坂本 九 見上げ て ごらん。 坂本九

アイリッシュハープ用!坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」楽譜販売開始!

坂本 九 見上げ て ごらん

アニメ『波よ聞いてくれ』キービジュアル (C)沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局 テレビアニメ『波よ聞いてくれ』の最終話(12話)が20日(19日深夜)に放送された。 ラジオ局を舞台にしたアニメで、北海道に大地震が発生し人々が混乱しているシーンでは、歌手・さんの名曲「見上げてごらん夜の星を」が挿入歌として突然流れると、ネット上では「このタイミングで、この曲は反則でしょ。 泣ける」「坂本九を挿入歌に使うなんて豪華だぜ」「坂本九を流すアニメなんて、そうそうない」「コロナで混乱する中、この曲は心に刺さるな」などと驚きと感動の声があがっている。 漫画誌『アフタヌーン』(講談社)で連載中の同名漫画が原作の同作は、札幌市のスープカレー屋で働く主人公・鼓田ミナレが、ひょんなことからギョーカイ人の中年男性にダマされ、ワケも分からずラジオDJデビューするというストーリー。 最終回は、ミナレがDJを務める生番組中に大地震が発生。 混乱するが、スタッフ一丸となってリスナーに地震の災害情報や地震に対して悩むリスナーからのメールを読み上げる様子が描かれた。 そして、自身の番組終了とともにDJを別キャラクター・茅代まどかにバトンタッチすると、そこで彼女は「こんな時に不謹慎かも知れませんが、札幌が真っ暗になった時の私の感想は、『星がきれい』でした。 そして今も星を見上げている人たちがたくさんいると思います。 そのうち何人かは、この歌を口ずさんだんじゃないかな? では、聞いてください」と言うと、坂本九さんの歌声で名曲「見上げてごらん夜の星を」が流れた。 その後、人々が真っ暗の街中で坂本さんの歌声を聞いて夜空を見上げるシーンが描かれ、同曲が約2分間流れた。 この演出にネット上では「坂本九氏の音源そのまま流すのか…」「アニメの挿入歌で坂本九を聴くとは思わなかった!」「流れた時、『おー、マジか』となった」「いきなり流れてグッときました」「泣けるぞ…」「鳥肌もん」「坂本九が挿入歌になるアニメなんてこれ以降もうないでしょ」「坂本さん、アニソンシンガーデビューしちゃった」「来年のアニサマで歌われる可能性あるぞ!」などと驚きと感動の声があがった。 また、災害時においてラジオが持つ役割は大きいことから、そのリアリティーを描いた最終回に「結構感動しちゃったなあ。 ラジオの力を改めて考えさせられた作品でした」「軽快なノリの作風だったからまさか最後に地震の話を持ってくるとは思わなかったな。 ハッとさせられた。 非常事態だからこそいつものパーソナリティいつもの声で安心を届ける。 そうだよな、災害時にこそラジオは必要だよなぁ。 いやーラジオってイイなと」「ソープが銭湯を開く話とか、星がきれいだって話とかリアルを急に拾うからびっくりした」などと作品を高評価する声も出た。 第1話では、麻藤がミナレに言うセリフで「ラジオには『3秒ルール』ってのがある。 無音が3秒続くと放送事故、8秒も続けば俺のクビが飛ぶ。 止めるからにゃアンタが間を持たせるんだぜ?」がある。 セリフや劇伴が入らないシーンでも、人の話し声や車の往来の音、虫の声などの「環境音」を入れていますので、注意深く聞いていただければと思います」と話してくれた。 また、同作では、『007』シリーズでジェームズ・ボンド役(ダニエル・クレイグ)の藤真秀、、などの山路和弘、、の浪川大輔など、吹替えで実績がある人物が顔をそろえる。 キャスティングの意図について大塚プロデューサーは「『波よ聞いてくれ』という作品が、アニメよりも実写寄りの作品と考えていましたので、劇伴の使い方、効果音のつけ方、キャスティング諸々が実写寄りの演出が合うだろうと考えていました」と説明。 「そこから監督がお仕事をご一緒させていただいて、さらに吹替えを多くやられている音響監督の高橋剛さんにお声がけをさせていただきました。 キャスティングについては、高橋さんを中心に行いましたので、自然と実写吹替え中心のキャストさんになりました」と経緯を明かした。 『ランボー/最後の戦場』(2013年)『バイオハザード』(04年)などで演出を担当した高橋音響監督が、今まで一緒に仕事をした中で信頼できる人を起用したのだと明かしてくれた。 ラジオ局で働く人たちの人間ドラマを描いたストーリーは、生身の人間を演じる機会が多い吹替え声優たちによって魅力が増したと言える。 非日常ではなく現実的な題材を扱うアニメおいて、吹替え声優の起用が思わぬ面白さを生み出すと感じた。

次の

坂本九の歌詞一覧リスト

坂本 九 見上げ て ごらん

見上げてごらん夜の星を 坂本九 小さな星の 小さな光が ささやかな幸せを うたってる 『見上げてごらん夜の星を』は、1963年5月にリリースされたのシングル曲。 作詞:永六輔、作曲:いずみたく。 元々は、1960年初演のミュージカル劇中主題歌であり、歌詞の内容もこのミュージカルのストーリーを反映したものになっている。 1963年11月に坂本九主演で映画化された(『』が大ヒットした年)。 写真:1963年11月公開の映画『見上げてごらん夜の星を』ポスター このページでは、『見上げてごらん夜の星を』の歌詞の意味と直結する、ミュージカルのあらすじ・ストーリーを簡単にご紹介したい。 また、『見上げてごらん夜の星を』の有名なカバー曲として、平井堅とゆずのカバー盤についても簡単に言及する。 昼は働き、夜は定時制高校に通う苦学生の歌 1960年初演のミュージカル『見上げてごらん夜の星を』は、永六輔・いずみたくが制作・公演した和製ミュージカルの先駆け的作品。 そのストーリーは、初演当時の日本における集団就職の時代が背景となっている。 写真:上野駅に到着した集団就職の若者たち 戦後の高度経済成長期においては、製造業をはじめとして多くの若い働き手が求められていた。 東京・上野駅には、集団就職のために地方から集まった若者たちが次々と到着し、その様子は1964年(昭和39年)の歌謡曲『あゝ上野駅』にも歌われた。 集団就職の若者たちは、昼間は企業で働きながら、夜は定時制高校(夜間学校)に通い勉学に励む者も多かった。 ミュージカル『見上げてごらん夜の星を』の主人公も、昼は働き、夜は定時制高校に通う、そんな苦学生の一人だった。 見上げてごらん夜の星を 小さな星の 小さな光が ささやかな幸せを うたってる 見上げてごらん夜の星を ボクらのように 名もない星が ささやかな幸せを 祈ってる <引用:『見上げてごらん夜の星を』歌詞より> 『見上げてごらん夜の星を』の「夜の星」とは、夜間学校で勉学に励む集団就職の若者たちを暗示するものであり、ささやかな幸せを求めて苦学に励む彼ら自身の姿が夜空の小さな星に投影されているのだろう。 二人なら 苦しくなんかないさ 定時制高校(夜間学校)は、昼間の高校(全日制高校)と同じ校舎と教室を使用する。 ミュージカル『見上げてごらん夜の星を』の主人公が夜間学校で使う机は、昼間の高校で女学生が使っている机だった。 ジャケット写真:1963年のミュージカルCD『見上げてごらん夜の星を』 主人公の青年は、昼間に同じ机に座る女学生と机を介して文通を始め、やがて知り合う仲となる。 将来への夢を持ち、悩み多き年頃の二人。 主人公の青年は、彼女と手を取り合い、「見上げてごらん夜の星を」と歌い上げるのだった。 手をつなごう ボクと おいかけよう 夢を 二人なら 苦しくなんかないさ <引用:『見上げてごらん夜の星を』歌詞より> 平井堅のカバーについて 『見上げてごらん夜の星を』は多数のアーティストがカバーしているが、中でも特に有名と思われる平井堅とゆずのカバー盤について簡単にまとめてみたい。 まず、平井堅については、 2003年12月リリースのカバーアルバム「Ken's Bar」(ケンズ・バー)のなかで、同曲のカバーを収録している。 平井堅によるカバーでは、原曲の坂本九の音声も用いられており、坂本九との疑似的なデュエットが実現している。 PVでは、最新技術を用いて、坂本九の映像と平井堅の映像でのデュエットも実現し、同曲で出演した第54回NHK紅白歌合戦(2003年)でもこのデュエット映像が披露された。 ゆずのカバーについて 男性フォークデュオ「ゆず」による『見上げてごらん夜の星を』のカバーについては、2006年のライブ限定盤、2016年の日本生命CMソング盤の二つがある。 ジャケット写真:ゆずイロハ1997-2017『見上げてごらん夜の星を』収録 日本生命CMソング盤はCMやラジオ・音楽番組等で多数放送され、大晦日の第67回NHK紅白歌合戦にも同曲で出場した。 リリース3ヶ月前に熊本地震が発生(2016年4月14日)。 カバー曲の印税は、大きな被害に見舞われた熊本市に全額寄付されたという。 同年12月には熊本城二の丸広場で無料ライブを開催している。 関連ページ 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜 明日があるさ 明日がある 若い僕には 夢がある.

次の

見上げてごらん夜の星を (曲)

坂本 九 見上げ て ごらん

概要 [ ] 元々は、1960年にとが制作・公演したの劇中主題歌でありとリリオ・リズム・エアーズが歌っていた。 に、が(現:EMIミュージック・ジャパン)からシングルレコードとしてリリースすると大ヒットした。 編曲者はである。 坂本はミュージカルの再演とでも夜学生を主演し、地方から東京へ集団就職し定時制高校に通っていた生徒たちは、この名曲に励まされたという。 いずみによると同曲はレコードで聴くというよりは自分でなんとなく口ずさんでしまいたくなる曲であり、ヒットのわりにはレコードはあまり売れなかったという。 なお、作曲を手がけたいずみたくは本楽曲で・作曲賞を受賞している。 坂本は本楽曲で1963年末の「」に3回目の出場を果たし、目をつむって熱唱した。 また、の「」でも坂本によって歌唱されている。 にはが本楽曲をカバーし、最新技術を用いた坂本のオリジナル映像との組み合わせでまるで坂本と平井が本当に共演しているかのようなが製作され、同年の「」でも平井と坂本の映像のデュエットが披露された。 で坂本が不慮の死を遂げた直後の放送の系「」では、が坂本への追悼の意を込めて、当日歌唱予定であったオリジナル曲「うさぎ」の歌唱を急遽取り止めて本楽曲を涙ながらに熱唱。 その際にスタジオにいた出演者・スタッフのみならず多くの視聴者の涙を誘った。 この場面は番組史上に残る絶唱として番組が終了した現在もなお語り草となっている。 のボーカルは後年、プロミュージシャンを志すに当たって強い影響を受けた場面としてこの森による歌唱を挙げた。 森はこの後も他のテレビ番組でも幾度か披露したほか、自身のオリジナルアルバムでも本楽曲を録音した。 、全国の天文台が行った調査で「『星』で思いつく歌」という質問に対して、ディズニー映画のテーマ曲「」に次いで、本楽曲が2位に選出。 エピソード [ ]• 放送の「ごはんですよ! 」のテレビCM「思い出のフォーク篇」において「見上げてごらん夜の星を」が使用された。 2007年、海草振興局やまちづくり推進協議会などは、観光客誘致を狙って特殊な舗装で車が通ると音楽が鳴る「」を、紀美野町赤木のに整備したが、町内の小中学生のアンケート結果から『見上げてごらん夜の星を』を曲として採用した。 約320メートルを、溝の幅や深さがさまざまなしま模様に舗装し、制限速度を守って時速約40キロで走るとタイヤとの接触音が約30秒間車内でメロディーのように聞こえる仕組み。 事業費約500万円。 2011年後、の歌が被災地でミュージシャンに歌われたり、復興に向けたCMソングに起用されたりと静かなブームになった。 たとえば、坂本の妻で女優のと娘で歌手のとは岩手県釜石市で開かれたミニコンサートで『』と『見上げてごらん夜の星を』を歌った。 この2曲は、4月6日から約1カ月間、飲料会社(大阪市北区)のCMソングにも起用された。 同社の商品CMに出演している、、、、、、、らがバトンリレー形式で、の『』と『見上げてごらん夜の星を』を歌うメッセージ広告。 商品の宣伝は一切なく、最後に曲名と「SUNTORY」の小さなロゴが入る。 編曲は。 広報担当者によると「希望の歌のバトンリレーを行うことで、少しでもたくさんの人の気持ちに絆の和を広げていければ」という趣旨。 各曲60秒と30秒バージョンの計30本あり、出演者は総勢71名にのぼるが、全員ノーギャラという。 同CMはCM総合研究所による4月後半のCM好感度調査で2位 、2011年上半期の同調査では10位となり 、また、東京アートディレクターズクラブにおいてADCグランプリを獲得した。 2011年、のアニメ映画「」ではの『』が挿入歌とキャッチコピーとして使用されているが、脚本のは同曲があまり好きではなく、また映画の舞台となった当時の代表曲を使いたいという監督の意向から当初は『見上げてごらん夜の星を』を使用する予定であったが、プロデューサーが「あのころの少年にとって九さんの歌は『上を向いて歩こう』しかないよ」と変更したという。 坂本が疎開のため幼少時代に住んでいた茨城県の一部( 旧笠間市域 [ ])では、夕方17時の時報としてからこの曲が流される。 また、の防災行政無線では18時に市内全域で流されている。 坂本九によるカバー [ ] 「 見上げてごらん夜の星を」 の 見上げてごらん夜の星を 勉強のチャチャチャ リリース 時間 3分50秒 (作詞) (作曲)• 1963年 東芝ヒット賞• ・作曲賞 シングル 年表 九ちゃんのツンツン節 (1963年) 見上げてごらん夜の星を () (1963年) 結成7周年を記念してリリースされた21枚目のシングル。 の主演を務めた時に発売。 坂本盤と曲目は同一だが、B面の曲名が「勉強のチャチャチャ」から「チャチャチャで勉強」と題している。 収録曲 [ ]• 見上げてごらん夜の星を• 作詞: 作曲: 編曲:• チャチャチャで勉強• 作詞:永六輔 作曲:いずみたく 編曲: DEENによるカバー [ ] 「 見上げてごらん夜の星を」 featuring ダイアナ湯川 の 初出アルバム『』 今日の日はさようなら リリース 、 DEEN チャート最高順位• 週間18位() featuring ダイアナ湯川 シングル 年表 () 見上げてごらん夜の星を () (2002年) の22枚目のシングルとしてリリース。 と同じく父親をで亡くしたバイオリニスト、が参加した。 収録曲 [ ]• 見上げてごらん夜の星を• 見上げてごらん夜の星を/instrumental• 今日の日はさようなら/instrumental 収録アルバム [ ]• 『』 1, 2• 『』 1• 『』 1 参加ミュージシャン• 作詞:永六輔 作曲:いずみたく 編曲:DEEN&時乗浩一郎• DEEN• 池森秀一:Vocal• 山根公路:Keyboards• 田川伸治:Guitar• ゲストミュージシャン• ダイアナ湯川:Violin ゆずによるカバー [ ] 「 見上げてごらん夜の星を〜ぼくらのうた〜」 の 初出アルバム『』 リリース 規格 録音 チャート最高順位• 2016年度年間100位(2016年版・) シングル 年表 () 見上げてごらん夜の星を〜ぼくらのうた〜 () () 特別映像(Short ver. ) - 「 見上げてごらん夜の星を〜ぼくらのうた〜」(みあげてごらんよるのほしを ぼくらのうた)は、のメンバーが原曲の「見上げてごらん夜の星を」から新たにメロディや歌詞をアレンジし、ゆずのとしてから配信された楽曲。 この項では便宜上、2006年にリリースされた作品を「2006年版」、2016年にリリースされた作品を「2016年版」と呼ぶこととする。 2006年版 [ ] ・と・にて開催されたライブ「ゆずスマイルコンサート 2006 〜にほんのうた〜」で披露されたライブ音源をに、で配信した。 現在、ゆず公式サイトの「ディスコグラフィ」には記載されていない。 「スマイルコンサート2006 にほんのうた」にも収録されている。 さまざまなプロモーション方法があるなかで、「まずは耳で、曲を聴いてもらいたい」というゆずの想いに賛同した全国の各ラジオ局 の番組で、発売月である7月のエンディングテーマ・イチオシ曲・パワープレイ等に多数決定し、7月1日にCM部分以外も含めたラジオオンエアが解禁されて以降、多くのオンエアがされた。 そのこともあってかリリース時はテレビでは披露されなかったが、この年の11月1日の『』()でテレビ初披露 されたのを皮切りに、年末の大型音楽番組で多数披露された。 の『』ではこの年に逝去したオリジナル作詞家のの追悼として、ゆずの二人が永と生前親交の深かったのもとを訪ねて永の音楽に向き合う姿勢などを聞き、加詩部分についても「永さんが言いそう」と黒柳からお墨付きをもらったVTRの後に歌唱した。 は存在しないが、オリジナルへの敬意を表し、ゆず、スタッフ、スタジオミュージシャン全員が正装で参加したという1分程度の「Recording Movie」が「ゆず YouTube Official Channel」にて公開されている。 印税はリリース3ヶ月前に発生したで大きな被害に見舞われたに全額寄付された。 ベストアルバム『』に収録されて初のCD化となったが、オリジナルアルバムには未収録である。 収録曲 [ ]• 見上げてごらん夜の星を〜ぼくらのうた〜• (アルバム『千の風になって〜一期一会〜』に収録)• (アルバム『』に収録)• アナスタシア(声:)(『』収録)• (アルバム『リスペクト!〜私が昭和を歌ったらこんな感じ!〜』に収録)• (アルバム『井上堯之の世界』に収録)• (アルバム『』に収録)• (アルバム『色彩の主人公』に収録)• (に出したアルバム『ふるさと』の中で、タイトルを「みあげてごらん夜の星」に変えて発表。 (アルバム『ROOM802』に収録)• (としてカヴァー アルバム「」に収録)• (アルバム『』に収録)• (アルバム『』に収録)• (CDブック「ウインター・グリーティング」に収録)• (オムニバスアルバム『昭和おとなカヴァー』に収録)• (アルバム『』に収録)• (アルバム『SHUFFLE』に収録)• 浜田山〜ず(アルバム『Time Traveller vol. 1〜時代の夜汽車〜』に収録)• (iTunes限定配信)• (OGのカバーアルバム『麗人 REIJIN -Showa Era-』(2015年7月1日、)収録 )• (アルバム『Voice 邦楽・カヴァー集]』に収録)• 小鳥遊六花(声:)(『』挿入歌。 同番組オリジナルサウンドトラックに収録。 (アルバム『』に収録)• (アルバム『』に収録)• ( 13th Single『』の初回盤に収録)• (アルバム『A Cappella 1』に収録。 アカペラ混声5部による演奏。 (アルバム『』に収録)• ・・(アルバム『』に収録)• (アルバム『』に収録)• カヴァーアルバム『』 2008年 に収録• (アルバム『』にてカヴァー。 のち、アニメ『』エンディングテーマ)• (最新技術を用いて坂本九との仮想デュエット仕様となっている。 演奏はオリジナルのものを完全に使用。 アルバム『』に収録)• (カバーアルバム『THE ノスタルジックス』に収録 )• (アルバム『』に収録)• (映画『』主題歌)• (アルバム『』の初回限定盤に収録)• (アルバム『旅立つ季節に』に収録)• (ドラマ『』主題歌)• (2019年4月公開の映画『ボケとツッコミ』挿入歌 -監督:藤代雄一朗、製作:新潟市西蒲区役所・武蔵野美術大学、制作:DRAWING AND MANUAL )• (山岡美香ファーストアルバム「CHAMBRE」に収録、見上げてごらん夜の星を English Version )• (アルバム『あなた 〜よみがえる青春のメロディー』に収録)• (アルバム『Always』に収録)• (カバーアルバム「うたびと」(2015年8月26日)に収録。 (アルバム『』に収録。 歌唱は) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 中村吉朗 1999年12月30日. 読売新聞• 佐藤史朗 2008年4月6日. 東京新聞• 朝日新聞. 2011年1月4日• 朝日新聞. 1968年5月12日• 山根聡 2001年1月31日. 産経新聞• 毎日新聞. 2003年12月18日• 読売新聞. 2002年8月6日• 、桃屋 - 2020年3月29日閲覧。 毎日新聞. 2007年4月5日• 産経新聞• 日刊スポーツ. 2011年4月22日• 産経新聞. 2011年4月24日• 泉田友紀 2011年6月15日. 産経新聞• 産経新聞. 2011年8月2日• 東京アートディレクターズクラブ. 2011年9月30日閲覧。 北海道新聞. 2011年3月20日• スポーツ報知. 2011年4月21日• 毎日新聞. 2011年8月4日• 上村茉由 2015年6月27日. 産経ニュース. 2020年2月14日閲覧。 、坂本九 Official Web Site - 2019年11月9日閲覧。 、ITmedia、 2006年09月20日• 、TOY'S FACTORY、 2016年6月18日• 向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ powered by 」では7月18日から独占先行配信。 音楽ナタリー. 2016年7月25日. 、、、、、、、、、、、、、、、、、、等• 、TOY'S FACTORY、 2016年6月30日• 、TOY'S FACTORY、 2016年10月20日• ORICON STYLE、 2016年12月31日• 、TOY'S FACTORY、 2016年7月25日• スポーツ報知、 2018年7月16日• 2015年4月23日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年9月12日. 2016年9月13日閲覧。 西蒲映画 2019年4月19日. 2019年4月22日閲覧。 音楽ナタリー 20105-08-26. 2015年8月27日閲覧。 外部リンク [ ].

次の