アルコール 依存 症 脳。 依存症

依存症

アルコール 依存 症 脳

では、「お酒が強い」とはどういうことなのでしょうか? そもそもお酒を飲むと、肝臓では「アルコール脱水素酵素」の働きで、有毒な「アセトアルデヒド」に変化します。 このアセトアルデヒドを「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」により、水と酢酸に変えます。 この「アセトアルデヒド脱水素酵素」は3種類あり、お酒が強いか弱いかというのは、そのうち「ALDH2」の耐性によって決まると言われています。 お酒が弱い人は、このALDH2の働きが弱いため、顔が赤くなってしまいます。 おすすめ記事 一方で、お酒が強い人は、「ALDH2」の働きが良く、お酒を飲んで顔が赤くなることは少ないと言われいます。 量が増えれば増えるほど、脳の可塑性のメカニズムから満足度は逓減していきます。 しかも、お酒が強いと飲む頻度と量は増えていきます。 自分自身が、お酒に強いのかどうかを一度判定するために、「アルコール感受性遺伝子検査」を受けてみることをおすすめします!私自身お酒が好きで記事を書いていますが、病院に罹っていたわけではないのでなんとも言えませんが、身近な人がアルコール依存症のようにお酒を辞められなかったこともあり、私もこの遺伝子検査を受けています。 ぜひ、一度はアルコール感受性遺伝子検査を受けてみてください。 アルコール感受性遺伝子検査の記事はこちら アルコールを減らして行くためには アルコールを減らすためには、「自助努力」と「専門機関の受診」を検討しましょう。 実際、当メディアの「二日酔い予防」や「二日酔いを治す方法」の記事は、平日の水曜日以降に多くなります。 これはあくまでも想定ですが、月曜日から始まったお仕事も1週間の半分である水曜日になるとストレスが溜まり、飲酒することが増えるのかなと思います。 そこで、ストレスを軽減させる方法をご紹介。 1.有酸素運動 適度な有酸素運動はストレス解消に役立つとされています。 ただし、負荷がかかり過ぎた有酸素運動は逆にストレスとなってしまうので注意が必要です。 ですので、ジョギングになれていない人は、「少しペースが早いウォーキング」でも構いません。 約20〜30分程度続けるように心掛けてみてください。 2.筋力トレーニング 筋力トレーニングを行うと、決断力が良くなったり、意欲的になったり、認知行動が向上する「テストステロン」や睡眠やリラックス効果に有効な「セロトニン」の分泌が進みます。 そのため、ストレスとなっている問題に対して、解決的な行動ができるようになったり、睡眠の質が良くなることで、不眠によるストレスも軽減。 3.マインドフルネス(瞑想) マインドフルネスは、最近では良く耳にするようになってきました。 外資系の企業などでは、積極的に取り入れられていることでも有名です。 そんな「マインドフルネスの効果は?」というと、下記のような効果があると言われています。 その中でも有名な団体が「」です。 長年、アルコールの問題と向き合ってきたAAです。 アルコホーリクス・アノニマス(AA)公式サイト: 2.専門医療機関 アルコール依存症で評判の良い専門医療機関があります。 病院によっては、入院することも出来る場合があります。 また、専門医療機関に受診することで、今後の対応や減酒薬の処方などが行われることも。 一人で悩まずに、専門医療機関を受診することも大切です。

次の

禁酒&断酒が難しい「アルコール依存症」と「脳とアルコールの関係性」とは?

アルコール 依存 症 脳

あたかも今現在起こっている事かのように、よく聞いてみると何が何だか分からない事を話してくる、酒臭いうえに身なりも少し風変わりでフラフラ徘徊している人は繁華街に居ますよね。 ホームレスにも見えないし。 でも、どう見ても普通じゃないといいますか、私としてはその飲み代は何処から湧いてくるのか疑問ですけどね。 どこの国の映画のワンシーンでも、そんな人をお見かけします。 そして心ない若者に「アル中の負け犬が!」とか言われてるんですよね。 それ程、万国共通の風景なんでしょうね。 映画のワンシーンでの登場人物は架空の人だとして、飲み屋が建ち並ぶ繁華街で、あえて外で徘徊してお酒を飲んでる人は、きっとどこかおかしいのでしょうね。 その「おかしい」なのですが、考え方やポリシーではなく言い方は悪いですが 「頭がおかしい」のでしょう。 アルコールで胃が痛くたって変な作りはしないですし。 酔いと素面の境界線が無くなるほどアルコール漬けになって長い時間を過ごすと 脳萎縮が起こります。 この脳萎縮は判断力や思考能力が低下するだけでなく疑り深い性格に変わったり激しい思い込みが出て、それこそ映画などでも酒を飲んだ恋人が「あの娘と寝たんでしょ!」と捲し立てるのを見ます。 いわゆる「くだを巻いてる」ということで、まだ可愛いものです。 萎縮した脳は元に戻すのは非常に困難とされています。 アルコール依存症であれば飲酒に対する欲求との闘いと低下した判断力。 考えただけで挫折してしまいそうです。 悪化すればアルコール性痴呆という症状に変わります。 ぼんやり、ぐったりして、しまいには日付も正確に分からなくなるといいます。 では、たまに見かける飲み過ぎておかしくなった人というのはどういう状況かというと、 アルコール摂取と栄養失調でビタミンB1の不足によって中枢神経に障害をきたした症状です。 記憶障害から作り話をしたり、意味不明な言動、妄想や幻聴というものもみられます。 しかし、症状の中には断酒で起こる離脱症状も含まれているようにも見えます。 きっと酒が買えない状況だったのではないでしょうか。 長期にわたる過剰なアルコール摂取で脳に異常をきたして、一見すると少し風変わりなだけでも話を聞くと変な人?というのは簡単に言えば、酔っているのか覚めているのか本人にも見境がつかないのだということです。 アルコールで脳が完全にやられてしまったと。 身体の不調も嫌ですが、脳の異常は絶対に嫌ですね。 面白おかしく映画やドラマのワンシーンにアクセントとしてか登場してしまうのに対し、それほどまでにアルコールに溺れた悲しい経緯や治療を試みたなど触れてもらえないのですから。 アルコール依存症患者の脳の状態 アルコール依存症で脳に萎縮が起こるとは言われていますが、正確には アルコールの過剰摂取です。 何リットルで脳の何パーセントの萎縮ということでもありませんが、その人その人一人一人に過剰な量があります。 例えば、それほどの量を飲んでいないのにアルコール依存症になる人がいるのと同じで、アルコール依存症になってしばらく放置しながら毎日24時間飲み続けて、いざ克服しようという時に脳は異常なしということもあるのです。 ですので、 アルコール依存症患者すべてに脳の萎縮があるということでもないのです。 「アルコール依存症は脳も溶かして痴呆がくる」というような認識もあります。 それ自体はあながち間違いでもなく、かと言って「アルコール依存症になると」というより「アルコール依存症になってずっと飲み続けてると」との違いであって、飲酒をしている人なら一人一人に注意が必要です。 痴呆がきた高齢者で、過去にアルコールを多く摂取していた人は普通の人に比べて4.6倍も多いのですから怖いものです。 その人がアルコール依存症だったかどうかではなく大酒飲みだったか…ということですね。 しかし、いわゆる大酒飲みといわれる摂取量はアルコール依存症と変わらない気もします。 飲んで周りに迷惑をかけたり、いつも酒を求めて大暴れしていたのではなくても、脳の萎縮を起こすようではおおいに危ない状態に思えてなりません。 アルコールの作用として楽しくなる、気が大きくなる、大胆な行動と言動が出るのは 大脳新皮質の麻痺によるものです。 感情のコントロールができなくなる作用です。 これは脳がどうこうというより、この作用が心地良くてアルコールを求める動機になりやすいのです。 私自身、アルコール依存症を患って飲み続けた期間が短かったのもあってか異常はありません。 しかし思い起こせば二日酔いの中やっと起き上がり、水を飲もうとした手が震えていたことがありました。 あれはアルコールの離脱症状だったと思います。 脳が飲んでいるのが普通ととりアルコール分を求めていたのでしょう。 自分では軽く済んだと思うアルコール依存症だったとしても、 脳が酒を欲しがって手の震えを出していたかと思うとゾッとします。 そのまま飲んでいたら今頃はどうなっていたのかと。 脳とアルコール依存症。 とても密接であるにもかかわらず、それでも飲んでしまう恐ろしい病気は、一生懸命アルコールを求めて苦しい思いをしようと絶対に飲酒を止まってみてください。 人の脳は適応しようと意外と凄い力で頑張ってくれますので、 禁酒したことへの心地良さも必ず感じさせてくれます。 アルコールの影響 通常飲酒であれば、 毎日お酒を飲んでも依存性とは言えません。 酒は百薬の長と言われたりストレス発散にもなるし、ほどほどな酒との付き合い方であれば問題はないのです。 ですが、酒は 違法薬物とは違い簡単に入手できるのでアルコール依存性の怖さを認識しきれていないのも現状であり、これは日本という国がアルコールに対して寛容な国ともいえるからでしょう。 アルコール依存性は薬物依存性に比べたら体への悪影響は少ないと思っている人が多いようです。 これは全くの間違いであって ヘロインや覚せい剤よりアルコールの影響が低いわけではないのです。 アルコール依存性は「依存」というものを長い時間をかけて作りだすので、気がついた頃には重症化しているケースがとても多いのです。 アルコールが身体に及ぼす影響で 肝機能障害が有名ですが、これだけでなく 消化器系障害、心臓にもアルコール心筋炎など、健康被害は多大なものとなります。 また、神経系障害も起こし、脳にももちろん害が及びます。 これらはあくまでも飲みすぎた場合や、少量でも飲んだら健康を損なうのに飲む場合です。 アルコール依存性とまではいかなくとも、自身に合ったお酒との付き合い方を知り、守らなくてはなりません。 アルコール自体が酔いという心身共に緊張感を溶きほぐしてくれるものがあっても、その酔いがコントロールを失わせるものだということを忘れては行けません。 また、本当に依存性に陥った時には身の周りへの悪影響を分かっていながらやめられず、禁酒や節制をした時に出る離脱症状や不安定さが嫌で飲み続け、 病気を自覚したにもかかわらず悪循環へと突き進みがちなのです。 酒が全て悪いとは言えませんが、いかに健康を損なう事や依存性に陥る確率の高い物かというのを認識しながら付き合い、酒に寛容な時代も終わりつつある日本では一人一人が意識を変えなくてはなりません。

次の

お酒とからだ~脳神経との関係|東邦大学医療センター佐倉病院 脳神経内科

アルコール 依存 症 脳

こんにちは、 ちあき です。 ミュージシャンで俳優の ピエール瀧容疑者が コカインを使用した疑いで逮捕された事件が話題になっていますね。 瀧容疑者は「20代からコカインや大麻を使用していた」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。 若年から常用していたところを考えると、瀧容疑者は「薬物依存症」だった可能性があります。 メディアで面白おかしく揶揄されているのを観ると、苦々しくてたまりません。 知識のないひとが、心が弱いだとか適当な事を言って人格否定することで、当事者と家族の依存症からの回復はどんどん困難になってしまいます。 私は、ピエール瀧さんの回復を心から応援しています。 依存症は、だれにでもありえる、本当にすぐ隣にある身近な病気のひとつです。 依存症は、だらしないからなるわけでも、ダメな人がだからなるわけでも、悪い人だからなるわけでも、心が弱いからなるわけでもありません。 決して、人格の問題ではないのです。 実は、成人を過ぎた半数以上の人々が口にしているアルコールも、コカインに近い依存性を持っているのですが、ほとんどの人がそんな認識を持っていません。 今日は、アルコールが脳にどう作用して、どこをおかしくし、その結果何が起こるのか、を医学的側面から分析したいと思います。 なぜ酒が止まらなくなり、なぜ思考がおかしくなるのか? 依存症は、決してあなたの意志が弱いわけでも、あなたの性格が悪いわけでもないんです。 脳を溶かし脳を騙す?「アルコール」という物質の特性 脳は、半分以上が脂質で構成されており、残りが蛋白質です。 アルコールは、水溶性が高く、分子が小さく、脂質を溶解します。 つまり、 水に溶けやすくて小さくて脳を溶かす物質、ということです。 脳の血液脳関門『BBB Blood Brain Barrier 』というバリアをスルリと通り抜け、血液に乗って脳に入り込みます。 だから、酒を飲み続け体内にアルコール血中濃度が常時高かった人は、ずっとアルコールに脳が漬かっていた頭だったといえます。 その場合、 6ヶ月しないと健康な人の脳には近づけません。 ただ、断酒していれば脳萎縮と脳機能はある程度回復すると言えます。 酒を止めても6ヶ月までドライドランクなどに悩まされるのは、脳の機能が回復していない、アルコールの影響から完全に抜け切れていないからだとされています。 なぜ酔っぱらうと理性が働かなくなるのか? 飲み会でよくある光景ですが、酔うと気が大きくなったり、感情的になったり、セクハラやパワハラしてしまう人、いますよね? それは、本性が現れた、などと勘違いされていますが、正確には間違いです。 本当の理由は、 理性を司る『前頭葉』という脳の部分に血がなかなかいかなくなるからです。 アルコール依存症の脳は、前頭葉の血流が低下しています。 つまり、 理性を働かせる部分に血が行かず、理性が働かなくなっているのです。 そうした脳の血流低下により、アルコール依存症であろうとなかろうと、酩酊すれば理性は働かなくなり欲望が剥き出しになります。 さらに連続飲酒や習慣飲酒になっていると常時理性が働かなくなっていて、当然なのです。 酒を飲んでバケモノになるのは、医学的にはこのような背景があります。 飲酒運転をしてひき逃げしてしまうのも、酒を飲めば誰でも正常な判断ができないから。 「責任感がない」「人として間違っている」などと飲酒による失敗をした人の人間性や人となりを叩いたり、「お酒が悪いんじゃない」「私は酔ってもそんな風にはならない」と自分を棚に上げて飲酒による悪影響を見て見ぬふりをするのは、間違っていると考えています。 だって、現実に脳を溶かし脳の血流を低下させ、倫理的な判断を阻害しているのは、酒なんですから。 お酒が悪いし、動物学上のヒト科である限り同じである以上だれでも酔ったらそんな風になるし、責任感があろうが人として全うだろうが間違いはあるのです。 なぜアルコールをたくさん飲んでしまうようになるのか? アルコールは 麻酔薬なので、 中枢神経を抑制する方向に働きます。 興奮剤かと思いきや、脳の活動を抑制する物質です。 アルコールはドーパミン受容体(=ドーパミンを出させるスイッチ)に作用して、快楽のホルモン、 ドーパミンを放出させます。 しかし、あまりにドーパミン受容体を刺激し続けると、カラダが、 「おいおい、出しすぎだよ」 と 同じ量のアルコールではあまりドーパミンを出さないようにしたり、ドーパミン受容体自体を少なく調整したりします。 (この変化をダウンレギュレーションと言います。 ) そうなってしまうと、 同じ量アルコールを飲んでも ドーパミンが足りなくなります。 ということは、快感が足りない、と感じます。 だから、もっと大量にお酒がほしいと脳が勘違いしてしまいます。 こうして、酒量はどんどん増えていきます。 だから、アルコール依存症はあんなに狂ったように大量のお酒がほしくなるのです。 だから、私たちに飲むという選択肢はない (再飲酒しやすい時期と注意点) 私が通院する病院で学んだ再飲酒しやすい時期の変遷や要因をまとめると、以下のような図になります。 治療の動機づけがまだ不十分であり、病識が欠けていることが多い。 一般的に緊張が高かった状態から緩みやすい。 (私はここで結構やられました。 正常飲酒ができるんじゃないかと勘違いしてしまう。 「もしかしてお酒とうまく付き合えるかも」という思いが沸き上がりやすい。 断言できますが この病気になってしまったら 適量飲酒など 絶対に無理です。 なぜなら、 「コントロール障害」だからです。 もうすでにコントロールできなくなっているのです。 どうしてか? 脳が変質しているからです。 アルコールが体内に入ると 際限なく求めてしまう ドーパミン報酬系回路がすでに出来上がっていて、 1滴でもアルコールが入れば スイッチがいつでも入るからです。 断酒会やSNSで酒害を繰り返し思い出して、言葉やtweetに出して、ほかの人のtweetを読んで、はっと気づくことがあります。 その繰り返しにより、1日1日を、薄氷を踏むように、断酒しながら進んでいけます。 「やはりお酒をやめていてよかった」 「お酒は飲んではいけないな」 と確認させてくれます。 その気づきが途絶えると、 「あれ?いけんじゃね?」 という謎の自信を脳が創り出します。 4回スリップして、 私はそれが間違いであることを 嫌というほど思い知りました。 誰でもおそらく、 いけるかも と思ってしまうときはあります。 飲んでいたころの心情をふと思い出して、 郷愁のような感情を抱くときもあるでしょう。 でも、それは脳が作り出しているまやかしです。 この記事を思い出して、「いやいや、ダメダメ」と理論的に自分を説得する材料にしていただければ幸いです。 では、また!.

次の