ブルーキャット。 ロシアンブルーの餌の選び方とおすすめキャットフードランキング!

キャットミントの育て方

ブルーキャット

原材料 骨抜き鶏肉、 チキンミール、ニシンミール オメガ-3脂肪酸源 、玄米、大麦、オートミール、鶏脂 混合トコフェロールにて酸化防止 、エンドウマメ、セルロースパウダー、チキンエキス、馬鈴薯、亜麻仁 オメガ-3脂肪酸およびオメガ-6脂肪酸源 、乾燥卵、オオバコ種皮、馬鈴薯でんぷん、乾燥チコリ根、カラメル、乾燥アルファルファミール、クランベリー、サツマイモ、人参、ユッカ抽出物、パセリ、乾燥ケルプ、ブルーベリー、リンゴ、ほうれん草、ブラックベリー、ザクロ、カボチャ、大麦若葉、ターメリック、乾燥酵母、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、 アミノ酸類 DL-メチオニン、タウリン、L-リジン、L-カルニチン 、ミネラル類 塩化カリウム、食塩、炭酸カルシウム、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム 、ビタミン類 塩化コリン、ニコチン酸、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、B1、ビオチン、A、B6、パントテン酸カルシウム、B2、D3、ベータカロテン、B12、葉酸 、酸化防止剤 混合トコフェロール、ローズマリー抽出物 骨抜き鶏肉、チキンミール、ニシンミール オメガ-3脂肪酸源 、玄米、大麦、オートミール、鶏脂 混合トコフェロールにて酸化防止 、エンドウマメ、セルロースパウダー、チキンエキス、馬鈴薯、亜麻仁 オメガ-3脂肪酸およびオメガ-6脂肪酸源 、乾燥卵、オオバコ種皮、馬鈴薯でんぷん、乾燥チコリ根、カラメル、乾燥アルファルファミール、クランベリー、サツマイモ、人参、ユッカ抽出物、パセリ、乾燥ケルプ、ブルーベリー、リンゴ、ほうれん草、ブラックベリー、ザクロ、カボチャ、大麦若葉、ターメリック、乾燥酵母、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、アミノ酸類 DL-メチオニン、タウリン、L-リジン、L-カルニチン 、ミネラル類 塩化カリウム、食塩、炭酸カルシウム、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム 、ビタミン類 塩化コリン、ニコチン酸、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、B1、ビオチン、A、B6、パントテン酸カルシウム、B2、D3、ベータカロテン、B12、葉酸 、酸化防止剤 混合トコフェロール、ローズマリー抽出物 「B」評価の詳しい理由 主原材料の安全性が「B」評価の理由は、• 第1主原材料に 「骨抜き鶏肉」が使用されているのはgood!• ただ、 第2主原材料が「チキンミール」になっているところが、気になります! 第1主原材料が「骨抜き鶏肉」で「お肉」を使用していますし、 第2主原材料である「チキンミール」も「お肉」に分類することができるます。 猫ちゃんは完全肉食動物なので、 猫の体にとって一番必要な栄養素は「 動物性たんぱく質」です。 つまり、 「お肉 or 魚」 です! 猫ちゃんの健康を考えると、 原材料の中で「お肉 or 魚」が一番多く使われているフードが好ましいわけで、その点について『ブルーバッファロー(成猫用 毛玉ケア チキン&玄米レシピ 』は問題ありません。 その「気になる食材」がこちら。 気になる食材 内容 危険性 チキンミール 先述した通り、チキンミールは不透明な部分があり、肉だけでなく鶏の羽や内臓といったものが混じっている可能性もあります。 低 ニシンミール ニシンミールとは、ニシンを粉末状にして加工した食材のことです。 こちらもチキンミールと同じく、どのような品質のニシンを使用しているのか不透明な部分があります。 低 これらの食材はその安全性に気になる部分があり、 少し心配な食材です。 これらの食材が入っているからと言って「猫ちゃんの体に絶対に悪い!」とは言えませんが、 その 安全性には不透明な部分があるのも確かなので、 【食材】の安全性は 「B」評価にしています。 特定の食材でアレルギーになる猫ちゃんもいれば、ならない猫ちゃんもいます。 人間のアレルギーでも同じで、「卵」でアレルギーになる人もいれば、ならない人もいますよね。 ですが、 アレルギーの原因として報告されることが多い食材はいくつかありますので、その食材が入っているかどうかで安全性については評価したいと思います。 アレルギーの原因として報告されることが多い食材• 肉や魚のタンパク質• とうもろこし では、これらの食材が『ブルーバッファロー』に入っているのかどうか?確認してみると。 アレルギーの原因として報告されることが多い食材 使用 or 不使用 使用食材 肉や魚のタンパク質 使用 骨抜き鶏肉、チキンミール、ニシンミール 小麦 不使用 なし 大豆 不使用 なし とうもろこし 不使用 なし 肉や魚のタンパク質は、猫ちゃんにとっては「主食」ですので避けることはできないため、「骨抜き鶏肉、チキンミール、ニシンミール」に関してはカウントしないでおきます。 それ以外の「小麦や大豆、とうもろこし」に関しても、 特に使用されていないので 安心です。 ですので、 【アレルギー】の安全性は 「AA」評価にしています。 0%以上 30. 0%以上 9. 0%以上 〇 粗繊維 6. 04%以上 0. 08%以上 〇 タウリン 0. 15% 0. 『ブルーバッファロー』のすべての栄養値については公表されていないので、わかる範囲で比較してみました。 猫ちゃんにとって 必須栄養素である「タンパク質」と「脂肪」の栄養値は、 「AAFCOの基準」をしっかりクリアしているので安心です。 また、 「他の栄養成分」についても 一部基準をクリアしていることがわかります。 ただし、ここで比較した栄養値しか公表されていないため「 不透明な部分」もあります。 ですので、 【栄養値】は 「A」評価にしています。 第2主原材料に「チキンミール」が使われている!• 他の食材にも「〇〇ミール」が使われている!• 気になる添加物が2点! 気になる点がいくつかあり、安全性が少し心配なキャットフードです。 比較的「 高価」なキャットフード(2kg:4,103円)ということもあり、 猫ちゃんの体にいい食材がたくさん入っているのですが、気になる「食材」や「添加物」もありました。 ブルーバッファローに使われている 食材や添加物が「絶対に良くないモノ!」とは言い切れませんが、 もう少しお金を出せば、もっと安全なキャットフードは他にもありますので、わざわざ「ブルーバッファロー」を選ぶ意味はないと感じました。 金銭面的に「お金をあまりかけたくない!」という飼い主さんも多いと思いますが、 フード代をケチることで、結局は「病気」になって「出費がかさむ!」という結果になりかねません! 猫ちゃんは自分で食べ物を選ぶことが出来ませんので、 猫ちゃんの健康は買う主さんにかかっています! 月々「数千円」の違いですので、 ぜひ猫ちゃんの健康を一番に考えたフードを選んであげてください。 「評価ランク」と「得点」の詳細 評価ランク 得点 内容 「AAA」 ランク 100点 何も言うことなしの完璧キャットフード!猫ちゃんの健康を最優先に考えるなら絶対にコレをあげるべき!!超おすすめのキャットフードです。 「AA」ランク 90点以上 安全性に何も問題ないおすすめキャットフード! 「A」ランク 80点以上 安全性の高い優良キャットフード! 「B」ラ ンク 70点以上 少し気になる点はあるが、そこまで安全性に心配はないキャットフード! 「C」ランク 60点以上 気になる点がいくつかあり、安全性が少し心配なキャットフード! 「D」ランク 50点以上 安全性に心配があるおすすめできないキャットフード! 「E」ランク 50点未満 危険性がある要注意キャットフード! ブルーバッファロー(成猫用)の『その他の種類』の評価 『ブルーバッファロー(成猫用 毛玉ケア チキン&玄米レシピ)』の評価は「Cランク」でしたが、他の種類はどうなのか? 他の種類についても調査してみました。 「体重管理用 チキン&玄米レシピ」「お腹ケアサポート チキン&玄米レシピ」「BLUE 室内飼い サーモン&玄米レシピ」の評価 ここでは、ブルーバッファロー(室内飼い成猫用)の ドライフードに絞って評価しています。 種類 ブルーバッファローの種類 毛玉ケア チキン&玄米レシピ 体重管理用 チキン&玄米レシピ お腹ケアサポート チキン&玄米レシピ BLUE 室内飼い サーモン&玄米レシピ 対応年齢 成猫 成猫 成猫 成猫 第1主原材料 骨抜き鶏肉 骨抜き鶏肉 骨抜き鶏肉 サーモン 第2主原材料 チキンミール チキンミール チキンミール 乾燥チキン その他の原材料 多少の違いはありますが、ほぼ同じような内容です。 タンパク質 32%以上 30%以上 32%以上 32%以上 脂肪 15%以上 9%以上 16%以上 15%以上 粗繊維 6%以下 9%以下 3. 5%以下 6%以下 灰分 9%以下 8. 5%以下 8. 「BLUE 室内飼い サーモン&玄米レシピ」に関しては、ミール系の食材を一切使用していないため 「 Bランク」になります。 世間の評価はかなり高いようですね!小粒で食べやすく、毛玉ケアにはうってつけのキャットフードであることが分かります。 アマゾンの口コミ・評判 アマゾンでの「口コミ・評判」も調べてみると、 評価は『 星4. 1』! 「星5つ」と「星4つ」の合計が『 90%』ですので、 高評価をつけている人がかなり多いようですね。 ブルーバッファロー は「高齢・腎臓病」の猫には要注意! 『ブルーバッファロー』は全体的に「高タンパク」なキャットフードになっています。 猫ちゃんは完全肉食動物なので十分なタンパク質が必要ですが、 高タンパクなキャットフードは 「高齢」な猫ちゃんや「腎臓病」の猫ちゃんには注意が必要です。 腎臓病(腎不全)の場合、尿素を排出しきれずに腎臓に負担がかかる 健康な猫ちゃんの場合、タンパク質が体内で分解吸収されると、同時に「尿素」と呼ばれる物質が生成されますが、全て体外に排出されますので特に問題ありません。 ですが、 腎臓病の場合は、 「尿素」を排出しきることができず「腎臓に負担」をかけてしまう場合があります。 シニア猫も腎臓に負担がかかる 猫ちゃんは高齢になると腎臓病になりやすくなり、 症状が出ていない場合でも腎臓機能が低下している場合があります。 そのため、シニア猫ちゃんの場合も 「尿素」を排出しきることができず「腎臓に負担」をかけてしまう場合があるのです。 ですので、 「高齢」や「腎臓病」の猫ちゃんには、 高タンパクなフードは不向きなので 注意が必要です。

次の

キャットミント(ネペタ)とは

ブルーキャット

内訳 得点 配点 30点 30点 30点 40点 10点 10点 10点 10点 5点 5点 5点 5点 合計得点 88点 100点 主原料評価 動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。 本フードの場合、主原料に動物性タンパク源である「骨抜き鶏肉」を使用しているため、30点となります。 その他原料の評価 原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。 粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。 本フードの場合、粗悪原料である 「玄米」「大麦」「オートミール」「エンドウマメ」「魚油」「オートブラン」「食塩」「塩化カリウム」を使用しているため30点となります。 本フードに使用されているすべての原材料と成分表はにてまとめています。 合成酸化防止剤 不使用の場合、満点(10点)と評価しています。 本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。 合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛猫の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。 ここでは、代わりに天然の酸化防止剤である「混合トコフェロール」「ローズマリー抽出物」が使われています。 着色料、着香料、発色剤 不使用の場合、満点(10点)と評価しています。 本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。 猫はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。 着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。 ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると猫の体に悪影響を及ぼす可能性があります。 タンパク質 AAFCOが定めるタンパク質の最低基準「30. 本フードの場合、35. 粗脂肪 AAFCOが定める粗脂肪の最低基準「9. 本フードの場合、17. キャットフード「BLUE(ブルー)」の基本情報は? 主原料 骨抜き鶏肉 その他原材料 チキンミール、ニシンミール オメガ-3脂肪酸源 、 玄米、 大麦、 オートミール、 エンドウマメ、鶏脂 混合トコフェロールにて酸化防止 、乾燥卵、トマトポマス、チキンエキス、馬鈴薯、 魚油 オメガ-3脂肪酸源 、亜麻仁 オメガ-3脂肪酸およびオメガ-6脂肪酸源 、 オートブラン、フラクトオリゴ糖、アルファルファミール、馬鈴薯でんぷん、乾燥チコリ根、カラメル、クランベリー、サツマイモ、人参、ユッカ抽出物、パセリ、ケルプ、ブルーベリー、リンゴ、ほうれん草、ブラックベリー、ザクロ、カボチャ、大麦若葉、ターメリック、乾燥酵母、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、アミノ酸類 DL-メチオニン、タウリン、L-リジン、L-カルニチン 、ミネラル類 炭酸カルシウム、 食塩、 塩化カリウム、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム 、ビタミン類 塩化コリン、ニコチン酸、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、B1、ビオチン、A、B6、パントテン酸カルシウム、B2、D3、ベータカロテン、B12、葉酸 、酸化防止剤 混合トコフェロール、ローズマリー抽出物 「オリゴ糖」はお腹の健康を維持し、便秘など健康リスクの低減につながると考えられています。 愛猫の便臭が気になる方にもおすすめですよ。 便秘対策のキャットフードについては、便臭対策のキャットフードについてはで詳しく確認頂けます。 BLUE(ブルー)の成分分析値 乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。 AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。 編集部まとめ 動物性タンパク質を含む肉類をメインに使用したキャットフードです。 栄養価・成分バランス・品質ともに最高クラスなので、おすすめできるキャットフードですよ。 「チキンミール」「ニシンミール」とったミール素材が使用されていますが、フード自体の値段が安すぎないため、低品質の原材料を使用しているという可能性は低いですよ。 気になる点としては、「穀物が使用されている」「塩分が添加されている」ことが挙げられます。 穀物や人工添加物は愛猫の目ヤニや涙やけの原因にもなります。 詳しい理由はの記事から確認できます。 本フードで使用されている穀物は比較的消化しやすく低アレルギーなので、危険性は低いでしょう。 ただ穀物アレルギーを持っている猫にはおすすめできません。 pepy編集部おすすめのグレインフリーのキャットフードはから確認いただけます。 また、塩分は食材から摂取できる量で十分なことが多いため、できれば添加されていないほうが望ましいです。 与えてみて「水を過剰に飲むようになった」などの異変が見られれば塩分が過剰である可能性があるため、本フードの使用を止めることをおすすめします。 いくつか考慮するべき点はあるものの、愛猫の主食として問題なく与えられるキャットフードです。 ではpepy編集部おすすめのキャットフードを紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。 BLUE(ブルー)以外のアメリカ産のキャットフードはの記事から確認できます。 キャットフード「BLUE(ブルー)」の購入ページへ 体重ごとの1日あたりの価格.

次の

エナジードリンクバー☆ブルーキャット

ブルーキャット

腎臓サポートにおすすめのキャットフードの選び方! 腎臓病は猫にとって身近な病気で、15歳以上の高齢猫は3匹に1匹ぐらいの確率で発症するとも言われています。 一度機能が低下した腎臓は元通りにはならないので、日頃の予防が何より大切です。 愛猫の腎臓を健康に保つためには、以下のポイントを満たすキャットフードを選びましょう! 高タンパクなものは避ける 腎臓に負担をかけないためには、 タンパク質の含有量が多すぎないキャットフードがおすすめです。 しかし、タンパク質は猫にとって欠かせない成分でもあるので、必要最低限の量は与えなくてはいけません。 タンパク質の割合が 24%~26%程度のキャットフードが最適です。 低リン・低ナトリウム リンやナトリウムなどのミネラル分を多く摂りすぎると、腎臓で分解できずに多飲多尿や高血圧などの症状を引き起こします。 ただ、タンパク質と同じでミネラル分を全く摂らないのは健康に悪いので、 低リン・低ナトリウムのキャットフードを選びましょう。 オメガ3脂肪酸配合 マグロやサーモンなど魚の油に含まれる オメガ3脂肪酸には、腎臓病の進行を抑える作用があると言われています。 そのほか、血液をサラサラにする働きや被毛の健康にも役立つ万能な成分ですが、体内では生成されないため食事から摂取するようにしましょう。 危険な原料や添加物を含まない 腎臓を健康に保つためには、 人工添加物や危険な原料が使われていないキャットフードをおすすめします。 腎臓サポートに人気のキャットフード13種類を徹底比較! 当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある13種類のキャットフードを比較してみました! 先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は 「タンパク質の割合」「リン・ナトリウム」「オメガ3脂肪酸」「危険な成分」の4つです。 それでは、実際に見ていきましょう! 商品名 タンパク質 リン・ナトリウム オメガ3脂肪酸 危険な成分 ブルー 26%以上 ファーストチョイス 25%以上 コーングルテンミール、コーン、ビートパルプ ヤラー 32%以上 アニモンダ 26% リノール酸 獣脂ミール、鳥肉粉(低灰分)、ビートパルプ FORZA10 26% ハッピーキャット スプリーム 24% チキンミール、フィッシュミール、 ミートミール ハッピーキャット グレインフリー 34% チキンミール、家禽脂、海水魚のフィッシュミール ロイヤルカナン 23. 4g コーンフラワー、コーン、コーングルテン、動物性油脂、 BHA、没食子酸プロピル プリスクリプション・ダイエット 29. 4% 動物性樹脂、チキンエキス、ビートパルプ、小麦、コーングルテン メディファス 31. 5%以上 とうもろこし、コーングルテンミール、ミートミール、チキンミール、動物性油脂 ザナベレ 24. 5% 動物性脂肪、肉粉 ドクターズケア 23. 5%以上 トウモロコシ、コーングルテン、フィッシュミール、動物性油脂、トウモロコシ胚芽、ミートミール、フィッシュエキス ダイエティクス 24%以上 小麦全粒粉、ミートミール、ビーフオイル、コーングルテンミール、フィッシュパウダー、削り節ミール、小麦粉 こうして比較してみると、腎臓サポート用で人気のキャットフードでも、大事な部分に配慮されていなかったり 本当に安全なものはごくわずかしかありませんでした。 特に、赤字で示した危険な原料を使ったキャットフードは、腎臓サポート以前に体に有毒なのでどんな猫にも与えるべきではありません。 では一体、腎臓サポート用に最適なキャットフードはどれなのでしょうか?当サイトで比較した結果、 本当におすすめできる5つをランキング形式でまとめてみました! 腎臓サポートにおすすめキャットフードランキング5選! 腎臓サポートに「BLUE KM 腎臓&関節サポート」をおすすめする理由• 動物病院で獣医師が処方する療法食• ミネラル成分(カルシウム、リン、ナトリウム)の含有量が調整されている。 関節の健康にも配慮されている。 タンパク質量を必要最低限に抑えている。 DHA(オメガ3脂肪酸)配合。 グレインフリーで消化にも優しい。 数あるキャットフードの中でBLUE KM 腎臓&関節サポートをおすすめするのは、 腎臓病と関節疾患のために特別に作られた療法食だからです。 腎臓へ負担がかかりやすいタンパク質、リン、ナトリウムなどの成分がしっかり調整されているので、 腎臓病の猫はもちろん腎機能低下の予防にも役立ちます。 また、グルコサミンやコンドロイチンなど関節の健康ケアにも相応しく、特に 7歳以上のシニア猫にはぴったりだと言えるでしょう。 愛猫の腎臓ケアには、獣医師も推奨するBLUE KM 腎臓&関節サポートを試してはみるのはいかがでしょうか?動物病院でも販売されるほど安全性が高いので、愛猫の健康に不安がある飼い主さんも安心して与えられますよ! ウェットタイプで腎臓サポートにおすすめのキャットフードは? 当サイトでは150種類以上のキャットフードを調査しましたが、残念ながらウェットタイプで腎臓病の猫に おすすめできるものはありませんでした。 そもそもウェットタイプは「副食」と言って、主食である ドライフードの補助的な位置付けだと言われています。 つまり、おやつのような存在ですから、栄養バランスが偏っているものが多いのです。 また、ウェットタイプと言っても水分より油分の方が多く含まれている場合もあるので、腎臓病など病気を抱えた猫には適しているとは言えません。 ただ、腎臓病の猫にとって適度な水分補給は必要なので、 普段からよくお水を飲ませるように工夫しましょう。 4% 動物性樹脂、チキンエキス、ビートパルプ、小麦、コーングルテン ロイヤルカナン 療法食 猫 腎臓サポート 23. 4g コーンフラワー、コーン、コーングルテン、動物性油脂、 BHA、没食子酸プロピル 市販の腎臓サポートキャットフードで人気の3商品を比較してみましたが、 安全と言えるものはひとつもありませんでした。 市販の餌は製造から消費者の手元に届くまでのタイムラグがあるので、品質を保つために保存料などの人工添加物が多く含まれています。 また、安く手に入れたいという消費者の割合が多いため、原価が安い低品質な原料を使って安価で提供しているのが現実です。 元気な猫ならまだしも、腎臓病を抱える猫にとって刺激物は体に毒なので、 成分はもちろんのこと原材料の安全性も考慮してキャットフードを選びましょう! おすすめ商品 ブルー、アニモンダ、FORZA10、ハッピーキャット 高齢でも食べられる腎臓ケア用キャットフードなら、 ブルー、アニモンダ、FORZA10、ハッピーキャットがおすすめです!中でも、 ブルーは老猫に多い関節疾患も同時にケアできます。 そもそも腎臓病は高齢の猫がなりやすい病気なので、腎臓ケア用の餌は大半が老猫でも食べられるように作られています。 ただ、個体差はあれど高齢になると腎機能は徐々に弱くなるので、 人工添加物など腎臓に負担がかかるものが含まれていないものが安全です! 腎臓病の猫が餌を食べない時の対処法は? 腎臓病になると、動きが鈍くなったり餌を食べなくなったり猫の体調に様々な変化が見られます。 病院で処方されたペースト状の療法食をシリンジ(注射器のようなもの)で与える方法です。 食べない時の最終手段として使いましょう。 同じ餌でもひと工夫すれば、すんなり食べてくれる場合があるのでぜひ試してみてくださいね! ただ、既に症状がかなり進行していて全く食べない場合は、病院の診察を受けたうえで 流動食への切り替えや点滴での栄養補給などで対処しましょう。 もしこれまでに、.

次の