ジェネラル ルージュ の 凱旋 ドラマ。 ジェネラル・ルージュの凱旋の最終回ネタバレ

チームバチスタ、ジェネラルルージュの凱旋の結末…つまり犯人は誰でしたか?

ジェネラル ルージュ の 凱旋 ドラマ

概要 [ ] 『』第3作『』のスピンオフ小説『ジェネラル・ルージュの伝説』と、著者自らが半生を綴ったエッセイや海堂作品群の解説、著者が構築した世界観の用語や設定紹介が収録されている。 2010年6月4日に『 ジェネラル・ルージュの伝説』と改題し文庫本が発売され、「ジェネラル・ルージュの伝説」以外にも『ジェネラル・ルージュの凱旋』に関連した2つの短編が収録されている。 文庫版は、ハードカバー版刊行以降に発売された作品の解説や、著者の近況が掲載されており、世界観や設定の詳細も(解説の内容はハードカバー時とは異なる点はあるが)本書が発売されるまでに発表された作品で拡張された設定が反映されて解説されている。 ストーリー [ ] 『ジェネラル・ルージュ』の異名を持つ救命救急医の速水晃一は、1991年当時はまだの総合外科学教室へ入局したばかりの新米医師だった。 新米ながらも物怖じしない振る舞いで上司から睨まれ、病院の一番高いところにある貯蔵タンクの上で昼寝をしてサボりを行う速水は、自分の腕に絶対の自信を持っていたが本物の修羅場をまだ知らなかった。 一方、城東デパートへ巡業していた売れない歌手の水落冴子は、そこで人気バンド「バタフライ・シャドウ」とかつてのマネージャーの小林と出会う。 冴子はメンバーの城崎に興味を抱かれ、城東デパート屋上でセッションをすることになる。 だが、その城東デパートで火事が発生。 速水に本物の修羅場が襲い掛かる。 登場人物 [ ] 東城大学医学部付属病院の総合外科学教室(佐伯外科)の1年目の医師。 鼻っ柱が強く勤務中にサボって病院の屋上の貯水タンクで居眠りしている医局内の問題児。 黒崎助教授を黒ナマズと呼ぶ。 花房美和 ICU勤務の4年目の中堅。 生真面目な性格で、サボり魔の速水や昼寝(シエスタ)に精を出す猫田に振り回される。 猫田麻里 ICUの主任看護婦。 趣味は昼寝(シエスタ)で婦長の松井に度々叱られている。 本質を見通すことのできる達観した慧眼の持ち主で、ジェネラル・ルージュの伝説誕生に大きく関わる。 神経内科の1年目の医師で速水と同期。 外科手術見学で血を見てから血が苦手となり神経内科へ入局。 連続当直記録を更新しており、医局では「天窓のお地蔵様」と呼ばれている。 世良雅志 総合外科学教室の医局長で速水の先輩。 黒崎誠一郎 総合外科学教室。 速水のことを快く思っていない。 水落冴子 売れない歌手。 発売したシングルが日の目を見ず事務所からも見放されているが、歌うことに対して強い思いを抱いている。 城崎 人気バンドグループ「バタフライ・シャドウ」のベーシスト。 通称、ザック。 歌へのアレンジに定評があり、そのアレンジでバタフライ・シャドウを人気グループに押し上げた。 小堀 冴子のマネージャー。 オカマ口調で話す典型的なオカマ系で、以前担当していたアイドルグループに毛嫌いされてから冴子の担当となる。 冴子のことを気にかけている。 小林 「バタフライ・シャドウ」の担当マネージャー。 かつて冴子のマネージャーを務めていて想われていたが、冴子が売れなくなると見限る。 ストーリー [ ] 半年前に東城大学医学部付属病院に赴任した米国帰りの事務長・三船。 経営面の観点から院内改革を実現しようとする三船だったが、そんな彼の計画の前に、院内で赤字を重ねる救命救急センター部長・速水晃一が最大の障害として立ち塞がっていた。 三船は速水を失脚させることに躍起になるが、三船と速水の対決は思わぬ形で終息を迎えようとしていた。 そんな中、ショッピングモール『』の開店日に付近のバイパス事故によるが発生。 その現場には三船の最愛の妻・千春の姿があった。 登場人物 [ ] 三船 東城大学医学部付属病院事務長。 米国留学の経験がある元の官僚で、所属していた医政局で局長の意にそぐわぬ反論したことを機に病院経営コンサルタントに出向した。 今ではその経験をプラスに捉え東城大学での改革実現を目指すが、それに相反する速水の行動に悩まされている。 家族構成は妻・千春、娘・美咲。 東城大学医学部付属病院救命救急センター部長。 傲慢な性格で、患者を救うことに傾倒して収益を考えずに赤字を出し続けることから、陰で三船に「 オレンジの悪魔」と蔑まれている。 ストーリー [ ] 救命救急センター部長・速水晃一が去って1年、佐藤が取り仕切るようになった救命救急センターは、サクラテレビからドキュメント番組制作のための密着取材を受けていた。 暇な時間が流れていた救命救急センターにバイクの自損事故で運ばれた男女が運び込まれてくる。 そして救急車からくる受け入れ要請を拒否しつつも、その男女の処置に追われる中、佐藤と処置をすませたその男の間に悶着が起きてしまう。 やがて密着取材が終えたとき、佐藤は意外な決断を下す。 登場人物 [ ] 佐藤伸一 東城大学医学部付属病院オレンジ新棟救命救急センター部長代理。 速水が救命救急センターを去ってからは、肩書きは部長代理ながらも実質的に救命救急センターを率いている。 如月翔子 東城大学医学部付属病院オレンジ新棟救命救急センター主任看護師。 快活でハキハキとした性格で、怪我人にも厳しい言葉を浴びせる。 ヒラの看護師から主任に昇進し、部長代理の佐藤を補佐する役回りも担っている。 田上 眼科志望の研修医。 小松 サクラテレビの女性ディレクター。 救命救急センターの密着取材のため、佐藤らに張り付いている。 髑髏男 背中に髑髏マークの革ジャンを着た本名不詳の怪我人で、バイクの自損事故で膝に裂傷を負いオレンジ新棟に運ばれてくる。 性格は至って自己中心的。 モエ 髑髏男の恋人。 事故の巻き添えとなり断裂による腹腔内の大量出血と診断される。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の

ドラマ「ジェネラル・ルージュの凱旋」第12話(最終回)「危篤」

ジェネラル ルージュ の 凱旋 ドラマ

最後の最後まで手を抜かない話の展開も好感持てるし、あえて見せ場を視聴者の 想像に任せるっていう終わり方は憎いなと思います。 原作でも映画でもやってんだから これ以上はくどいでしょ、みたいな。 ぶっちゃけ予算なかったんだろうとは思いますが。 短縮した銀魂のようです。 運ばれてきた速水、危篤状態です。 医師免許ある人間が2人もいて、ただ上向きに寝かせて待っていただけなのかと 思わなくもありませんが、救急チームの方はテキパキ動きます。 最終回だから今さら言うのもアレですが、サトちゃん、心マの演技下手だな…。 そんでなんとか心臓は動きだして、皆はカテーテル室に速水を運び、造影検査を するんだけど。 いやあの花房先生、画面に出てくるのはいいんですけど、わざわざ田口の前に 立つってどうなの! お前はCMで大泉洋の前を横切るおねえちゃんか! ウィスキーのCMでそういうのがある 心不全の原因については、どうも筋肉が悪性リンパ腫によって弱っているのではないか という判断が出ました。 つまりカテーテルで出来ることはない、と。 白鳥はあれこれ治療法を提案するんだけど佐藤に、そんな簡単な話じゃない、と言われて しまいます。 確かに助けたいのは彼らも同じでしょうしね。 ホジキンとかいう病名が判明して、これで投薬治療とかできると研修医いってんだけど、 リンパ腫の転移が、脳と心臓に及んでいて、たとえ治療をしたとしても、このままでは速水の 心臓はもって数日、だという判断が。 大丈夫です!今日最終回だから! そういう問題ではない 皆びっくりしてるのですが、研修医の中でもこっそり一番前に立っている殿、素敵すぎます。 速水の意識が戻って、夢を見ていたと言います。 自分が白鳥と研修医をしていた頃、受け入れをしたものの、死なせてしまった患者のことを、と。 白鳥に「忘れたよな、そんな昔のこと」って言うけど、白鳥だって速水と同じ人間なんだから、 絶対忘れてないと思うよ。 白鳥は、速水をかばおうとする人間、そして寺内殺しとともに今回の佐々木の件でアリバイが ないのは…と花房を見ています。 でも田口は納得できない、という。 仮に佐々木を殺したとして、倒れている速水を見すてて逃げるだろうか、と。 わからんぞ、佐々木を殺した後時計を見て「いけない、ドラマの再放送はじまっちゃう!」と 帰ったかも知れん! 花房は真選組の沖田か! 速水の体調が悪いのも、このまま速水をほっていけば速水が疑われるのも花房なら 分かっていたはず、という田口。 後日白鳥は花房に声をかけてます。 それを見ている栗山。 あ、そういえば栗山さん犯人じゃなかったですね。 犯人じゃないのにやたら意味ありげに 見ていたり、ウロウロしてたりするので疑ってしまいましたよ。 まさかあれだけ思わせぶりな 行動をしておいて本当に何もないとは! 白鳥は花房をMAH建設予定地に連れてきます。 そして、佐々木と速水が運ばれてきて驚いたでしょ、と言う。 ここで刺したから倒れていた速水が見えなかった、という白鳥。 でも確かにここに速水はいたんですよ、と白鳥は言って花房を誘導。 つまりトラックが死角になって、佐々木を刺した位置からは確かに速水が見えないんですねって 誰か倒れてると思ったら田口かよ。 その姿勢でおはようございますとか言われても! ずっと待ってたんかいお前は。 あんた…たまには白鳥の頼み断ってもいいんですよ…ホロリ。 田口は、倒れていた速水は花房の足を見て、そして花房の声を聞いたと言っていた、と 花房に話します。 んで花房は自分ではない、と言う。 白鳥はあれこれ言うんだけど、花房はそんな白鳥を殴ったから、まあ本当にやってない と白鳥もわかっててわざと言ったんだとは思うのですが。 花房がここに来たのは、速水を守りたかったからだと言う。 一方速水の方は佐藤が、えーなんだっけ、なんとかって機械をつけると言いにきたん だけど、それをつけるってことはそこまで心臓がやばいということなんだろう、自分は延命 治療は希望しないから断る、と言います。 ええい佐藤なんでそこで引き下がるんだ! 「貴様が断ることを断る」くらい言え! どこのマンガだ …っていうか相手病人なんだからだまってつけちまえばいいような。 黒子さーん、 出番ですよー! それ殿のだから! 速水は、俺にかまってる暇があればさっさと他の患者のところに行け、と言います。 そういえば今日は不思議と急患入りませんねぇ…皆ヒマなのか。 花房ですが。 あの晩速水が佐々木に呼び出されたのをたまたま聞いていたらしいです。 それで、心配になって速水をおっかけていったら、佐々木はもう刺されていて、速水が 刺して逃げたと思ったらしい。 信用ねぇな速水も。 まあお互い様ですけど。 で、花房は薬を取り出す。 これが現場に落ちていたから、拾って逃げたと。 その時に倒れている2人を発見した人の声がしたからそのまま病院に戻ったらしい。 落ちていた薬は速水のものだ、と言います。 白鳥はこれを借りて行く、という。 田口の方も、さっき花房に嘘をついたっていうんですね。 本当は速水は誰の声を聞いたかいくらくいても教えなかった。 花房をかばってるんだと 思う、って。 薬を調べている白鳥。 粉薬があって、「グッチ、これ舐めて」と。 お前がなめろぉぉぉぉ!!!! もし仮に誰かが毒薬を持ち歩いてて落としたものがそれだったらどうするつもり だったんだコラ! 白鳥・田口コンビが変わってしまうやろが! まだ映画版の田口がいる! そして白鳥、速水の薬なら入っているはずのない薬を見つけます。 ここで2人が顔見合せて「ああ!」って言うのは面白かったな。 医学知識があるからこそここで説明しなくて分かり合えた、的な。 白鳥は速水に薬を見せに行くんだけど、速水は、それは俺の薬だ、と言う。 でも白鳥はよく見ろって言うんですね。 速水も気づいた。 一つだけ別のが入ってると。 速水は喘息があって、前に長谷川が薬を投与した時症状が出ていたけれども、それを 引き起こす薬がここに入ってると。 速水でさえ間違えるような薬が落ちていたから、花房も速水のだと間違えて 持ち去ったんだ、という白鳥。 佐々木は特に薬を常用していなかった、ということですから残るは…? 白鳥は、それならばあの現場にはもう一人誰かがいた、と言う。 この薬を持ち歩いていた誰かが。 あと、白鳥が花房と速水に、要するにお2人は、かばわなくてもいいお互いを かばうのにウソついてたんですよ、って言って出てくのがいい。 その後花房が、絶対死なないでください、って速水に言ったのも良かった。 …今気づいたけど最終回ずーっと速水ベッドの中じゃね? 栗山がウロウロしていて、戻ってきた花房に大丈夫ですか、と聞く。 白鳥に花房のことを言ったの自分だって、 でも花房は、おかげで隠し事はゼロになったわ、と言いました。 私この時点で栗山がこんなこと言ったのは、花房に容疑向けておくつもりが、晴れて しまったので焦ってるのでは、って思ってたんですが、本当に心配していただけでした…。 栗山のキャラ考えたの誰だオイ!見事に騙された! 久々に藤原さん登場。 看護師の指導をしていたらしいです。 で、田口と藤原、悩んでいるチーム達に会うんですね。 彼らは速水の治療法がなくて困り果てていた。 速水ならこんな時でも治療法思いつくんでしょうけどね、と弱音を吐く佐藤。 誰にでも無理ですよ、と慰める長谷川。 和泉は、 速水は 堂々としていて患者にもびびらないですもんねと言うんだけど、 藤原が「それは違う」って割って入る。 そして、なぜ速水がジェネラル・ルージュと呼ばれているかを話し始めます。 火災で血まみれになっていたからではない、別の理由があると。 あの時、救急車はどんどん来るのに、上の先生達はまったく来ない。 看護師達は皆、まだ若かった速水の指示を待つしかなかった。 立ちつくす速水に藤原は、皆が指示を待っている、迷っている暇はないですよ、と 声をかけた。 そして花房が口紅をくれるんですね。 司令官の弱気は部下に移ります、って。 口紅を塗る速水。 藤原は、あの瞬間速水はジェネラルになったと言う。 神様か悪魔かわからないが舞い降りたって。 いや状況的に神様って言ってあげようよ!人を助けようとしていた人に悪魔が舞い降りた ってどんだけひどいんだよ! 藤原は速水を、本当は誰より怖がりで繊細な人、それを隠しているだけよ、今もね、 と言う。 佐藤が、あの速水先生でも不安になったりすることが?と聞くのですが。 藤原は言いました。 「不安や恐れがない人間は一流になれません」て。 おおっ、どっかのビジネス書に書いてありそうな言葉だ! 待て 白鳥は速水の部屋で、パーチーの招待状を見つけます。 あのMAHの建設が始まるからそのお祝いみたいな奴ですね。 で、白鳥は田口を呼びました。 こっから白鳥の反撃が始まります。 パーチー会場にやってきた白鳥は鴨志田のところへ。 岡村に、「ああ、お茶、コーヒー、ワイン出さないでいいですよ」って言ってるのが笑える。 まあイヤミ言わせたら右に出るものは…結構いるけど、胃が痛くなるようなイヤミを矢継ぎ早に 繰り出してきますからねーこいつは。 鴨志田が薬を飲もうとして岡村が水を持ってくるんだけど白鳥は、水ならもっといいものが ある、寺内の井戸からとってきたものだ、とボトルを出す。 気にせず岡村は薬を出すんだけど。 白鳥はそれを見て確信したようでした。 この薬と同じだと。 現場に薬が落ちていた、これを警察に提出して調べてもらう、という白鳥。 殺した犯人の指紋が残っているはずだ、と。 あの時佐々木が取り出し、速水が放ったナイフを指紋が付かないようにハンカチを取り出して 拾い上げる際に、ポケットから薬が落ちた。 白鳥は、そう推理したようです。 岡村が犯人であると。 これは予測した通りでしたね。 白鳥は佐々木に抵抗されて傷も受けたんじゃないのか、と岡村の首の傷を指摘する。 佐々木の爪の間の皮膚を調べればわかると。 とんでもないことをしたと知った寺内は、鴨志田に連絡を取ろうとしていた。 連絡を受けた 岡村はあわて、まず佐々木に先に行くようにいい、自分も病院に駆け付けた。 そして佐々木が数値を操作して逃げるのを見て、寺内がまだ生きているのを知り首を しめて殺したと。 なんでここで白鳥がいきなり「さすがもと警察官だ」とか言い出すのがわからないんですが。 警察官だからって殺しがうまかったら大変だと思うんだけども。 犯人は医学知識を持っているということのつじつま合わせのつもりでしょうか。 でも現場に 出てる警察官でないとそういう知識も持ってないような…。 どうもそういう、最後の伏線 回収がちょっと下手なのが気になりますね。 なんてことを、とふざけたことを言っている鴨志田に、白鳥本気で怒る。 汚染を知りながら土地を売買したのは誰だ、と。 土地を安く買って国に高く買い上げさせ、それを安くメディカル・アソートが借りられる ようにしてリベートをもらったと。 ここでもまだすっとぼける鴨志田。 白鳥だから手を出さずに言ってるけど、他の人間だったら殴ってそうな展開ですよ。 鴨志田は白鳥に、覚悟の上だろうな、と脅してくる。 厚労省を去る覚悟はあるんだろうなと。 でも白鳥、落ち付いて反撃しまたした。 そんときゃあんたも道連れだよ、って。 やっぱりこういうところが白鳥たるゆえんですね。 鴨志田は岡村に自首させようとするのですが。 抜け目ない白鳥、警察を連れてきてました。 この後鴨志田が、まったく関係ないかのように、さっパーティの挨拶があるんだ、と出て いったのがメチャクチャ腹立つ。 でも白鳥、ここで引き下がるような男ではありませんでした。 挨拶をしている鴨志田の横にモニターがあって、いかに理想的な施設がつくられるかって いう話をしていたんだけど、映像が変わってグッチが、汚染されている土地の調査をしている 光景が流れます。 「え、もう撮ってます?」っていうのがちょっと面白かったな。 バカだなグッチ、そこは鼻ほじりながらジャンプ読んでて「えっもうこれ映ってんの」って やんなきゃ。 田口先生は銀さんではありません ショベルカーが掘ったところを見ると腐敗したドラム缶が大量に出てくる。 つまりここは、 産廃で汚染されている、ということです。 これ生かなーと思ってたら田口が登場しました。 録画でしたか。 白鳥もやってきて、これを見てもまだ知らぬ存ぜぬですか、と怒る。 この汚染を知らずに理想を夢見た男達もいた。 あんたはその夢を打ち砕いたんだ。 そして近隣住民や患者を危険にさらした。 これは医療への冒とくだ。 自分はこんなに恥ずかしいと思ったことはない。 かつてあんたが名乗っていたのと同じ肩書きを名乗る役人の自分が。 「僕らが守らなくて誰が医療の現場を守るんだ!」 ここだけでも、今のお役人さん達には聞いていただきたいですねー。 病院のたらい回しをまるで他人事のようにとらえてる人達には特に。 受け入れたくても準備がない。 人手がない。 だから回さざるをえない。 病院だけの問題ではなく、支援をしない国の問題ですよ。 鴨志田は、自分の私財を投じて、この土地を浄化する、そしてきちんと療養所を 作る、と皆の前で約束しました。 まあ言ったからにはやらないと、白鳥は絶対に許さないでしょうね。 鴨志田が去る時に白鳥が「ざっと見て10億かな。 もちろん自腹でお願いしまーす」って 言っててちょっと笑いました。 ぐるナイのゴチになりますじゃないんだから! 一方すっかり出番を取られた感のある速水ですが、危篤状態になってました。 何をしてもムダだ、いい、という速水に田口は、「命の重さを知っている人が簡単に 命を諦めないで下さい。 救えるかもしれない、ここでなら。 ここには、ジェネラル・ルージュが 作り上げた最高のチームがある」と声をかけます。 んで速水は少し考えて「任せるよ、サトちゃん」と言った。 私はここ見てた時に、「任せるよ、佐藤先生」と、患者の立場的セリフになっても いいんじゃないかなぁと思いました。 医者から患者になる、という心境の変化という 意味で。 だけども、速水はいつでも医師であり続け、こんな時でさえ佐藤達が答えを探すのを 見守っているという感じだから、患者にはならずに「サトちゃん」でいいのかなぁ、と 思い直したです。 短いけど深いセリフだと思いました。 つーか目を閉じたから死んだかと思っただろうが速水!!! チームの話し合いをコーヒー飲みながら見てた白鳥。 ひょこっと口を出して。 ニュースで見たんだけど、犯人は鴨志田の秘書だったんだねー、大きい悪玉の鴨志田を 気にしていたら、それとは違う、小さな悪玉が実行犯だったとはねー、と言う。 田口、ここで何か気付いた様子。 それで白鳥は、そんな呑気そうな様子からガラリと変わって、「絶対に速水を救え!まだ 死なれちゃ困る!」って言いました。 かっこいいですねー。 まあその割に「何なんですかあの人」って言われてたけど…。 田口は、あの人なりの激励だ、と言う。 でも「全然伝わってない」とか言われてるぞおい!グッチもっと援護して! ともあれ田口は、もしかしたら速水の病気は本当の悪玉によるものじゃないかも知れない、 と言いだします。 脳と心臓は攻撃は別なんじゃないかって。 それで佐藤も、脳の映像所見の時に長谷川が言っていたことを思い出す。 最初膿瘍って言っていたと。 その後悪性リンパ腫が見つかって、膿瘍じゃない、脳腫瘍だと皆思いこんでしまったと。 つまり、最初の所見で正しかったわけです。 調べ直すと病名がわかる。 日和見感染と言うらしい。 ああ、上司に対してツッコミが異様に厳しくなる病気とか? ギャグマンガ日和じゃねーか! 和泉も、そういえば速水は光をまぶしがっていたと思いだす。 で、えーと網脈…なんたらかんたらという病気でした!名前つけた奴ちょっと考えろ! 滑舌悪いと言えないだろうが! 白鳥は満足そうに立ち去っていきました。 こいつも思いついていたならヒントだって最初から言えばいいのに。 結局よくある感染症とかがいろいろ起きていたらしいです。 免疫力が落ちていた速水にはいろいろ病気のデパートになっちゃった、と。 そういうわけで光が見えてきました。 一気に回復できそうです。 和泉が花房に、口紅の件聞きました。 あんな前からの付き合いじゃ勝てない、とか 言ってて、え、ライバルのつもりだったん!?と逆にびっくりしたよ!憧れじゃなかったの かよ!なんでいつの間にか恋のライバルに昇格してんだよ和泉!むしろそれにビックリだよ! ま、この後花房にちゃんと、原因がわかれば治療できる、死なせません絶対にとは 言ってましたけどね。 速水の治療が開始されます。 …全員で治療に当たっているように見えるのですが、本当に救急センターの方は 大丈夫なんでしょうか…?思い切り放置されているような気がしなくもないのですが。 速水が目を覚ますと皆が、容体は安定してますっつーて、状況を説明するんですね。 速水は佐藤に「負けたよサトちゃん。 それでも佐藤がうるっときてたのがよかったですね。 そしていきなり時間は飛んで数週間後。 すっかり回復した速水先生。 よかったなぁ!最終回なのにずっとベッドの中で終わるかとヒヤヒヤしたよ! 改めて院長と、現金供与の件を話していますが、院長は、メディカル・アソートからの正式な 寄付として処理できた、と言うんですね。 速水が個人的な利得がなかったというのも大きいし、もう佐々木から証言は取れないから 警察も諦めたらしい。 まあ病院が穏便にしてくれって言えば警察もこれ以上介入できない でしょうしね。 速水はこれで堂々と辞められる、というのですが。 院長が「そうでもないようで」と言ってくる。 あれです、花房がとっておいた帳簿の件。 ちゃーんと書いてありました。 キャンディ代。 私的流用です!という田口。 その程度の…と言いかける速水が笑える。 この、ギャグになる速水が見たかったー!ドラマでもあってよかったー! 小さいですが私的流用です!と譲らない田口。 小さいですが、小さくても小さいことは見逃しません、小さいこと見つけるの得意と 連呼する白鳥。 お前はちょっと黙ってろ。 そういうわけで速水、系列病院に行くことになりました。 いい先生がいると。 リンパ腫治療で知られた先生だって。 要するに仕事がてらちゃんと治してこいってことなんですね。 白鳥も、今の、がんばる先生達にしわ寄せがいくシステムをつくり直す、統括する人間が いる、という。 田口は、二人の力を合わせれば理想の治療ができそうです、と喜ぶ。 絶対戻ってきてくださいね、って。 んで、見ながら、あららーこのあたりが終わりかー、残念だなーと思ってたんですけども。 屋上で話す白鳥と速水。 白鳥は、自分もあの夜の夢を見る、という。 目の前にある患者が息を引き取ろうとしているのに、他の医者にひたすら電話するしか なかったあの夜の夢を。 今でもうなされて飛び起きる、と言う。 2人は、一生抱えていくんだろうな、あの夜を、と言います。 んで白鳥は速水にアメをくれました。 ああそうか、逆だと収賄になっちゃうからね、うん。 細かいことはいいんだよ! と、そんな二人の目の前でいきなり爆発火災発生。 皆の者!外道衆じゃー!殿、いよいよ出番です! で、殿が「任せて下さい!」と飛び出していく…とシンケンジャーで終わってしまうので。 速水は急いで病院内に指示を出します。 自分が全指揮を執ると。 事務長、最後に出てきたと思ったら過剰反応では、とか言いやがった。 でも必ず来る、と速水は言う。 救急車がこの病院を目指して。 すると速水が言ったとおりあちらこちらで電話が鳴りだすんですね。 速水はすべて受けろという。 やってきた院長も事務長にすべての薬品を出せって言うんですね。 病院経営は完全なビジネスであってもいけないと。 それで次々と救急車が到着し、スタッフは薬品などの準備に入ります。 ここでちょっと残念だなと思ったのは。 速水が用意していた備品とかを花房が出すエピソードが欲しかったなということ。 映画みたいに足りなくなってからじゃなくて、準備のため先に出しておく、みたいな。 それで「これ、どこから…」という事務長に、得意げに速水が「メディカル・アソートだ」 って言う。 それは欲しかったなーと思いました。 ここだけは本当にもったいなかった。 ともあれ、自分の部屋で不安な顔になっている速水。 でもその顔には同時に「今度は全員救ってみせる」って決意もありました。 「人の生き死にを決めるのは神だ。 俺は今から神になる」 じゃあ俺は海賊王になる!俺は世界一の剣士に! ワンピースに話を持って行くな! 屋上では白鳥が、「ドクターヘリ飛ばせ!他県からももってこい!責任!?そんなもの ボクがとるよ!」って言っててすごいかっこ良かった。 特に、「責任!?そんなものボクがとるよ!」っていうセリフがムチャクチャよかった。 それから言えるからこそ白鳥は白鳥なんでしょうね。 白鳥は田口らに、僕は僕の仕事をしてくるって言って走り出します。 そして田口のアップで場面終わりました。 最後、ニヤニヤしながら歩いてくる速水が欲しかったなぁ…。 全体的に、途中ちょっと脱線してきて 速水の病気とか どうかなーと思ったけど、まあ おさまる所に収まったんじゃないかなと思います。 西島さんの速水の演技も最初はちょっとアレだなと思ったけどすごくよくなったし。 むしろ映画と違ってドラマでは、放送時間が長い関係上、いろいろしっくりこない違和感が ある中で、視聴者とともに、こなれていく速水の演技ということで、速水像がしっかりして きてよかったかも、と思いました。 あとすっかり忘れてましたけど 本当につい最近まで忘れてた ナイチンゲールの沈黙が バチスタ第二弾でしたよね… 汗。 ともあれ、ドラマでは最後の盛り上がりがなかったのは残念でしたが、ギャグになる速水も 見られたことだし、物足りなさはそんなになかったので良かったと思います。 このあときっと「奇跡的に死者なし!ジェネラル・ルージュ健在」っていう記事が出たり、 「厚労省の速やかな判断によりドクターヘリが迅速に患者搬送」って報道されたり、 流ノ介が「テレビで殿のご活躍を拝見し…」と感動していたりすればいいなぁと思いました。 最後おかしい!なんかおかしい! 次も映画、ドラマになりますかねー。 原作読んでないのですが ジェネラル・ルージュのマンガは読んだ。 そしてどこかになくした… 、 また機会があれば楽しみにしています。

次の

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋(ドラマ)第1話から最終回まで全話を見逃し動画無料フル視聴

ジェネラル ルージュ の 凱旋 ドラマ

チーム・バチスタの栄光(2006年1月)• ナイチンゲールの沈黙(2006年10月)• 螺鈿迷宮(2006年11月)• ジェネラル・ルージュの凱旋(2007年4月)• ブラックペアン1988(2007年9月)• 夢見る黄金地球儀(2007年10月)• 医学のたまご(2008年1月)• ジーン・ワルツ(2008年3月)• ひかりの剣(2008年8月)• イノセント・ゲリラの祝祭(2008年11月)• ジェネラル・ルージュの伝説(2009年2月)• マドンナ・ヴェルデ(2010年3月)• ブレイズメス1990(2010年7月)• アリアドネの弾丸(2010年9月)• モルフェウスの領域(2010年12月)• ナニワ・モンスター(2011年4月)• 玉村警部補の災難(2012年2月)• ケルベロスの肖像(2012年7月)• スリジエセンター1991(2012年10月)• 輝天炎上(2013年1月)• カレイドスコープの箱庭(2014年3月)• アクアマリンの神殿(2014年7月)• スカラムーシュ・ムーン(2015年2月)• ポーラースター ゲバラ覚醒(2016年6月)• ゲバラ漂流 ポーラースター(2017年10月)• 玉村警部補の巡礼(2018年4月)• 氷獄(2019年7月) スポンサーリンク 時系列順がおすすめの理由 海堂尊シリーズを読む順番は、ずばり、 シリーズごとに時系列順に読んでいくのがオススメです。 ブラックペアンシリーズを除いては、各シリーズ基本 発行年順=時系列順の並びになっています。 海堂尊シリーズは、出版社をまたいで、クロスオーバー展開しているのが特徴です。 架空の都市「桜宮市」を舞台に、東城大学医学部付属病院を起点に、物語は派生していっています。 よくまあここまで・・・と思うくらい、同じ登場人物が絡んできます。 マーベル映画みたいな感じですね。 すると、基軸となるバチスタシリーズの登場人物の相関関係(相関図)を把握しておかないと、他のシリーズについていくのがちょっと厳しいです。 もちろん、各タイトル単体で楽しめなくもないんですが、知っておくとより楽しめる、といったところでしょうか。 なので、まずはバチスタシリーズから読んでいくのがオススメです。 スポンサーリンク これだけは読んでおきたい!おすすめ3冊• ドラマや映画を入り口に、小説を読んでみたいけどシリーズ全部読むのはちょっと・・・という人にこれだけは!というおすすめの3冊です。 『』ははっきり言ってドラマより断然面白いので、ぜひ読んでみてください。 スポンサーリンク 海堂尊医療ミステリーシリーズ作品一覧 バチスタシリーズ(田口・白鳥シリーズ)• 竹内結子&阿部寛で映画化、伊藤淳史&仲村トオルでドラマ化されたバチスタシリーズ。 「最終章」「最後の~」と銘打たれることが多く、やめるやめる詐欺化していましたが、一応「」で完結しています。 海堂尊シリーズの中で、やはり一番面白いのがバチスタシリーズです。 デビュー作の『』が一番面白い。 医療ミステリーの原点にして最高峰ですね。 『 』はこれ医療ミステリーか??という内容で、好き嫌いが分かれます。 そして『 』以降は路線がどんどんズレていってしまうので、『 』で止めるのもアリ。 『 』で挫折しなければ最後まで読めます。 スポンサーリンク バチスタシリーズスピンオフ• スピンオフシリーズは本編に直接関係がないので、飛ばしてもOKです。 『 』は、『 』で登場するジェネラル・ルージュこと速水晃一が好きな人に・・・と言いたいところですが、内容は半分が作者についてのファンブック。 なぜ速水の短編だけ収録して出版しなかったのか?全くもって謎。 ドラマの放送にあわせて調子に乗って出したとしか思えない本。 作者に興味がない人にはおすすめしません。 ちなみに私は知らずに買って後悔しました。 ジェネラルファンはどうせなら映画かドラマ見てください。 映画では速水を堺雅人が神演技で魅せてくれます。 ドラマ版では西島秀俊が演じており、こちらもジェネラルの魅力満載です。 『』『』は、『 』で登場するデジタル・ハウンドドッグこと加納達也警視正と玉村警部補が好きな人におすすめです。 『 』は「バチスタ・スキャンダル」の担当弁護士、日高正義を始め、短編4本が収録されています。 スポンサーリンク ブラックペアンシリーズ(バブル三部作)• 二宮和也主演で2018年ドラマ化された『ブラックペアン』の原作シリーズ。 バチスタシリーズで登場する高階病院長や藤原さん、猫田らの若き日が描かれます。 田口、速水、島津がまだ学部生で、ベッドサイド・ラーニングにやって来ます。 渡海と佐伯教授のキャラが最高なので、『』はおすすめです。 スポンサーリンク 海堂シリーズ現代篇• 作者いわく、「『 』の前に『 』を先に読み、カタルシスを楽しんで」。 極北篇• スポンサーリンク 海堂尊作品の整理とまとめ 時系列順一覧表 医療ミステリーシリーズを時系列順に一覧表にまとめておきます。 シリーズごとにカラーで色分けしています。 年号 タイトル 1998 1998~1990 1990 1991~1992 1991 2006 2007 2007~2008 2008~2009 2009 2012~2015 2013~2015 2018~2019 2022 スポンサーリンク 発行年月日順一覧表 2019年9月時点で全部で30作品。 デビューした2006年~2010年くらいまでは年3~4冊ペースで発行していましたが、現在は大体年1冊ペースです。 ポーラスターはチェ・ゲバラを主人公とした長編4部作。 医療ミステリーシリーズとは関係ありませんが、一応まとめておきます。

次の