新生児 げっぷ こつ。 【助産師解説】新生児のゲップが出ない…助産師が教えるゲップを出すコツ

ビックリするほど簡単に赤ちゃんにげっぷをさせる5つの方法

新生児 げっぷ こつ

新生児のゲップが出るタイミング まず覚えておいてくださいね。 新生児のゲップと言うように、ゲップをお母さんが出させてあげるのは本当に短い期間です。 ゲップの必要な期間は首が座るまでの期間です。 したがって、早い子なら3か月です。 長くても5~6か月くらいまでの間です。 寝返りが一人で上手に出来るようになるとゲップは自然に出ます。 ゲップはミルクを飲むときに一緒に空気も飲み込んでしまうから、空気を出す意味でゲップとなるのです。 一生懸命にミルクを飲む子ほど、空気を多く飲み込んでしまうので、ゲップのもとが多くなるのです。 ミルクを飲む時に上向きの新生児ほど空気を多く飲んでしまいがちです。 ですから吸い口が大きくない母乳の赤ちゃんのゲップは少なめです。 母乳の赤ちゃんのゲップは少な目か、あまり出ない赤ちゃんもいますよ。 新生児のゲップのタイミングは空気を大量に飲んでしまい、お腹にたまると苦しい時にゲップが出ます。 新生児のゲップを出す簡単なコツはこれ! ミルクを飲んでゲップが出ないとどうなるのかと言いますと、飲み込んだ空気と一緒にミルクも吐き出してしまいます。 ゲップが本当は出ないといけないのに、出ないまま寝かせますと仰向けに寝かせていた場合危険です。 吐き出したミルクが気管に入ってしまう事があります。 新生児のゲップを出す簡単なコツをお試し下さい。 赤ちゃんの抱き方は縦抱きにします。 赤ちゃんの頭をお母さんの肩にもたれさせます。 赤ちゃんの胸をお母さんの肩ぐらいまで上げます。 ゲップの出やすい姿勢はその赤ちゃんによっても違いますので、ゲップが出にくい場合は姿勢も色々と試すと良いですね。 前かがみが良いとか、垂直が良いとか個人差があります。 さする時間は長くて5分位で良いと思います。 ゲップが出なくても焦らず、合う方法を見つけよう! もう一度、おさらいです。 新生児のゲップ出しをお母さんがするのは、首が座り自分で寝返りが出るようになるまでです。 ゲップはミルクを飲む子が多く出ます。 母乳の赤ちゃんはほとんどゲップを出しません。 また、ゲップの替りにおならをしてそれで大丈夫な赤ちゃんもいます。 ゲップはミルクを勢いよく飲む子ほど出ます。 ミルクを飲ませる時のお母さんの抱き方でも違います。 仰向けに近いほど空気を吸い込みやすくなるので、ミルクと空気を大量に吸い込んでしまいます。 それでも、ゲップが出ないとお母さんは心配になり焦りますよね。 そんな時はどうしたら良いでしょうか。 一所懸命にゲップを出させようとしても、ゲップが出ない赤ちゃんもいます。 長くて5分背中をさすっていてもゲップが出ないで、寝かせたとたんに出ることもあります。 出ない時は赤ちゃんを横向きに寝かせてください。 赤ちゃんの右側を下に寝かせます。 胃と腸へつながる口が右側にあるので、ゲップが出なくてもスムーズに消化します。 大人の胃もたれの時と同じ寝方です。 万が一寝ている時に仰向けですと、吐いたミルクが気管に入る可能性もあります。 それを防止する意味でも横向きに寝かせるのが安心です。 それでも、ゲップが出ないのが気になるならば、赤ちゃんの背中側を軽くポンポンと叩いてみてください。 お母さんの気が付かない時におならで出たかもしれません。 また、ゲップではなくしゃっくりが出る赤ちゃんもいます。 ゲップが出てもミルクを吐く場合もあり、本当に色々なのです。 焦らないで下さい。 ゲップが出なくてお腹が張ったりして不機嫌でない限り、ゲップが出なくでも気にしないのが一番です。 ミルクを大量に吐くのが毎回でも機嫌が良ければ大丈夫です。 あまったミルクを吐いているのですから。 赤ちゃんのミルクを吐く病気はあります。 例えば胆道閉鎖症などの重大な病気もありますが、基本は吐いても元気で機嫌がよい状態ならばほとんどの場合は心配はいらないでしょう。 新生児のゲップはお母さんが心配なさるほど重大な事ではありません。 お母さんが手助けするのもほんの短い期間です。

次の

母乳育児のメリット・デメリットは?母乳で子育てを考えるママへ

新生児 げっぷ こつ

赤ちゃんにげっぷは必要? そもそも、なんで赤ちゃんに「げっぷ」をさせた方がよいのでしょうか。 赤ちゃんは 授乳や呼吸の際に、余計な空気のかたまりも飲み込んでしまうことがあります。 これは大人でも普通に起きている現象なのですが、 赤ちゃんは大人と違って、げっぷを自力ですることができません。 げっぷをしないでいると、 食後の赤ちゃんの胃の中が逆流してしまい、せっかく飲み込んだ母乳やミルクを戻してしまいます。 上手にげっぷができると、食事中に飲み込んでしまった不要な空気が排出することができて、息苦しさがなくなります。 また、もし、げっぷをせずに長時間ミルクと空気が体内に溜まっていってしまうと、 気管が詰まったり、一気に飲んでいた母乳やミルクを吐き出してしまう恐れがあります。 そのため、 授乳の後にはできるだけげっぷをさせてあげましょう、と産院では指導されます。 ただ、完全母乳であげて赤ちゃんが上手に飲んでいるときや、ミルク育児でも縦抱きで飲んでいるときには、あまり余分な空気を飲まないため、げっぷさせなくても大丈夫だったりします。 新生児のげっぷのさせ方 新生児のげっぷのさせ方は、赤ちゃんの抱き方によって変わります。 げっぷをさせる際は、母乳やミルクを吐き出しても良いように、口元にガーゼやタオルなどを用意し、優しい力加減で行いましょう。 たて抱っこしているとき 赤ちゃんの顔をママの方に近づけ ママの方に赤ちゃんのあごを乗せるように 、手のひらで背中を軽くたたきます。 抱っこのかたちがしっかりと落ち着いてから行いましょう。 また、あまり強くたたくと母乳やミルクまで吐き出すことがあるので、誰かに声をかけるときに軽く肩をたたくくらいの弱いタッチで大丈夫です。 たたかなくでも、優しく、背中を上下にさすってあげるだけでもOKです。 膝抱っこしているとき ママの体を何かに寄りかかって斜めにしてから、赤ちゃんを体に寄りかからせるように抱っこします。 新生児でもできますが、首が座った3か月頃から楽な方法です。 抱っこしたら、立て抱っこ同様、背中を軽くたたくかやさしくさすってあげます。 膝で抱える この方法はハイハイや寝返りをする前のおとなしい時期に適しています。 赤ちゃんをママの両膝の上にうつぶせに乗せてから、背中に軽く手を乗せ、腰から肩にかけてやさしくさすってあげます。 それでもしないときのげっぷをさせるコツ 上記の基本的なげっぷのさせ方でもげっぷをしない赤ちゃん・・手ごわいですね! そんな赤ちゃんにげっぷをさせる方法として、赤ちゃんの体勢を思い切って垂直/前かがみにしてげっぷをさせる方法というものがあるようなのでご紹介します。 以下、前かがみにしてげっぷをさせるときの手順です。 赤ちゃんの顎を自分の片方の腕にかけるように抱っこする• もう片方の手で赤ちゃんの背中側を支え、両手で赤ちゃんを挟むようにする• その状態で自分の太ももに座らせる• 背中をやさしくさすってあげる このときのコツは、 太ももの上に座らせた赤ちゃんを「ママのおなかにできるだけ近い場所」に引き寄せてあげることだとか。 密着することで、体勢が安定し、またママにくっつく安心感からか上手にげっぷをしやすいようなので、なかなかげっぷをしない赤ちゃんには、この方法、試してみてはいかがでしょうか。 どうやってもげっぷをしないとき 赤ちゃんがげっぷをしないからといって、焦らなくても大丈夫です。 大人と同様、赤ちゃんにもげっぷの出るタイミングがあり、口からでなくお尻から、おならとして飲み込んだ空気を出すこともあります。 また、げっぷが出ないときに赤ちゃんを横に寝かせるときには、特に寝返りのできない 新生児期はうつぶせ寝は危険なこともあるので、枕の高さを左右で変えるなどして、少し横向きになるようにしましょう。 赤ちゃんは、寝ているときにげっぷをすることも多々あるので、口元からミルクが漏れても大丈夫なように、ガーゼやタオルを、赤ちゃんの顔の下に敷いておくと便利です。 授乳後に必ずげっぷをするわけではないので、げっぷをしないからと言って、必要以上に不安になったり、ママがイライラしてしまうとm赤ちゃんはその空気を感じ取って不安になってしまいます。 げっぷをしなくても、赤ちゃんは病気になったりはしませんので、大丈夫。 げっぷがでないことがあっても、あまり気にせず、次の授乳のときにはきっとでるさ、と気持ちをラクにし、ストレスをため込まないようにしましょう。 授乳後のげっぷも 「やらなきゃならない仕事」だと考えてしまうと焦ったりイライラしてしまうかもしてませんが、赤ちゃんがママのちからを必要とする期間って、実はとっても短いんです。 げっぷもそのひとつ。

次の

赤ちゃんが、げっぷせずに寝てしまう。授乳後のゲップについて

新生児 げっぷ こつ

<目次>• おっぱい・母乳は欲しがるだけあげましょう おっぱいやミルクを飲むのは赤ちゃんも結構体力を使います 昔から言われる「3時間おきの授乳」。 しかし! ママの母乳の出方や、赤ちゃんが飲める量はそれぞれ違います。 そのため、赤ちゃんがお腹の減る時間には個人差があります。 授乳間隔は誰でも絶対に3時間ということはありません。 なかなか上手に吸い付けない子もいます。 チュパチュパしていても、たくさん飲めていない場合もあります。 疲れてしまって、お腹が空いてるけれど飲むのを止めてしまう場合もあります。 赤ちゃんとママがお互いに慣れてくると、少しずつ変化してきますけどね。 この時期の赤ちゃんには、欲しがるときに欲しがるだけ飲ませてあげましょう! 赤ちゃんの生活は寝たり起きたりの繰り返し 赤ちゃんは寝るのが仕事!? 赤ちゃんの睡眠時間についても、上で説明した授乳間隔と同じです。 「3時間おきの授乳」同様、「赤ちゃんは3時間寝る」という神話も昔からあります。 しかし、3時間眠る子もいますし、3時間未満で起きる子もいます。 反対に、3時間以上寝る子もいます。 いろいろです。 赤ちゃんによってそれぞれペースは様々ですが、新生児期の赤ちゃんは「寝る・起きる・泣く」のがお仕事。 ママも慣れない育児に疲れていて、赤ちゃんの泣き声がうるさく感じるときもあるでしょう。 でも、この時期の赤ちゃんは「泣く」ことで欲求を伝えることが仕事なのです。 泣いたら「どうしたの?」と優しく声をかけてあげてくださいね。 取り替えたばかりのおむつだと、赤ちゃんも気持ちが良い! 紙おむつを利用している方が多いと思います。 ガイドも紙おむつを利用していました。 布おむつの利用も、私が保育士をしている頃に、13人中2人くらいの割合でいました。 紙おむつにしても布おむつにしても、濡れたら取り替える!ということを、頭に入れてください。 おむつが濡れると、赤ちゃんは泣いて訴えます。 1回排泄物を出したおむつは、不快なのです。 そして、新生児はおしっこの回数も、うんちの回数も多いです。 肌もデリケートで、かぶれやすいのです。 室温と衣類をチェックして、赤ちゃんを快適に 体温調節が未熟な新生児。 室温は、夏は26度前後。 冬は20度前後を目安にしましょう。 外気温との差が「5度以内」が、ベストな状態です。 布団の中にいることがメインの新生児なので、衣類の着せすぎなどにも注意! 赤ちゃんの手のひらや背中を触ってみて、汗ばんでいたら1枚脱がせるなど、衣類を上手に調節してくださいね。 そして、汗をかいたら着替えをして、清潔に保ちましょう。 沐浴は毎日しましょう 新陳代謝が激しい赤ちゃん。 まめに沐浴をさせてあげたいものです。 清潔に保つためにも、体調を見ながら、沐浴を毎日させてあげましょう。 お湯に入ったときの、気持ちよさそうな表情。 とっても可愛いですよね。 赤ちゃんは裸の状態になると不安定になるので、ガーゼや柔らかいタオルを、手からお腹にかけて持たせてのせてあげましょう。 0~1ヵ月はママの休養が大切な時期! ママも産後の大切な時期。 ゆっくりさせてあげてね 産後は、ママも「出産」という大イベントを終えて、体も疲れています。 子宮を元に戻したり、母乳育児を軌道に乗せたり……と、痛さと戦う時期でもあります。 ホルモンの働きで、マタニティブルー(産後うつ)になってしまう場合もあります。 でも、赤ちゃんは「まったなし!」。 泣いておっぱいを欲しがったり、おむつを取り替えて!と訴えます。 ママはそこでイライラしちゃうこともありますよね。 そこで、心強い味方は「パパ」。 出産は、どうしても女の人の仕事ですが、子育ては違います。 パパもいっぱい参加できるのです。 おっぱいをあげるのは無理でも、おむつ交換に沐浴、そして、パパの愛情たっぷりの抱っこ。 お腹の中にいた頃とは違います。 パパの参加は、ママの体を十分に休めるためにも不可欠。 お仕事で疲れているとは思いますが、ママも慣れない子育てで神経を張りつめているのです。 ママの支えになってあげてくださいね。 【余談】 この時期は、おっぱいの場合がほとんどですが、我が家の長男のように入院やらで、母乳を搾乳して、哺乳瓶であげる場合もあります。 または、乳首が陥没していて、赤ちゃんが上手に吸えない場合も、搾乳をして哺乳瓶でという場合もあります。 こういった場合は、パパも授乳に参加できますよ。

次の