四日市中工 サッカー メンバー。 四日市中央工業高校サッカー部のメンバーの出身や監督の選手時代や経歴調査!

四中工森島、先輩止めV弾/高校サッカー

四日市中工 サッカー メンバー

2年前の11年度にはFW 広島 とFW 湘南 の強力2トップを軸に3度目の準優勝を果たしている東海地区屈指の名門校だ。 今年は全国高校総体出場こそ逃したものの、選手権予選6連覇を達成。 1年時に選手権準優勝を経験しているCB主将と伝統のエース番号17を背負うFW ともに3年 を攻守の軸にFW、MFといった1年生が台頭したチームは、総体予選決勝で敗れた三重に準決勝で1-0で雪辱すると、決勝では坂の先制ヘッドなど5-0で海星に圧勝し、今年も三重代表の座を掴んだ。 名門はハードワークと連動した攻撃を武器に最後の国立で全国制覇を狙う。 「バランスを重視する中で、意図的かつ組織的な守備を狙いとする。 攻撃面では、テンポを意識したポゼッション、バイタルエリアでの連動した突破をコンセプトとする。 全員がハードワークしながら、攻守ともに連続した切り替えの中でアグレッシブなサッカーを展開する。 最後まで全力で戦いきる「四中工魂」は50年の歴史の中で磨かれてきた伝統である。 」 「今年のチームは昨年からの経験者は少ないものの、主将の坂を中心に非常に一体感のあるチームに仕上がった。 一人一人が自分の役割をチームのために注ぎ、全員がチームの勝利のためにハードワークできる。 ここが今年のチームの特徴である。 」 ・DF 3年 国立準優勝経験者。 精神的支柱。 ・FW 3年 四中工の17番を背負う男。 勝負所は彼のゴールで決まる。 ・MF 1年 四中工の司令塔。 スーパールーキー。

次の

四中工森島、先輩止めV弾/高校サッカー

四日市中工 サッカー メンバー

第98回全国高校サッカー選手権大会・3回戦が3日に行われ、四日市中央工業(三重)と、日章学園(宮崎)が対戦した。 試合は思わぬ形で動くこととなる。 11分、日章学園のビルドアップに猛然とプレスをかけた四中工の森夢真がボールを奪うと、PAに待ち構えた相手DFにも勢いそのままにプレッシング。 すると、相手がクリアしたボールが森の足に当たって枠の方向へ。 意表を突かれたGKの頭上を超えてゴールに吸い込まれた。 森は1回戦から3試合連続ゴールを記録して幸先よく先制点を得る。 その後は日章学園が数々のチャンスを迎えるものの、GK有留奎斗を中心とする四中工の粘り強いティフェンスを前に、決めきれないまま前半を終える。 後半に入ると、日章学園が猛攻を開始。 開始早々の46分、ペナルティエリア手前でボールを受けた鈴木陽介が巧みなフェイントで相手をかわしながらエリア内に進入。 枠の左に正確なシュートを流し込んで、まず同点に追いつく。 その4分後には、ショートコーナーから濱松凛がクロスを上げると、ゴール正面で相手を背負った木脇蓮苑が頭で押し込んで、あっという間に逆転に成功する。 しかし、ここで四中工も一歩も引かない。 53分に宮木優一のゴールで同点に追いつくと、そのわずか3分後に相手のハンドで得たPKを森が冷静に決めて試合をまたもやひっくり返す。 四中工が怒涛の攻めを見せたが、日章学園もここでさらにギアを上げると、直後に鈴木が果敢なドリブル突破でPKを獲得。 これを鈴木が決め、3-3と試合はまたも振り出しに戻る。 8分で4ゴールが生まれる乱打戦となったが、そこからは決定機を互いに決めきれず。 試合は同点のままPK戦に突入する。 日章学園は2回戦でもPK戦で大活躍したGK清原寛斗がまたも最終盤に投入されると、2人目で見事にコースを読んでファインセーブ。 日章学園がリードを奪うものの、4人目、5人目が立て続けにPKを失敗。 4-3で四中工が準々決勝に駒を進めた。 【スコア】 四日市中央工業 3-3(PK:4-3) 日章学園 11分 1-0 森夢真(四日市中央工業) 46分 1-1 鈴木陽介(日章学園) 50分 1-2 木脇蓮苑(日章学園) 53分 2-2 宮木優一(四日市中央工業) 56分 3-2 森夢真(四日市中央工業) 58分 3-3 鈴木陽介(日章学園).

次の

四中工“小倉魂”継承FW田口から3発!6年ぶり初戦突破導く技あり先制弾― スポニチ Sponichi Annex サッカー

四日市中工 サッカー メンバー

右サイドバックから出た縦パスで、最終ラインの裏に抜け出す。 その前方には3年生FW井手川がいた。 先輩が触ればオフサイド、触らなければ関与なし。 そう瞬時に判断すると、手で制して走らせず自らゴールまで持ち込んだ。 この間に一瞬、足が止まった桐光学園守備陣を尻目に右足で決勝弾。 「よく先輩を止めたね」と聞かれ「オフサイドでしたから」と笑った。 四日市中央工らしい1年生ヒーローの出現だ。 この試合も3人が先発。 樋口士郎監督の弟で、同じく1年から正選手だったJ1横浜の樋口靖洋監督は「年齢に関係なく出番がもらえる伝統がある。 中でも14番(森島)は素晴らしい。 2年後が楽しみ」と褒める。 中学時代はJ1名古屋の下部組織に所属。 トップ昇格も有力視されたが「四中工からプロになる」と断った。 地元で有名な「森島4兄弟」の三男。 客席で見守った長男大さん(19)は2大会前の準優勝メンバーだった。 その兄が「センスは東海地区で昔から一番だった」と言えば、樋口監督も「技術も戦術眼も1年とは思えない。 (得点時)先輩を止められたのも視野が広いから」と評価する逸材だ。 「この勢いで最後の国立に立って優勝する」と伝統校を下から突き上げていく。 3歳でサッカーを始め、鼓ケ丘中時代はJ1名古屋のジュニアユースに所属。 同2年夏に、四日市中央工に進むため地元のヴィアティン北勢FCへ移る。 好きな選手はJ1鹿島MF柴崎。 50メートル走は6秒76。 173センチ、58キロ。 血液型A。 photo• サッカー 神戸が初有観客へ対策、赤字覚悟で感染防止を徹底 []• J1 [7月17日 17:35]• サッカー [7月17日 17:34]• J1 [7月17日 17:27]• J1 [7月17日 16:50]• J1 [7月17日 15:56]• J1 [7月17日 15:51]• J1 [7月17日 14:50]• コラム [7月17日 14:44]• J1 [7月17日 14:27]• J1 [7月17日 13:20]• 日本代表 鹿島染野「いい部分が出せた」U19代表合宿で異彩 []• 日本代表 [7月15日 19:42]• 日本代表 [7月15日 9:19]• 日本代表 [7月14日 18:33]• 日本代表 [7月14日 8:20]• 日本代表 [7月13日 19:39]• 日本代表 [7月13日 19:01]• 日本代表 [7月13日 15:31]• 日本代表 [7月10日 15:59]• 日本代表 [7月10日 15:52]• 日本代表 [7月9日 22:58]• J1 神戸が初有観客へ対策、赤字覚悟で感染防止を徹底 []• J1 [7月17日 17:35]• J1 [7月17日 17:27]• J1 [7月17日 16:50]• J1 [7月17日 15:56]• J1 [7月17日 15:51]• J1 [7月17日 14:50]• J1 [7月17日 14:27]• J1 [7月17日 13:20]• J1 [7月17日 12:35]• J1 [7月17日 5:00]• J2 森保監督御前で五輪世代の東京V井上潮音2発 []• J2 [7月17日 17:52]• J2 [7月16日 8:27]• J2 [7月16日 0:04]• J2 [7月15日 23:43]• J2 [7月15日 22:29]• J2 [7月15日 21:47]• J2 [7月15日 21:36]• J2 [7月15日 21:18]• J2 [7月15日 21:15]• J2 [7月15日 21:14]• J3 [7月16日 9:55]• J3 [7月16日 9:55]• J3 [7月16日 8:27]• J3 [7月15日 20:59]• J3 [7月11日 20:59]• サッカー [7月8日 22:18]• J3 [7月7日 19:05]• J3 [7月5日 22:35]• J3 [7月5日 21:57]• J3 [7月5日 20:28]•

次の