ティール アンド オレンジ。 なぜ映画にはオレンジとブルーが多用されているのか?

フルサイズミラーレス「SIGMA fp」の新カラーモードがQuattroシリーズでも使える!

ティール アンド オレンジ

ティールオレンジ ティールオレンジは最近のハリウッド映画のグレーディングでとても使われます。 肌の色(スキントーン)とそれ以外の色のコントラストを大きくすることで人物を引き立たせる手法で、色のコントラストをもっとも強くするために肌色の補色であるティール色(緑がかった青色)を使います。 それさえ分かっていれば自分の作風にあったティールオレンジを作ることが可能です。 肌の色 ティールオレンジのルックを作る上でまず考える必要があるのは、スキントーンの色味を決めることです。 肌色の色(輝度、再度、色相)をによってスキントーンインジケーターを見ながら決めていきます。 注意: この際、LOG素材のグレーディングをLUTを使わずに作業していると、ハイライトの彩度がすごく上がっていることがあるので、スコープを見ながら調整します。 補色はスキントーンとの兼ね合いを見て調整 基本的に肌色はミッドトーンよりも明るい部分なので、リフト(プライマリー)やシャドウ(LOG)を使って特定の部分の色味を歪ませ、肌色以外をティール方向(補色)へとシフトします。 ホワイトバランスのとれた素材の色味をティールへシフトするということは、色を歪ませるということです。 ルックを作る上で重要ですが、歪ませすぎると明らかに不自然に感じるようになるのでやりすぎ注意です。 歪みが強くなればなるほど、スタイルが強くでます。 色味を出来るだけ自然にしたい場合などはティールオレンジはそもそも向いていません。 またティールを強くしていくと青いティントがかかったようになります。 屋内の場合は部屋の照明という設定にすることも可能ですが、屋外の場合は完全にあからさまな青のティントになります。 これもクリエイティブなチョイスだと思いますが、青を強調する程度で映像の冷たさが必然的に決まると思います。 そのためティール具合は十分に検討する必要があります。 ティールオレンジの方法 具体的に映像を使おうかと思ったんですが、イメージの方が伝わりやすいかと思ったので簡単なイメージを作りました。 男性がカメラ前方にいるもう一人と会話をしている様なショットです。 このイメージのコントラストを調整してから、リフトをティール方向へシフトすると以下のようになります。 肌の影を含むシャドウ部分をティールに歪ませることによって青みを強調します。 Logモードのシャドウや輝度vs彩度などを使って黒に近い部分だけ黒に修正し直すと、以下のイメージのようになります。 かすかに顔の影の部分や背景にうっすらティールが入りました。 アウトサイドノードの良さはこういう風に映像を二つのグループに分離したい時に非常に便利なことです。 このようにしてアウトサイドノードでシャドウを分離してからティールを入れたい部分だけを編集することも可能です。 ティールオレンジにも使用することが出来ます。 ディフォルトでは上から順番にR, G, Bの順番で色情報が分けられます。 スプリッターで分けられたノード3つを駆使して色を歪ませていくことが出来ます。 オススメのチュートリアル動画 Juan Melaraさん(オーストラリア在住)の「The Summer Blockbuster Colour Grading Tutorial」が個人的にはYou-Tubeの中でもベストなチュートリアルだと思います。 説明が英語なので難しいですが、上記で説明した方法よりもさらに細かい方法でティール・オレンジのルックを作る方法を説明しています。 サンタモニカ短大を卒業後に起業。 南カリフォルニア大学映画学部を卒業した後、ロサンゼルスにて映像制作会社Prodigium Pictures, LLCを経営。 コマーシャル、クラファン動画、MV、映画などを制作。 [経歴] 2012年 myJapan Award最優秀賞 2016年 HIRFFにてBest MV 2017年 Aletheia Filmと共同製作の長編映像「Strive」を製作。 同作品が2019年のHarlem International Film FestivalにてAudience AwardとBest Actor Awardを受賞するなど受賞歴多々。 現在Amazon Primeでも観ることが出来る。 VOOKの立ち上げにCCOとして参加。 100以上の記事を書いたり、多数の動画チュートリアルを制作。 IMDB.

次の

【SIGMAfp(シグマエフピー) 京都散歩】ティールアンドオレンジでスナップ!紅葉風の写真も撮れました。

ティール アンド オレンジ

使用ソフトはAdobe Lightroom Classic CC 今回紹介するにあたり使用しているソフトはAdobe Lightroom Classic CCですが、 もちろんPhotoshop CameraRAW でも同様の処理が可能です。 写真を自分の好きなソフトで現像しましょう。 私が基本的に現像処理をする場合は、Lightroomでざっくり現像した後にPhotoshopとプラグインのNik Collectionで調整してます。 もちろん現像の方法は普段の自分の好きな使い方で問題ありません。 Orange and Teal Lookの効果 まず最初にOrange and Tealの効果を紹介します。 オレンジはよく聞く色のオレンジです。 ティールはあまり聞きなれない方もいらっしゃると思いますが、ティールを日本語に直すと「鴨の羽色(かものは色)」です。 日本語に直しても全く聞きなれないと思うので、画像で出します。 オレンジとティール見本 このオレンジとティールの色は、色相的に真逆のカラーとなります。 その為、上に用意した画像も 両方明るいカラーなのに境目がびっくりするくらいはっきりしていると思います。 このような色の特色がある為、以下の2点の効果があります。 主題がはっきりする 人と広大な背景を写した写真を撮影した時に背景色と人がはっきり色の区別が別れない場合が多いです。 このように人物写真を撮影した時に背景との区別を行い、主題がはっきりとした写真へと生まれ変わります。 モデルがいなくて写真が無いのが申し訳ないです。 写真の色の深みが増す 通常の現像時のコントラストでは、「明暗」や「輪郭」でのコントラストのつけ方が一般的だと思います。 しかし、色相が真逆にあることを生かしたコントラストの作り方で、変わった手法でのコントラストのつけ方が可能です。 操作方法 操作方法はいたってシンプルです。 数値を以下の値にしてください。 設定値 もちろん、実際の現像後の写真を見ながら数値は微調整してください。 また、色相値を修正していますが、彩度を見ながら、色相値の下にある彩度を調整して好みの発色にしましょう。 実際の現像例 最近「Osmo action」を購入し、テストで夕日を撮影してきたのでそちらの写真を使ってみました。 (あまり焼けてないですが) こちらが、Orange and Teal Look現像前の写真です。 通常現像 この写真にOrange and Teal Look現像を施すとこのようになります。 Orange and Teal Look 写真を比較してみるとこのようになります。 真ん中のボタンを左右に移動させて比較してみてください。 個人的に色が主張しすぎて好きじゃ無いですね。 このように全体的に明るい写真ほど効果がよく現れ、暗い写真ほど効果があまりみられません。 彩度を上げ下げすれば問題ないのですが、個人的には夕日や夜景、室内などの写真で使うかも知れません。 ここら辺は完全に好みの問題ですね。 試してみてください いかがでしたでしょうか? 今回は海外で流行している現像「Orange and Teal Look」を紹介しました。 まだ試してみたことのない方は、ぜひチャレンジしてみてください。 良かったら皆さんの試した現像をハッシュタグ「 Orangeandteal現像」でインスタやTwitterにアップして見せてください!•

次の

[DaVinci] ティールオレンジが簡単に作れるようになる考え方とツール紹介

ティール アンド オレンジ

カラーコレクション(Color Correction、カラコレ)とは、映画などの映像作品において、映像の色彩を補正する作業である。 フィルム時代には、原版のフィルムに切れ込みを入れそのタイミングにあわせてフィルタを入れ替えることによって実現していたため、「タイミング」とも呼ぶ。 作品全体を通してのトーンを決めたり、前後のカットの色味を合わせたりする。 また、1カットを合成する際、それぞれの素材の色味を統一させることもカラーコレクションと呼ぶ。 昼間撮影したシーンを夕暮れ時のように見せかけることもできる。 この作業を専門に行うオペレーターは「カラリスト」と呼ばれる。 (表記は「カラリスト」であるが、発音は「カラーリスト」という場合が多い)また、色変更を専門に行う機械のことをカラーコレクタという。 近年は映像制作のデジタルにともない、デジタルで撮影した映像をクリエイターが意図的にフィルム調の色合いや24fpsのフレームレートに改めるなど、単なる「補正(コレクション)」の範疇を超える処理が一般的に行なわれるようになった。 そのため、それら様々な色調調整を総称して カラーグレーディング Color grading と言うことが多くなった。 しかし日本においては、それらも含めてカラーコレクション(カラコレ)と呼ばれることがある。 オレンジとブルーは色相環で正反対の位置にあり、補色の関係にある。 補色による配色はコントラストが最も強く出るため、人間(俳優や女優)の肌の色をオレンジ系でカラーグレーディングし、背景をブルー系にすることで鮮やかな配色を表現する。 つまり、海外では何かと多用される色調というわけです。 今回はデジカメで撮影した写真を映画風に加工する方法を紹介します。 加工の大きなポイントはシャドウのカラーをブルーではなく別の色に寄せることです。 その他、カラーごとの彩度調整やコントラストなどを調整することで、写真の雰囲気を大きく変えることができます。 【古い映画風に編集するコツ】 古い映画の映像のように加工したい場合には、フィルム感を表現する手段として粒子(ノイズ)を追加するとザラついたアナログっぽさを演出することができます。 粒子(ノイズ)は ・大きめ ・荒め がポイントです。 フィルムカメラの撮り方BOOK 玄光社MOOK いますぐ35mmフィルムカメラがはじめられる! 【内容紹介】 フィルムならではの優しい描写や、プリントという「物」が手元に残ること、 撮ってすぐに見ることはできませんが、大切な1枚をじっくり作っていくことなど、 フィルム写真にはデジタルにはない魅力がたくさん詰まっています。 この本は、フィルムで撮ることが特別なことになったいま、フィルム写真に心を 奪われた方々に向けて、35mmフィルムカメラの使い方、フィルムの基本、 プリントにこだわる楽しさなどをお伝えします。 周囲にフィルム写真を教えて くれる人がいなくても、この本を見ればフィルム写真をすぐにはじめることができる1冊です。 フィルムカメラの楽しみ方 -カメラの知識、撮影から現像・引き伸ばしまで- やっぱり大好き! フィルムカメラ 有名なフォトグラファーが、まだまだフィルムカメラのいいところを生かして作品や仕事に使用していることをご存知でしたか? フィルムから作ったプリント 紙焼き が表現するあたたかさ、階調のよさ。 本書は有名フォトグラファーにフィルムカメラでの作品についてインタビューするとともに、35mmフィルムカメラ、二眼レフ、中判、大判のカメラの使い方、現像・プリントのしかたについてレクチャーします。 みなさんもこの本をお読みになって、フィルムカメラをぜひ使ってみてください。 なお、本書はカバー写真をはじめ多くの写真が実際にフィルムカメラで撮影したプリントを使用しています。

次の