消費 税 申告 期限。 【令和2年度税制改正大綱】消費税の申告期限の延長の特例がスタートします 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所

《速報解説》 消費税の申告期限、法人税と同様に1ヶ月延長の特例を創設~令和2年度税制改正大綱~

消費 税 申告 期限

令和2年税制改正に関する経産省の要望が、以下の通り経産省HPでアップされております。 概要をまとめたPPTの資料をみると、一番初めに連結納税制度の見直しについて書かれていますが、これはすでに私のHPでも紹介した「グループ通算制度(仮称)」の新設のお話ですね。 消費税の申告期限の延長の特例【新設】と実務 令和2年税制改正では、連結納税制度の見直し(グループ通算制度(仮称)の新設)が大玉なのは間違いないと思いますが、経産省の改正要望概要資料をざっと眺めていると「消費税の申告期限延長」という内容も入っていました。 出典:43項 消費税の申告期限延長は、実現すれば実務上は結構ありがたい改正かと思います。 上記資料にも記載がありますが、法人税と地方税は従来より1か月の申告期限延長が認められていましたが、消費税は申告期限延長は認められていなかったため、結局は、消費税の確定申告書を作成するために決算を期末から2か月以内に終わらせないといけないという実態になっていました。 すなわち、経理サイドからすれば、法人税や地方税の1か月の申告期限延長をしていても、その分決算をゆっくりできるということにはならないため、消費税の申告期限も延長できればなーという思いは少なからずあったと思います(私が経理マンの時はそう思っていました)。 経産省の資料では、上記のような企業経理サイドの思いを昨今の「働き方改革」というキーワードを用いて消費税の申告期限の延長特例を新設する要望となっています。 ただし、裏の事情として、軽減税率が導入されて消費税の確定申告書作成に手間がかかるからというのもあるのではないかと個人的には思っています。 税理士試験的には 以上が実務上の話ですが、税理士試験(消費税法)の試験上も それなりに重要かなーと思っています。 なぜ、めちゃくちゃ重要じゃなくそれなりにかというと、消費税に関しては、軽減税率の話が話題の中心であり、どうしても試験的には、申告期限の延長の話は軽減税率よりも話題性や重要性の面でインパクトは薄いかなと思うからです。 ただし、申告期限の延長の話自体は覚えること自体それほど苦労するような項目ではないでしょうから、令和2年税制改正で実際に新設されたら、軽く覚えるようにしておけば十分かと思います。

次の

消費税の課税期間と確定申告、中間申告

消費 税 申告 期限

東京司法書士会所属。 1979年東京都生まれ。 幼少期に父親が事業に失敗し、貧しい少年時代を過ごす。 高校を中退した後、様々な職を転々とするも一念発起して法律家の道へ。 2009年司法書士試験合格。 株式会社が解散したときには、税金面での手続きが発生します。 こうした手続きの中には期限が設けられているものも多いので、速やかに準備をして進める必要があります。 ここでは、会社解散に伴う税務手続きについてまとめています。 会社を解散したときに必要となる手続き 株式会社を解散するときには、株主総会での決議を経た後、法務局での登記手続きを行う必要があります。 さらに、会社は解散後、清算手続きに入りますが、清算手続きでは、債権者保護のための公告・催告等を経て、残余財産を確定させるといった作業を行います。 残余財産の分配等の手続きが終わると、清算結了となり、最終的に清算結了登記を行うことで、会社が消滅することになります。 上記が会社の解散から清算結了までの大まかな流れになりますが、会社を解散したときにはこのほかに、税務上手続きも発生します。 やらなければならないことがたくさんありますから、漏れのないように手続きを進める必要があります。 会社解散に伴う税務 法人税、住民税、事業税について 会社には法人税や住民税、事業税といった税金が課せられています。 そのため、会社設立時には、こうした税金の手続きのために、税務署や都道府県税事務所に届出を行っているはずです。 会社解散時にも同様、これらの役所等に届出等が必要になります。 また、会社は解散によって事業年度の区切りが変わりますから、確定申告の時期も変わってきます。 ですから、確定申告の期限にも注意しておかなければなりません。 会社解散時に必要な税務上の手続きについては、以下のような流れになります。 1.会社解散の届出 会社が解散した場合には、国税及び地方税の双方について届出が必要です。 税務上の解散の届出は、税務署、都道府県税事務所、市区町村役場(東京23区内は不要)に「異動届出書」を提出して行います。 「異動届出書」には、解散後の登記事項証明書(履歴事項全部証明書)を添付する必要があります。 異動届出書の提出期限は特に設けられていませんが、解散後速やかに行う必要があります。 なお、税務署では「給与支払事務所等廃止届」の提出も必要になります。 2.解散事業年度にかかる確定申告 会社を解散したときには、解散日の属する事業年度開始の日から解散日までを1事業年度とみなして、その期間についての確定申告(解散確定申告)を行う必要があります。 3.清算中の各事業年度における確定申告 会社清算中も、各事業年度についての確定申告が必要です。 4.残余財産確定事業年度の確定申告 残余財産確定日の属する事業年度の確定申告については、事業年度終了日の翌日から1ヶ月以内に行う必要があります。 ただし、事業年度終了の翌日から1ヶ月以内に残余財産の最後の分配または引き渡しが行われる場合には、その行われる日の前日までが申告期限となります。 なお、残余財産確定事業年度の確定申告については、提出期限延長の特例が適用されませんので、提出期限に遅れないよう速やかに手続きを行う必要があります。 5.清算結了の届出 清算結了登記が完了すれば、税務署、都道府県税事務所、市区町村役場(東京23区は不要)に「異動届出書」を提出し、清算結了の届出を行う必要があります。 このときの異動届出書にも、登記事項証明書(閉鎖事項全部証明書)を添付します。 清算結了の際の異動届出書の提出期限は特に定められていませんが、清算結了登記が完了した後、速やかに届出する必要があります。 消費税について 会社が消費税の課税事業者となるかどうかは、2期前の課税売上高により判断されます。 会社が解散して清算事業年度に入っても、2期前の課税売上高が1000万円を超えている場合には、消費税の納税義務は消滅しません。 まとめ 会社というのは、事業を行っていないからと言って、簡単に消滅させられるものではありません。 会社を消滅させるには、解散、清算結了といった法律上の手続きが必要になりますが、それに伴って税務上の届出や申告も発生します。 会社の解散手続きをスムーズに進めるには、専門家の力を借りるのがいちばんです。 当事務所でも税理士等と連携して会社解散・清算手続きをトータルにサポートさせていただきますので、ぜひご相談ください。 関連する記事はこちら.

次の

消費税の仕組みと、計算・申告・納税の流れを図解でわかりやすく解説

消費 税 申告 期限

輸出多めの大企業が消費税還付を受けることについて「この会社は日本に税金を納めていない!」とミスリードするメディアや政治家がいますが、消費税の仕組み上、当然のことなのです。 騙されちゃダメ。 (消費税は日本国内の取引に課税するものなので、輸出売上は免税。 だって海外の人に日本の消費税負担させられないでしょ?) 消費税の課税事業者・免税事業者って? 消費税を納税する義務を負うのは、法人や個人事業主などの 事業者です。 先ほどの図解で言うと、生産者、製造業者、小売店などですね。 ただし、すべての事業者が納税義務を負っているわけではありません。 基準期間(2年前or2期前)の売上が1,000万円以下の事業者については、免税事業者として、消費税を納めなくて良いのです。 小規模な事業者に対する事務負担や資金繰り負担の軽減などの理由から、こういった免税制度が存在します。 消費税の計算方法 さて、あなたが消費税の課税事業者であった場合には、消費税を納めなければなりません。 消費税の計算は、売上にかかる消費税から、仕入にかかる消費税を差し引いて計算します。 消費税法において「仕入」とは、いわゆる材料の仕入れだけではなく、経費の支払いなど「お金を支払う取引全般」を指します。 経費や備品を買った時も消費税払ってますもんね! 2019. 1以後は複数税率となりましたので、10%のもの、8%のものを区分して計算する仕組みになっています。 消費税の申告・納付の期限 確定申告 確定申告の期限は以下の通りです。 直前年度の消費税額 中間申告・納付回数 48万円超400万円以下 年1回(直前年度の消費税額の2分の1) 400万円超4,800万円以下 年3回(直前年度の消費税額の4分の1ずつ) 4,800万円超 年11回(直前年度の消費税額の12分の1ずつ).

次の