ご尽力 目上。 プロジェクトへのご尽力誠に感謝申し上げますって英語でなんて言うの?

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

ご尽力 目上

「お力添え」と「ご尽力」はどちらも「助ける」という意味です。 ただ、ニュアンスが異なるため、まずはそれぞれの正しい意味をご紹介します。 力を貸すこと。 援助」という意味の言葉です。 「お力添え」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、力を貸してくれるようお願いする言葉です。 「ご尽力」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、かなりの労力をかけて助けてくれること指す言葉です。 「お力添え」……軽め。 手を貸してもらう・助言してもらうという程度 「ご尽力」……重め。 助けてもらう・実現のために走り回ってもらうという程度 相手からの手助けに対してどちらを使うかは、助けてもらった人の主観で判断します。 客観的に、このくらい手伝ったから「お力添え」を使う、などという基準があるわけではありません。 「ご尽力」と言えるほど助けてもらったのか、「お力添え」が適切な程度に助けてもらったのかを、助けてもらった人が判断します。 「お力添え」が適切な場合 ・プロジェクトメンバーではないが、軽く仕事のアドバイスをもらった ・商品宣伝のために、自主的にSNSで発信してくれた ・イベント主催者ではないが、参加して集客に貢献してくれた 成功のために手は貸してくれたが、外部からの軽い協力程度であれば、気にせず「お力添え」を使いましょう。 ここで「ご尽力」を使うと「もっと手伝ってくれればよかったのに」という嫌味と受け取られるリスクがあります。 「ご尽力」が適切な場合 ・上司がプロジェクト成功のために全面的に協力してくれた ・イベントのために出資してくれた ・寝る間も惜しんで一緒に仕事をしてくれた 成功のために、できる限りの力を貸してくれたなら、「ご尽力」が適切です。 一生懸命協力してくれた相手に「お力添え」を使うと、相手は軽視されたように感じて不快になってしまうかもしれません。 意味は同じでも、失礼な印象を持たれる危険があると意識するだけで、正しい選択ができる言葉です。 お礼編 ・日頃からお力添えを賜り、心より感謝しております。 ・この度はSNS拡散施策にお力添えを賜り、誠にありがとうございました。 ・今後とも、より一層のお力添えをいただけますと幸いに存じます。 お礼編 ・ この度のプロジェクト完遂にあたり、関係各位の皆様のご尽力には心から感謝申し上げます。 ・ 平素よりご尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・ このプロジェクトが無事終わりを迎えられたのも、皆様のご尽力あってこそでした。 本当にありがとうございます。 ・プロジェクト完遂に向けて、尽力して参ります。 ・精一杯尽力させていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 自分に対して使う「尽力」は、 「力を尽くします」「がんばります」というニュアンスをスマートに伝える言い回しとして、とても便利な言葉です。

次の

「尽力」の意味、敬語「ご尽力」の使い方、例文、類語「貢献」との違いも紹介

ご尽力 目上

「尽力を尽くす」の意味について前述しましたが、「尽力を尽くす」の「尽力」は、「力を尽くすこと」で、「尽くす」は「出し切る、尽力する」の意味を持つので、言葉が同じ意味を持っていることをご理解いただけたでしょうか? これは「重複表現」といい、同じ言葉を使うことで意味を強調したり、理解を確実にする効果があります。 日本語独特の表現のため、絶対に間違っているとは言い切れませんが、ビジネスシーンで使う場合には誤った使い方に該当するので、「尽力させていただきます」と使うのが正しいと言えます。 「ご尽力」を動詞として使う場合、すでに「尽くす」という意味を持っているので、「ご尽力を尽くす」といった二重表現は誤用になるので、注意しましょう。 相手に対して敬意を示す 丁寧に表現する ために、尽力の前に「ご」をつけて、ご尽力とします。 たった一語「ご」を付けるだけで、目上の人に対して使える敬語表現になります。 ただし、尊敬表現は自身のことには使うことができませんので、そのことに留意した上で実際どのような場面で使えるのかを具体例と合わせて見てみましょう。 相手に助けてもらったり、協力してもらったことに対して謝意を示すことができます。 「ご尽力」を動詞ではなく名詞としてそのまま使います。 ほぼ同じ意味を伝えるこの2パターンの使いこなしができれば、表現の幅が広がります。 「ご尽力の賜物」の正しい使い方と例文 【賜物の意味】 1 恩恵や祝福として与えられたもの。 たまわりもの。 2 あることの結果として現れたよいもの、または事柄や成果。 つまり「力を尽くした結果としての成果」が「尽力の賜物」となります。 相手の協力を得て何らか成果を出せたことを表現する際のフォーマルな表現が「ご尽力の賜物」です。 誰かに助けてもらった時には最大限の謝意を失礼なく伝えたいものですが、ここで敬語表現に共通する注意点について配慮しなくれはなりません。 その注意点とは「書き言葉」と「話し言葉」の違いです。 「ご尽力の賜物」を話し言葉として会話で伝えたい場合は、「ご尽力いただいたおかげです」と伝えることで、失礼なく最大限の謝意を伝えることができます。

次の

「頑張ります」をビジネスメールで使える敬語表現に!例文も紹介

ご尽力 目上

「ご尽力を賜りまして感謝申し上げます」 「本日はご尽力いただきましてありががとうございました」 というのが感謝の意を目上の人に対して表す基本表現です。 これらはいずれもお力添えに置き換えて使用することができますが、意味合いの違いも考慮して適切な方を選ぶと良いでしょう。 一方、自分に対して使用する場合の典型例としては 「職員一同、誠心誠意尽力させていただきます」 「微力ながら尽力させていただく所存です」 といった表現がよく用いれられます。 あまり力にはなれないけれどという意味合いのクッション言葉を併用する場合が多いのが特徴であり、微力という言葉と組み合わせて使用するとより目上の人に対して敬意を払うことができるでしょう。 こういった2つのパターンを覚えておくとご尽力という言葉を使いこなせるようになります。 これは長期間にわたる援助や一人一人の助力が集まって大きい成果が得られたということに感謝をする意味合いが強いからです。 「日頃より大変なお力添えを賜りまして、心から感謝しております」 「これもひとえに皆様のお力添えのお陰です」 というような表現が一般的です。 定型句として覚えておいても遜色ないものでしょう。 一方、お願いをする場合には次のような表現があります。 「今後ともより一層のお力添えをお願い申し上げます」 「何卒お力添えいただきますよう重ねてお願い申し上げます」 というのが基本的な表現方法です。 ご尽力では置き換えができないのがこのパターンです。 努力を強いるお願いをするのはマナー違反であり、少しの助力でも構わないのでお願いしたいという切実な思いを伝えたいときに使用すると覚えておくと良いでしょう。 こういった使い方ができるようになると、ビジネスシーンでちゃんとした謙譲語・尊敬語を使いこなしていけるようになります。

次の