北國新聞 やばい。 北國新聞

読売新聞は100万部減…瀕死の新聞業界、なぜか部数減らない新聞の「意外な共通点」

北國新聞 やばい

【ジャパンテント 濃密な交流を地域の財産に】 第十六回ジャパンテントが一日開幕した。 今年は「禅と善のふるさと石川」を総合テーマに、 石川の思索的な風土に焦点を当てた講座やフォーラムが開催される。 西田幾多郎と鈴木大拙という日本を代表する思想家を生んだこの地にふさわしいテーマといえよう。 今年は八十の国と地域の留学生三百五十人が集まった。 一九八八年のスタート以来の参加者は延べ五千人を超える。 留学生にとっても、ホストファミリーやボランティアの若者にとっても、 文化や習慣の異なる外国人と過ごす濃密なひとときは、得がたい体験になるだろう。 心を許して語り合える異国の友が一人でもできれば、国際理解は格段に深化する。 石川の大地に根を下ろした国際交流の樹木をより大きく、よりたくましく育てていきたい。 歓迎式典の基調講演では、板橋興宗総持寺祖院住職が、 ありのままをありのままに受け止めることの大切さ、あいまいさやもったいないという心の底にあるものについて語った。 石川の風土に根差した哲学・思想の一端を留学生に知ってもらう意義は大きい。 日本人および日本文化の大枠を理解するための格好のテキストにもなる。 留学生を受け入れる私たちは、日本や地元の文化、伝統についてどこまで分かりやすく説明できるかどうかが問われている。 たとえ十分な語学力があっても、自国の文化について語れなければ、交流は深まりようがない。 ジャパンテントは私たちに足元を見つめ、学び続けることの大切さを教えてくれる。 回を重ねるごとに、ジャパンテントの人的ネットワークは着実に世界各地に広がっている。 ホームステイ先の家族、ボランティアと手紙のやりとりや相互訪問を続けている留学生たちは珍しくない。 既に勉学を終え、祖国で重要なポストに就いた者も多いことだろう。 今年はジャパンテントの国際交流推進事業を後押しするジャパンテント・ネットワークが NPO(特定非営利活動法人)の認証を受けた。 これまでに築いた人的ネットワークをより充実させていくためである。 密度の濃い国際交流を積み上げて、かけがえのない地域の財産にしていきたい。 歌詞は北國新聞社、富山新聞社の社員から募集し、東京支社報道部付の 村中將起記者の作品が選ばれた。 金沢市在住の作曲家乙田修三さんが作曲を担当し、ふるさと石川、富山と共に 歩む北國新聞、富山新聞の熱い思いをうたった詞に、さわやかなメロディーを つけた。 CDでは、一九六七(昭和四十二)年のコロムビア全国歌謡コンクールで 優勝した津幡町在住の中山明さんが歌っている。 CDは十日に富山市の富山全日空ホテルで開く富山新聞創刊八〇年記念祝賀会と、 九月に金沢市で予定する北國新聞創刊一一〇年記念祝賀会で来場者に 記念品として贈る。 ディナーショーだから一人でいくわけもいかず、二人だと8万4千円か。 不況知らずのお医者様しか 買える人は石川県にいないでしょうな。 キタグニさんは石川県医師会にドーンと買ってもらったらどうかね。 なぜなら社員が売れ残り分すべて買取り させられるから。 やばい記事をネタにみな必死に 現金化に走る。 あまりのえげつなさに 新入社員の親は買い取り代金を たたきつけて子供をやめさせた。

次の

北國新聞

北國新聞 やばい

地方銀行は業績不振が続き、存続さえ危ぶまれつつある。 貸し出し低迷を背景に「稼ぐ力」が落ちている。 週刊エコノミスト6月25日号、巻頭特集「」より、「収益力ランキング」をダイジェストでお届けする。 地銀トップの横浜銀行を中核とするコンコルディア・フィナンシャルグループの川村健一社長は5月17日に開いた2019年3月期決算説明会の冒頭から厳しい表情で臨んだ。 最終利益が18年3月期に比べ、グループで約18%減、横浜銀単体でも約14%減と大幅減益となったためだ。 地銀の「稼ぐ力」が落ちている。 日銀のマイナス金利政策が長期化する中、収益の柱である貸出金利回りが下がり続けているからだ。 本誌は地銀(第二地銀も含む)全104行の19年3月期決算の開示資料を集計。 貸し出しや手数料収入といった本業のもうけを示す「コア業務純益」を調べたところ、18年3月期から減少した地銀は半数以上の57行に上った。 トップ行の横浜銀でさえ、コア業務純益は27%減と3割近く落ち込んだ。 金融庁は4月、地域金融機関向けの新たな監督指針案を発表。 コア業務純益などを決算期ごとに確認し、収益性の低い地銀には業務改善命令を出せるようになるのが柱だ。 近く地銀を対象に収益力を一斉点検する方針という。 本誌は、地銀の収益力を測る指標として、総資産に対するコア業務純益の比率を用い、全104行をランキングした。 この比率は「総資産収益率(ROA)」に当たり、表では「収益力(ROA)」と表記した。 島根銀行 トップのスルガ銀行は、投資用不動産向け融資で高い収益性を誇ったが、書類の改ざんや偽造といった不正が判明。 金融庁が昨年10月に一部業務停止を命じた。 4月に解除されたが、地銀の「優等生」と言われた高収益モデルは足元から揺らぎ、経営危機を救う「支援者探し」が進んでいる。 2位の足利銀行はコア業務純益を18年3月期から9%増の388億円としたが、うち99億円は投資信託の解約益で賄った。 コア業務純益はこうした投信解約益を含むが、金融庁は5月末、解約益を除いた額で銀行の収益性をはかる方針を示している。 徳島、阿波銀行は東京進出で貸し出し増 3、4位にランクインした徳島県の二つの地銀は「越境融資」を拡大させている。 徳島銀行は2月、東京都内で4店舗目の池袋支店(豊島区)を開いた。 それまでも蒲田(大田区)や亀戸(江東区)といった中小企業が多い地域に支店を設け、融資営業を強化。 実際、19年3月末時点の東京都内の貸出金残高は1532億円と、1年前から13%も伸び、収益の柱の一つになっている。 阿波銀行も、東京や神奈川で中小企業への融資営業を強化。 関東地区での19年3月期の貸出金残高(平均残高)は前期比4%増の2257億円で、伸び率は地元の徳島県内や関西よりも大きかった。 一方、収益力が最下位となった島根銀行は、104行で唯一、コア業務純益が3億8900万円の赤字。 17年3月期に赤字転落して以来、3年連続だ。 17年に新築した本店ビルの減価償却費も重くのしかかり、厳しい局面にある。 地銀が生き残るための「持続可能なビジネスモデル」(金融庁)とは何か。 経営効率化のため合併・統合は進むだろう。 ただ、地銀のあり方は問われ続ける。 政府は地銀による企業への出資規制を一部緩和する方針で、新たに業務を広げて「稼ぐ力」を高めていけるかも一つの試金石となりそうだ。 表記上は同率でも、小数点第3位以下の大小で順位付けしている。 コア業務純益は、一般貸し倒れ引当金繰り入れ前の業務純益から国債等債権損益を引いたもの。 総資産とコア業務純益は億円未満は切り捨て。 収益力(ROA)は小数点第3位以下、コア業務純益の対前期比は小数点第2位以下を四捨五入。 銀行名のカッコ内は親会社でFGはフィナンシャルグループ、HDはホールディングス、FHDはフィナンシャルホールディングスの略。 関西アーバン銀行と近畿大阪銀行は4月に合併し、現在は関西みらい銀行。 連載「」は原則、毎週水曜日に掲載します。

次の

読売新聞は100万部減…瀕死の新聞業界、なぜか部数減らない新聞の「意外な共通点」

北國新聞 やばい

広島市役所での記者会見で「迷惑を掛けた関係者におわびする」と語る沖宗市議 「受け取った50万円は全て生活に使った。 買収だと意識していたし、私の脇の甘さだ」。 広島市の沖宗正明市議(69)=市政改革ネットワーク、安芸区=は26日、市役所で臨んだ記者会見でうなだれた。 沖宗氏によると、克行容疑者が最初に事務所を訪ねてきたのは、統一地方選として昨年4月に投開票された市議選の後。 当選祝いとして30万円を白い封筒で渡された。 6月上旬には、案里容疑者の話題に触れ、再び白い封筒を机の上に置かれた。 克行容疑者が去った後に封を開けると20万円が入っており「選挙応援の趣旨だと理解した」という。 沖宗氏は克行容疑者と親しく「奥さまが出るなら支援しようと思った」。 公示後には、案里容疑者の推薦はがきとして3千枚以上を用意し、当選報告会にも出向いた。 計50万円は「日常生活に使った」として、政治資金収支報告書には記載しなかったとしている。 谷口修市議(73)=自民党保守クラブ、安佐南区=も26日、50万円を克行容疑者から渡されたと、市議会棟で認めた。 案里容疑者の支援はしていないと訴える。 克行容疑者は、市議選の投開票日直前に自宅を訪ねてきて「(立候補した)秘書を同じ会派に入れてほしい」と白封筒を玄関に置いたという。 「やばいカネだと思い、2人きりの時に返すつもりだった。 法相になり、機会を逸した」 市議会では既に、石橋竜史市議(48)=自民党保守クラブ、安佐南区=が30万円の受領を認め、謝罪している。 実名で証言した3人のほか、匿名を条件に5人が中国新聞に計230万円を渡されたと認めた。 1人当たり30万〜70万円だった。 【関連記事】 あなたにおすすめの記事.

次の