本 好き の 下剋上 完結。 本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

本好きの下剋上が完結しました。

本 好き の 下剋上 完結

それは、念願である図書館への就職が決まって すぐのことだった。 気が付くと麗乃は、貧しい兵士の娘・マインとして転生していた。 そこは、魔法を持つ貴族が支配し、厳しい身分制度が存在する異世界の街・エーレンフェスト。 マインは、本があれば生きていけると自分を鼓舞する。 ところが、識字率が低く印刷技術もないこの世界では、貴重で高価な本はお貴族さまのもの。 兵士の娘では、とても手が届かない。 どうしても本が読みたいマインは決意する。 「本がなければ作ればいい」 体力もない。 お金もない。 あるのは麗乃時代に読み漁った読書による膨大な知識だけ。 果たして、マインは本を作ることができるのか!? マインの本を作る冒険が、いま始まる。 C 香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会 もっとみる.

次の

おすすめ人気漫画【本好きの下剋上】の感想。ここが面白い!

本 好き の 下剋上 完結

そして、ありがとう。 神に祈りを! 以下ネタバレのような何か 半年くらい前から読み始めて、 本編675話分・・・ドはまりしたおかげで、 正直短かった。 3月9日に感想一覧を見てて 「次のタイトル、これ最終回じゃない?」 とあったので、見直してみたら確かにそう思った。 そしてそうだった。 でもまだ話はあるんですよね。 卒業してないし、トゥーリとルッツの星結びしてないし、王子二人が不穏だし、 ジェルヴァージオの思考がかかれてないし、そもそも新領地が安定していない。 番外編が長いのか、伏せたまま終わるのか、それとも 続編となるのか・・・? ヒルデブラント王子は結構好きだったから、救われてほしいんだけどなぁ・・・。 立ち直れなければ、王命の婚約の影響でさらに辛いことに・・・。 ゲオルギーネの恨みの内容は書かれてないけど、たぶん書籍の短編にちょっとずつ収録されるのだと思う。 ずいぶん長い期間にわたってますからね。 つい先日発売されたはまだ登場してなかったっけ・・・? ジェルヴァージオが行った一件については、言ってることが全部本当なら 多分 ラオブルートの貴族的なやり方に振り回されたんじゃないかなーって思うんですけど。 さてどう語られるのか。 さらに後になるけど、レスティラウトの話もほしいなぁ。 嫁取りディッターの後~継承の儀式の後部屋に引きこもるまで。 どういう視線で見ていたのか気になります。 フェルディナンドはまだ知らない。 ルッツとも家族になるということを。 どういう反応するのか楽しみなんですが、描かれるんですかね。 追記 まだルッツの描写しかないけど、エピローグでやるとは思いませんでしたわ。 今後、他の視点が追加されるのを楽しみに待ちますよ。 そういえば、 "魔石恐怖症の設定"が必要だったのかどうかが微妙になってますね。 って、ちょっと前から思ってるんで、 続編に期待してるんですよ。 流石にギーベの騎士が数秒後に魔石になって落ちてきたところは読んでて 「ヒエッ」となった覚えありますね。 あぁ・・・楽しかったけどその分もう更新がないと思うと 辛い。 まだエピローグ、短編、きっと閑話もあるので、 月曜日になれば昼ごろに作者ページで更新をポチポチしてる自分の姿が見える見える・・・。 はぁ・・・平日の癒しでしたよ、本当に。 ただ、最近は無茶してましたね。 ちょっと前から、 ラノベ作家や漫画家が亡くなるニュースが多々あったので怖いんですよね。 う、売れたら適度に休んでください・・・。 しかし、 3年半の連載で約30巻はすごい速いですね。 達筆と聞くと、私の中では 川原礫先生が出てきます。 もしかして超えてる? 生息地がファミレスらしいので、あの人もちょっと怖いな・・・と思ってしまう。 しかし、これ最近のはずなのに思い出せないのは何故だろう・・・。 それと、まとめを見て初めて知りました。 土の眷属は一人もいないってことを。 このことは、気づくか、作者コメントを見てないとわからないという。 土だけは加護を得るのに苦労しそうですね・・・そもそも得れるのだろうか。 「感想述べるならコメントでいいじゃないか」 ええ? なろうに登録するのが面倒臭いんです。 がランキングに入っているのを見かけてから見始めているわけですが、 自分でもなんで読み始めたのかがわからない。 「これオススメです。 」「原作もいいぞ!」「あのシーンカットか」 なんてコメントがあって読むかい? いいや、読まないね。 散々オススメだの、面白いだのここで記事のジャンルを超えて書いてるけど、 ないね。 他にもニコニコ漫画で見ているラノベ原作があるけど、 やはり読んでない。 他にもアニメ化されて気になったのがあったけど、 読んでるほうが少ない。 そもそも小説は読書感想文で 嫌々読んでたのを思い出しますね・・・。 後にラノベだけは読み始めたとは言え、 片手で数えられる程度の種類ですよ。 「よくこのタイトルで読み始めたな・・・」と自分でも思うくらいですもん。 アニメ化すらされてないんですよ? ドレッファングーアのお導きなんでしょうねぇ。 これほど ググっとくる作品は、私的には 今後こないと思う。 それほどでした。 さて、今やってるをどうするか迷っていたけど、決心した。 TOブックスで全巻買おう。 ただ、違う問題が発生した・・・キャンペーンのために 何巻買うのか。 たまーに、購入キャンペーンがあるのでどれくらい弾を残すか・・・。 それと見落としていたけど、今回は SS付いてくるんですね。 買うしかないじゃないか・・・。 電子辞書にはないんですかね?.

次の

本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜ドラマCD

本 好き の 下剋上 完結

もくじ• またライトノベルを読むのが恥ずかしいと思ってた部類でして(挿絵の絵柄がおっさんの羞恥心をあおるのです💦) 今まで読んだことがなかったのです。 (今でもカバーをつまけないと恥ずかしいです) たまたま何か面白い本ないかな〜とAmazonサイトをのぞいている時に、レビューの評価が高めのこの本を見つけました。 早速図書館で借りて読みました。 流行りの異世界転生もの 最近アニメやらでよく聞く異世界転生ものだと思うのですが、他のものと違うところは主人公が最初から強いキャラではないところでしょうか。 あんまり他のものを読んだことがないので、一緒だよ〜ってなったらすみません。 アニメで見たことあるのと比べたらって感じです。 タイトル通りに本が好きな女の子が、自分の『本が読みたい』欲求のために、異世界に自分の生活圏内の情報を広めちゃうっていうのが、俺TUEEEな小説と違って、情報が重要視されている現代社会を、ファンタジー世界で表現しているような面白さもありまして・・・。 だんだん強くなってきている感もありますが💦 あまり書くとネタバレになってしまいそうで難しいのですが、僕はオススメしたいです。 ・・・それを知らなくて、図書館の予約数が多くなって借りづらくなってました💦 ちなみにランクインしている作品も文庫・単行本問わず読みましたが、僕に合ったのは少なかったですね💦 ネットでも読める 「小説家になろう」という小説投稿サイトからweb小説で始まったようで、今でもネットで読めます。 僕はすごく飽きっぽくて、面白くなかったら小説なら読まなくなるし、TVゲームなら1日で中古屋さんに売りに行くこともあります。 そんな僕でも最新刊の第四部まで読めていますので、僕には合っていたのだと思います。 読んでる途中で完結している事を知りとても残念に思いました。 ところで、もう2ヶ月前の記事ということで、既にweb版の方も読破されてしまっているのでしょうか? そうじゃないとしたら朗報?です。 章が進むごとに文量は増してますので、まだ書籍版の既刊分で、ようやく半分を過ぎたかな?ってぐらいです。 紙の書籍派としては出費が痛い所ですが書き下ろしや加筆修正を含めて、まだまだ長く本好きワールドを楽しめそうです.

次の