いらすとや 悩む。 いらすとや

これが無料?優秀なフリーイラスト素材サイト30(商用利用可)

いらすとや 悩む

「え?こんなものまで?」と驚くほどたくさん、それも親しみやすいタッチで統一されたイラストが揃うフリー素材サイト「」が大人気。 「」「」との声が上がるほど、あちこちで使われています。 実際、「いらすとや」はWebデザインでも使い勝手がよく、とても便利。 でも、案件によっては 「競合サイトとイラストがかぶってしまう」「別のタッチのイラストが使いたい」といったこともありますよね。 そこで、使い勝手のいいイラスト素材サイトを厳選して、各サイトの特徴をまとめてみました。 なお、商用利用可能なサイトの場合でも、グッズや再配布、販売目的での利用は禁止されていることがほとんどです。 必ず各サイトの利用規約を確認してください。 「いらすとや」の作者が運営するゆるかわサイト『いらすとん』 『いらすとん』は、「いらすとや」のみふねたかしさんが運営するもう1つのフリー素材サイトです。 「ゆるかわイラスト無料素材集」とのキャッチコピーのとおり、絵本から飛び出したような、やわらかな雰囲気の手描きイラストがそろっています。 「いらすとや」と同様、こちらもいろいろなテーマのイラストがたくさん用意されているので、使いやすそうですね。 商用利用、加工も可能で、クレジット表示や会員登録は不要。 画像形式はJPEGです。 20万点もの膨大なイラストが揃う『イラストAC』 『イラストAC』は、20万点もの膨大な数のイラストが無料でダウンロードできるサイト。 登録イラストレーターたちによって、人物、乗り物、動物など、あらゆるジャンルの、さまざまなタッチのイラストがアップされています。 利用にあたってはメールマガジンの登録が必要。 無料会員の場合は15秒間の待ち時間がかかるほか、1日20点までの制限があります。 再配布などの禁止事項を除き、商用利用可能、加工も可能です。 待ち時間なし、点数制限なしの有料会員もあります。 画像形式はイラストによって異なりますが、JPEG、PNG、EPSです。 線の太い独特のイラストがかわいい『落書きアイコン』 『落書きアイコン』は、太めのゆるい線、独特のタッチのかわいい、アイコンイラスト素材サイトです。 アイコンと言っても、動物や植物、文具など、カットとしても使える正方形のイラストが600点近くあります。 商用利用可能で、加工もOK。 クレジット表示や会員登録は不要です。 画像形式は、透過PNGです。 タッチの揃った職種別イラストが充実している『フリーラ』 『フリーラ』は、イラストレーターのももちさんが運営しているイラスト配布サイト。 看護師、保育士、ビジネスパーソンなど、職種別に分類された100点以上のかわいい人物イラストがダウンロードできます。 イラストのタッチが揃っているので使いやすく、サイトのデザイントーンを保つことができます。 商用利用可能で、加工もOK。 クレジット表示や会員登録も不要なので、手軽に利用できます。 画像形式は、透過PNGです。 EPS形式でもダウンロードできて使いやすい『ピクト缶』 『ピクト缶』は、イラストレーターのくうたろうさんが運営するイラスト配布サイト。 食べ物や人物など、100点以上のイラストがあります。 デフォルメされたイラストのタッチがかわいいですね。 ダウンロードボタンをクリックすると、EPSとPNGファイルをまとめてダウンロードできるので、確認用と制作用の画像が一度にゲットできるのは便利です。 商用利用可能で、加工OK。 クレジット表示や会員登録も不要です。 画像形式は、EPS、透過PNGです。 ラフなタッチのかわいいイラストが900点以上がダウンロードできます。 手書き風の文字を使ったサイトのデザインもかわいらしく、イラストには作者のコメントがついているので、眺めているのも楽しいサイトです。 商用利用、加工もOKで、再配布や販売などを除けば緩やかな利用条件となっています。 画像形式は、透過PNGです。 姉妹サイトの「」もおすすめ。 スタイリッシュな人物イラストがおすすめ『ガーリー素材』 『ガーリー素材』は、個人で運営されているイラスト配布サイト。 名前のとおり、ガーリーなイラストが80点以上ダウンロードできます。 人物、花、食べ物などいろいろありますが、女性誌に出てきそうなスタイリッシュな人物イラストが特におすすめ。 商用利用可能で、加工もOK。 クレジット表示や会員登録は不要で、グッズでの利用も可能とのこと。 画像形式は、EPS、JPEGまたは透過PNGです。 使いやすいカットが充実している『イラストレイン』 『イラストレイン』は、スタジオスプーンが運営するイラスト素材サイト。 現時点で、9940枚のイラストが掲載されています。 テーマは人物、食べ物、動物などさまざまですが、特に季節の行事などのイラストが充実しています。 ファンシーなイラストが多いので、学校や子ども向けのサイトなどで使いやすそうですね。 商用利用可能で、クレジット表示や会員登録は不要。 画像形式は、透過PNGです。 プレゼンにも便利なシルエット専門サイト『シルエットAC』 『シルエットAC』は、その名のとおり「シルエット」イラストに特化した素材サイト。 よく使う人物のシルエットから、花や食べ物、建物、スポーツといったものまで幅広く揃っているので、アイコンやバナーだけでなく、プレゼン資料などにも活用できそうです。 メールマガジンの登録が必要ですが、イラストACと同じアカウントで利用できます。 利用条件もイラストACと同様です。 画像形式は、JPEG、透過PNG。 有料会員になるとEPS形式でもダウンロードできます。 歯医者さんのサイト制作なら『歯科素材屋さん』 『歯科素材屋さん』は、歯科医院向けに特化したイラスト素材サイト。 歯科医院向けのサイト制作を手がけるコムネットが運営しています。 歯医者さんのポスターで見かけるような歯や虫歯菌、歯ブラシのキャラクターから、歯周病の進行永久歯の名称などの説明イラストまで、歯科医院に必要なあらゆるイラストが揃っています。 利用条件は、歯科医院、および歯科医院から依頼を受けた制作会社がWebサイトや印刷物へ利用する場合は無料となっています。 それ以外のケースではクレジット表示や利用料が必要です。 詳しくはを確認しましょう。 画像形式は、GIF、PNG、JPEGです。 肩こり・腰痛などの整体院向けイラストが揃う『からだピクチャー』 『からだピクチャー』は、整体院・接骨院などの治療家向けのイラスト素材サイトです。 口コミサイト「ヘルモア」の運営を手がけるプロデュース・アクティビストが運営。 施術光景や肩こり・腰痛といった症状を示すものなど、院内ポスターやパンフレットでよく見かけるイラストが250点以上揃っています。 商用利用可能で、加工もOKです。 クレジット表示は不要ですが、最初にメールマガジンへの登録が必要です。 画像形式は、JPEG、透過PNGです。 ぜひブックマークして、案件に合わせて活用してください。

次の

これが無料?優秀なフリーイラスト素材サイト30(商用利用可)

いらすとや 悩む

5 自転車に乗りながら携帯電話を操作する女性のイラスト No. 6 自転車通学用のヘルメットのイラスト No. 9 自転車専用道路を走る自転車のイラスト N0. 10 いろいろな色の自転車のイラスト 7ページの『No. 4 コンビニに突っ込む車のイラスト』のように大きなサイズのイラストはなく、イラスト自体は小さなサイズですが様々なイラストを組み合わせてきており、時間がかかるばかりでうまく探し出せません。 結局、10ページの『自転車を避ける女性』のイラストは見つけることができませんでした。 14~15ページ No. 23 「危険」のイラスト No. 24 スピード違反のイラスト No. 25 いろいろな表情の車を運転している男性のイラスト No. 26 怒る警察官のイラスト No. 27 横断歩道のイラスト「手を上げて渡る男の子」(顔は同じだが服装が異なる) No. 28 警察官のイラスト ここから、難易度が跳ね上がります。 なんと、『いらすとや』のイラストを使った4コマ漫画が出てきました。 1コマ目と3コマ目、そして4コマ目に出てくる子供と老人のイラストは絞り切れませんでした。 ちなみに、 1コマ目と3コマ目の子供と老人は同一人物なのですが、4コマ目は別人になっています(髪型や輪郭が違う)。 色々と闇が深いです。 26~27ページ.

次の

いらすとや

いらすとや 悩む

様々なシーンで利用出来るイラストを提供している、フリー素材サイト「」。 ハゲルヤでも何か使えるものはないものかとサイトを巡回してみると、そこには沢山のハゲ達が。 かわいいイラストが多いので、SNSのアイコンに使うのもいいかもしれません。 育毛剤を使う男性 勢いたっぷりに頭皮に育毛剤を振りかける男性。 ポジティブさを感じます。 抜け毛に悩む男性 ぱらぱらと舞い落ちる自毛に思わずションボリしている男性。 母性をくすぐりたい方にはピッタリかも。 頭頂部がハゲている男性 男は黙って背中で語れ!ザビエルスタイルの男性。 ストレスで抜け毛が増えている男性 ムシャクシャしたときに。 円形脱毛症の男性 切ない。 でも円形脱毛症は原因を取り除けば治ります。 扇子を扇ぐハゲ中年 諦めの境地。 見事な開き直りっぷりが清々しい。 カツラが飛んでいく人 完全にネタです。 カツラを外すお爺さん カミングアウト済みのあなたに。 ハゲに対する情熱を感じさせる「いらすとや」のハゲイラスト。 果たしてここまでバリエーションが必要な理由とは・・・。 一度制作者の方にお話をうかがってみたいものです。

次の