かなり 恐怖 を 感じ た。 恐れや不安がもたらすもの

家計簿にかなりの恐怖を感じます

かなり 恐怖 を 感じ た

どうしても怖いものってありませんか?? 私は、ホラー映画は怖くて見れませんし、 ジェットコースターも怖くて乗りたくありません。 他にも、人によっては色々なことに恐怖を感じますよね。 高いところが怖かったり、 クモが怖かったり、 注射が怖かったり、 人前で話すことが怖かったり …と、本当に人それぞれです。 今回は、そのような 恐怖を克服する方法 についてお伝えします。 恐怖を克服する方法 恐怖を克服する方法… それは、その恐怖に 「慣れる」ことです。 「そんな単純な…」 と思うかもしれませんが、 恐怖症の治療にも使われていて、 効果も実証されています。 なぜなら、 それが 恐怖のメカニズムの本質を突いているからです。 なぜ恐怖を感じるのか? そもそもですが、 なぜ私たちは恐怖を感じるのでしょうか? 恐怖のメカニズムはいたって単純です。 私たちは 身の危険があることに対して恐怖を感じるのです。 これはもう何万年以上も昔に、 進化の過程で人間に備わった機能です。 私たちの祖先が、 ジャングルで狩りをしたり 木の実を食べたりして生きていた頃、 もし恐怖の感情がなかったら、 どうなっていたでしょうか?? ライオンやワニなどの猛獣に、 恐れず立ち向かうのは勇敢ですが、 間違いなく食べられて 死んでしまいます。 私たちの祖先は そのような危険なものに恐怖を感じることで、 危険を避けて 生き延びることが出来るようになったのです。 恐怖があって良かったですね! 恐怖は必要 恐怖は、 危険なものに対して 自分の身を守るために感じる 自己防衛の感情です。 例えば 走っている車に恐怖を感じなかったら、 道路に飛び出して死んでしまいます。 恐怖は我々の 身を守るために、 今でも欠かせない 必要な感情なのです。 …ってことは、 恐怖は必要だから、 諦めて慣れるしかないということでしょうか? いやいや、そうではありません。 現代の恐怖 さて、ここで少し考えて欲しいのですが、 ホラー映画は危険でしょうか? 暗いところで激しい映像を見るのは ちょっと目に悪いかもしれませんが、 ライオンやワニに立ち向かうような 命の危険はありませんよね。 ジェットコースターも たまに事故とかはありますが、 99. 高いところも、窓があれば安全。 クモも、 ほとんどのクモは毒などなく無害。 注射にいたっては、 注射が必要な時に注射をしない方が危険です。 もうお気づきですね。 現代の恐怖の問題は 「本当は怖がる必要がないのに、怖くなってしまう」 ことなのです。 なぜ恐怖を感じるのか?現代版 では、 なぜ危険ではないことにまで 恐怖を感じるのでしょうか? それは恐怖が 「 学習 」されているからです。 「学習」と聞くと机に向かって勉強をするイメージかもしれませんが、 それだけではありません。 身体が勝手に覚えてしまうことも立派な「学習」です。 例えば、梅干し。 梅干しを見ると、 見るだけで唾液が出てきますよね。 食べる前からすっぱい感じが口の中に広がるかもしれません。 でも、 干しぶどうを見ても唾液は出てきませんよね。 これは 「梅干し=すっぱい」 ということを身体が覚えているからです。 だから梅干しを見るだけで、 唾液が出てくるのです。 図にするとこんな感じです。 「クモは危険」と 間違えて覚えてしまったのです。 間違いだろうが何だろうが、 身体がそう覚えてしまったので恐怖を感じてしまうのです。 これが、恐怖の「学習」です。 間違った学習なので 「 誤学習 」と言ったりします。 改めて、恐怖を克服する方法 さてここまで分かれば、 もう(不要な)恐怖を克服する方法は明確ですね。 そう 誤った学習を訂正すれば良いのです。 「クモは危険」 と身体が覚えているので、怖くなります。 だから 「クモは安全」 と 身体が覚え直せば、怖くなくなります。 とっても単純なメカニズムですね。 でもこれ、 「 身体 」で覚え直さなければなりません。 いくら「頭」で 「クモは安全…クモは安全…」と唱えていても、 クモを見ると身体が勝手に反応してしまいます。 「身体」で覚え直すために必要なものは知識ではありません。 「 体験 」です。 「クモが近くにいても、噛まれないし、 ましてや命が危険になることなんてない」 という 「体験」を重ねることで、 「クモは安全」ということを身体が覚え直します。 これが大雑把に言うと、 「 慣れる」ということなのです。 ジェットコースターを克服した話 冒頭でも話した通り、 私はジェットコースターが怖いです。 でも今は前よりもマシになっています。 それはジェットコースターに何度も乗って 「慣れる」ことができたからです。 最初にジェットコースターに乗った時は、 怖くて怖くて仕方がありませんでした。 もちろんジェットコースターが安全であることは頭でも分かっています。 でも怖くて怖くて仕方ないのです。 (ちなみに、私は一度もジェットコースターに乗ったことがないのに「ジェットコースターは危険」と「誤学習」をしていました…) それでも何とか頑張って一回乗ってみました。 楽しくはありませんがもちろん安全でした。 すると、次に乗るときは、 さっきよりも少し怖さがマシになっていました。 そして、乗れば乗るほど どんどん大丈夫になっていったのです。 身体がジェットコースターに慣れていったのです。 段階的曝露療法 ジェットコースターの例はかなりの荒療治ですが、 「恐怖に慣れる=安全を身体で覚える」 方法をもっとやり易くした方法が 『 段階的曝露療法 』という心理療法です。 実際に恐怖症の治療でも使われている方法で、 効果も実証されています。 この『段階的曝露療法』についても お伝えしたいと思うのですが、 その前に、一つ考えて頂きたいことがあります。 それはまた次のコラムで…。 当ルームでも、 心の専門家による 対面のカウンセリングや メールカウンセリングを 行なっています。 よろしければご利用くださいね。

次の

恐怖のメカニズムとその対処。恐怖を克服する方法。 | 福島郡山カウンセリングここらぼ

かなり 恐怖 を 感じ た

それは不安神経症でしょう。 重症なら病院に行くと良いかもです。 私の親友は、大学を出て数年経っても貯金が出来ませんでした。 家に生活費を3万円入れる「だけ」なのに何故貯金が出来ないのか悩んでいましたよ。 車はお父さんの車をいつでも自由に使えるし、ガソリン代から何から何までお父さんが負担していました。 最高に恵まれているのに貯金が出来ない秘密とは。 彼は100円、200円の小さな金額は、小さいからゼロと考えていたのです。 計算してみると、缶コーヒー代だけでも1日に1500円でした。 でも缶コーヒー代だけで、1ヶ月で4万5千円ですから、バカに出来ない金額です。 食事は、昼食と夕食は、毎日ファミレスでした。 「これ、かなり大きいんじゃないの? 」と言っても「でも1000円ぐらいの安い物しか食わないよ」と言っていました。 1日2000円として1ヶ月で6万円ですよね。 こんな奴と結婚した女性は大変だろうなと思いましたね。 私が一人暮らしを始めたときに驚いたのが、歯ブラシだとかボールペンだとか安くてめったに買わないものでポロポロ金が無くなっていく事でした。 そして最初のうちは訳が分らなくて家計簿をつけてみて初めて分ったのです。 でも数ヶ月は感覚的には理解できませんでした。 ですから家計簿をつけるのは、とても良いことだと再認識すると不安神経症が軽減するかもしれませんね。 家計簿には、記号で良いので店の名前も書くと良いですよ。 全く同じ品物なのに店によってえらく値段が違いますから。 独り暮らしのものですが、家計簿なんてつけるな!というコメントが多いですが、自分はつけるべきだとおもいます。 つけることによってその月の収支のバランスが見えてきますし、どこが無駄遣いだったのかということも一目でわかります。 ですが、つけたくない、逃げたいという気持ちもわかります。 そういう時は何か目標をつくりましょう。 ただ単に節約しててはただの苦行です。 ですので、今月はいくらの支出で抑えるぞ!と決めたらそれに収まるように頑張る、達成できたらご褒美に何かおいしいものでも食べに行くなどした方がいいですね。 1か月じゃ無理!というならば1週間でも良いんです。 1週間の支出をこれだけに抑えるにはどうしたらよいかと考えましょう。 達成できたらご褒美を、もし無理だったら、頑張ってきた自分への努力賞、もしくはおいしいものを食べながら反省会をしましょう。 家計簿をつけるうえで一番気をつけないといけないことは「やらなければならない」ではなくて「ゲーム感覚」で良いんですよ 無理なら無理で、今月は目標達成無理だな~と思ったら目標金額を上げるなど、ゲーム感覚でしていけばいいんですよ 重く考える必要はありません 家計簿がないとどうしても収支のバランスが崩れがちになりますので、軽い気持ちで「ゲーム」を楽しんでください^^ 我が家は私の母の代から『家計簿』というのは付けていませんでした。 母曰く、「いらない物を買っているわけではないんだから、出て行くお金に未練を残してもしょうがない。 」って。 その流儀なのか?私の女房殿も『家計簿』って付けませんでした。 「家計簿って付けないの?」と私が聞いたら女房殿曰く、「足りない時は足りないんだし、余る時は余るんだし、貴方にいちいち報告するほどのことでも無い。 それとも、大根の値段でも気になる?」って。 返す言葉はありませんでしたね。 ただ、日記みたいにコチョコチョ手帳に何かをメモってました。 亡くなった後は怖くてそれらの中身は見ていません。

次の

人が恐怖を感じる時とは? 小説作法

かなり 恐怖 を 感じ た

「自分が死んでしまったら 大好きな人たちに 会えなくなってしまう」 と悲しい気持ちに なることもあるでしょう。 人間は弱い生き物ですから 愛する人や 愛してくれる存在がいなくなってしまう 「孤独への恐怖」を 感じてしまうのでしょう。 死後の世界への恐怖 人が死んだあと 死後の世界はあるのでしょうか? これについては 現実的には 死んだ人にしか分かりません。 「死んだらどうなってしまうのか?」 「地獄に行きたくない」など 死後の世界を想像すると 怖くなってしまいますよね。 先ほども 恐怖を感じる原因で触れましたが 人間は「わからない」ことに 恐怖を感じるので 死後の分からない世界は 特に怖いでしょう。 雲の上はいつも晴れ あなたの悩みは何ですか? 悩みを抱え続けるということは 水の入ったコップを持ち続けることと同じです。 最初は楽々コップを持てても 時間が経てばだんだんと腕が痛くなります。 コップの中に入っている 【水の量は変わっていない】のにも関わらずです。 つまり悩みを抱え続けると 心身共にじわじわとボロボロになっていきます。 あなたもそれを実感しているのではないでしょうか? そんなあなたに 当サイト、心理学loversの管理人がオススメするのが 電話占いです。 特に私がオススメしたいのが 電話占いの老舗である「ヴェルニ」の です。 口コミ・レビュー件数が3,000件を超えていて 信頼と実績のある占い師です。 魅理亜(みりあ)先生は 下記の悩み相談などを受け付けています。 ・結婚 ・離婚 ・復縁 ・略奪愛 ・不倫 ・遠距離恋愛 ・同性愛 ・三角関係 ・金運 ・仕事 ・人間関係 ・家庭問題 ・子育て ・運勢 ・ペットの気持ち 電話占いを試したことがない人は 怪しいと感じるかもしれませんが そういう方ほど たった1度で良いので 魅理亜(みりあ)先生に相談してみてください。 きっと世界が変わります。

次の