リウマチ の 初期 症状。 リウマチ友の会

関節リウマチの原因や症状・初期症状・検査・治療・予後

リウマチ の 初期 症状

この記事の目次• リウマチとは リウマチは関節リウマチや関節リュウマチとも呼ばれており、体のあらゆる関節で起きる病気です。 リウマチの基本的な症状やなりやすい人の傾向などについて見ていきましょう。 ・手足や、肘、手指、膝関節などの関節部分に痛みが発生して腫れる ・関節炎により関節が上手く動かせなくなる ・食欲が無くなる ・貧血 ・だるさ・疲れやすくなる ・肺や目、血管で炎症が起きることがある といった症状が現れます。 初期症状については下記で紹介していますので読んでおきましょう。 なりにくい病気ではないので、いつ誰が発症してもおかしくありません。 男性よりも女性の患者が多く、30代〜50代で多く発症します。 もちろん若くても発症してしまうケースもあります。 リウマチの検査方法 リウマチは1度の検査で症状が完全に確認できるわけではありません。 経過を確認しながら何度かの検査を繰り返し行う必要な場合があります。 また、関節リウマチと診断されてからも治療方針の変更や合併症の確認などの為に定期的に検査を行わなければなりません。 行われる検査は• X線検査• 血液検査• 免疫学的検査• 生化学的検査• 関節液の検査• 尿検査 などがあります。 治療が開始されてからは、さらに薬の副作用や合併症などの検査が必要になります。 危険性の高い合併症としては間質性肺炎や肺繊維症や膠原病やシェーグレン症候群やアミロイドーシスなどがります。 リウマチの初期症状 リウマチは早期に発見する必要があります。 そのためには初期症状を知っておくことが大切になるので、どういった初期症状があるのかを紹介しております。 しかし、関節リウマチの場合は起床時に関節が腫れて動かしにくくなるといった初期症状が見られます。 これは朝以外にも、昼寝や休憩などの体を動かしていない状態の後に起きることもあります。 最初は動かしにくいのですが、時間が経過すると普段のように動かせるようになる場合が多いので、あまり気にせず放置してしまう人も少なくありません。 こういった症状が続いて起きるようなことがあれば関節リウマチの可能性を疑いましょう。 朝のこわばりの症状は、関節リウマチの特徴的な初期症状だといえます。 症状が一番発生しやすい場所は、手の指の関節部分です。 指の関節でも第二関節と指の付け根部分にこういった症状が現れやすいといえます。 他には、手首や足の指の関節に症状が現れやすいといえます。 さらに、肘や肩、膝などの関節で発生することもあります。 また、左右対称的に痛みを感じることがあります。 例えば、右の手首に痛みを感じていると左の手首にも痛みを感じだすといったことが現れます。 ただの関節痛ではこういったことはあまり起きないので、対照的に症状が現れる場合は注意しましょう。 さらに、症状が発生する部位が2箇所以上ある場合もリウマチである可能性が高くなります。 症状がは現れる場所が移動したり痺れたりする場合もあるので注意してください。 腫れの原因が水の溜まりの場合 またリウマチの症状の中で、関節水腫という急激に短時間で関節部分に水が溜まるなどの症状もあります。 特に膝関節に起こりやすい傾向があり、膝の皿の部分を動かすとぷにぷにと浮いているような感覚があったり、突然の激痛が走る事があります。 さらに痛みや違和感により可動域に制限がかかり、正常に関節を動かせなくなります。 関節には滑膜という関節の滑りを良くするための潤滑液である関節液などを生成している組織があります。 この滑膜組織に炎症が起こると滑膜から異常に潤滑液が分泌されてしまい、関節に水が溜まってしまうのです。 また水が溜まることで圧力がかかり周囲の血管も圧迫されてしまい、血行も悪くなります。 この影響によりさらに関節内の異物や排出物が代謝されないことでさらに症状が悪化する悪循環が起こります。 日常生活でもむくみが発生することがあり、なかなか関節リウマチの初期症状とは思わない人が多くいます。 顔や手足にむくみが発生しやすくなり、全身へと症状が広がっていきます。 頻繁にむくみが発生したり、むくみの発生する部位が全身に広がっていく場合は関節リウマチである可能性を疑いましょう。 通常の筋肉痛であれば、数日経てば少しづつ痛みが緩和されていきますが、関節リウマチの場合はなかなか痛みが引きません。 痛みが引いてきても、すぐに筋肉痛が発生してしまう場合もあります。 関節リウマチが発症していると、腱鞘炎が治ってもすぐに発症してしまい、慢性化してしまうことがあります。 腱鞘炎の対処をしても、なかなか痛みが取れなかったり腫れたりする場合は関節リウマチを発症していることがあります。 腱鞘炎については、の記事に詳しく書いてあります。 頻繁に腱鞘炎が起きる場合は気をつけてください。 早期治療のためにこれらの症状をしっかり知っておき早めに病院での検査を受診して、治療を行っていきましょう。 リウマチは特に早期治療が重要な病気でもあります。 診断を受けてからすぐに早期治療を行うことで病状の変化の状態や、病状の回復の経過に大きな差が生まれます。 病気の症状の兆候が見られたら早めに検査を受けて自分のからに起こっている変化を見逃さないようにしましょう。 関節リウマチの原因 リウマチが発生する原因を紹介します。 詳しい原因は判明しておりませんが、免疫に異常が発生することで関節リウマチになってしまうと考えられています。 免疫とは体に異物が侵入した際に、異物と異物でないものを見分けて排除し、体を守る仕組みのことをいいます。 しかし免疫に異常が発生すると、本来であれば排除してはいけない必要なものまで攻撃してしまうことが起きてしまうのです。 そうなることで、必要なものにも攻撃してしまうリンパ球が体の様々な部分に流れていき、関節での痛みや腫れを引き起こしてしまうのです。 関節リウマチを引き起こす要因として、 ・タバコの吸い過ぎ ・ホルモンバランスの乱れ ・食生活の乱れ ・過度のストレス ・血行不良 ・遺伝 といったものが考えられています。 生活リズムが乱れている人も注意してください。 老化などが原因で発症することおあります。 特に、中年の人が発症しやすいので、心当たりのある方は生活を改善するようにしてください。 遺伝性はそこまで強い傾向はないことがわかっていますが、家系的にリウマチにかかりやすいなどの報告もあり、原因としての重要度が高くないにせよ遺伝の危険性も軽視できない物となっております。 家族間での発症の確認や、生活習慣が似てしまう事も後天的な遺伝の問題としてリウマチの発症に関わってきますので注意しましょう。 関節リウマチを予防するには? できれば、発症させないようにするのが一番ですよね。 関節リウマチの予防方法を紹介します。 ・睡眠を十分とる 睡眠時間が短い人は長めにとるようにしてください。 忙しくてなかなか睡眠時間を確保できない場合が多いですが、8時間とることが出来れば関節リウマチの予防になるとされています。 免疫力を高めることにも効果的なのであらゆる病気への予防にも繋がります。 睡眠は体の活動を正常に戻すために最も必要な要素なのでしっかり睡眠をとるようにしましょう。 ・ストレスを解消する なるべくストレスを溜めないようにしましょう。 ストレス社会といわれているくらい、日本人はストレスを感じている人が多くいます。 上手く発散するようにして、溜め込まないようにしましょう。 ・美味しいものを食べる 野菜・魚介類・フルーツなどの新鮮なものをたくさん食べましょう。 脂肪分が多いものや加工食品ばかりを食べている人は注意してください。 ・趣味を持ってたくさん笑う 体を動かしたり、カラオケにいったりするなど趣味を持って生活を楽しみましょう。 たくさん笑うことでストレスを発散することも出来ます。 ・口の中を清潔に! 腸内細菌がリウマチと関係しているという説もあります。 食後には必ず歯を磨いたりうがいをしたりして、口の中を清潔にしましょう。 ・禁煙する 喫煙している人は、リウマチを発症しやすくなることがあります。 健康的にも良いことはないので禁煙するようにしましょう。 また、周りに吸う人が多い場合も煙を避けるようにしてください。 以上がリウマチを予防する方法です。 楽しく生活をすることでリウマチを予防できます。 仕事や家庭のことで楽しくない生活を送っている人は、趣味などをみつけて笑顔の多い生活をおくってみましょう。 リウマチの治療法とは? では、関節リウマチになってしまった場合はどのようして治療するのか治療方法について紹介します。 まずは、自分が関節リウマチになったということを理解する必要があります。 そうすることで、症状が現れた場合でも冷静に対処することが出来ます。 先生の指示をしっかり聞いて普段の生活の習慣を改善していきましょう。 次に、全身が冷えたり関節部分が激しく冷える行動は避けるようにしましょう。 夏の場合でも冷房が効きすぎている部屋は避けた方が良いといえます。 そして、適度な運動を取り入れる必要があります。 関節が固まっていくので運動をすることで、柔らかくしなければなりません。 しかし、症状が強く現れているときは安静にする必要があるので注意してください。 この様に、自分自身のリハビリで症状を改善していくのが基礎療法です。 まずは、炎症を抑えるために抗炎症剤を使用して痛みを緩和する場合が多くあります。 症状に合わせて適切な抗炎症剤を処方してくれます。 さらに、近年では病気を直接治すための抗リウマチ剤という薬が使用されるようになりました。 免疫の異常を改善して症状が悪化するのを防ぐ効果のある薬です。 飲み始めてから効果が出るまでにかなりの時間を要します。 さらに、副作用が現れる場合もあるので、様子を見ながら薬を変えるなどして治療していくことが多くあります。 こういった薬の開発は年々進んでいるので、副作用のでにくい薬もあります。 近い将来には、かなり効果の高い薬も開発されると言われています。 リハビリにも種類があります。 ・運動療法 こちらは、文字通り運動を行って関節や筋肉が正常に働くように改善するリハビリです。 ・物理療法 レーザーや超音波、水などを使用して物理的な刺激を与えて血行を良くするリハビリです。 ・作業療法 パソコンを使用したり、手芸を行ったりしながら指や手首の機能を回復させるリハビリです。 ・装具療法 関節が変形するのを防いだり、矯正する効果のある装具を装着して行うリハビリです。 患者の症状に合ったリハビリを行います。 関節の動きが悪い場合やグラグラしているのを安定させる際に手術を行うこと場合が多くあります。 しかし手術を行ったからといって、完全に治るというわけではありません。 動きが悪くなったりすることも多くあります。 手術後の生活やリハビリなども必要になってきます。 明らかに生活に支障をきたす場合に、患者と相談して手術を行います。 特に関節リウマチは、対の手首などにも同じ症状が出る場合が多いので注意しましょう。 何科を受診すればいい? リウマチの検査や治療については基本的には整形外科やリウマチ科などが掲げられている専門病院もしくはリウマチ関節症の経験の豊富な内科などでの受診が一般的です。 しかし、中にはリウマチ科などの専門の標識を模しているにも関わらず専門的な治療を受けられない病院もちらほら見受けられます。 そのような病院では専門性の高い診察や、治療を行えないので、しっかり経験豊富な医師の元を受診するようにしっかり事前に下調べを行って病院を受診しましょう。 日本リウマチ学会リウマチ専門医の資格をしっかり持っているかなどを基準にさらに病院の口コミ評価や、病院の医師の情報を調べたりするのもいいでしょう。 一度診察してしまうとなかなか病院を変えるのが億劫だったり、また初診での診察になるので診察料が無駄になってしまうことがりますので、初回にしっかり調べて病院を受診することをおすすめします。 関節リウマチは自覚症状が無いので、なかなか気づくことができません。 初期症状を知っておいて疑いを持つ必要があります。 違和感を感じたり、いつもと違うと感じた際は一度医者に相談してみても良いでしょう。 普段の生活を見直して、ストレスをあまり感じないようにすることで予防することも出来ます。 心当たりのある方は、普段の生活を改善しましょう! 関連記事として、 ・ ・ ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

リウマチの初期症状をチェックしよう!指のしびれに要注意!

リウマチ の 初期 症状

リウマチの症状・原因・対処法 リウマチとは女性に多く見られる病気の一つで、手や指の腫れ、体の関節が痛い、骨や筋肉が痛んだりこわばったりするリウマチ。 その中でも一般的に多く見られるのが関節リウマチです。 昔は治療法などがまだまだ進化しておらず、痛みに耐える日々が多く続いたようですが、最近では治療薬が進化したため、初期に発見されたリウマチであれば関節の腫れや痛みなどがない状態を続けられるようになってきています。 膝が痛いときの原因としてリウマチについて見ていきましょう。 関節リウマチの多くは30~60歳くらいの女性に多く見られ、実に男性の4~5倍も多く発症しています。 リウマチは年寄りのなるものと思っていたら間違いです。 10代や20代からも発病することもあります。 初期症状としては主に、朝起きたときや、寝起きの際に手足がこわばったり、微熱や倦怠感、食欲がなくなったりします。 このような症状はリウマチでない病気でも出やすい症状ですので、この症状が出たからといって全てがリウマチとは限りませんが、初期症状としてこのような症状が出るということを見過ごしてしまわないように、気になるようでしたら早めに病院へ行き診断してもらいましょう。 関節リウマチという名前のとおり体の関節部分(首や肩、指、手首、股関節、膝、足首、足の指など)に炎症が起き、痛みや腫れをおこします。 ひどくなると骨が破壊され指などが変型していきます。 このような状態になる前に、まずは初期症状の段階で診断してもらうことが大事です。 自分は違うと思わずに初期の段階で病院で診断してもらいましょう。 関節リウマチは普通は外から入って来た細菌などを攻撃する免疫細胞が異常を来たし、自分の体の中の正常な細菌まで攻撃し、関節に炎症を起こしてしまう、自己免疫疾患です。 人から人へ感染などで移る病気ではありませんが、遺伝が原因による発病もあるとも言われていて、一卵性双生児のひとりが関節リウマチになると、もうひとりも関節リウマチになる確率は15%と言われています。 身内の方で関節リウマチの方がいるからといって100%遺伝するわけではないので過度に心配する必要はありません。 もちろん、自分がリウマチだからといって子供も絶対リウマチになるというわけではありませんので、心配しすぎる必要はありません。 妊娠中の方も妊娠、出産することにリウマチが問題になるわけではありませんが、薬などの影響がありますので、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。 一昔前までは関節リウマチは治るものではなく痛みを緩和させるに過ぎませんでしたが、今は治療法や治療薬の進歩により寛解の状態にさせることができるようになってきました。 関節リウマチにおける寛解目標は3つあります。 「臨床的寛解」関節の炎症や腫れや痛みなどがなくなり自他覚症状がなくなった状態、「構造的寛解」関節破壊の進行がなくなった状態、「機能的寛解」身体機能の障害が進行せず日常生活に不自由がない状態。 この3つを目標に治療にあたっていきます。 関節リウマチの治療法として多いのは薬物治療です。 最近では治療薬がとても進化しており、早期に治療をすれば症状が改善される方が多くなっています。 寛解を目指して焦らず病気と付き合っていきましょう。 sponsored link.

次の

リウマチの症状・原因・治療法

リウマチ の 初期 症状

膠原病は中年の女性に多い病気です 膠原病が何かを理解するためには、まず免疫について知っておく必要があります。 詳しくは、「」を参考にしてください。 「免疫」とは、簡単に言うと異物や病原体が体に侵入してきたとき、体を防御しようとするシステムです。 免疫によって病気が治ったり、予防できたりします。 ところが、この免疫が暴走することで、かえって病気になってしまうのが、「膠原病」です。 「自己免疫疾患」の通り、自分の免疫が自分を攻撃してしまい、炎症を起こし、臓器や組織を壊してしまうわけです。 攻撃される臓器によって病気が異なります。 例えば、慢性関節リウマチは、主に関節が攻撃され、関節炎を起こします。 皮膚筋炎は皮膚と筋肉が攻撃され、皮膚に湿疹が出たり、筋肉に力が入らない状態になります。 膠原病の種類 一言で膠原病と言っても、その種類や病名は様々です。 リウマチなどのよく聞く疾患も、膠原病の一つなのです。 主な膠原病の種類と、主に攻撃される部位についてまとめました。 全身が攻撃される• ・若年性免疫性リウマチ 主に関節、子供では全身が攻撃される• 主に全身が攻撃される• 全身性硬化症 SSc ・・進行性全身性硬化症 PSS 主に皮膚などが攻撃される• ・多発性筋炎 PM 主に皮膚や筋肉が攻撃される• 結節性多発性動脈炎 PN 主に血管が攻撃される• 主に唾液腺、涙腺などが攻撃される• Wegener肉芽腫症 Wegener's granulomatosis; WG 副鼻腔、腎臓、肺が攻撃される• 主に血管が攻撃される• 過敏性血管炎 主に血管が攻撃される• 主に血管が攻撃される• 主に血管が攻撃される• 原因不明の筋肉の病気• 主に消化管が攻撃される• 主に消化管が攻撃される• 主に粘膜が攻撃される• 原発性胆汁性肝硬変 主に肝臓や胆管が攻撃される 以上のように種類が多く、なかなか診断がつかないことがあります。 膠原病の初期症状と診療科 発熱が続いたり、体がだるい状態が続くのも症状の一つです 膠原病は、慢性疾患になりますので、症状が長いことが特徴です。 また、良くなったり悪くなったりする症状があれば、要注意です。 発熱、咳、蛋白尿、関節痛、湿疹、下痢、腹痛、体がだるいなどの症状が長く続く場合、膠原病の可能性があります。 風邪や胃腸炎の症状に似ていますが、1週間も、2週間、1ヶ月も改善しなければ、風邪ではない可能性が高くなりますので、一度医療機関を受診するようにしましょう。 詳しく問診で、膠原病が疑われた場合、血液検査や尿検査を行います。 さらに関節痛がある場合は、整形外科でも診てもらうことが大切です。 認定認定アレルギー専門医になる試験に、膠原病の知識が必ず問われますので、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を標榜されているといいかもしれません。 しかし、膠原病の可能性が高い場合は、膠原病内科、膠原病・リウマチ内科の方がいいでしょう。 リウマチなら整形外科を受診してもいいでしょう。 ただ、子供の場合と同じで、や認定リウマチ専門医を標榜されているといいかもしれません。 学会認定専門医・指導医のリスト• 医療機関の科目に、膠原病、リウマチの文字があるかどうかを調べておいた方がいいですね。 次ページでは、膠原病の診断法と治療法について解説します。

次の