ファイザー マイラン。 エピペン各種素材について|教職員・保育士・救急救命士の皆様|アナフィラキシー補助治療剤 エピペン

【2020年版】 Pfizer(ファイザー)の企業研究

ファイザー マイラン

米製薬大手ファイザーは29日、特許切れ医薬品事業を分離して、後発医薬品(ジェネリック)大手の米マイランと統合することで合意したと発表した。 ファイザーはこの数年、画期的新薬、低利益の特許切れ医薬品、大衆薬の三分野に事業を分割させる計画を進めており、今回の発表はその一環。 昨年12月には、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)と大衆薬事業を統合することで合意した。 米議会やトランプ大統領が薬価引き下げ要求を強めていることを背景に、製薬業界はこのところ圧力が高まっており、業界再編が相次いでいる。 ファイザーは、抗がん剤の「イブランス」や肺炎球菌ワクチン「プレベナー」などより収益が見込める革新的な薬品を維持する。 一方、統合後の新企業は性的不能治療薬「バイアグラ」やコレステロール薬「リピトール」、マイランの急性アレルギー反応緩和薬「エピペン」などを手掛ける。 本社はデラウェア州に置き、ファイザーのアップジョン事業部のトップであるマイケル・ゲトラー氏が率いる。 マイランは、ヘザー・ブレシュ最高経営責任者(CEO)が統合完了後に引退し、ロバート・コーリー会長が新会社の会長に就くと明かした。 統合の条件によると、ファイザー株主が新会社株の57%、マイラン株主が残りを保有する。 マイラン株は年初から先週末までに約30%下落。 この日午後の取引では約14%高。 ファイザーは約2%安で推移している。

次の

エピペン各種素材について|教職員・保育士・救急救命士の皆様|アナフィラキシー補助治療剤 エピペン

ファイザー マイラン

肝・胆道疾患のある患者[肝・胆道疾患が増悪するおそれがある。 ] 腎機能障害のある患者[腎機能がさらに悪化するおそれがある。 ] スキサメトニウム塩化物水和物の静注により筋強直がみられた患者[悪性高熱があらわれることがある。 ] 高齢者[「高齢者への投与」の項参照] アドレナリン含有製剤を投与中の患者[併用により心筋のアドレナリンに対する感受性が亢進することが知られており、頻脈、不整脈等を起こすおそれがある(「相互作用」の項参照)。 ] 心疾患及び心電図異常のある患者[QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)、心室細動、完全房室ブロック等が出現し、心停止に至ることがある(「副作用」の項参照)。 ] 重要な基本的注意 アドレナリン製剤 アドレナリン ノルアドレナリン等 頻脈、不整脈、場合によっては心停止を起こすことがある。 本薬麻酔中のヒトの50%に心室性期外収縮を誘発するアドレナリン量(粘膜下投与)は6. この量は60kgのヒトの場合、20万倍希釈アドレナリン含有溶液80mLに相当する。 本薬が心筋のアドレナリンに対する感受性を亢進することが知られている。 筋弛緩薬 ベクロニウム臭化物 スキサメトニウム塩化物水和物等 筋弛緩薬の作用を増強するため、本薬による麻酔中、筋弛緩薬を投与する場合には減量すること。 相互に作用を増強させるためと考えられる。 Ca拮抗剤 低血圧、陰性変力作用等の副作用があらわれやすくなるおそれがある。 相互に作用を増強させるためと考えられる。 中枢神経抑制作用を有する薬剤 オピオイド系薬剤 ベンゾジアゼピン系薬剤等 呼吸抑制等の副作用があらわれやすくなるおそれがある。 相互に作用を増強させるためと考えられる。 副作用.

次の

ジェネリック医薬品|マイラン製薬

ファイザー マイラン

ファイザーは1月1日付で、エスタブリッシュ医薬品事業部門を発展的に改組し、新たに「アップジョン事業部門」を新設した。 オンコロジーや炎症・免疫、希少疾患、ワクチンなどの各部門は「イノベーティブメディスン事業部門」に集約し、アップジョン事業部門との2部体制に改めた。 事業再編はグローバル方針に基づくもの。 アップジョン事業部門の取り扱い製品は、ノルバスク、リピトール、セレコックス、リリカなど、非感染性疾患(NCDs)領域の治療薬となる。 これら製品を通じ、患者負担の軽減に資する活動に注力する。 なお、アップジョン事業部門のグローバル・ヘッドオフィスは中国・上海となる。 アップジョンは睡眠導入薬ハルシオンなどの主力品を軸に成長を遂げた米国系製薬企業の名称。 1995年にファルマシアと合併し、ファルマシア・アップジョン社を設立。 2000年には、モンサントと合併し、社名をファルマシアと改めたことから、アップジョンの称号は業界から消えていた。 その後、ファルマシアは2003年にファイザーに買収され、2009年にはワイスをファイザーが傘下に収めている。 加えて、歴史的にイノベーティブな製品を開発してきたことから、今回この名前を用いることになった」と説明した。 WHOはNCDsについて、不健康な食事や運動不足、喫煙、過度の飲酒など共通の原因があり、生活習慣の改善により予防可能な疾患をまとめて定義している。 このためアップジョン事業部門ではファイザーの代表的薬剤であるノルバスクやリピトールなどの生活習慣病薬や、セレコックス、リリカなどの痛みに関する治療薬などを取り扱う。 「インターナルメディスン部門」と新たに「病院部門」が加わった。 インターナルメディスン部門は、これまでエスタブリッシュ医薬品事業部門が扱ってきた特許の切れた低分子の後発医薬品が組み込まれる。 一方でバイオシミラーについては、オンコロジー部門や炎症・免疫部門に組み込まれ、すでにラインナップされた革新的新薬と一体で情報提供活動を行うことになる。 このほか、「病院部門」では抗生剤や抗真菌薬などを取り扱う。 イノベーティブメディスン事業部門長とインターナルメディスン部門長は原田明久代表取締役社長が兼務する。 アップジョン事業部門長はソナ・キム取締役・執行役員が就任した。 今回の組織再編でエスタブリッシュ医薬品事業部門は廃止となった。

次の