コロナ ゴルフ は 大丈夫。 新型コロナウイルスは個人のゴルフにも影響する?

緊急事態宣言でゴルフ場は大丈夫?ラウンドは自粛した方がいいの?

コロナ ゴルフ は 大丈夫

先輩C:いまのゴルフ場の状況って、何か情報ある? 筆者A:PGM(最大級のゴルフ場運営会社)の広報によると、3月8日までの情報ですが「全国142コースで3組以上のコンペのキャンセルは1000件を超えている」という話でした。 これだと、1コンペ最低10人としても1万人以上、1人1万円とすれば億単位になる。 これがいつまで続くかわからない。 僕も2つ、コンペがなくなりました。 個人客のデータはないのですが、さっきフロントで聞いたら、コンペやパーティーのキャンセルは多いそうですけど、結構人は来ている。 ただ、風呂はすいているようです。 感染リスクを高めるとのことで。 先輩B:コロナ対策といっても、ゴルフ場もなかなか難しい。 筆者A:PGMでは、クラブハウスに立ち寄らないようにするスルーラウンド(休憩なしで1ラウンド)や、食事でもビュッフェスタイルを中止しているとのことです。 先輩C:ゴルフはしたいけど、人との接触は避けたい、ということだな。 マイカーで来て、ゴルフをやって、さっと帰る。 筆者A:練習場もこの前のぞいてみたんですが、平常どおりというか、昼間だったのでいつもは高齢者が多いんですけど、20~40代も多かったようにみえました。 プロゴルフにも多大な影響 ゴルフは進んでいく。 久しぶりに外で動いているという満足感もある。 後輩D:ゴルフのトーナメントも大変ですよね。 女子は2試合中止だし、これからも増えていく感じですよね。 筆者A:男子は4月開幕なので、プロ野球やJリーグの動向なども含めてまだ様子見だろうけど、すぐに収まるとは思えない。 大相撲が無観客で開催する決断をしたけど、オープンエアのゴルフなら無観客でやれる。 ただ、スポンサーにとってはプロアマ戦が大事なので、この時期にクライアントを招待できるかという問題もある。 先輩B:選手の中から感染者が出たりしたら、スポンサーのイメージもあって、なかなか難しい決断だと思う。 筆者A:みんなが自粛っていう時期に、開催っていうと、批判もされるだろうし。 先輩C:首相が「自粛要請」といってあいまいにするから、こうなってしまう。 責任を取らない、うまい言い方だよ。 休校も、結局は自治体判断に任せていて、本人が責任取る、批判も受けるっていう姿勢はあまり感じられない。

次の

コロナウイルスによるゴルフ場の現状と対策

コロナ ゴルフ は 大丈夫

「従業員教育」「コース及び施設の運営、管理」「来場者への対応」の3項目に分けて具体的な施策を列挙した。 まず、従業員に日常生活から感染予防を徹底させることが大前提。 その上で、屋内施設の利用時間を短縮するため利用客にプレーする服装での来場を呼び掛け、スループレーや9ホールプレーを採用してレストラン営業を休止する選択肢を提示している。 ほかにもスコアカードやホルダーの消毒など、すでに各ゴルフ場が取り組んできた対策と重なる部分を含め、改めて明文化した。 また、今後の気温上昇に伴う熱中症対策として、人と人との距離が保たれている屋外でのプレー時はマスクを着用しなくてもよいこと(会話時はマスクを着用)を周知していく。 練習場の措置は? 全日本ゴルフ練習場連盟(JGRA)も14日、を発表。 JGRA独自の対策のほか、経済産業省や国立保健医療科学院の有識者らの指摘も盛り込んだ。 これまで利用客には来場時から一貫してマスク着用を求めてきたが、熱中症対策も見据えた緩和措置として、打席の間隔が2m以上離れ、客同士の会話もなくボールを打つケースでは練習中のみマスクを外すことも認めている。 入会説明など接客を伴う業務も、マスクを着用してビニールシートの仕切りを設ければ、15分間以内の会話は問題ないとしている。 アウトドア、インドアを合わせて全国に3500から3600あるとされる練習場のうち、JGRAに加盟している練習場は約600カ所。 作成に携わった有識者から今回のガイドラインを全国規模で周知徹底してほしいとの依頼があり、JGRAのホームページ上に掲載するだけでなく、非加盟の練習場にも文書として配布する準備を進めている。

次の

新型コロナウイルス感染症に対する予防対策について | PGM

コロナ ゴルフ は 大丈夫

現状のゴルフ場側の対策や対応は? まず、2020年4月13日現在のゴルフ場・ゴルフ練習場の対策と対応はどういう状況になっているのか? 説明していきましょう。 ゴルフ練習場の営業自粛は要請から外れた 最初の内は、ゴルフ練習場やバッティングセンターなども営業自粛の要請がなされると言っていましたが、現段階ではその範囲から外れた状態になりました。 ただし、インドアのゴルフ練習場・スクールなどはクローズしているところが多いので注意しましょう! ゴルフ場の対応は各自に任せている状況 ゴルフ場においては基本的に各ゴルフ場に対応を任せている状況になっています。 ほとんどのゴルフ場がクローズにはしていないようですが、非常事態宣言の出ている範囲内のゴルフ場は自らクローズにしているところもあるようですね。 さらに、スループレーにしたりキャディ付きをなくしたりするところもありますので、各ゴルフ場にしっかりと事前連絡しましょう。 アコーディアグループは独自の対策を発表 全国で100以上のゴルフ場・練習場を運営するアコーディアグループは、緊急事態宣言の出ている東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県において、• 原則スループレー• ロッカーの使用禁止• 浴室使用禁止• クラブ送迎バス禁止 などの対策を徹底するそうです。 密集、密閉、密接の3密をしっかりと対策している形をとっていますね。 期間は、緊急事態宣言の出た4月11日〜5月6日の予定ですが、予定通り進むかどうかは今後の展開次第と言えるでしょう。 具体的なゴルフラウンドでのコロナ対策方法! では、実際にゴルフラウンドに行く際のコロナ対策方法をご紹介しましょう。 これを機に、そのことを思い出してみてもいいかもしれませんね。 消毒液などを噴射することがおすすめとのこと。 しまっておくか、しっかりとクリーナーやタオルの上に置くこと。 自分で元から用意しておくことが望ましいでしょう。 できる限り人と人との感覚を2メートル以上取るようにしましょう。 飛沫が付着しづらく、感染の可能性を大きく下げることができます。 【他の人の持ち物やピンにできる限り触れない】 ことも、感染しない大事なポイントです。 特に、ボールやピンには十分注意しましょう。 ゴルフカートにできる限り乗らない• カートに乗るならむやみに触れない・もしくは除菌する• グローブを清潔にする• 携帯電話や小物をカートに置かない• 飲み物は自分で用意しておく• 人との感覚を2メートルほど離れる(ソーシャル・ディスタンス)• 他の人の持ち物やピンにできる限り触れない• 握手、ハイタッチはやめよう いかがだったでしょうか? 政府がお願いしている1番の感染を防ぐ方法が「ステイ・ホーム(家にいよう)」と言うことです。 できるならそれを守るのが1番でしょうが、どうしても外に出る時やゴルフが避けられない時、気分転換がしたい時もあるでしょう。 その時に、しっかりとやるべき対策方法を知って、できる限りのことをしましょう。

次の