転生したら悠々自適の皇妃ライフ!。 「#転生したら悠々自適の皇妃ライフ ふつくしい…… 単行本化が待ち遠しい。 」

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!33話から34話までの感想!|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!

その日も、いつものように自転車で帰路についていた。 日はとうの昔にくれており、ぽつぽつと立つ街灯と自転車のライトだけが行く先を照らす。 夏のころも終わり、秋の冷たい風が吹き抜ける。 体の横を通り抜ける風の冷たさに体を震わせながら、足に力を込めた。 「うぅ……さむい……」 マフラーに顔を埋めて、ハンドルに置いている手を握り込む。 時々、反対から走ってくる車のライトに視界を奪われ、眉間に刻まれるしわが深くなる。 いくら歩道を走っているとはいえ、乗り物を運転している以上視界を一瞬でも奪われるのは辛い。 今はまだ真夜中だからいいけれど、あと数時間早ければ、歩行者がいることもざらにある。 わかるように反射板を身につけていたり懐中電灯などを持ってくれている人もいるが、そうでない人もいる。 自転車を無灯火で走っているやつもいる。 暗闇と同系色の服を着て、ライトも持たず歩く人だっている。 多くの人は寝る頃だから滅多に人に遭遇することはないけれど、それでも可能性が全くないわけではない。 自転車対歩行者で事故が起これば悪いのは自転車だ。 いくら歩行者が夜道で居場所を示すという認識が欠如していたり、飛び出してきたりというのがあったとしても、過失の割合は自転車の方が大きい。 街灯を増やして夜道を照らしてくれたらもっと安心出来るのだが、いかんせん、土地柄なのか交通整備は後回しにされがちだ。 街灯しかり、ガードレールしかり、側溝の蓋しかり。 とある交差点なんか、危険だなと思ってたら死亡事故が起きて、その後もちょくちょく事故が起きてようやく信号機が設置されたくらいだ。 ちょっと整備するだけで安全性や利便性は変わるのだが、恐らく交通整備に駆けられる金は多くないということなのだろう。 理不尽な世の中だ、とぼやきつつ、赤信号を示す横断歩道の前で停止する。 わずかに火照った体をさすって、空を見上げた。 空には丸く大きな衛星がたたずんでいた。 「あぁ、今日は満月か…」 シフト制の仕事ゆえに、日付の感覚も曜日の感覚もない。 帰宅時間はその日によって変わる為、月齢なんてものは気にも留めたことがない。 かろうじて、登下校する児童生徒の姿を見ることで、平日か休日かがわかるくらいだ。 視界の奥で、ちかちかと信号が点滅を起こす。 「はぁ…」 自然とため息がついて出る。 何かがあったわけではないが、なんとなく胸が塞ぎ込んでいる。 たまにあることだ。 心当たりは全くないが気分が塞ぎ込む。 そういう時は好きなことをして過ごすのが一番だと言うことも、経験上知っている。 信号が青に変わったのを確認して、ペダルに足をかけて、力強く踏み出す。 甲高い耳障りな音が響いた。 視界の横から光が差す。 「え?」 最悪の事態が頭をよぎるのと同時に、体を激しい衝撃が襲った。 痛みに一瞬意識が飛ぶ。 けれども、短い浮遊感の後、再三何かにたたきつけられ問答無用で意識を引き戻された。 全身が痛い。 動かそうにも、痛くて痛くて仕方が無い。 いっそあのまま、気を失っていた方が楽だったのに。 そうしたら地面に転げるとか寒い思いをしなくてすんだのに。 どうにもならない痛みと冷たさに呻いていると、そばに人の気配がした。 人の足が目の前にある。 「やべぇ……どうしよう……」 うろたえる声に、どうしようじゃねぇよあほか、と悪態をついた。 瞼が重い。 心臓も早鐘を打っていて頬は暖かいけれど、指先から感覚が消えていく。 ばん、と扉を閉める音がした。 次いで響く、エンジン音。 それにどうしようもない現実を悟り、抗うことをやめた。 きっと、もう自分は助からない。 あぁ、なんて運の悪い。 もっと、やりたいことがあったんだけどな。 もっと、楽しいことをしていたかったんだけどな。 でももう、仕方が無い。 どうしようもない。 閉じた瞼越しに、白い光が届く。 近づくエンジンの音。 何が起こっているのか理解する前に、意識は途切れた。

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!33話から34話までの感想!|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?は2018よりピッコマで連載の原作「kkiming」、漫画「Noah」によるマンガ作品です。 プリティナ帝国の伯爵家の令嬢「レアナ」。 知性と美貌を備えた「レアナ」には誰も知らない秘密があるが、それは…前世の記憶があること。 今「レアナ」が住んでいる世界は、前世で読んだ本の中の世界。 プリティナ帝国には仕事しか考えない冷血皇帝がいて、突然現れたヒロインに皇帝と恋に落ちる話の本。 二人を嫉妬し、ヒロインをいじめする悪女もあるが…それが私!? 長く細く行きたい気持ちしかないのに…恋愛なんかもういいや 名ばかりの皇妃になって悠々自適の皇妃ライフを楽しんでやる〜と思ったら皇帝の様子がなんが変だ。。。 どうして、物語にと同じように行動しないの…!? タイトル 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 原作 kkiming 漫画 Noah 作者SNS 作品ジャンル 連載媒体 ピッコマ 連載開始 2018年 連載状況 連載中 無料漫画アプリ掲載情報 2020年4月8日 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?は無料マンガアプリ「」にて3話分が無料公開中。 以降は最新話・最終話手前または途中までが、待てば0円で閲覧可能となっています。 皆の「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」が掲載中のマンガアプリやWEBコンテンツの情報を募集しています。 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?の感想 「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」の感想を募集しています。 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?はピッコマにて2018年より連載開始• 作者は原作がkkiming、漫画がNoah 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?をもっと調べる 「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」をWEBでもっと調べる為のリンク集です。 WEB検索 「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」の最新話や最終回、アニメ情報や無料・ネタバレ・zip・rar情報などをGoogleで簡単検索します。

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!33話から34話までの感想!|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!

皇帝は、レアナを探しながらもこれまでの自らの行動に後悔していた。 (すべて余が招いたことだ) 頭を抱える皇帝。 そのタイミングで花火があがる。 (レアナと一緒に見たかった) そう思ったのもつかの間、異変に気付く皇帝。 そこにテリアもやってくる。 「陛下!ご無事ですか!」 「襲撃が…!」 皇帝はすぐに指示をする。 「騎士たちを率いて宴会場に向かえ」 テリアは焦る。 ルマンが倒れたまま。 レアナは何もできずにいた。 我先にと逃げ惑う人々で宴会場は荒れる。 そこにポールが急いでやってくる。 ポールは、ルマンの状況を目にしてすぐに衛兵を呼ぶ。 そして、ポールがレアナに話しかけると 「あいつらよ。 」 「ケビス」 レアナはそれだけ言うと ただただ呆然としている。 (何もできない) (運命を変えようとしても変わらない) (努力しても…) 涙を目に溜めるレアナ。 そこに皇室騎士団のティズがやってきて、場を鎮める。 皇帝は、レアナに気付くとすぐにレアナの元にやってくる。 「怪我は無いか…?」 皇帝はレアナに触れようとするが… パシッ と手を払いのけ、 立ち上がるレアナ。 「大変失礼しました」 と皇帝に謝罪するレアナ。 その顔は涙でいっぱいでグシャグシャ。 なのに笑顔を見せるレアナ。 「心配なさらなくてもいいです。 」 そう言われてしまい、何もできない皇帝。 ただポールに宮殿に連れていくよう指示することしかできず、そのまま背を向けるのでした。 捜査機関のロードニアン公爵 「報告いたします」 すべてを調査しているが、難航していると説明する。 「まだ?」 表情は冷静だが、明らかに不機嫌の皇帝。 「行方がはっきりしない従者や、調査できない貴族がいるということか」 「回答しろ、ロードニアン」 と単刀直入に聞く皇帝。 すると、言いにくそうな顔をして、 グレン伯爵が調査を拒否していると言うロードニアン。 それを聞いて焦るグレン伯爵 そのまま報告を続けるロードニアン。 「宴会場の厨房物流倉庫で働く者の行方が不明であること。 そして招待されている神殿関係者…」 と話している途中で、グレンは声を荒らげる。 「貴族を調査するのはとんでもないことです!!」 すると皇帝は、冷静に対処する。 「国民は調査に応じない貴族を怪しく思うだろう」 「襲撃に遭ったと言うのに、どういった理由で調査を拒否する?」 そのまま、ロードニアンに続きの報告をさせる皇帝。 招待された神殿の関係者は調査済み。 教皇は隣国から招待があり不在。 祭司長と司祭は宴会に参加するが、宴会開始から事件当時まで会場内で目撃されている。 ただし、ケビスの標章が描かれた紙は神殿でのみ製作されるもので…材料は全て一般の下級司祭だけが知っていると言う。 これ以上の調査は、神殿の協力が必要だと言うロードニアン。 神殿を調べると言う言葉に反応し、反対する臣下たち。 神殿を調査すると言うことは、 神殿とケビスが繋がっているのではないかと言っているようなもの。 神殿は先代皇帝から協力してきたのに、それはできないと反対派。 一方賛成派は、 ケビスがどんどん攻める範囲を広げていることを指摘する。 民家、伯爵家、そして皇室。 その次は誰を狙うのか。 それでも、反対派のコリー伯爵は言う。 神殿との関係が揺らぐことをケビスが狙っているかもしれない。 意見が飛び交う中、淡々と話を進める皇帝。 グレン伯爵の家宅調査を命じ、神殿については保留として立ち上がる。 するとグレン伯爵は立ち上がり必死に抵抗する。 しかしそれでも、命令は下げない皇帝。 そんな皇帝を、ジッと見るテリア。 「貴族の品位が優先なのか、国民を安心させ襲撃集団を探すのが優先なのか、その程度の区分もできないのか」 皇帝がそう言うと、わなわなと震わせるグレン伯爵。 そのまま、会議を終わらせる皇帝だった。 その様子を黙って見ているテリア。 ) (ミアには陛下以外味方が誰もいなくて、レアナは簡単に手を出すことができた) (そしてレアナの協力者たちがいた) (ミアを排除しようとした人たち・・・) 頭を抱えるレアナ。 皇帝とミアの関係は、原作どおりに進むと思っていたレアナ。 (結婚生活を謳歌したかったわけじゃない 子供が欲しかったわけじゃない だから悪い条件ではなかった。 ) (安易な考えだったの?) (でも原作に出なかった事件と襲撃はどうしたら??) (誰を信じたらいい?) (陛下が私の事好きだと言ったけど、 愛情を与えない条件で結婚したじゃない。 ) (そのまま受け入れてもいいの?) (わからないよ) うずくまるレアナ。 誰を信じたら分からない・・と落ち込むレアナ。 とても見ていられません…!! 確かに、こういった状況に助けてくれる人って…いるんかな。。。 いつもポールとしかいなかったのでここからの展開が予想できない。。。 やっぱ皇帝しかいないですよね…。 しかし皇帝側もなんだかうまくいってませんね。 テリアがこの状況に汗を垂らすのも無理はありません。。 ちょっと状況が悪いですね…。 もしかしたらここでミアが活躍するかも!?とちょっと期待! 早く35話更新してほしいところです!.

次の