花房礼二。 押尾学やまとなでしこの役と出演シーンについて世間の反応と口コミは?

やまとなでしこ【ドラマ】のあらすじ紹介!

花房礼二

~もくじ~• 再放送はできない? 結論から先に言うと「やまとなでしこ」が再放送できない理由は 出演者だった 押尾守さんが逮捕されたからです! このドラマで押尾さんは中原欧介 堤真一 の友人・花房礼二役 で押尾さんは主要キャストの1人で出番も多かったんです! どんな事件だったの? 2009年に合成麻薬 MDMA を使用したことで逮捕。 芸能界では今でも薬物使用で逮捕される事件があいつ ますがそれでも復帰している人はいますよね~ しかし、今だに復帰できないのは一緒にMDMAを使用した 愛人のホステス女性がなんとなくなってしまったんです! 一応知らない方もいるでしょうがこの当時矢田亜希子さんと 結婚されていたのでさらに事件は注目を集めることになったんです! 劇中の主要人物を演じた俳優が大きな事件を起こしため 「やまとなでしこ」は現在も再放送ができない状況です・・ スポンサードリンク 動画を視聴する方法は? 「やまとなでしこ」は上記で記したように出演俳優が 事件を起こしたため再放送だけでなく、動画配信も行われていません! ただし、 DVDは発売されていて全話視聴することができますが プレミア価格になってるので 現在19720円で販売されてます! このDVDは未公開シーンが見れる映像特典もついてるので リアルタイムでドラマだけしかっ見てない人でも楽しめますよ~ スポンサードリンク 1話のあらすじ! 「やまとなでしこ」1話のあらすじを分けて紹介しますね! 幼い頃の貧乏がトラウマになった神野桜子 松嶋菜々子 は 「この世で一番嫌いなものは貧乏。 女を幸せにしてくれるのはお金だけ」 という少々歪んだ信念を持ったクセのある女性ですw 自慢の美貌を武器に国際線のCAとなった現在は後輩達を 連れて連日のようにお金持ちと合コンを重ねることにーー。 ~欧介と桜子の出会い~ 欧介は医者だと嘘をついて桜子をだましたことを後悔しますが周りからの後押しもあり、 医者だと嘘をついたまま桜子とデートをすることに。 船を借りて欧介は東京湾に魚釣りに桜子を誘います。 豪華なクルージングを期待した桜子は不満顔ですが 欧介の楽しそうな顔を見るうちに少しずつ心が晴れるようになりますーー。 デートを楽しんだ別れ際に欧介は 「お金より心が大事ですよね。 」と問いかけると 桜子はものすごい剣幕で 「貧乏人を幸せにしてくれるのはお金、お金だけ。 私…、貧乏なんて大嫌い!」 と言い放ちます。 桜子の貧乏への反発を知った欧介は本当のことを言うチャンスを失いま 医者だと嘘をつき通したまま別れることに・・・・ しかも、欧介と結婚することを決めた桜子がその場で 婚約者と別れたことも欧介の心に重くのしかかります。 心よりお金が大事な桜子でしたが欧介と出会い心境に変化が。 役名:中原欧介 役者名:堤真一 欧介はマサチューセッツ工科大学に留学したエリートでしたが挫折。 父親が死んだこともあり母と一緒に魚屋を切り盛りしますが生活は厳しいのが現状。 そうした中、高嶺の花である桜子と出会い彼女のことを愛するようになります。 役名:塩田若葉 役者名:矢田亜希子 若葉は桜子の後輩CAで欧介に好意を寄せるようになります。 役名:東十条司 役者名:東幹久 東十条は桜子の婚約者ですが彼女にとってはあくまでもキープの相手。 より良い相手を探す桜子に何かと翻弄されます。 役名:佐久間為久 役者名:西村和彦 欧介の友人・佐久間は有名大学病院勤務の外科医。 合コンに彼を誘い桜子と出会うきっかけを作ります。 役名:佐久間真理子 役者名:森口瑤子 真理子は佐久間の妻で火事で自宅が燃えた桜子の良き相談相手になります。 一緒に暮らす中で真理子は桜子の内面の心に気づくことに。 スポンサードリンク まとめ 「やまとなでしこ」は残念ながら主要キャストの1人が 逮捕された事情で残念なことに再放送できません・・ ただし、DVDでは見れますが、将来的には動画配信など 有料でもいいので視聴できることに期待したいですね~ 「やまとなでしこ」は初回から桜子の強烈なキャラと松嶋菜々子さん の美しさが抜群でドラマの世界に引き込まれること間違いなしの名作です! スポンサードリンク.

次の

東京都新宿区(新宿) ロケ地情報

花房礼二

~もくじ~• 桜子の手には欧介からもらった 大切なカメレオンのオモチャが握られています。 NYへと留学する欧介・・・ 話は過去に戻り、桜子の想い人・欧介は恩師からのアドバイスもあり一度は挫折した 数学への情熱を取り戻し論文が評価されたこともあり留学のため ニューヨークへと旅立つことを決意します! 婚約を破棄する桜子! 桜子には 婚約者の東十条司 東幹久 がいましたが 「自分の気持ちには嘘はつけない」 と結婚式をすっぽかしていました。 貧乏がコンプレックスでお金持ちと結婚するのが全てだった桜子でしたが 欧介の優しさにふれてお金よりも大切なものがあることに気づきます・・・ 彼のことを諦めきれない 桜子は欧介からの葉書とカメレオンを持って ニューヨクへと向かったのでした・・・ スポンサードリンク 欧介との再会 ニューヨークの大学のベンチで待ち続ける桜子を欧介が発見!桜子は 「どうしても、あなたに、会いたくて」と言いますが 欧介の方は戸惑いを隠せません・・・ 桜子は 「このカメレオンは、私にとってたったひとつのものでした。 これがなかったら、私は一番大事なものにも気づかなかった。 これは、お金にはかえられないんです」 とお金よりも大切なことに気づかせてくれたことを欧介に伝え カメレオンを渡し「ありがとう、それじゃ…」と別れの言葉を告げると 欧介は彼女を引き止め 「僕はもう逃げません!あなたが好きです」 と自分の素直な気持ちを桜子に伝えます。 私の統計では27歳が売り時のピークなの。 それを越えたら値崩れを起こすわ」 合コン女王桜子の哲学がストレートに伝わる名言! 自分に値段をつけるほど自意識過剰なとこがありますね~ 桜子名言3 「心なんてきれいごと言ってたら一生貧乏から抜け出せない。 貧乏人を幸せにしてくれるのはお金。 お金だけ。 わたし、貧乏なんて大っ嫌い!」 貧乏がトラウマだった桜子の心の叫びですね! この時はまだ幸せ=お金って考えの女王様気質な桜子・・・ 桜子名言4 「どうでもよくない! 洋服はわたしのすべてなの! 人生そのものなの!」 合コン女王としてブランド品を集めて自分を演出する桜子ならではのセリフ。 あなたの近くにもこんな感じの人いませんか?? 桜子名言5 「このカメレオンは、わたしにとってたった一つのものでした。 これがなかったから、わたしは一番大切なものに気づけなかった。 十年後も、二十年後も。 あなたのそばにはわたしがいる。 残念ながら、あなたといると、わたしは幸せなんです」 欧介との永遠の愛を誓った時の桜子の名言です! 女性に言ってもらいたいと思ったセリフですねw 桜子・母の名言 「お金より、もっと大切なものがあるの。 世界中のどこにも売ってない大切なもの。 きっとね、みんな生まれてくる前から、それを探してるの。 ・やまとなでしこの最終回のワンシーン流れてるけどこんな恋をしたい ・やまとなでしこマジ最高、最終回のおうすけの「あなたが好きです。 たとえ、明日あなたの気持ちが変わってしまっても」ってマジ最高 ・やまとなでしこ最終回。 ラストを3回観た。 10年のときを経て、 やっとわかったこのドラマの面白さ。 ドラマの最終回の口コミ・感想としては松嶋菜々子さんの演技への評価、 こんな恋をしたい、欧介のセリフへの感動、時間が経ってからわかる ドラマの良さなど高評価が多いですね! まとめ 「やまとなでしこ」最終回は桜子と欧介が結ばれる最高のハッピーエンドで フィナーレを迎えます。 何度見ても笑って泣ける名作のなので「やまとなでしこ」は 多くの人に見てもらいたい名作ですね! 最後に、劇中の桜子の名言も印象的なものが多いので そこも楽しんで欲しいです!.

次の

やまとなでしこの(ドラマ)最終回ネタバレ!相関図や口コミ・感想も!

花房礼二

ドラマ中で『魚春』の配達車として使われていた レギュラー出演者 (タイトルバックでのキャスト紹介順に掲載) 神野 桜子(じんの さくらこ) 演 - 本作の主人公。 1972年12月18日生まれ。 物語開始時27歳。 の貧乏人の娘。 ピアノが弾けない。 ただ綺麗なだけ。 幼少時の極貧体験がトラウマとなり、「この世で一番嫌いなものは貧乏。 女を幸せにしてくれるのはお金だけ」という考えを持つ見栄っ張りで業突く張りの歪んだ性格になった。 唯一の武器と豪語する若さと美貌を生かし、大金持ちの男性との玉の輿結婚を夢見て客室乗務員になる。 機内では搭乗者の名刺を集め、退勤後はひたすら合コンに走る「合コンの女王」。 とある合コンで出会った東十条をとりあえずの本命としながらも、もっと凄い大金持ちがいるのではと考え、夜な夜な合コンを繰り返す。 そんな中、佐久間がセッティングした合コンで欧介と出会う。 決め台詞の殺し文句は「今夜はたった一人の人にめぐり逢えたような気がする」。 中原 欧介(なかはら おうすけ) 演 - 慶明大学理学部数学科卒業後、に留学するも挫折、さらに父親が亡くなったことで実家の魚屋『魚春』を母親の富士子と切り盛りするようになる。 35歳。 だが、父親が多額の借金を残し、客には値切られることがしょっちゅうで経営は厳しい状況。 また、留学中、数学に没頭するあまりフラれてしまった当時の恋人・雪子の事を7年間ずっと引きずっている。 そんな中、佐久間に連れて行かれた合コンで雪子にそっくりな桜子に出会い、彼女に一目惚れする。 自身を金持ちの医者と偽り、本当の事を言えないまま桜子と付き合い始めてしまう。 塩田 若葉(しおた わかば) 演 - 桜子の後輩の客室乗務員。 23歳。 桜子のような考え方を歪んでいると思いながらも、ちゃっかり彼女に便乗して合コンには参加している。 佐久間がセッティングした合コンで欧介に惚れ、『魚春』を手伝うなど積極的に欧介に近づく。 粕屋 紳一郎(かすや しんいちろう) 演 - 欧介、佐久間の大学時代からの親友。 35歳。 『渋谷アップル信用金庫』勤務。 欧介と同じく独身だが、酒癖が悪く、女と合コンが好き。 制服のコスプレが好きなようである。 合コンで出会ったなみに惚れるが、なかなか相手にされない。 奥山 なみ(おくやま なみ) 演 - 桜子の後輩の客室乗務員で、合コン仲間。 24歳。 若葉と同期である。 冷えた家庭で育ち、常に複数の男性をはべらしていないと気が済まない性格。 粕屋と花房の二股を掛ける。 花房 礼二(はなぶさ れいじ) 演 - 慶明大学付属病院の研修医で佐久間の後輩。 25歳。 なみから惚れられるが、本人は軽い付き合い程度にしか思っておらず、他にも女がいる。 なみを巡って、粕屋からは敵視されている。 岩村 実(いわむら みのる) 演 - 桜子等が勤務する『エアードリーム』のチーフパーサー。 35歳。 押しが弱く桜子の魅力に心酔してしまっている。 いつも桜子や他の客室乗務員を食事に誘うが、うまくかわされている。 武藤 操(むとう みさお) 演 - 桜子と同期の客室乗務員で合コン仲間。 27歳。 下町生まれのサラリーマン一家の長女で、多少男っぽい性格だが、後輩からの信頼は厚い。 桜子の徹底振りに感心しながらも、桜子たちを冷静な目で見つめる堅実な性格。 梨本 安武(なしもと やすたけ) 演 - 岩村の後輩のパーサー。 30歳。 おっちょこちょいで、よく遅刻やミスをしては、岩村から怒られている。 高石 舞(たかいし まい) 演 - 蝶野 唯(ちょうの ゆい) 演 - 三沢 綾(みさわ あや) 演 - 新人の客室乗務員の3人組。 桜子の玉の輿話にいつも耳を傾ける。 最終話では舞が合コン仲間に昇格。 立川 恵(たちかわ めぐみ) 演 - 慶明大学付属病院勤務の看護師。 花房と怪しい関係に…。 中原 富士子(なかはら ふじこ) 演 - 欧介の母親。 55歳。 夫の死後、ボストンから帰国した欧介と二人で『魚春』を切り盛りする。 しかし、最近は体調を崩しており、慶明大学付属病院に入院中。 その後、退院は1度したが欧介が競馬に行っているときにまた倒れて再度入院してしまった。 欧介の青春を奪ったのは自分だと後悔しており、35歳になってもまだ独身である欧介の身を案じている。 また、終盤まで桜子のことを知らず、初めて会った時は雪子と勘違いしていた。 佐久間 真理子(さくま まりこ) 演 - 佐久間の妻。 33歳。 色っぽい美人で女好きな夫に目をつぶりながらも、しっかりと夫婦の実権は彼女が握っている。 欧介、粕屋、佐久間とは大学時代に鉄道研究会で出会い、真理子は同サークルで紅一点であったらしく、男性陣は結構彼女を狙っていたという。 夫婦間には子供はいないが、料理やガーデニングなど趣味に生きている。 桜子の純粋な所をいち早く見抜き、「あの子なら本当の欧介君のことを知っても大丈夫」と欧介を励ます。 東十条 司(ひがしじゅうじょう つかさ) 演 - 1970年3月9日生まれ。 30歳。 大病院『東十条一郎病院』の御曹司。 桜子の意図には全く気づかず彼女を完全に信じ込んでいる。 世間知らずで苦労をしたことがないお坊ちゃまだが、性格は純粋なお人好しで、最終回では自分のことを「世界一のアッシー」と言うほどである。 また、黒電話を知らず、第8話で欧介の家を訪れた時は、興味津々な目で見つめていた。 年収は8億。 また、「」は、の駅で「」の隣駅であることから、「王子の一歩手前」という含意がある。 佐久間 為久(さくま ためひさ) 演 - 欧介、粕屋の大学時代からの親友で慶明大学付属病院勤務の外科医。 39歳。 二人よりも年上だがこれは浪人しているため。 美人の妻・真理子がいるが、女と合コンが好きで真理子には尻に敷かれている。 大きな一軒家に住んでおり、欧介や粕屋らは何かとこの家に集まっている。 ニューヨークの医学学会への出張からの帰りの飛行機で、桜子らと出会い、合コンの約束を取り付ける。 この合コンが桜子と欧介の出会いとなる。 ゲスト出演者 主なゲスト 榊原慶明大学名誉教授(さかきはらけいめいだいがくめいよきょうじゅ) 演 - (2,3話) 現在は東十条の病院で顧問をしている医師。 高齢かつ酒に酔っていたせいか、欧介を慶明大学医学部医学科のOBと誤解する。 東十条 一郎(ひがしじゅうじょう いちろう) 演 - (3,6,9,10,11話) 1943年2月15日生まれで、東十条の父親。 55歳。 血液型はA型。 大病院『東十条一郎病院』の院長。 趣味はオペラ鑑賞・世界遺産巡りである。 東十条 華江(ひがしじゅうじょう はなえ) 演 - (3,6,9,10,11話) 1949年9月14日生まれで、東十条の母親。 51歳。 血液型はO型。 旧姓西園寺。 趣味は音楽鑑賞である。 岡本 寛(おかもと ひろし) 演 - (4話) 欧介のMIT留学時代の友人。 日本に帰ってきて結婚式を挙げる。 安井 ゆり(やすい ゆり) 演 - (4話) 桜子らの同僚CAだったが、岡本と結婚するため寿退社する。 宮脇 祐也(みやわき ゆうや) 演 - (5話) 桜子が中学時代に恋焦がれていた同級生。 女癖の悪いプレイボーイ。 現在は洋服ブランド『Foxey(フォクシー)』の社長になっていた。 同窓会にて再会し、いつものパターンで彼に近づこうとするが、彼から思わぬ仕打ちを受ける。 高杉 祥子(たかすぎ しょうこ) 演 - (5話) 桜子の同級生。 旧姓藤崎。 空港で偶然桜子に会い、同窓会があることを知らせる。 西岡 寛平(にしおか かんぺい) 演 - (6,7,8話) アップル信用金庫麻布支店勤務。 魚春に対して、3000万円の借金を理由に土地の差し押さえにかかると通告する。 壇 六助(だん ろくすけ) 演 - (7話) 魚春のお得意さんで馬主でもある。 負け続けの自分の馬を欧介が勝つと予想し、その通りになる。 鯛の代金をその馬に賭け、儲けた50万円を欧介に渡し、次の予想も頼む。 神野 撫子(じんの なでしこ) 演 - (7話) 桜子の亡き母親。 桜子が小学校を卒業する年に亡くなった。 富山の港では一番の美人だったという。 神野 勝(じんの まさる) 演 - (9話) 1937年8月8日生まれ。 桜子の父親で漁師。 63歳。 桜子に呼ばれて上京し、9年ぶりに桜子と再会するが、子供時代からすっかり容貌が変わった桜子に驚愕する。 東十条家との顔合わせの際、田舎者丸出しの姿を晒さないために、「理想のお父様マニュアル」を演じるよう桜子から強いられる。 黒河教授(くろかわきょうじゅ) 演 - (9,10,11話) 欧介の大学時代の恩師。 途中で挫折した欧介に再び数学をやってみないかと持ちかける。 その他ゲスト• 少女期の桜子(当時5):先崎愛歌(1,3,7,9,10,11話)• 中学生の桜子:大塚宝子(5話)• 桜子の兄弟たち:前田賢(1,7話)(1,7話)(1,7話)松村凌(1,7話)• 神野勝(当時41):(1,7話)• シェフ:(1,2,3話)• 合コン男達:三浦義徳(1話)(1話)佐藤累央(1話)• 執事:(1,2話)• 機内男性:(1話)• 魚春の客達:(1話)三田恵子(2,5,7,9話)(5話)(5,9話)(9話)• 壇六助夫人:(1,2,7話)• タカシ少年:(2,6,8,10話)• 支配人:(2話)• ギャルソン:(2話)• 合コン老人:(3話)• コック:青柳克己(3話)• 飛行機乗客:近藤幸介(現:)(3話)• 東十条病院医師:(3,7話)• 岡本の友人吉野:(4話)• 岡本・他の友人:(4話)(4話)• 花屋の店員:(4話)• 真田ローンズ社長:(4話)• 後藤弁護士:(4話)• 慶明大病院女性看護師:(4話) (4話) (4話)• ブティック店員:(5話) (5話)• 消防署隊員:村上容一(5話)• 桜子中学時同級生:(5話) 菊池謙介(5話)• 桜子・同級生男性:(5話) 植村拓也(5話) (5話)• 桜子・同級生女性:岡田理恵(5話) 蓼沼千晶(5話)• 桜子宅隣人たち:水田啓太郎(5話) (5話)• 青年実業家:竹沢一馬(5話)• 生果店店主:(6話)• ソムリエ:(6話)• 桜子宅大家さん:(6話)• 客室乗務員:(6話)• 医大生:(6話)• 花房・後輩:高橋慎一(6話) (6話)• 女子社員:(7話)• 馬主:(7話) (7話)• 銀行員:福井晋(7話)• 寿司屋の客・ツネさん:(8話)• 寿司屋店主:ドン貫太郎(8話)• エステシシャン:(8話)• マンション住人:(8話)• 式場担当者:(8話)• 旅行代理店店員:(8話)• 媒酌人・内閣総理大臣:(8,10話)• 媒酌人・ファーストレディ:(8,10話)• 合コン相手馬主・秋元:(9話)• 神父:ニコラエ・ドブレ(10話)• 合コン相手ホテル社長・松平:(11話)• 合コン相手・実業家:(11話)• エキストラ:テアトルアカデミー、芸優、放映プロジェクト.

次の