スマホ 充電 器 レンタル。 スマホを充電したい!モバイルバッテリーシェアリング「Charge SPOT」があるって知っとう!? #ChargeSPOT #スマホ充電器レンタル #モバイルバッテリーシェアリング #神戸市 #神戸観光

スマホ決済の次はレンタル充電器の需要が来るぞ!【中国に倣え】

スマホ 充電 器 レンタル

ファミリーマートは、INFORICHが展開するスマホ充電器レンタル 「ChargeSPOT」の実証実験を11月5日から開始することを発表しました。 今回の「ChargeSPOT」の実証実験では、東京23区内のファミリーマート約1,000店に順次導入を行い、ファミリーマート店舗での利用ニーズや利便性について検証を行うとしています。 ファミリーマートでは、店舗間の距離が短いコンビニエンスストアと「ChargeSPOT」は親和性が高く、利便性向上につながると見込んでいます。 今後、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の実証実験の結果を踏まえ、両社の協業によるモバイルバッテリーシェアリングサービスへの本格的な展開を検討していく方針です。 スマホ充電器レンタル 「ChargeSPOT」については、 レンタル方法がアプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけの簡単操作ができます。 2018年4月のサービス開始からわずか1年で日本全国47都道府県に広がり、海外でも香港、 タイ、 台湾とエリアを拡大しています。 スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」では、2018年4月からサービスを開始以降、現在では、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に設置エリアの拡大を行っています。 また「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、 LINE公式アカウント内からもサービスを利用することが可能になり、 事前に専用アプリをダウンロードしていなかった場合もその場でサービスを利用できるようになりました。 スマホ充電器レンタル 「ChargeSPOT」の利用方法について手順を確認しておきましょう。 スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の利用方法については以下の手順となっています。 なお、「ChargeSPOT」を返却する方法については、「ChargeSPOT」アプリで最寄りのバッテリースタンドを検索し、空いているスロットにモバイルバッテリーを差し込むことで返却を完了させることができます。 「ChargeSPOT」のアプリをダウンロードし、アカウントの登録をします。 「ChargeSPOT」アプリで、近くのバッテリースタンドの場所を検索し、利用する「ChargeSPOT」のバッテリースタンドへ向かいます。 「ChargeSPOT」表示されているQRコードを読み取ります。 バッテリースタンドのスロットから出てくるモバイルバッテリーを取り出し、対応するケーブルを接続を行えば、移動中に様々なデバイスの充電をすることができます。 スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の 利用料金については、最初の1時間は利用料金が150円、48時間以内までの利用料金が300円とされています。 また、48時間以降の利用料金については2,280円となっており、48時間以降のプランの場合、バッテリーの返却が不要になります。 「ChargeSPOT」では、利用時間に応じて料金が初回登録時のお支払い決済方法にて利用料金が決済されることとなっています。 なお、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」のバッテリー容量は5,000mAhとなっており、対応規格はLightningケーブル、Micro USB、USB Type-Cが対応可能となっています。

次の

スマホ充電器のおすすめ商品10選♪防災用にも役立つモバイルバッテリーも!

スマホ 充電 器 レンタル

ほとんどの人がスマホを持っている時代になりました。 SNSやゲームなど魅力いっぱいのスマホは、気がついたら使い過ぎていて充電が切れてしまうことが多々あります。 何気なくスマホに付属していた充電器を使っているかもしれませんが、実は充電器によって充電スピードが違っているのです。 今回は素早く安全に充電が可能なスマホ充電器と、持ち運びに便利なモバイルバッテリーのおすすめ商品を紹介していきます! スマホ充電器を選ぶときの5つのポイントを紹介! まず最初に、スマホ充電器を選ぶときのポイントを紹介していきます。 出力電流はどれくらいか?急速充電に対応していると便利! スマホ充電器を選ぶときには、出力電流が強く、急速充電に対応している商品をおすすめします。 出力電流というのは、充電器からスマホを充電するときに供給可能な電流のことです。 この出力電流が強いほど、短い時間で充電することができます。 また、スマホだけではなくタブレットも充電したいのであれば、出力電流が2A以上のスマホ充電器を選びましょう。 サイズや重量は持ち運びできる範囲内か? スマホ充電器やモバイルバッテリーを鞄に入れて持ち運びたいのであれば、サイズや重量を事前にチェックしておく必要があります。 容量の大きいモバイルバッテリーはとても便利ですが、容量が大きいのでどうしてもサイズは大きく、重量は重くなってしまいます。 しかし、中には充電できるスマホが限定されている商品もあります。 充電器を買って、自分のスマホに対応していなかったら意味が無いので、自分のスマホの充電に対応している充電器かどうかをしっかり確認しておく必要があります。 【モバイルバッテリー】バッテリー容量や充電可能回数をチェック! モバイルバッテリーの購入を考えている人は、モバイルバッテリーの容量がどれくらいあって、自分のスマホを何回充電できるか確認しておきましょう。 7という計算で求めることができます。 モバイルバッテリーの容量が大きいほど充電回数は増えますが、その分本体価格は高くなります。 1つで何台同時に充電できるか? スマホ充電器によっては、一台ずつしか充電できないものもあれば、2〜3台など複数台充電できるものがあります。 スマホ以外にもタブレットを持っている人や、防災用のモバイルバッテリーを探している人、家族みんな分のスマホを充電したいという人は、複数台充電できるスマホ充電器をおすすめします。 スマホ充電器のおすすめ商品5選! まずは、家庭用コンセントや車のシガーソケットに差し込んで充電するタイプのスマホ充電器をランキング形式で5商品紹介していきます。 amazonで大人気!Anker 24W 2ポート USB急速充電器.

次の

ファミマにスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」導入を都内1,000店舗で実験!

スマホ 充電 器 レンタル

ほとんどの人がスマホを持っている時代になりました。 SNSやゲームなど魅力いっぱいのスマホは、気がついたら使い過ぎていて充電が切れてしまうことが多々あります。 何気なくスマホに付属していた充電器を使っているかもしれませんが、実は充電器によって充電スピードが違っているのです。 今回は素早く安全に充電が可能なスマホ充電器と、持ち運びに便利なモバイルバッテリーのおすすめ商品を紹介していきます! スマホ充電器を選ぶときの5つのポイントを紹介! まず最初に、スマホ充電器を選ぶときのポイントを紹介していきます。 出力電流はどれくらいか?急速充電に対応していると便利! スマホ充電器を選ぶときには、出力電流が強く、急速充電に対応している商品をおすすめします。 出力電流というのは、充電器からスマホを充電するときに供給可能な電流のことです。 この出力電流が強いほど、短い時間で充電することができます。 また、スマホだけではなくタブレットも充電したいのであれば、出力電流が2A以上のスマホ充電器を選びましょう。 サイズや重量は持ち運びできる範囲内か? スマホ充電器やモバイルバッテリーを鞄に入れて持ち運びたいのであれば、サイズや重量を事前にチェックしておく必要があります。 容量の大きいモバイルバッテリーはとても便利ですが、容量が大きいのでどうしてもサイズは大きく、重量は重くなってしまいます。 しかし、中には充電できるスマホが限定されている商品もあります。 充電器を買って、自分のスマホに対応していなかったら意味が無いので、自分のスマホの充電に対応している充電器かどうかをしっかり確認しておく必要があります。 【モバイルバッテリー】バッテリー容量や充電可能回数をチェック! モバイルバッテリーの購入を考えている人は、モバイルバッテリーの容量がどれくらいあって、自分のスマホを何回充電できるか確認しておきましょう。 7という計算で求めることができます。 モバイルバッテリーの容量が大きいほど充電回数は増えますが、その分本体価格は高くなります。 1つで何台同時に充電できるか? スマホ充電器によっては、一台ずつしか充電できないものもあれば、2〜3台など複数台充電できるものがあります。 スマホ以外にもタブレットを持っている人や、防災用のモバイルバッテリーを探している人、家族みんな分のスマホを充電したいという人は、複数台充電できるスマホ充電器をおすすめします。 スマホ充電器のおすすめ商品5選! まずは、家庭用コンセントや車のシガーソケットに差し込んで充電するタイプのスマホ充電器をランキング形式で5商品紹介していきます。 amazonで大人気!Anker 24W 2ポート USB急速充電器.

次の