自転車 子供 サイズ。 子供の自転車サイズの選び方とおすすめの買い替え時期

子供用自転車のサイズと選び方は?│チャリ通

自転車 子供 サイズ

自転車の適正サイズの目安表 子供用自転車のサイズってイマイチわかりませんよね。 大人なら24インチか26インチくらいとすぐにわかりますが、子供用の自転車はピンと来ません。 下の表が目安となりますので、お子様の自転車を初めて購入される場合やサイズアップする場合の参考にして下さい。 一番小さい自転車は一般的に12インチから売られており、2才くらいから乗ることができます。 サイズ 身長の目安 年齢の目安 12インチ 80〜105cm 2〜3歳 14インチ 91〜108cm 3〜5歳 16インチ 98〜119cm 3〜6歳 18インチ 103〜125cm 4〜8歳 20インチ 111〜135cm 5〜9歳 22インチ 116〜146cm 6〜11歳 24インチ 122〜154cm 7歳以上 ただし、自転車メーカー、車種によって身長の目安は微妙に変わってきますので、ご注意下さい。 子供用自転車選びの最重要ポイント!! お子様の自転車を選ぶ最も大事なポイントは、 両足が地面にしっかりと着くかどうかです。 つま先立ちでギリギリ届いているだけでは、安定感がなく、よろけやすくなります。 ただでさえ自転車は非常に危険な乗り物なのに、さらに危険要素を増やすと事故になる可能性も増えていきます。 また、大きめの自転車を選ぶと足の問題以外にも「重さ」や「操作性」の問題も出てきます。 初めて補助輪なしの自転車を乗るお子様は特に、うまく乗りこなせなかったりする原因となります。 長く使いたいから出来るだけ大き目の自転車を選びたくなるのはわかりますが、子供の安全を最優先して適正サイズの自転車を選びましょう。 子供用自転車選びは絶対に店頭で!! 「両足が地面にしっかりと着く」ことが重要と言いましたが、それを確かめる方法は1つしかありません。 それは 店頭に行くことです。 昨今はインターネットで自転車を購入することもできる世の中ですが、お子様の自転車くらいは、きちんとお店に行ってサイズを合わせることをオススメします。 上の目安表通りに自転車を選んだとしても、メーカーや車種によって微妙にサイズが大小したりします。 小さいぶんには、それほど問題はありませんが、1cm、2cm大きいだけでも足がしっかりと着かなかったりします。 なので、必ずお店で試乗することが重要なのです。 ネットでしか買えない自転車であっても、近所の自転車屋に行って、同じインチの自転車に試乗してみましょう。 乗ってみるだけなら無料なので、買わずに帰ってくればOKです。 ただし、その場合は、ギリギリのサイズを購入するのではなく、余裕のあるサイズにしましょう。 試乗したとは言え、全く同じ車種ではないので、安心したサイズ選びをオススメします。 サイズアップ時期の目安は? 自転車の買い替え(サイズアップ)の目安は、やはり「身長」の変化が1番重視すべきポイントです。 小さな自転車に乗り続けていると、当然窮屈になってきますし、乗りにくくなってきます。 大人が見ても窮屈さは伝わりますので、時々気に掛けてあげて下さい。 サドルを最も高い位置まであげても、地面に足を付けると膝が曲がるくらいまでの状態のときも買い替えのタイミングです。 しかし、実際一番多いサイズアップのタイミングは、子供が自ら教えてくれるようです。 仲の良い友達が、カッコイイ自転車にしたから自分も欲しいと言ってきたり、ギアチェンジのある自転車にしたいなど「嗜好」の変化によって買い替える方がほとんどのようです。 統計によると、小学1、2年生 6〜8歳 で初めて自転車を購入する人が1番多いそうです。 そこから3年周期くらいで、買い替えをしていくのが一般的のようですので、参考にしてみて下さい。 参考になる動画 [ ].

次の

子供用自転車の選び方・身長とサイズの目安 [子供用自転車] All About

自転車 子供 サイズ

子供の自転車のジャストサイズって分かります? 子供の自転車選びって、 サイズに合った選び方をしないと、本当に 想定外の事してくれるんで、 危ない事がかなりあります。 それに、子供に合った自転車っていっても、 インチだけではないんですよ。 初めて自転車を買う時も、買い替える時も、 ちょっと大きめにしたいけど、なんか 危なそうだし。 親としては子供の事を考えつつも、現実的な お金の事も気になっちゃいますよね。 でも、実際に子供が 補助輪なしで、自転車に乗り始めると、親としては見ていて、 怖くて溜まりませんでした^^; 慣れてきても、自転車を インチアップして買い替えると、また慣れるまでは、見ていておっかなびっくり。 本人は、 乗れる気満々で、ふらふらしてても、全く気にしてないんですけどね・・・ では、早速 自転車の選び方を、お伝えしていきますので、早速一般的な 適合サイズから見てみましょうか? 何歳で何インチ? 何歳で何インチを選べばいいのか、まず 目安をお伝えしますね。 びっくりしました。 私の周りのお友達は、大体 4歳、 年少の歳から乗り始めた子が多かったですね。 息子の場合も、 4歳の誕生日プレゼントで、 16インチの自転車を買ってあげました^^ こいつです v  ̄ー ̄ v 仮面ライダーの自転車にして、朝リビングに置いておいたら、普段寝起き悪いのに、一発で起きました(笑) 4月生まれなので、お友達の中では 早い方だったと思います。 サイズを選ぶポイントは? 選ぶポイントですが、サイズで選ぶことは当たり前ですが、じゃあ、 どこまで許容範囲なのか、って事ですよね? 実際に使ってみて感じましたが、 『一般的には両足のつま先が付けば大丈夫』と言われていますが、はじめは違います。 1台目の自転車や、特に、 補助輪が外れて間もないころの買い替えでは、 両足がベタッと着くくらいの方が良いと思います。 まして、 子供が誰かに突っ込んで、 怪我をさせる側になったら、それこそ大変!。 息子が 補助輪を外したての頃、息子と一緒に出かけていた妻と、電話で話していたら、突然声が遠くなって、 『あ~!ごめんなさい!大丈夫ですか~!!』 って、聞こえた途端に電話が切れた事があります。 最後に、息子が 小学校に上がる直前に、16インチから20インチに 買い換えましたが、その時に 失敗したな、と思うポイントもお伝えしますね。 ハンドルの位置が高い• タイヤが太くてペダルが重い• ブロックダイナモライトで暗くなると更に重くなる どういう事か、ちょっと説明しますね。 ハンドルの位置が高い 足はちょうど届くようにしたのですが、 マウンテンバイクにした為、 ハンドルの位置が、胸の上くらいの位置なんです。 手が突っ張った状態に近いので、ハンドルが切りにくいく、いつもフラフラしています。 タイヤのインチだけではなく、 ハンドルを握った時に、腕が曲がって、 余裕があるものが良いですよ。 タイヤが太くてペダルが重い 大きくなれば慣れるんだと思いますが、マウンテンバイクの様なタイプだと、 タイヤが太いので、抵抗がかかり、かなり ペダルが重いみたいです。 ブロックダイナモダイトで暗くなると更に重くなる 最後にライトですが、ちゃんと確認していなく、 ブロックダイナモ式でした。 いわゆる、 タイヤに押し付けて発電させるタイプなので、ライトを点灯させると、 更にペダルが重くなります。 こうなると、一人で乗るようになったら、重いのが嫌で、 無灯火のまま走るようになってしまいます。 仕方ないので、ハンドルに、後付けの 電池式のライトをつけました  ̄っ ̄ ムゥ 出来れば、 ハブダイナモ式と言って、 負荷のかからないタイプの発電式か、乾電池式でも、 オートライトがいいですね。 ペダルが重くならなく、暗くなると、 自動的にライトが付くので、 無灯火にならずに安心です^^ まとめ 1台目の自転車は、 デザインも大事ですが、ちゃんと 安全で、 乗りやすいものにしてあげてくださいね。 小学校低学年くらいまでの、 自転車選びだったら、まずこの辺を満たす中から、デザインでで選べば、大丈夫だと思いますよ^^ お気に入りの1台が見つかると良いですね^^ 110センチ年長(息子)の自転車選びに一週間以上も悩んでいます。 20インチは足はつくものの,腕は全くと言ってよいほど余裕が無い!しかも男の子のは重いので,「漕ぐ&止まる」はできても,自転車を降りて引くことや,Uターンするなどはとうていできそうにありません。 私が近くにいても周囲の人に迷惑かけるのは目に見えてます。 そこで,18インチと考えましたが,先に書いたとおり,姉が1年生の夏に22インチ購入と見ると(18がかなり小さく買い替え),たった1年しかのれないのはもったいなさすぎる。 でも,イクメンパパさんの記事を読み,決断! 『120㎝弱の身長で購入した20インチが,半年経っても乗りにくそう』ということでしたら,やはり今は18インチを購入し2年生まで乗れるかな?と。 毎週末の片道2~4㎞のサイクリング(買い物や公園に行くのですが)を楽しむと思えば,まあ乗る機会が多い方ですよね。 ありがとうございました。

次の

子供用自転車の選び方

自転車 子供 サイズ

自転車の適正サイズの目安表 子供用自転車のサイズってイマイチわかりませんよね。 大人なら24インチか26インチくらいとすぐにわかりますが、子供用の自転車はピンと来ません。 下の表が目安となりますので、お子様の自転車を初めて購入される場合やサイズアップする場合の参考にして下さい。 一番小さい自転車は一般的に12インチから売られており、2才くらいから乗ることができます。 サイズ 身長の目安 年齢の目安 12インチ 80〜105cm 2〜3歳 14インチ 91〜108cm 3〜5歳 16インチ 98〜119cm 3〜6歳 18インチ 103〜125cm 4〜8歳 20インチ 111〜135cm 5〜9歳 22インチ 116〜146cm 6〜11歳 24インチ 122〜154cm 7歳以上 ただし、自転車メーカー、車種によって身長の目安は微妙に変わってきますので、ご注意下さい。 子供用自転車選びの最重要ポイント!! お子様の自転車を選ぶ最も大事なポイントは、 両足が地面にしっかりと着くかどうかです。 つま先立ちでギリギリ届いているだけでは、安定感がなく、よろけやすくなります。 ただでさえ自転車は非常に危険な乗り物なのに、さらに危険要素を増やすと事故になる可能性も増えていきます。 また、大きめの自転車を選ぶと足の問題以外にも「重さ」や「操作性」の問題も出てきます。 初めて補助輪なしの自転車を乗るお子様は特に、うまく乗りこなせなかったりする原因となります。 長く使いたいから出来るだけ大き目の自転車を選びたくなるのはわかりますが、子供の安全を最優先して適正サイズの自転車を選びましょう。 子供用自転車選びは絶対に店頭で!! 「両足が地面にしっかりと着く」ことが重要と言いましたが、それを確かめる方法は1つしかありません。 それは 店頭に行くことです。 昨今はインターネットで自転車を購入することもできる世の中ですが、お子様の自転車くらいは、きちんとお店に行ってサイズを合わせることをオススメします。 上の目安表通りに自転車を選んだとしても、メーカーや車種によって微妙にサイズが大小したりします。 小さいぶんには、それほど問題はありませんが、1cm、2cm大きいだけでも足がしっかりと着かなかったりします。 なので、必ずお店で試乗することが重要なのです。 ネットでしか買えない自転車であっても、近所の自転車屋に行って、同じインチの自転車に試乗してみましょう。 乗ってみるだけなら無料なので、買わずに帰ってくればOKです。 ただし、その場合は、ギリギリのサイズを購入するのではなく、余裕のあるサイズにしましょう。 試乗したとは言え、全く同じ車種ではないので、安心したサイズ選びをオススメします。 サイズアップ時期の目安は? 自転車の買い替え(サイズアップ)の目安は、やはり「身長」の変化が1番重視すべきポイントです。 小さな自転車に乗り続けていると、当然窮屈になってきますし、乗りにくくなってきます。 大人が見ても窮屈さは伝わりますので、時々気に掛けてあげて下さい。 サドルを最も高い位置まであげても、地面に足を付けると膝が曲がるくらいまでの状態のときも買い替えのタイミングです。 しかし、実際一番多いサイズアップのタイミングは、子供が自ら教えてくれるようです。 仲の良い友達が、カッコイイ自転車にしたから自分も欲しいと言ってきたり、ギアチェンジのある自転車にしたいなど「嗜好」の変化によって買い替える方がほとんどのようです。 統計によると、小学1、2年生 6〜8歳 で初めて自転車を購入する人が1番多いそうです。 そこから3年周期くらいで、買い替えをしていくのが一般的のようですので、参考にしてみて下さい。 参考になる動画 [ ].

次の