように見えます。 」と自己紹介をする。 自宅から繋げるオンラインイベントならではのアイスブレイクです。 ちょっとしたお部屋紹介になるのも楽しいです。 カメラの具合によって、実際に見えている色と指定された色が違うこともあるので、どんな色に見ているのか話合ってみてください。 【中級編】準備物なしでOK!オンラインならではのアイスブレイク 3. 2番目の人がミュートにしたら1番目の人はミュートを解除して構いません。 おすすめの順番の決め方は最後にある【おまけ】参照です: 4. リーダーはカメラに映る上半身だけを使った特徴的なポーズをするのがおすすめです。 表情や指の動きまで似せるのはなかなか難しいので、チャレンジしてみてください。 ただし、答えるときには実際にその「物」を持ってこないといけない。 制限時間は5分程度がちょうどだと思います。 家を走り回って物を探すのが楽しく、軽い運動にもなります。 会ではわたしは玄関にまで走っていって靴を取ってきました: ちなみに、Zoomを使っている場合は、ブレイクアウトルームに分かれて5分以内に何人しりとりを回せたのか競い合うのも楽しいと思います。 【中級編】準備物は紙とペン!オンラインならではのアイスブレイク 6. オンラインビデオツールのほとんどは、ビデオが写っている位置が人それぞれなので、まず最初にリーダーは自分から見て誰がどの位置に写っているのか、全員と共有するのがヒントです。 5人以上参加者がいる場合は図形を完成させるのが難しいので、ブレイクアウトルームに分かれてスクショを撮った後、メインセッションに戻って見せ合うのがいいと思います。 【上級編】Zoomの機能を使ってアイスブレイク! 8. Zoomのブレイクアウトルーム機能を使ったアイスブレイクです。 できるだけ少人数のチームに分かれるのがおすすめです。 例えば耳にボールペンをかけてみたり、背景のドアを開けてみたりして、メインセッションに戻ったときアハ体験ができるようにしてみてください。 ホワイトボードで絵しりとり Zoomはホストがホワイトボード機能をルームに追加すると、全員でホワイトボードを使うことができます。 参加者がホワイトボードに書き込みたいときは、メニューの「オプションを表示」から「コメントを付ける」で使うことができます。 スマホからでもホワイトボード機能は使うことができるので、スマホの人がいても大丈夫です。 1人30秒の制限時間を設けてもいいかもしれません。 当てられずに違うお題を受け取っていたことが他の人にバレたら他の全員の勝ち。 例えば、1人に「卓球」、他の全員に「テニス」というお題を出題した場合、参加者は「それはスポーツですか?」「それは球技ですか?」「それは何色のボールを使いますか?」というように質問をし合って、誰が嘘をついて話を合わせているのか、または、全員が受け取っているお題は何なのか探り合います。 Zoomのプライベートチャット機能を使えば、カードやアプリを用意する必要もありません。 【おまけ】順番を決めるときにおすすめのやり方 全員ビデオをオンにして、カメラに向かって誕生日月を指で表現します。 誕生日が早い人から順番…というように決めるのも、ビデオ通話ならではの決め方かもしれません。 いかがでしたでしょうか? みなさんもアイスブレイクを効果的に使って、オンラインイベントを成功させてくださいね! (オンラインでアイスブレイクを考える会 主催) Torch Guide ふるふる.

次の

簡単にできるアイスブレイクネタ20選

アイス ブレイク チャレンジ

【高齢者向け】介護現場でおすすめ!! 自己紹介の一環ではありますが、「好きな食べ物は?」「好きな芸能人は?」など答えやすいけど、自己紹介ではなかなか自発的には発表しないプロフィールを伝えることにもなり、共通の話題で盛り上がりやすくなります。 ルールも簡単で、代表を一人決めておき、その代表は片方の手のひらを正面に向けます。 もう片方の手を上下に動かし、代表の手が重なったタイミングで参加者は手を叩きます。 代表のフェイントに引っかからないように注意です。 代表者に注目しながら同じ動作を行うことで一体感が生まれます。 メンバーの名前をすぐに覚えられるようになりますね。 高齢者の場合は座ってやるのが望ましいので、スティックバルーンのように柔らかい棒状のものを用意してリーチを伸ばしたり、少人数で円を小さくしてやると良いでしょう。 その後、「せーの」の掛け声で一斉に事前に指定しておいた勝ち・負け・あいこになる手を出すゲームです。 息を合わせて行う脳トレとも言えるでしょう。 このワンテンポ置くというのが一体感を生むのに一役買ってはいますが、普段のじゃんけんの勢いで咄嗟に出してしまうこともあるでしょう。 そういったことも含めて楽しんでみてはいかがでしょうか。 この応用として「頭」「肩」「膝」等と指定した体の部位をタッチするようにしても良いでしょう。 また、先ほどの体の部位にタッチする指示を番号制にしてみましょう。 例えば「1」と言えば「頭」、「2」と言えば「腰」といった具合です。 その番号での指示の中に「右隣の人の肩」「左隣の人と手をつなぐ」等の指示を組み込んでみるとゲームとしての幅も広がって面白いですし、思ったよりも難しいとそれが逆に笑いを呼んで雰囲気がより和やかになるなんてこともあります。 そのお題に当てはまる人でペアを作るゲームですが、高齢者の場合は動き回って集団を作るのはなかなかスムーズには行きません。 代わりにお題は選択制で4択程度に収まる物にします。 そして集まる代わりに色紙などで作った旗を用意し、選択肢ごとに色を指定します。 お題に対し指定された色の旗を揚げましょう。 その場では集まれなくても共通点のある利用者同士であることは分るので、話のネタにもなるのではないでしょうか。 共通点がある利用者さん同士を職員が把握できれば、席の配置などの参考としても良い情報になるのではないでしょうか。 次の人は「 Aさんの隣の Bです」そして次の人は「 Aさんの隣の Bさんの隣の C」です。 と徐々に覚えるべき名前の人が増えていくゲームです。 高齢者の場合は普段の席の1テーブル程度の人数はだいたい4~6名程度になるかと思うので、その位の人数でやると周囲の人の名前も憶えやすく脳の刺激にもなりますね。 名前と年齢以外の項目はあらかじめ「好きな食べ物」「出身地」等の言いやすい物をいくつか指定しておくとやりやすいでしょう。 お互いの自己紹介が終わったら他のペアと合流し、自分のペアの紹介を行います。 相手のことをすぐに覚えられるきっかけになりますね。

次の

ここぞというときに使いたい!アイスブレイクネタ&テク集

アイス ブレイク チャレンジ

「アイスブレイク」という言葉を聞いたことはありませんか。 アイスブレイクを知っておくと、会議や研修など複数のメンバーが集まるシーンで重宝します。 また、企業の社内研修や会議などで行われるかもしれません。 アイスブレイクの意味やメリットをご紹介します。 「アイスブレイク」とは? 「アイスブレイク」は、初めて出会った人同士や、会議の緊張をほぐすことでコミュニケーションを円滑にし、出席者が目的に応じた積極性を発揮できるようにする手法です。 会議や研修の冒頭に、5~10分程度行われることが一般的です。 なお、アイスブレイクは、初対面の人だけで用いられる手法ではありません。 場の雰囲気を和ませて発言しやすい空気を生み出したり、お互いを知ることで能率を高めたりするために用いられます。 そのため、職場や学校、ワークショップや歓迎会など、様々な場で活用されています。 「アイスブレイク」4つのメリット アイスブレイクの目的と効果を理解しておくと、使うべきシーンが明らかになります。 ビジネスシーンにおけるアイスブレイクのメリットをご紹介します。 緊張を和らげる 普段、会話することの少ない参加者が出席している会議では、まず参加者の緊張をほぐさないと、議論が進まない可能性があります。 気軽に意見を出す雰囲気を作り出すために、アイスブレイクの時間を持つことで、場の緊張感を和らげることができます。 コミュニケーションを円滑にする アイスブレイクのひとつに、自己紹介や指の体操などといった、出席者が簡単なゲームに参加する方法があります。 全員が一緒に行うことで、親しくない人とも無理なくコミュニケーションを図ることができます。 相互理解を深める 研修やワークショップなどの場合、年齢も価値観も異なる人が一堂に会することもあります。 決められた時間内により良い成果を生み出すためには、相互理解がとても重要です。 アイスブレイクを活用することによって、効率的にお互いを知ることができるでしょう。 会議への積極的な参加を促進できる 会議やプレゼンテーションの中には、出席者が意見を出し合うことが求められるケースも多いものです。 ただし、静かな会議で参加者とのコミュニケーションも浅い状況では、積極的に発言することは容易ではありません。 アイスブレイクを利用し話しやすい雰囲気を作ることで、出席者の積極的な参加も可能となるのです。 簡単に始められる!「アイスブレイク」3選 アイスブレイクには様々な方法がありますが、簡単に始めることができてお互いを知ることができる、3つの方法をご紹介します。 「他己紹介」と「実は自己紹介」 アイスブレイクの手法の代表的なものに、自己紹介があります。 単なる自己紹介だけではなく、「実は」というフレーズを用いて、「実は、私……です」という形式で発表する「実は自己紹介」や、参加者をペアにして、ペアになった相手のことを紹介していく「他己紹介」などの方法もあります。 「ヒーローインタビュー」 「他己紹介」と似ていますが、参加者がペアになって片方がヒーロー、片方がインタビュアーとなって、その人が一番活躍したときのことを聞き出していきます。 聞き役のほうは多少大げさなくらいにリアクションをとると、場の雰囲気が盛り上がるでしょう。 ヒーローの側は話をしやすくなりますし、聞き手も積極的なコミュニケーションを取ることに抵抗がなくなります。 「チェックイン」 研修などで活用できるのが、5人前後のグループを組んで、1人ずつ短い時間で自己紹介をしていく「チェックイン」という方法です。 話す内容は事前に決めておきます。 何度も開催される会議の場合は、自己紹介ではなく「最近、気になったこと」などをテーマにすると、話題を出しやすくなります。 なお、チェックインで気をつける点は2つあります。 1つ目は、話をしているときは、他の人は質問や突っ込みをせずに黙って聞くこと。 2つ目は、話し手をテンポよく切り替えていくことです。 この2つを守ることで、話をすることへのプレッシャーを減らし、円滑なコミュニケーションを行う下地ができるのです。 ビジネスにおけるアイスブレイクは、緊張した場の雰囲気を和らげ、個々人が力を発揮できるための環境を整えるといった目的があります。 5分程度で行える手軽な方法なので、様々なバリエーションに挑戦してみましょう。

次の