タクシー 配車 アプリ 比較。 【徹底比較】タクシー配車アプリおすすめ6選【2020年最新版】

JapanTaxi、MOV、DiDi、www.videocon.com。タクシー配車アプリの違いはどこに?

タクシー 配車 アプリ 比較

4つのタクシー配車サービスを比較してみた タクシー配車サービスの競争が激しさを増している。 スマートフォンのアプリを使ったタクシー配車サービスは、日本国内では「JapanTaxi」が早くから取り組み、その他にも、DeNAが運営する「MOV」、ソニー系みんなのタクシーの「S. RIDE」、ソフトバンクが支援する中国発の「DiDi」など、さまざまなサービスが市場に参入して覇権を争う状況になった。 海外で爆発的な広がりを見せたライドシェアサービス「Uber」の日本上陸が、これらの刺激となったことは確かだろう。 その当のUberも日本の法制度に合わせてライドシェアではなく、タクシー会社と共存する道を選んだわけだけれど、こちらは今のところあまり目立った動きは見えない。 新規参入が相次いだ理由に、訪日外国人の増加の影響があることは間違いなく、それがピークを迎えるだろう2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、まさに足場固めに向かっているという状況だ。 いずれにしろ、日本の利用者にとっても、以前は電話でしか手配できず、ハードルが高いイメージのあったハイヤーが、スマートフォンアプリからの簡単な操作で呼べるようになったことで、より手軽な移動手段の1つになってきているのではないだろうか。 そこで、それらタクシー配車サービスにどんな特徴があり、どこに違いがあるのか。 最初に挙げた4つのサービスを実際に利用して確かめてみた。 なお、対応エリアや決済手段など各サービスの内容については5月末時点のものとなっている。 「JapanTaxi」のアプリ画面 「JapanTaxi」の最大の特徴は、なんといっても配車可能なエリアが日本全国47都道府県をカバーしていること。 タクシー会社個別に見ると一部地域のみの対応となっている場合もあるので、エリア全域とまではいかないものの、都市圏に限らず利用できる機会が多いのはうれしいところだ。 配車手続きの際にタクシー会社や車種を選ぶことができるのもありがたい。 また、決済手段が豊富に用意されているのもこのサービスのメリット。 事前にアプリから指定できる方法にはクレジットカード、Yahoo! ウォレット、d払い、車内決済などがあり、車内決済を指定した場合はタクシー車内に設置されている「JapanTaxiタブレット」上でさまざまな決済手段を選べる。 各種交通系ICをはじめとする電子マネーのほか、メルペイ、LINE Pay、Origami PayといったQRコード決済にも対応する タクシー会社によって対応状況は異なる。 「DiDi」のアプリ画面 中国発の配車サービス「DiDi」は、ソフトバンクとの合弁となる運営会社を日本に設立し、投資会社ソフトバンク・ビジョン・ファンドからも出資を受けているサービス。 2018年9月の大阪府 一部エリア でのローンチを皮切りに、豊富な資金力を活かしてか、東京23区、三鷹市、武蔵野市、成田空港、京都府 一部エリア 、兵庫県 一部エリア と配車可能エリアを広げてきた。 決済方法もクレジットカード、デビットカード、車内決済が選べるほか、5月末からは同じソフトバンク系のQRコード決済サービスのPayPayにも対応。 東京都内で配車した場合、当面の間は迎車料金が無料になるとあって、最も安価に利用できるサービスでもある。 対応エリア外にいると「お客様の地域では現在ご利用いただけません。 」と表示。 対応エリアから出発しようとしているときは、いったん行き先を指定して移動区間を確定した後、出発地点を変更するという手順になる 細かい使い勝手の部分ではあるが、このUIの影響で、ユーザーが非対応エリアにいる場合、「お客様の地域では現在ご利用いただけません。 」という警告が表示され、対応エリアから出発しようと思っていても利用できないと勘違いする恐れがある 例えば非対応エリアから電車に乗り、対応エリア内の降車駅からタクシーを利用したいような場合。 実際には最初に行き先を設定して、その後に配車位置を修正すれば問題ないのだが、初めて使うユーザーは戸惑うこともありそうだ。

次の

【口コミ・評判】乗車しやすくてびっくり!タクシーアプリMOVを使ってみた感想

タクシー 配車 アプリ 比較

『全国タクシー』のネット決済はクレジットカードだけでなく、docomoケータイ払い、auかんたん決済、Yahoo! ウォレット、Apple Payを選択できるのも大きな特徴。 支払い方法の選択肢が広いのは大きな魅力です。 クレジットカード必須の『LINE TAXI』&『Uber』 一方、『LINE TAXI』、『Uber』の2つは利用にクレジットカードの登録が必須。 登録の手間はありますが、車内での面倒なお金のやりとりが不要ですし、タクシーに乗ってからクレジットカードが使えなくて焦るなんていう心配もありません。 対応エリアにも違いが。 全国対応は『全国タクシー』&『タクシーチャンピオン』 日本全国どこでも利用可能なのは、『全国タクシー』『タクシーチャンピオン』の2本。 逆に『Uber』は東京都内、しかも渋谷・六本木界隈のエリアのみとかなり限定されています。 今後のエリア拡大に期待ところです。 しかし、『Uber』は海外でも利用できるのが強み。 海外旅行に行ったときに活躍してくれるかもしれません。 対応エリアはをご覧ください。 LINE TAXIの対応エリアは次の31都府県。

次の

【比較】最強のタクシー配車アプリは?横浜で実験 JapanTaxi、DiDi、MOV、www.videocon.com、Uberを解説

タクシー 配車 アプリ 比較

タクシー配車アプリはとっても便利です 僕が配車アプリを初めて利用したのは出張で訪れたアメリカ・サンフランシスコでした。 サンフランシスコはUber発祥の地!海外でのタクシー利用で言葉が通じなかったり、遠回りされたり、料金をごまかされたり、運転手さんがずっと歌っていて怖かったり(笑)などなど…いろんなトラブルを経験していたためタクシー利用に抵抗があったのですが、その問題点を全部解消するのが配車アプリUberでした! 行き先を説明しなくていい、会話しなくていい、ルートが分かる、料金は明朗会計、評価が高いドライバーは安心!すごいサービスがあるものだと感心したわけです。 DiDiが2020年7月13日からアプリ使用料を徴取… DiDiから 2020年7月13日月曜日より、DiDi利用の際に乗車ごとに アプリ利用料の支払いが必要になるというメールが来ました… 以下に引用します 2020年7月13日(月)よりDiDiご利用の際、乗車ごとにアプリ利用料のお支払いが必要です。 アプリ利用料は、各地域ごとに設定されておりDiDiでのご注文前にアプリ上でご確認いただけます。 タクシー事業者により別途迎車料金がかかる可能性がございます。 もうある程度シェアを取ったので手数料取っても使ってもらえるだろうという考えなのでしょうかね… 特にお金やお得な出来事にうるさい大阪人が手数料取られてまで使うと考えているなら、 顔を洗って出直してこいと言いたいですね(笑) 一番腹が立つのは「 アプリ利用料は、各地域ごとに設定されておりDiDiでのご注文前にアプリ上でご確認いただけます」という一文… はぁっっ??百歩譲って利用料取るなら 事前に明示すべきじゃないの?? しかも、調べてみたら 東京は440円、 沖縄は250円と例示されていました。 440円なんて絶対に払わないですね(苦笑)。 むしろなぜこれで継続して利用してもらえると思ってるんでしょうか? UberEatsやアメリカなど外国でのUberは一般の方が配達や運転を請け負っており、アプリ利用の需要が多いのに供給が追い付いていない時に報酬上げて人を集めるために手数料を取られたり、料金が上がるのは利用者としてちょっと理解できます。 そもそも仕事を請け負う一般人を集めないとサービスが成り立たないわけですし…しかし、タクシー配車アプリであるDiDiが手数料を取るって理解できません。 なぜなら、別にタクシーなんてDiDiが車を提供しているわけでもなく、DiDiが関わらなくても、その辺いっぱい走ってるわけなんですよ! はっきり言って、 迎車料金がかかるかタクシーが来るまで分からない、 アプリ手数料を取られるのであればさっさと流しのタクシーやタクシー乗り場に停まっているタクシーに乗りますね(笑)万が一、流しが捕まらなかったりやタクシー乗り場にタクシーがなければ電話するか、他のアプリを使うまでです! DiDiが高額の手数料を取っても使ってもらえると思っているなら驕りとしか思えません。 というか繰り返しますがこれで継続して使ってもらえると思っているのでしょうか?アプリ手数料がかかることを知らない一部の情報弱者を食い物にして儲けようとしているのでしょうか?企業の姿勢として疑問符つきまくりです… またこんなお知らせもありました 2020年7月13日(月)より支払い方法として「現金・その他」をご利用の場合であっても、領収書はDiDiからアプリに登録したメールアドレス宛に発行され、タクシー車内での領収書の発行は終了になります。 仕事で他の病院に患者さんを転送した後に、地域によっては帰りの救急車に乗せてもらえますが、病院に戻るのに僕は基本的にタクシーを使います。 深夜に転送した場合タクシーが捕まらず、タクシー配車アプリを利用するケースが多いわけです。 一旦タクシー代を建て替えるのでDiDiでタクシーを呼んでも「現金」利用で一旦支払って領収証をもらい、事務に提出してすぐに返金してもらうわけです。 領収書がいちいちメールで送信されてプリントアウトする必要があるなら使いにくくなりますね… 2020年7月1日(水)で多くのエリアでのDiDiサービス提供が終了 2020年7月1日水曜日で一部エリアでのDiDiサービス提供が終了するというお知らせも来ました。 対象地域 北海道 富良野市、南富良野町、占冠村、美瑛町、上富良野町、中富良野町 青森県 全地域 秋田県 全地域 新潟県 全地域 群馬県 全地域 石川県 全地域 滋賀県 全地域 和歌山県 全地域 兵庫県 姫路市、赤穂市、相生市、宍粟市、たつの市、神崎郡、佐用郡、揖保郡、赤穂郡、稲美町、播磨町、淡路市、洲本市、南あわじ市 広島県 福山市、旧豊浜町・旧豊町区域を除く呉市、浦崎町 山口県 全地域 長崎県 全地域 大分県 全地域 宮崎県 全地域 沖縄県 石垣市 撤退する都道府県は10県(青森・秋田・群馬・新潟・石川・静岡・滋賀・和歌山・山口・長崎・大分・宮崎) 都道府県ベースでサービスを継続するのは13都道府県(北海道・宮城・東京・埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・京都・兵庫・広島・福岡・沖縄)。 しかも、継続する道県でも郊外などでサービス中止される地区があります。 これも腹が立つのは 「一部」とは言えない多くのエリアでサービスが終了するわけです。 DiDiのメリットってタクシーがバンバン走っているわけではない地方でこそ大きいと思っていたので、地方切り捨てのこの施策も訳が分かりません… 地方は流しのタクシーがいるわけでもなく飲み会帰りにタクシー呼ぶときはお店の人にタクシーを呼んでもらう必要があります。 お店の人に頼むのも悪いし、ギリギリまで店の中で待っていたいという時にタクシー配車アプリは便利なわけです。 都会はDiDiなんて使わなくてもタクシー余るほど走ってますよ??UberやMOVなど他のアプリもありますよ?? そして、宮崎県などではDiDiがサービスを開始してまだ半年も経っていないんですよ。 2つのアプリの長所を受け継いだ「ええとこ取り」のサービスになればいいなと期待しております。

次の