妊娠初期 食べ物。 妊婦が食べてはいけないもの!NG食べ物・飲み物一覧【管理栄養士監修】

医師が警告!「妊娠中の食べ物」、ここに注意

妊娠初期 食べ物

「好きな人との子供が欲しい」そう思う女性は大勢います。 ですが結婚をして子供を授かり母になる、これは決して当たり前のことではありません。 そんな奇跡のような過程を経て妊娠した皆さん、おめでとうございます。 妊娠初期と言われる2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月は不安がいっぱい。 そんなママになる準備を少しず始めている女性の力になれたらと思います。 妊娠初期に悩まされる症状3つ 1. 身体がだるい、熱っぽい 妊娠初期に見られる 身体のだるさは黄体ホルモンが急激に増えたために起こる症状の一つです。 大体妊娠12週ころまでこの黄体ホルモンは大量に分泌され、またこれは睡眠を促す働きもあるため、 眠くだるいという症状が起こります。 生理前の症状と似ていますが、妊娠初期の症状はさらに強いです。 味覚や嗅覚の変化や吐き気 妊娠初期は体の変化に伴って吐き気を感じる妊婦さんが多いです。 この吐き気は つわりとよばれ、人により症状の状態が異なります。 また今まで好きだったものが受け付けなくなってしまったり、やたら酸っぱいものを欲するようになるといったことが起こります。 頻尿、下痢、便秘 多くの女性が胃腸の変化を感じます。 これはホルモンバランスの変化と子宮が大きくなることが原因です。 人により症状は様々ですが、妊娠中期や安定期を迎えても続く人も少なくありません。 妊娠がわかったら避けるべき食べ物・食材・食事・飲み物5選 1. コーヒーなどのカフェイン 様々な作用があるカフェインを妊娠中に摂取すると、胎盤を通して赤ちゃんへ移行してしまいます。 赤ちゃんの代謝機能は大人に比べて未熟なので、赤ちゃんの体からカフェインが排出されづらい状態になってしまうのです。 コーヒーや紅茶だけでなく、栄養ドリンクなどにも注意が必要です。 アルコール カフェインと同様、お腹の中の赤ちゃんは母体から胎盤を通して栄養をもらっているので、妊婦さんがアルコールを摂取すれば、栄養と同じようにして赤ちゃんにも届いてしまいます。 赤ちゃんも肝臓でアルコールを分解することができますが、肝臓の機能が未発達なためアルコールが処理されるまでかなりの時間と負担がかかり、なんらかの障害を引き起こす可能性があります。 生肉 生肉には 寄生虫トキソプラズマが付着している可能性があります。 すべての哺乳類や鳥がこの寄生虫に感染する可能性があり、もし妊娠中の女性がトキソプラズマに感染すると、生まれてくる子供に先天性の障害が生じる可能性があるのです。 トキソプラズマは67度以上の加熱によって死滅します。 肉を食べる時にはしっかりと焼くようにして下さい。 また 生ハムやローストビーフなども注意します。 ただし妊婦は赤ちゃんにも血液を送り貧血になりやすいので、赤身のお肉をよく焼いて食べるようにしましょう。 生魚 妊娠中は免疫力が低下しているために、普段なら大丈夫な食べ物でも食中毒にかかるリスクが高くなってしまいます。 中でも 生の貝類は特に新鮮なものでないと、食中毒を起こしやすいです。 生牡蠣などに存在するノロウイルスに感染すると、ひどい嘔吐・下痢・腹痛・発熱を引き起こし、胎児の発育に影響が出てしまう可能性があります。 妊娠中はなるべく加熱処理をした料理を食べるようにしましょう。 生卵 卵の殻には サルモネラ菌が付着している可能性があります。 サルモネラ菌に感染すると、それが直接胎児に影響するわけではありませんが、妊婦さんが食中毒になって嘔吐や下痢を引き起こし、それが原因で流産につながる可能性もあります。 卵を食べる時には、生卵は避けしっかり加熱調理しましょう。 妊娠初期に食べるべき食べ物・食材・食事・飲み物10選〜栄養素とレシピも 1. 玄米 妊娠中は特に、 妊娠糖尿病という血糖値に異常をもたらす病気にかかりやすいです。 そのため炭水化物の吸収が遅く、食後血糖値の上昇を抑えられる 低GI食品は積極的に取り入れたいです。 玄米は食物繊維が豊富で、妊娠中に起こりやすい便秘の予防や改善に役立ちます。 しかし消化されにくく胃腸に負担がかかりやすいので、よく噛んで食べましょう。 ブロッコリー 妊娠初期に取るべき栄養素は 葉酸です。 これは水溶性ビタミンB群の一種で、細胞や血液を作り出す働きがあります。 胎盤の生成や赤ちゃんの成長には欠かせない栄養素で、ブロッコリーには豊富に含まれています。 エビは少し自然解凍しておく。 かぼちゃ かぼちゃはビタミンB郡を多く含み、免疫力の向上を促す作用があります。 また塩分を排泄する作用のあるカリウムも豊富に含むので、むくみやすい妊婦さんにはおすすめです。 かぼちゃは皮を落とし一口大に切りボウルに入れ600wレンジで5分加熱する。 麦茶 麦茶は妊婦さんだけでなく生まれてくる赤ちゃんも飲めるノンカフェインの飲み物で、妊娠中に積極的に摂取したい食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。 ただ麦茶には体を冷やす働きがあるため、特に体が冷えやすい妊婦さんは沸かした温かい麦茶をこまめに飲むようにしましょう。 Aは混ぜてふやかしておく。 ゼリーは崩しながら牛乳と混ぜて食べると美味しい。 ヨーグルト 妊娠前からヨーグルトを積極的に摂っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。 ヨーグルトにはカルシウムが多く、整腸作用があり妊婦さんのお腹に優しい食材です。 また、体の機能維持や調子を整える働きをするミネラルのひとつで、おなかの中の赤ちゃんの骨や歯を形成します。 バナナも2cm幅に切る。 卵 食べてはいけない食材に卵がありますが、それは生の卵です。 卵自体は良質のタンパク質で手軽に手に入る食品なので、1日1個は食べたい食材です。 また、卵にはビタミンAが豊富に含まれており、ビタミンAは過剰に摂り過ぎると胎児が奇形で出生する可能性が高くなりますが、1日1個程度であれば全く気にする必要はありません。 ただし食べるときはしっかり加熱し、食べ過ぎないように注意しましょう。 くるみ オメガ3脂肪酸という良質な油が含まれており、これは動脈硬化や高血圧の改善・予防に効果が期待されます。 妊娠高血圧にかかりやすい妊娠中は、積極的に摂取しましょう。 ただしカロリーが高いので、しっかりと量を決め食べるようにしましょう。 納豆 女性ホルモンの増量が必要な妊娠中に欠かせない栄養素であるイソフラボンや、皮膚や粘膜の再生に必要なビタミンBが豊富で、良質なタンパク質も摂れます。 妊娠したい女性もホルモンバランスを整えてくれるので積極的に食べたい食品です。 茹だったらザルにあけ、あら熱が取れたらよく絞っておく。 モロヘイヤ 青菜類は特に葉酸が多いですが、中でもモロヘイヤがおすすめです。 カルシウムや鉄分も豊富でイライラなどをしずめてくれる働きが期待されます。 しかし茹でるときにビタミンが一緒に流れ出てしまうので、スープやお味噌汁にして食べるといいでしょう。 いちご いちごには多くのビタミンCや葉酸、カリウムや食物繊維が含まれています。 また甘酸っぱいのでつわりのときにも食べやすいです。 ただし甘くて美味しいぶん、糖分も含まれているので、食べ過ぎには注意しましょう。 最後に 妊娠初期は様々な体の変化・心の変化が起こります。 赤ちゃんを迎える準備を始めたばかりで、様々な悩みや不安が襲ってくるかもしれません。 そんな時は無理をせず、自分の身体を一番に考え行動してみましょう。 赤ちゃんはママに会えることを楽しみにしていますよ。 Zehitomo 活用法3つ 1. 妊娠した相手のために使う• 「妊娠は嬉しいけど大変そう」• 「助けて上げたいけど何をしていいのかわからない」• 「食欲が旺盛みたいだけどうまく料理を作ってあげれない」• 「全然食べれないのならば少量でも栄養のあるものを食べさせたい」 何をしてあげていいのかわからない時は、プロの力を借りましょう。 ゼヒトモで料理の達人を家に呼んで、料理を作ってもらいませんか? 「母体と胎児の栄養になるものを作って欲しいけど、実は私はがっつりこってりした料理も食べたいので、そういう料理も作ってもらえますか?」、そんな依頼もお待ちしています! 作ってあげたいけど料理をしたことがない、そんな人へクッキングレッスンもできますよ。 妊娠した自分のために使う• 「お腹が空いて仕方がないから食べたいけど食材を買いに行くのも作るのも面倒」• 「食欲がないけど医者には食べるように言われた、何を食べていいかわからない」• 「自分は食べなくてもいいけど家族のために料理を作ってあげたい」 ゼヒトモのプロを呼んでください!ご自宅で料理をします。 自分たちのために使う 妊娠すると喧嘩になることもあると聞きます。 食べることが大好きなのに思うように食べられない、味覚が変わる、お酒やコーヒーが飲みたいのに飲めない。 妊娠した方も、相手が妊娠している方も、お互いの意思疎通がうまくいかない時はゼヒトモのプロを呼んでみてください。 料理を作ってもらったり、ハウスクリーニングで部屋の片付けをしてもらったりしている間に、2人でゆっくり映画でも見ませんか。 イライラしても、ゼヒトモを使って解消してください! Zehitomo のプロを呼ぶ 「料理を作りに来て欲しい」「赤ちゃんの部屋のインテリアをコーディネートして欲しい」「妊娠して何もする気が起きないから、家中丸ごとハウスクリーニングをして欲しい」。 全部Zehitomo におまかせください。 Zehitomo で依頼を出すと、5名以内のプロから見積もりを取ることができます。 「こうして欲しい」「あれもして欲しい」そんな依頼をぜひとも出してみてくださいね。

次の

妊娠中の食事の疑問!OK・NGな食べ物・飲み物は? [妊娠の基礎知識] All About

妊娠初期 食べ物

もくじ• 妊娠初期5週目から気をつけること 妊娠初期の症状は 個人差がありますし、人によっては気が付かないこともありますが、妊娠が確認できたらすぐに妊婦としての 自覚が出てきます。 まずおすすめなのは、 妊婦さん用の雑誌や本を1冊買ってじっくり読むこと。 有名なアレ。 ベネッセのやつですね 笑 必ず知っておきたいことが全て書いてありますし、自分と 同じ悩みを抱えている人は、沢山いるんだと安心できると思えます。 私なんて妊娠検査薬と妊婦雑誌を、同じ日に買っちゃいましたよぅ(^^ 本を読み込こんでいくとアレもダメ、コレもダメ…。 これじゃ何にも食べられないじゃん?!と、ますます不安になったなら正解です! その不安こそ、自分の体調を気にして自分の赤ちゃんを気づかっている証拠。 もうあなたは、 立派なママです。 気を付けることは沢山あるけど、 絶対に食べちゃダメなものはそれほど多くないんですよ(^^ 絶対に食べちゃダメな食べ物 あなたの体内に入ったものは、直接赤ちゃんに影響を及ぼします。 ・アルコールを飲む ・喫煙(タバコ) 誰もが知っているこの2つ。 アルコールの摂取は、胎児の奇形や、発達障害を引き起こす可能性があると言われています。 5週目か、その前後から飲酒をやめれば、影響はないことがほとんどだそうです。 食べ物ではないですがタバコも絶対ダメ!ヘビースモーカーの方は、 禁煙するのが辛いと思いますけど、絶対タバコは止めましょう。 喫煙による影響はとても怖いです。 早産・流産・発達異常など、 よいことは1つもありません。 子供が欲しいと考え始めたら、すぐに禁煙する方がいいと言われているくらいなのですから。 私自身は喫煙経験がないのですが、友人で妊娠前に1日2箱吸っていた子がいて、つわりより ニコチン不足が辛いと泣いていたのを思い出します…。 出産までの 長い道のりです。 注意したい食べ物 あなたを悩ませているのは、これらの 食べ物じゃないですか? ・お刺身や貝類(ノロウイルス) ・マグロ(水銀) ・ウナギやレバー(ビタミンA ・生卵(サルモネラ菌) ・ひじき(ヒ素) ・生焼けの肉(トキソプラズマ) ・コーヒーや紅茶(カフェイン) ・カップラーメン・インスタント食品 ほらほら、いっぱいあるじゃん!! ですよね。 ザックリ考えると、 生の食材は基本的に避けておきましょう。 貝を食べて食中毒になる人は多いですし、生焼けの食べ物も、妊娠していなくてもお腹にきます。 マグロのお刺身・お寿司に関してですが、私は妊娠初期にも 食べてました。 理由は…、好きだから 笑 危険なのは、1つの食材を 一度に大量に食べてしまうことです。 過剰摂取しないようにする。 つまり適度な量なら食べても大丈夫。 もちろん、不安なら避けましょう。 うなぎもダメ?これは知らない方も多いでしょう。 私は出産後に知りました(ダメじゃん) 栄養たっぷりのうなぎちゃん。 豊富に含まれているビタミンAを過剰摂取すると、胎児の 先天異常に繋がると言われています。 妊娠初期のビタミンA所要量は5000IU/日くらい。 ちょうど、うな重一杯分程度です。 カフェインについても、1日に2杯程度のコーヒーなら胎児に影響はないと言われています。 コーヒーと紅茶が大好きな私ですが、1人目を妊娠した時は ・ノンカフェインコーヒー ・ルイボスティ(カフェインレス) これを飲むようにしました。 2人目の時は1日1杯程度、牛乳で割って飲んでいましたよー。 低脂肪乳、チーズ、生ハム、サーモン…。 しっかり栄養を取らないといけないのに、気をつけないといけない食品がいっぱい!!情報の渦に巻き込まれて、 ストレスに感じてしまう時もあるでしょう。 どうか、考えすぎないでください。 あなたとあなたの可愛い赤ちゃんは、これから長い時間をかけて、 絆を深めていくのだから。 まだ始まったばかりです。 絶対ダメなのは、お酒とタバコ。 摂取量に気を付けた方がいい食品は、食べたいならほどほどに食べる。 不安なら 食べない。 それくらいの、ゆるい捉え方で大丈夫ですよ。 それに、不安なのはあなたじゃないです。 誰だって初めての妊娠は 神経質になるし、わからないものだらけです。 なんでも病院で話しましょう。 医学の進歩によって、妊娠期に控えた方が良いとされる食品も日々発見されているかと思います。 最新の情報を頭に入れて、できる範囲で注意することも大切。

次の

【医師監修】妊娠中の食事の8つの注意点!OK or NGな食べ物は?

妊娠初期 食べ物

「好きな人との子供が欲しい」そう思う女性は大勢います。 ですが結婚をして子供を授かり母になる、これは決して当たり前のことではありません。 そんな奇跡のような過程を経て妊娠した皆さん、おめでとうございます。 妊娠初期と言われる2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月は不安がいっぱい。 そんなママになる準備を少しず始めている女性の力になれたらと思います。 妊娠初期に悩まされる症状3つ 1. 身体がだるい、熱っぽい 妊娠初期に見られる 身体のだるさは黄体ホルモンが急激に増えたために起こる症状の一つです。 大体妊娠12週ころまでこの黄体ホルモンは大量に分泌され、またこれは睡眠を促す働きもあるため、 眠くだるいという症状が起こります。 生理前の症状と似ていますが、妊娠初期の症状はさらに強いです。 味覚や嗅覚の変化や吐き気 妊娠初期は体の変化に伴って吐き気を感じる妊婦さんが多いです。 この吐き気は つわりとよばれ、人により症状の状態が異なります。 また今まで好きだったものが受け付けなくなってしまったり、やたら酸っぱいものを欲するようになるといったことが起こります。 頻尿、下痢、便秘 多くの女性が胃腸の変化を感じます。 これはホルモンバランスの変化と子宮が大きくなることが原因です。 人により症状は様々ですが、妊娠中期や安定期を迎えても続く人も少なくありません。 妊娠がわかったら避けるべき食べ物・食材・食事・飲み物5選 1. コーヒーなどのカフェイン 様々な作用があるカフェインを妊娠中に摂取すると、胎盤を通して赤ちゃんへ移行してしまいます。 赤ちゃんの代謝機能は大人に比べて未熟なので、赤ちゃんの体からカフェインが排出されづらい状態になってしまうのです。 コーヒーや紅茶だけでなく、栄養ドリンクなどにも注意が必要です。 アルコール カフェインと同様、お腹の中の赤ちゃんは母体から胎盤を通して栄養をもらっているので、妊婦さんがアルコールを摂取すれば、栄養と同じようにして赤ちゃんにも届いてしまいます。 赤ちゃんも肝臓でアルコールを分解することができますが、肝臓の機能が未発達なためアルコールが処理されるまでかなりの時間と負担がかかり、なんらかの障害を引き起こす可能性があります。 生肉 生肉には 寄生虫トキソプラズマが付着している可能性があります。 すべての哺乳類や鳥がこの寄生虫に感染する可能性があり、もし妊娠中の女性がトキソプラズマに感染すると、生まれてくる子供に先天性の障害が生じる可能性があるのです。 トキソプラズマは67度以上の加熱によって死滅します。 肉を食べる時にはしっかりと焼くようにして下さい。 また 生ハムやローストビーフなども注意します。 ただし妊婦は赤ちゃんにも血液を送り貧血になりやすいので、赤身のお肉をよく焼いて食べるようにしましょう。 生魚 妊娠中は免疫力が低下しているために、普段なら大丈夫な食べ物でも食中毒にかかるリスクが高くなってしまいます。 中でも 生の貝類は特に新鮮なものでないと、食中毒を起こしやすいです。 生牡蠣などに存在するノロウイルスに感染すると、ひどい嘔吐・下痢・腹痛・発熱を引き起こし、胎児の発育に影響が出てしまう可能性があります。 妊娠中はなるべく加熱処理をした料理を食べるようにしましょう。 生卵 卵の殻には サルモネラ菌が付着している可能性があります。 サルモネラ菌に感染すると、それが直接胎児に影響するわけではありませんが、妊婦さんが食中毒になって嘔吐や下痢を引き起こし、それが原因で流産につながる可能性もあります。 卵を食べる時には、生卵は避けしっかり加熱調理しましょう。 妊娠初期に食べるべき食べ物・食材・食事・飲み物10選〜栄養素とレシピも 1. 玄米 妊娠中は特に、 妊娠糖尿病という血糖値に異常をもたらす病気にかかりやすいです。 そのため炭水化物の吸収が遅く、食後血糖値の上昇を抑えられる 低GI食品は積極的に取り入れたいです。 玄米は食物繊維が豊富で、妊娠中に起こりやすい便秘の予防や改善に役立ちます。 しかし消化されにくく胃腸に負担がかかりやすいので、よく噛んで食べましょう。 ブロッコリー 妊娠初期に取るべき栄養素は 葉酸です。 これは水溶性ビタミンB群の一種で、細胞や血液を作り出す働きがあります。 胎盤の生成や赤ちゃんの成長には欠かせない栄養素で、ブロッコリーには豊富に含まれています。 エビは少し自然解凍しておく。 かぼちゃ かぼちゃはビタミンB郡を多く含み、免疫力の向上を促す作用があります。 また塩分を排泄する作用のあるカリウムも豊富に含むので、むくみやすい妊婦さんにはおすすめです。 かぼちゃは皮を落とし一口大に切りボウルに入れ600wレンジで5分加熱する。 麦茶 麦茶は妊婦さんだけでなく生まれてくる赤ちゃんも飲めるノンカフェインの飲み物で、妊娠中に積極的に摂取したい食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。 ただ麦茶には体を冷やす働きがあるため、特に体が冷えやすい妊婦さんは沸かした温かい麦茶をこまめに飲むようにしましょう。 Aは混ぜてふやかしておく。 ゼリーは崩しながら牛乳と混ぜて食べると美味しい。 ヨーグルト 妊娠前からヨーグルトを積極的に摂っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。 ヨーグルトにはカルシウムが多く、整腸作用があり妊婦さんのお腹に優しい食材です。 また、体の機能維持や調子を整える働きをするミネラルのひとつで、おなかの中の赤ちゃんの骨や歯を形成します。 バナナも2cm幅に切る。 卵 食べてはいけない食材に卵がありますが、それは生の卵です。 卵自体は良質のタンパク質で手軽に手に入る食品なので、1日1個は食べたい食材です。 また、卵にはビタミンAが豊富に含まれており、ビタミンAは過剰に摂り過ぎると胎児が奇形で出生する可能性が高くなりますが、1日1個程度であれば全く気にする必要はありません。 ただし食べるときはしっかり加熱し、食べ過ぎないように注意しましょう。 くるみ オメガ3脂肪酸という良質な油が含まれており、これは動脈硬化や高血圧の改善・予防に効果が期待されます。 妊娠高血圧にかかりやすい妊娠中は、積極的に摂取しましょう。 ただしカロリーが高いので、しっかりと量を決め食べるようにしましょう。 納豆 女性ホルモンの増量が必要な妊娠中に欠かせない栄養素であるイソフラボンや、皮膚や粘膜の再生に必要なビタミンBが豊富で、良質なタンパク質も摂れます。 妊娠したい女性もホルモンバランスを整えてくれるので積極的に食べたい食品です。 茹だったらザルにあけ、あら熱が取れたらよく絞っておく。 モロヘイヤ 青菜類は特に葉酸が多いですが、中でもモロヘイヤがおすすめです。 カルシウムや鉄分も豊富でイライラなどをしずめてくれる働きが期待されます。 しかし茹でるときにビタミンが一緒に流れ出てしまうので、スープやお味噌汁にして食べるといいでしょう。 いちご いちごには多くのビタミンCや葉酸、カリウムや食物繊維が含まれています。 また甘酸っぱいのでつわりのときにも食べやすいです。 ただし甘くて美味しいぶん、糖分も含まれているので、食べ過ぎには注意しましょう。 最後に 妊娠初期は様々な体の変化・心の変化が起こります。 赤ちゃんを迎える準備を始めたばかりで、様々な悩みや不安が襲ってくるかもしれません。 そんな時は無理をせず、自分の身体を一番に考え行動してみましょう。 赤ちゃんはママに会えることを楽しみにしていますよ。 Zehitomo 活用法3つ 1. 妊娠した相手のために使う• 「妊娠は嬉しいけど大変そう」• 「助けて上げたいけど何をしていいのかわからない」• 「食欲が旺盛みたいだけどうまく料理を作ってあげれない」• 「全然食べれないのならば少量でも栄養のあるものを食べさせたい」 何をしてあげていいのかわからない時は、プロの力を借りましょう。 ゼヒトモで料理の達人を家に呼んで、料理を作ってもらいませんか? 「母体と胎児の栄養になるものを作って欲しいけど、実は私はがっつりこってりした料理も食べたいので、そういう料理も作ってもらえますか?」、そんな依頼もお待ちしています! 作ってあげたいけど料理をしたことがない、そんな人へクッキングレッスンもできますよ。 妊娠した自分のために使う• 「お腹が空いて仕方がないから食べたいけど食材を買いに行くのも作るのも面倒」• 「食欲がないけど医者には食べるように言われた、何を食べていいかわからない」• 「自分は食べなくてもいいけど家族のために料理を作ってあげたい」 ゼヒトモのプロを呼んでください!ご自宅で料理をします。 自分たちのために使う 妊娠すると喧嘩になることもあると聞きます。 食べることが大好きなのに思うように食べられない、味覚が変わる、お酒やコーヒーが飲みたいのに飲めない。 妊娠した方も、相手が妊娠している方も、お互いの意思疎通がうまくいかない時はゼヒトモのプロを呼んでみてください。 料理を作ってもらったり、ハウスクリーニングで部屋の片付けをしてもらったりしている間に、2人でゆっくり映画でも見ませんか。 イライラしても、ゼヒトモを使って解消してください! Zehitomo のプロを呼ぶ 「料理を作りに来て欲しい」「赤ちゃんの部屋のインテリアをコーディネートして欲しい」「妊娠して何もする気が起きないから、家中丸ごとハウスクリーニングをして欲しい」。 全部Zehitomo におまかせください。 Zehitomo で依頼を出すと、5名以内のプロから見積もりを取ることができます。 「こうして欲しい」「あれもして欲しい」そんな依頼をぜひとも出してみてくださいね。

次の