セントラル パーク ファイブ。 ブログ記事|5Five(ファイブ)|ショップ検索|Central Park

エヴァ・デュヴァネイがNetflixの限定シリーズで描く緊迫のドラマ「セントラルパーク・ファイブ」の世界

セントラル パーク ファイブ

1989年にニューヨークのセントラルパークで起こった暴行事件の容疑者として、ハーレムの少年5人が不当逮捕される。 それは、長年にわたる悪夢の始まりだった。 実際の事件に基づくシリーズ。 全米に衝撃を与えた事件の真相をつづる。 Netflixのオリジナルドラマ「ボクらを見る目」は、1989年にニューヨーク・セントラルパークで起きた暴行事件を題材にして全4話にまとめてありますが、1話が映画並みに放送時間が長く、内容もヘビーなので連続で観るのは覚悟が必要かもしれません。 容疑者として逮捕されたハーレム出身の5人の少年は、逮捕から13年後の2002年に無実が明らかとなり、2014年にはニューヨーク市と和解が成立。 賠償金としてひとりに4. 500万ドルが支払われたそうです。 エグゼクティブプロデューサーには俳優の「ロバート・デ・ニーロ」も名を連ねています。 2012年のドキュメンタリー映画「The Central Park Five」 日本では公開されいませんが、2012年に同じ事件を調査したドキュメンタリーが「The Central Park Five(原題)」という映画になっています。 この作品は、ドキュメンタリーの巨匠と言われているケン・バーンズが、娘のサラ・バーンズとデビッド・マクホマンと共に共同監督で製作され、ピーボディ賞のほかさまざまなドキュメンタリー賞を受賞しています。 セントラルパーク・ファイブとはどんな事件? 1989年にセントラルパークでジョギング中の白人女性が頭を暴行・強姦され、瀕死の状態で発見されます。 同じ夜、当時ニューヨークの黒人やヒスパニックの少年たちの間で流行っていた 「Wilding(ワイルディング)」によって、セントラルパークにはたくさんの少年たちが集まってきていました。 「Wilding(ワイルディング)」とは 黒人ラッパー「トーン・ロック」のデビュー・アルバム「Loc-ed After Dark」から、1989年にシングルリリースされた「Wild Thing」が流行っていたことを背景に、 「何かワイルドなことをする」をワイルディングと呼んでいたようです。 実際、当日はワイルディングによって集まった少年が、罪のない一般人に対して暴行を働いていたことから、パトカーがやってきています。 ジョギング中に白人女性が暴行を受けたのとは全く別の事件でしたが、警察は二人の少年を逮捕しています。 その後、ハーレムの黒人やヒスパニックの少年たちに聞き込みをし、白人女性への暴行及び強姦容疑で14歳から16歳の5人の少年を逮捕。 少年たちは、尋問する警官たちによって作られた話を 「そのまま言えば早く家に帰れる」と説得され、自白を強要され、しかも確かな物的証拠が一切ないにも関わらず5人は逮捕されてしまいます。 裁判が行われるも、結局5人は収監されてしまいますが、2002年にレイカーズ・アイランド刑務所に別件で服役中だった男が、白人女性に対する暴行及び強姦を自白。 それにより、5人のうち4人が刑期を終えて出所していたものの、2003年に二人がニューヨーク市を相手取り、誣告と人種差別と精神的苦痛で訴えています。 が掲載してありました。 5人の少年を演じたキャストたち ethanherisse がシェアした投稿 — 2019年 6月月5日午後12時39分PDT ユセフ役イーサン・エリセのインスタグラムに少年時代を演じた5人の集合写真がありました。 左から(役柄の名前で)トロン、 ケヴィン、 コーリー、ユセフ、レイモンド。 アントロン・マックレイ(通称トロン) カリール・ハリス 2003年4月19日生まれ、アメリカ出身。 青年期のアントロンを演じているのは、ロンドン生まれでアメリカ育ちの俳優ジョヴァン・アデポ。 レイモンド・サンタナ・Jr マークィス・ロドリゲス 1998年9月17日生まれ、アメリカ出身。 好きな食べ物はパンケーキとチーズバーガー、フライドチキンなんですって。 ものすごくアメリカン! レイモンドの青年期を演じていたのは、フレディ・ミヤレス。 ユセフ・サラーム イーサン・エリセ 2000年9月23日生まれ。 青年期のユセフを演じていたのは、「それでも世は明ける」「ゴッサム」等にも出演している俳優のクリス・チョーク。 ケヴィン・リチャードソン アサンティ・ブラック 2001年10月20日生まれ、アメリカ・メリーランド州出身。 コーリー・ワイズ役のオーディションを受けるも、ケビン役としてキャスティングされました。 青年期のケヴィンを演じているのはジャスティン・カニンガム。 コーリー・ワイズ ジャレル・ジェローム 1997年10月9日生まれ、NYのブロンクス出身のドミニカ系のアメリカ人。 最年長の役柄だったコーリーは、少年時代~青年期までジャレル・ジェロームが演じています。 日本での中学生の頃、母親のススメで地元のリバーデールチルドレンズシアターに参加するようになり、大学に入学したころ、初めての映画出演作「ムーンライト」で主人公シャロンの友人ケヴィン役を演じています。 え?まだ子供だよね?強姦という言葉がしっくりこない幼さを残す少年を、警察の取り調べはとことん追い詰めていきます。 1989年といえば、たった30年前。 でも、30年前にはきっと今より、ずっと歴然とした差別が横行していたのかもしれません。 今でさえ、白人警官が職務質問しようと呼び止めた黒人を銃で撃ってしまうなんてことが起こるんですもの。 追い詰められた少年5人は、やっていないのに「やった」と言わされ、その様子は録画されていて、証拠として残されるわけです。 なのに、彼ら5人が犯人だという物的証拠は何もない。 それで立件できるのが不思議でならないけど、警察も検察も全てが彼らを犯人と決めてかかっているんです。 警官だって、検察の人だって、子どもを持っているだろうに・・・。 自分の子が同じ目にあったとしたら、どう思うのだろう?ってことは、考えないんですかね。 しかも捜査の指揮を取っているのは女性警官。 もちろん、女性が犠牲になった事件の犯人を挙げて、凝らしめることは大事です。 でも、それは本当の犯人が検挙されてこそ意味があるわけで、とりあえず誰でもいいから世間に言い訳できるよう犯人をでっちあげることではない!ですよね? と、1話からかなり強烈なインパクトがあります。 5人は今どうしてる? それぞれ収監期間に違いはあるものの6年~14年もの長い間、無実だったにも関わらず刑務所の中で過ごしていた5人。 2014年にはニューヨーク市と和解が成立し、NYでの最高金額だったと言われている、ひとり4,500万ドルの賠償金が支払われました。 でもね、時間は戻らないし、味わった苦痛も消えないし、一番楽しいであろう青年期に刑務所の中だったわけだから、お金では償えなません。 そして、大人になった5人の少年たちは、今どうしているのでしょうか?ドラマの最後に本人の画像と共に紹介されています。 トロン 6人の子どもに恵まれ、ジョージア州在住 レイモンド 出身地に因んだ「パーク・マディソンNYC」という名の服飾会社を立ち上げ、」ジョージア州で娘と妻と住んでいる。 ユセフ 10人の子どもに恵まれ、ジョージア州在住。 執筆や講演活動をしていて、刑事司法制度の改革を主唱。 ケヴィン 娘2人と妻。 ニュージャージ州在住。 2017年には、ブロンクスアカデミー学校から高校卒業の証書を授与された。 コーリー 2015年にコロラド法律学校に「コーリーワイズ無罪運動」を出資設立し、不当逮捕の無料相談が受けられるようになっている。 まとめ 人のことを差別なんてしてない!と自分では思ってはいても、気づかないうちに人を差別するような発言をしていたり、さりげない行動が差別につながったりする可能性もあるわけで、気を付けなくちゃね。 日本では、あまり人種差別について考えさせられるような報道はないけど、人種だけでなく、人の心の中には、人より優位に立とうとする気持ちが隠れていると思うんですね。 それが差別につながるわけで、ハラスメントも立派な差別です。 今作での5人の少年たちは、演技とは思えないほどの力強さだったので、気持ちがぐいぐいと持っていかれましたね。 人には好みがあるのはわかっているけど、それでも少しでも多くの人に見て欲しいなあと思った作品でした。

次の

セントラル・パーク

セントラル パーク ファイブ

1989年の4月に夜にセントラルパークでジョギングしていた20代の女性が何者かに襲われレイプされた。 その後彼女はその時の記憶を無くしてしまう。 あまりにも損傷が酷かったからだ。 その事件は多くの人々にショックを与えた。 その事件当時、ニューヨークの黒人やヒスパニックの少年たちの間で流行っていたのが、「Wilding(何かワイルドな事をする」。 トーン・ロックの「Wlid Thing」という曲が流行っていたのである。 女性が襲われた時、少年たち総勢25人が「Wilding」をセントラルパークでしていたという。 同じ時にセントラルパークで老人が襲われていた。 その罪でレイモンド・とケビン・リチャードソンが捕まった。 そして警察に女性が倒れているという通報が入り、とリチャードソンは迎えに来た母親と帰る所だったが、そのまま身柄を拘束された。 警察は女性暴行の罪でも、とリチャードソンに尋問を繰り返す。 帰れると思ったが、長らく拘束された。 マスコミのショッキングな煽りもあって、市民は警察にプレッシャーを掛けた。 焦る警察は激しい尋問を続けた。 そして「自白すれば帰れるよ」と甘い言葉をかける。 「Wilding」をしていた25人の少年たちはみんながみんな友達という訳でもなく、とリチャードソンはコリー・ワイズとアントロン・マックレイとユーセフ・サラームが共犯だと適当に答えた。 友達でもない5人はそれぞれお互いに罪をなすりつける。 勝手に共犯にされた怒りもあっただろう。 14-16歳という少年5人は逮捕された。 ユーセフ・サラームだけは自白しなかったが、他の4人は曖昧でハッキリしない自白をカメラの前でしてしまった。 尋問に疲れていたという理由で。 そして長い尋問などはテープに録画されなかったが、彼等の自白だけが録画され、それだけが決定的な証拠となって検察側は立件した。 しかも現場で見つかっている犯人のDNAと彼等のDNAはマッチしていなかったにも関わらず。 しかも最後まで否認していたサラームは、警察に現場で指紋が見つかったと嘘をつかれて自白している。 少年5人は裁判にかけられた。 14歳と15歳だったとリチャードソンにマックレイとサラームは、レイプ・強盗・暴動の罪でで最高の5-10年の少年鑑別所行きとなった。 逮捕された時に16歳だったコリー・ワイズだけは大人として認められ、5-15年の刑務所行きとなったのだった。 裁判から時は12年も経った2002年。 ニューヨーク地区で一番悪名高い刑務所である・アイランドで、とある男が自白を始める。 その悪名高いで、1人だけ大人として裁かれたコリー・ワイズを見かけたのである。 ワイズは元々ングに問題があって、事件当時は一番年上にも関わらず一番年下に見えるほどあどけなさが残っていた。 そんな少年が普通の刑務所に入れば、どんな事がその少年に起こるかなんて誰もが想像出来るであろう。 実際にワイズは刑務所内で非常に大変な目を遭っていた。 その姿を目の辺りにしたのが、・レイだった。 には別の罪でとして居た。 レイは「俺がやった」と自白する。 しかも5人の少年とは違い、詳細を鮮明に語り、証拠もあった。 当時17歳だったレイは俺が1人でやったと自供したのだった。 DNAも一致した。 しかし5人の冤罪が認められた時、別件で逮捕された以外は、みな既に刑務所を出た後だったのだ。 2003年にとリチャードソンとマックレイが、を相手取り、誣告と人種差別と精神的苦痛で訴える。 は長年その訴えを「真剣で精密な調査の上での自白であり、完全かつ公正な公判前審問も行われた上での2回の裁判の結果である」とした態度を崩さなかった。 しかし2014年から新しい長になったは、250ミリオンドルでの合意を映画監督のケン・ンズに示唆。 そして2014年6月19日にと少年5人は40ミリオンドルで同意した。 刑務所で過ごした1年毎に約1ミリオンドル。 13年刑務所で過ごしたワイズは約13ミリオンドル、他の4人は約7年間少年鑑別所で過ごした。 そのニュースを聞いたユーセフ・サラームは「レイピストとしてレッテルを貼られ続けてきた事は辛かった。 その中で(ケン・ンズの)映画は俺たちに人生を取り戻してくれた。 デブラシオ市長は解決してくれると言ってくれていた。 でも俺たちは25年間も待ち続けなければならなかった」と話した。 映画が出来ること... まだまだ未知数であるとこの事件の顛末で思い知らされた。 blackmovie.

次の

セントラル・パーク

セントラル パーク ファイブ

1989年のニューヨークで起きた「セントラルパーク・ジョガー事件」(=本国では「Central Park Five(セントラルパーク・ファイブ)」事件と呼ばれる)をご存じでしょうか。 これは投資銀行に勤務する28歳のトリーシャ・メイリさん(Trisha Meili)が被害者となった、実に残忍なレイプ事件です。 その捜査の中で、ケヴィン・リチャードソンさん(Kevin Richardson、当時15歳)、レイモンド・サンタナさん(Raymond Santana、当時14歳)、アントロン・マックレイさん(Antron McCray、当時15歳)、ユーセフ・サラームさん(Yusef Salaam、当時15歳)、コリー・ワイズさん(Korey Wise、当時16歳)ら5人の少年が、嘘の自白を強要され有罪となります。 以来、この事件に関して数多くの記事が書かれてきました。 ですが、その中でもニューヨークのタブロイド数紙の記事は容赦のない内容でした。 もう少し細かく説明すれば…警察は長時間におよぶ取り調べを行い、その圧力からか5人の少年たちは虚偽の自白をすることになったのです。 ですが、少年たちはその後、懲役6年~13年の実刑判決が下されることになったのです。 そうしてその事件から13年の時が過ぎ…、2002年になって再度のDNA鑑定の結果、真犯人が特定されることになります。 そしてさらに、彼らが警察から自白を強要されていたことも立証されることとなり、彼らはここで無罪を勝ち取ることができたのです。 もちろん新聞各紙は、ここでも大きな見出しとともに取り上げています。 ですがそこに、かつての報道への謝罪があったかどうかは不明ですが…。 このたび、2019年5月31日より(エヴァ・デュヴァネイ原作・制作)が、この満を持して配信となり話題となっています。 そこで、この事件に関する一連の顛末(てんまつ)の中でニューヨークの不動産業者から転身をはたしたドナルド・トランプ大統領は、延々と公の発言を続けてきていたので、それを振り返ってみましょう。 トランプ大統領はこの無罪の少年たちに対し、どのような脅迫めいた暴言を投げつけてきたのか、ご確認ください。 Shawn Ehlers Getty Images 被害者となったメイリさんがようやく意識を取り戻したのは、事件から実に10日後のことでした。 警察を復権させよ!(BRING BACK THE DEATH PENALTY. BRING BACK OUR POLICE. )」という巨大な見出しで広告記事を掲載しています。 その広告記事にはトランプ自身の言葉として、「いったいいつから、私たちの安全で安心な市民生活が脅かされるようになったのだろう。 無力な女性に対する暴行やレイプが行われ、犯人が被害者をあざ笑うかのような、あらゆる年齢層の犯罪者たちが跋扈(ばっこ)する社会に、いつからなってしまったのだろうか?」と、制御不能に陥った犯罪社会に対して言及されていました。 「私はこのような殺人者たちを憎み、また憎み続けるだろう。 私は精神鑑定に頼るつもりも、彼らに理解を示すつもりもない…。 また、彼らに私たちの怒りを理解してもらおうとも考えていない。 彼らに恐怖を与えるほかないのだ」と。 、(冤罪で犯人とされていた一人)ユーセフ・サラームさんは、この記事を目にしたときのことを振り返りながら次のように語っています。 「ドナルド・トランプによるあの広告記事を読んで、有力者は本気で私たちの死を願っているのだと思い知りました」と…。 This is the full-page advertisement Donald Trump took out calling for the execution of the Central Park Five. They were later exonerated by DNA evidence, although President Trump maintains that they are guilty. — Scott Bixby scottbix そして、トランプのこの広告の影響によって、集団リンチさえ許容されてしまうような社会的風潮がエスカレートしてゆきます。 例えばは、5人の少年のうち最年長のワイズさんを名指ししたうえで、「セントラルパークに吊るされるて然るべきだ」と言い放ち、他の少年たちについても「丸裸にしたうえで鞭打ちし、そして牢獄へとぶち込むべきだ」と付け加えています。 5人の少年たちはそのまま有罪判決を受け、少年鑑別所行へと送られ収監されてしまいました。 に対し、「トランプの行為によって、被害者に同情するニューヨークの人々の意識が汚染された」とコメントしています。 そしてトランプも陪審員も、誤ちを犯していたことが明確となりました。 2002年に殺人犯であり婦女暴行の常習犯でもあったであることを自白。 そしてDNA鑑定の結果で真犯人であることを確定させたのです。 そうして「セントラルパーク・ファイブ」と呼ばれた少年たちは無罪となり、その後、を求める人権裁判を起こしています。 冤罪の証明された彼らに対し、トランプの取った態度とは しかし、事件の真相が分かった後でも、誰もが「彼ら5人の無実」に納得したわけではないようで、トランプもまた然りだったのです。 2014年、彼はしています。 「セントラルパーク・ジョガー事件のあの結末は、私にとって屈辱的なものだ。 事件は幕引きとなったが、1989年から追いかけてきた人々にとって、あれは象徴的な大事件だったのだ。 幕が引かれたことがすなわち、無罪を証明するということではない」と。 さらに 「検察にもっと話を聞けば、なにが事実であるかが分かるだろう」と、トランプは続けています。 「あの若者たちはいずれも、叩けばホコリの出る身なのだから…」などと記されているのです。 トランプは、自らの過ちを認めたのか? そうです。 トランプは大統領選出馬に際しても、自らの主張を曲げることはありませんでした。 で答えてもいます…。 「警察による取り調べでも彼らは有罪だった。 あれだけの証拠があった事件が、このように闇に葬られてしまうのは言語道断というほかない」とも…。 「ドナルド・トランプ本人が、アメリカの病理を示す端的な一例であるこは明らかです。 私たちが有罪判決を受けたのは、ひとえに肌の色のせいというほかありません。 ドナルド・トランプに代表される傲慢なニューヨーカーの責任ですね」とサラームさんは語っています。 Object. 341. 0","environment":"prod","sampleRate":0. 5,"whitelistUrls":["www. esquire. hearstapps. lazySizesConfig. hearstapps. com"; window. mylo. id"; window. feature. hearstapps. net","prod":"www. esquire. com","stage":"esquire. stage. hearstapps. feature. hearstapps. net","prod":"patty-esquire. prod. hearstapps. com","stage":"patty-esquire. stage. hearstapps. facebook. instagram. taboola. html","copyright":"HEARST FUJINGAHO All rights reserved. hearst. ensighten. ensighten. ensighten. ensighten. hearstapps. hearstapps. js"; window.

次の