すとぷり コール 歌詞。 すとぷり アモーレ・ミオ 歌詞

コールボーイ

すとぷり コール 歌詞

すとぷりが、福岡公演を皮切りに6都市11公演に渡って開催してきた初の全国ツアー『すとろべりーめもりーvol. 9』のファイナル公演を8月25日、幕張メッセイベントホールで開催した。 、莉犬、るぅとの6人からなるエンタメユニット。 9月には、埼玉・メットライフドームでの2DAYSワンマンライブの開催を控えるなど、人気絶好調の彼らだが、そこに至ったのは、毎日の動画投稿、リレー生放送、イベント開催など、愚直な努力の積み重ねがあるからこそ。 そのことはこの日のライブでも明らかだった。 オープニングムービーを経てから、花火や、ヨーヨー、西瓜など夏の風物詩のモチーフを取り入れた苺のステージセットのもとに、黒いスーツ姿のすとぷり6人が登場する。 1曲目のレーザー光線が行き交うなかでの「GO GO CRAZY」に「Move on! 」とクールなナンバーを歌い続けた後には「今日は楽しむ準備できてますか? ありがとー! 一生忘れられない思い出作りましょう!」とななもり。 が告げる。 前日の公演でもおこなったという手押し相撲選手権を、莉犬による、ひとり対戦から、るぅととジェルによる対戦に繋ぐと、負けたるぅとが、罰ゲームとして会場に向かって投げキッスする流れで「Aqua Kiss」へ。 初の実写MVとなった「僕らだけのシャングリラ」では、ステージ上のスクリーンで展開されるMVを背景に息の合ったダンスを披露した。 彼らのライブが熱気で満ち溢れているのは、耳馴染みのいい楽曲群とユーモアに富んだ人柄の親和性の高さからきているのだろう。 誰もが虜になっていく。 さとみ ジェル さとみ、ころん 莉犬 ななもり。 ここからは、ソロパート。 真っ先に会場を青色に染めたのは、「敗北ヒーロー」でチャーミングな手振りを加えた、ころん。 続くるぅとは、拳を振り上げながら「あの夏に陽を点けて」を声量いっぱいに届け、黄色い歓声を浴びる。 イメージカラーが紫の、ななもり。 は、パワフルに「ごめん。 正直めっちゃ好き。 」を歌うと、最後に「(歌詞に出てくる)猫はみんなのことだからね?」と微笑んだ。 セクシーな歌声で「JUMP AND FLY」を披露したのは、オレンジ色のシャツを着たジェル。 9月にリリース予定の初のソロミニアルバム『Memories』収録曲「恋をはじめよう」で会場をピンクに彩ったさとみの後には、「幕張、盛り上がってますかー?」と赤髪の莉犬。 飛びっきりの愛らしさを添えて「君の方が好きだけど」を歌い上げる。 「普段家で寝る時はどんな感じかやろうよ」と言うななもり。 に、ころんが寝転がると、その上にメンバーが覆い被さり、下敷きになるころん。 ステージにあるのは、リレー生放送時と変わらない自由な6人の姿。 リスナーを喜ばせるためにおこなう全てのことは、全部自分たちで決めている、すとぷり。 だからこそ、何をするにも、心から楽しんでいる様子を見せてくれるのだ。 日頃からリスナーに対して率直に感謝を伝える彼らは紛れもなく、自分たちの気持ちにも正直に生きている。 ここで苺模様の浴衣を着た6人が、「苺色夏花火」、巨大なバルーンが会場中を舞った「よさこいディスコ Party」といった夏の2曲と、「大好きになればいいんじゃない?」をもって本編を締めくくった。

次の

【ライブレポート】すとぷりのさとみ、ワンマン<Memories>で「俺たちの背中を見て付いてきてくれれば」

すとぷり コール 歌詞

動画配信『すとぷり』は、~の2日間、にて初の単独での「すとろべりーめもりーvol. 今回単独では初となる「すとろべりーめもりーvol. 開場前からを求めて列を並ぶ大勢のすとぷりすなーで溢れていた。 ミニ「すとろべりーすたーと(すとすた)」の販売枚数は9万枚突破し、物販では会場限定付きCDも販売されていた。 以下2日目のレポートをお届けする。 「すとろべりーめもりーvol. 7」【2日目】開催レポート• 先ずは、動画が上映し、観客席から歓声が上がると、ミニ「すとすた」より『』が流れ、『すとぷり』のとなる苺色のの制服姿で6人が登場すると、会場のはに!苺のお城をした豪華絢爛な舞台で華麗なとを奏でる6人!そのまま、2曲目『』を歌い終えると、次はソロ。 ーは『』から、『Sコート』と続く。 黒の衣装をまとったがで情熱的なを決める。 ソロ曲3曲目は、るぅとが作詞・作曲を手がけた『この想いを歌に』。 透き通る声でじっくり曲を聴かせた後は、な。 による『』でを真っ赤に染める。 その後は、のパーカ姿で走って登場したのはころん。 舞台袖を何度も往復し、『』を歌いながら、会場を一つにする。 ソロのトリをつとめたのは莉犬!平成の代表曲の一つの『小さな恋の歌』を可愛く、パワフルに歌い上げる。 走る度に犬耳が揺れ、会場から!の声が聞こえる。 ここで再び動画が流れ、るぅと&莉犬が登場。 『すとろべりーごーらんどっ』を歌う。 るぅと、莉犬のにはたまらないキャッチーな1曲。 次に、、ころんの登場ではのような2人の掛け合いで大爆笑する会場。 そして、な。 、の2人が動画で登場すると、の曲『非リーム妄想中!』で一気に盛り上げる。 ソロ、、と続いた後に、ころん、莉犬、るぅとの3人が動画で登場し、で『』を歌う。 「好きって言って」の歌詞では、見事なスポンスを決める。 3人の曲が終わると、今度は、な。 、、が登場し、『イノコリ先生』を大人っぽく歌い上げる。 そして、ミニ「すとすた」より初パムという『』の演奏がすると、再び歓声が上がる。 にはおそろいの王子の衣装で登場し、絶妙なと息の合ったを披露する。 そのまま『 F』へ続くと、6人はにを駆け巡り、会場に段々とが近づいてくる。 ここで、「を残したい!」とな。 の一声で写真撮影!更に、1人ずつのを紹介し、最後は、『らぶ』!突如会場に現れた巨大なゴムで盛り上がる。 その後、6人が姿を消すと、直ぐに会場全体での呼びかけが始まる。 しばらくしてがいつの間にか「すとぷり」に変わると、再び、制服姿で登場した6人。 ここで1人ずつ、のこと、『すとぷり』のこと、日々の活動のこと、思いの丈を打ち明ける。 そして、1曲目は『 s』。 しっとりとした雰囲気の中、落ち着いた雰囲気で歌う6人。 2曲目は『大好きになればいいんじゃない』で一つになる会場と。 観客席から、有難う!の大歓声と鳴り止まない拍手の中、「すとろべりーめもりーvol. 7」は閉幕した。 メンバーのコメント ジェル みんな今日は楽しかった?素敵なができた?だったら嬉しい。 俺はすとぷりとして活動してきて、1人で苦しんでいる人を救っていきたい、そんな人の支えになりたい、とずっと思ってました。 こうしてみんながいて、こんな活動ができて幸せです。 ついてきてくれてみんなは俺たちの宝物です。 莉犬 今日は足を運んでくれて、こんなにたくさんの人が好きを伝えてくれてとても幸せです。 みんなが喜んでくれるから、頑張っていけるし、前に向かって走っていけます。 そしてすとぷりは、さんを一番大事に思えるだと思っています。 すとぷりはみんなに胸を張れないような活動はしません。 これからも君の推しでいる限り、ずっとずっと君の誇りでいます。 だからこれからも応援してください。 ころん こんな景色が見れて本当に本当に嬉しいです。。 もう感謝しても感謝しても言葉にならないくらい、どう伝えたらいいのかわからないくらいみんなに感謝しています。 こんなに大きく成長して、僕たちのことを支えてくれる人がこんなにもいっぱいいて、みんなで本当にやってて良かったなと、幸せだなと僕は思いました。 これからもっともっと凄いことが起こります!付いてきてください! るぅと まず来てくれて。 本当に。 ステキな笑顔を見せてくれて本当に今こんな風に活動できているのは、今応援してくれているみんながいるおかげです。 僕らだけじゃ放送も普段の放送ももできなくて。 今日まで本当に支えてくれて。 今日がみんなにとっての宝物になってたらすごく嬉しいです。 これから先絶対に止まることはありません。 全員すごく強いんです。 応援してて本当によかったなって、後悔させないから。 これからも付いてきてください!大好きです! さとみ 今日はこんなにたくさんの人の前で何かをできる機会をもらえるなんて思ってなかったし、こうして、たくさんの人が応援してくれて、会いにきてくれて本当にどれだけ頑張っても1人で叶えられないことってたくさんあるけど、今は頑張ろって言ったら頑張ろうって応えてく れるが横にいて、このに会えて心の底から嬉しいです。 色んなことをやってる人たちが集まっただから、色んなことをやってるけど同じ目標に向かって頑張れるってことだと思うんだ。 誰推しとか関係ないよ、本当に好きだって気持ちを届けてくれて本当に ななもり。 たのしんでくれたかな? 俺ねの最後に、みんなの気持ちを聞いていると、あの時こうだったなとか色んなことを思い返すの。 結成したての頃は みんとし、笑い合うことも衝突もあって一緒に走ってきて。 今すとぷりをこんなに大好きだ、って思えるのは、多くの人が見てくれて、もっと喜ばせるために頑張ろう、もっと前へ前へって一緒にやってこれたからだと思う。 こんなこと誰もやらないってくらい頑張ろうって走り抜けてきたけど、1人1人君のため頑張ろうって思えるのは、やDM、お手紙、1つ1つのが心に響いて、もっとみんなのためにって思えるから。 みんなで、すとぷりすなーと6人でみんなで走り抜けたい。 これからも幸せにするのでみんな付いてきてください。 よろしくお願いします! Photos• 「すとろべりーめもりーvol. 7」 日 時: 火・祝 -1、 水・祝 -17:30 場 所: 幕張 美浜区中瀬2丁目1 出 演:すとぷり 、るぅと、ころん、莉犬、、な。 「すとぷり」とは?.

次の

コールボーイ

すとぷり コール 歌詞

〜Show Timeの始まり〜>を開催した。 歌やおもしろ動画投稿者としても人気のジェルのワンマンライブにはまさかのサプライズゲストも。 2020年の始まりを告げるに相応しく華やかだった同公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。 1階と2階ともにぎっしり詰まったオーディエンスが待ちかねる中、黒いパンツに黒いロングカーディガンを合わせたラフな衣装でジェルが登場すると、1曲目の「虎視眈々」へ。 地元・関西での開催に彼自身の期待感も高まっているのだろう、「大阪、盛り上がっていけるか!」と笑顔を見せ、ジェルのイメージカラーであるオレンジのペンライトが揺れるフロアにマイクを向けたり、前方の観客が差し伸べる手にタッチしたり。 「みんな楽しそうやな! 俺もすごく楽しい! フロアが オレンジ一色でミカン畑みたいやな(笑)」と笑わせつつ、「すとぷりの曲を、もしジェルくんがひとりで歌ったら……」とワクワクの前振りをしたのは「僕らだけのシャングリラ」。 5人のぶんもキレッキレダンスで、オーディエンスのかけ声もどんどん熱を帯びていく。 「GO GO CRAZY」では、ダンスをしながらラップにウィスパーボイスにファルセットにさまざまな声を聴かせてくれるのだから、目も耳も満たされていく。 「踊ると思わんかったやろ?」と、いたずらっぽい表情のジェル。 「いやぁ、すとぷりの曲を歌うの、ひとりだとさみしいね。 もうひとり、呼びたいね!」と言って呼び込んだのは、すとぷり内コラボでのジェルの相方・ななもり。 「「僕らだけのシャングリラ」のとき、僕も袖で踊ってた!」と明かすななもり。 2人のトークはやっぱり息もばっちり。 「2人で歌う曲は決まってるじゃん!」と声を合わせて、「存在SHOW明」へ。 サビで重ねる歌声の力強さ、背中合わせになる姿もエモーショナル。 「非リアドリーム妄想中」では、フロアを見ながら「みんなめっちゃかわいいんだもん!」と言うななもり。 に、ジェルも「ホントにかわいい!」と続けるのだから、フロアが沸かないわけがない。 一転、「ここからは俺のすごく好きな曲、大事な曲をみんなに伝わるように歌いたいと思います」という言葉が導いたのは、切ないナンバー「ピエロ」。 鍵盤だけを伴奏に歌い始めた自身の作詞作曲による「always」も同様に、心を込めた歌が深く響いた。 「ここからはまた合いの手を入れてもらいます!」と言って、コール練習からして盛り上がりすぎた「ロキ」。 「ワンマンやからこそ、俺だけに向けた好きが伝わってくる!」とうれしそうなジェル。 「思いきり声出して、全力で楽しんで、新年初めてノドをツブして帰ってください!」と言った勢いのまま、「フィクサー」へ。 自ら作詞作曲した「Sコート バンドアレンジVer. キャッチーな「ユーモアチャンス」をはさんでの「ポーカーダンス」でも、オトナな色をたたえた歌声でドキドキさせてくれた。 そして、大きなアンコールに応え、オレンジカラーのすとぷりパーカーで再び現れたジェルはこう語った。 「1年前、<Jel 1st Stage>をやらせてもらったのは、400人規模の会場でした。 それまではあまり欲がなくて、俺が主役になるより周りのためにがんばればいいと思っていたんですね。 でも、自分を一番応援してくれている人に対して、それは失礼なんじゃないか、と考えるようになって。 自分が主役になること、それはすとぷりのためにもなるはずと信じて、<Jel 1st Stage>という一歩を踏み出しました。 そして今、こうしてZepp Osaka Baysideにこんなにたくさんの人に来てもらって、本当にうれしいです。 毎日の動画投稿にしても、続けられるのはメンバーがいて、みんなの声、応援があるから。 2020年、ここからスタートして最高の年にするから、ついてきてほしい。 〜Show Timeの始まり〜>2020年1月3日 金 @大阪・Zepp Osaka Bayside セットリスト 01. 虎視眈々 02. クイーンオブハート 03. 僕らだけのシャングリラ 04. GO GO CRAZY 05. 存在SHOW明 with ななもり。 非リアドリーム with ななもり。 ピエロ 08. always 09. ロキ 10. イノコリ先生 11. フィクサー 12. Sコート バンドアレンジVer. ユーモアチャンス 14. ポーカーダンス encore en1. JUMP AND FLY en2. ギンギラ銀河 03. アモーレ・ミオ 04. Next Stage!! Now and Forever 06. Party Light 07. ヒカリユメ 13. LOOK UP 14. タラレバ 15. 好きでいてくれていいよ 16. 23<すとろべりーめもりーvol. 10>Live at メットライフドーム ・GO GO CRAZY ・Move on! ・キングオブ受動態 ・すとろべりーめもりーvol. 23<すとろべりーめもりーvol. 10> Live at メットライフドーム ・GO GO CRAZY ・道標 ・おかえりらぶっ! ・すとろべりーめもりーvol. のはずだった。

次の