ウォーキング ダイエット 1 ヶ月。 毎日10km約2時間のウォーキングを始めて1ヶ月が経ちました。...

「ウォーキングでダイエット」を1ヶ月続けたら効果が出たという体験ブログ(糖質制限含む)

ウォーキング ダイエット 1 ヶ月

一般的に、ウォーキングダイエットで痩せるには、 時間が必要になります。 理由としては、 ウォーキングは、運動の中でも特に軽い部類に入る有酸素運動であるから。 ですから、毎日歩き始めても1ヶ月以上は、通常のやり方では痩せる期待をしないで下さい。 ですから、 この期間に体重を計測しないようにしている人もいます。 よって、通常の ウォーキングダイエットの1ヶ月の効果は、見た目痩せや体型変化くらいです。 参考記事: ところが、ウォーキングダイエットをして、たった1ヶ月で見事にダイエットに成功して痩せた人がいます。 これとは逆に、ウォーキングダイエットを 3ヶ月以上も毎日やっているのにも関わらず、未だに 痩せていないという人も現実にいます。 この両者の違いは何でしょうか? どうして、このように ウォーキングダイエットの効果の違いが出るのでしょうか? なお、今回は ウォーキングダイエットを1ヶ月で成功した人の分析と、一般的な歩き方をしている人の 効果が早く出る方法について解説します。 ・通勤方法を自転車や徒歩に変えたり、最寄り駅より2つ手前の駅から歩く。 (自営業や専業主婦の人は、買い物などに当てはめると良いでしょう。 ) ・ 食事制限をした。 (寝る前2時間は飲食をしない、間食をしない、ドカ食い厳禁、腹8分目を心掛けるなど) ・(置き換え、ファスティング、スムージー、サプリ) ダイエットや(筋トレ、スクワット、体幹トレーニング、エアロビクス、ヨガ)などの 運動との 併用。 ・毎日1時間歩くのは、とても疲れますし大変です。 ですから、これを毎日継続できる人は、何キロ痩せるかの個人差はありますが、体重が減るでしょう。 ウォーキングダイエットで1ヶ月で効果を上げるには、恐らく 上記の中の複数が絡んでいるのではないかと考えられます。 それくらいやらないと、ウォーキングダイエットをメインにした場合には、 1ヶ月程度では成果が出ないことを心して始めるべき。 スポンサーリンク ウォーキングダイエットで、どうすれば早く痩せる? ここで、一つ質問します。 ウォーキングダイエットで痩せた場合に、 何キロ痩せたら成功と言えるのでしょうか? その答えは、当然人によって違います。 恐らくは、 目標体重(または、許容範囲の体重)を クリア出来た時ではないでしょうか? 人によっては、そもそも 最初から無理な体重を設定していることも。 ここで、あえて極論を言うと、ウォーキングダイエットを始める前よりも1キロでも減っていれば、成功と言えるのでは。 一般的には、 肥満体型の人の方が(1キロの体重に対する比率が少ない為) 痩せやすくなります。 ですから、もしかしたら1ヶ月で成功したという人は、このタイプの可能性も考えられます。 仮に上記の基準(1キロ減で成功)で言えば、毎日ウォーキングダイエットを2ヶ月以上継続していれば、 間違った方法で歩いていない限りは 成功できます。 参考記事: それでは、他の条件を何も変えなかった場合に、ウォーキングダイエットの効果はいつから出るのでしょうか? ここでも、どうしても個人差が出てしまうのは仕方がありませんが、毎日時速6キロ( 分速100m)の 早足で40分(以上)歩いていれば、 早い人で2ヶ月くらいから効果が。 遅い人でも3ヶ月くらいからウォーキングダイエットの効果が出て痩せ始めます。 ただし、毎日時速6キロ40分でも、歩くコースや歩き方によっては、効果に違いが出ます。 例えば、坂道が多いコースを歩いたり、階段や砂浜などを同じ時間ウォーキングすると、通常のウォーキングダイエットよりも 消費カロリーを上げることが出来るのです。 これは、比較的にイメージはしやすいかと。 参考記事: また、プールなどに代表される 水中ウォーキングは、陸上のウォーキングと違った筋肉を使ったり、呼吸方法など変化するので かなり効果があがります。 雨の日だけは水中ウォーキングダイエットをするという方法もオススメ。 参考記事: また、歩くコースの他には、 脂肪燃焼がアップするウォーキングダイエット方法を取り入れると、 効果が2ヶ月で出る可能性も。 その方法は、 ウォーキング前と 歩いている時の2つに分かれます。 ウォーキング前には、ストレッチやスクワットといった 軽い筋トレなどを行っておくと、脂肪燃焼の始まりの時間が速くなり効果がアップ。 また、ウォーキング中にお腹を引込めて歩いたり(ドローイン)、歩く速度の緩急をつける( インターバルウォーキング)などをすると、脂肪燃焼効果が大幅に上がります。 ただし、あまり 無理をしないで毎日継続することを第一優先に。 そして、正しい歩き方や方法でウォーキングダイエットに取り組んで、 3ヶ月後の効果を期待した方が気分的にも楽です。 あなたにおすすめ まとめ ウォーキングダイエットを始めて 1ヶ月で痩せる効果が出るような成功は、単独ではあり得ません。 もしも、 痩せたとしても相当 無理をしている可能性があります。 そして、無理をして1ヶ月で痩せたとすると、 リバウンドの心配が非常に大きくなります。 ですから、ダイエットの方法として、ウォーキングを選んだ段階で、1ヶ月ではなく最低2ヶ月、精神的に余裕ができるように3ヶ月を一つのメドとして 気長に取り組まれた方が気楽です。 ウォーキングダイエットは、とにかく毎日しかも 長期間続けることが基本ですから。 そうは言っても、 少しでも早くウォーキングダイエットの効果を得たい気持ちも理解できます。 少しでも早く無理なく痩せたいという人は、次の記事を読んでみて下さい。

次の

ウォーキング1時間の痩せ効果を検証してみた!【期間1ヶ月】

ウォーキング ダイエット 1 ヶ月

普段は軽い筋トレくらいしかしていない私。 健康とダイエットのために、1日1万歩を目安に歩くといいと聞き、試してみることにしました。 「1万歩のウォーキング」がどれくらいかというと、身長150cmの私で、距離は5kmくらい。 消費カロリーは300kcalほどです。 筋トレを有酸素運動であるウォーキングに変えることで、どんな効果があるのか、1ヶ月間チャレンジしてみました! 私が実践した1万歩ウォーキングのやり方とポイント 私は、毎朝6時くらいに起きて、朝食の前にウォーキングをしました。 お腹が空っぽの状態で歩くと、体が軽くて歩きやすいです。 食事をしてからウォーキングをしてもいいのですが、お腹を少し休ませてから始めるようにしましょう。 夜にウォーキングをする場合は、寝る2時間前までに済ませてください。 寝る直前にウォーキングをすると、体が興奮して寝つきが悪くなってしまいます。 雨の日は、雨靴を履いて傘を差して歩いたり、お家の中で家事などをして動き回るようにしました。 ウォーキングコースの選び方 私の場合、1万歩ウォーキングに1時間近くかかっていました。 いつも同じルートを歩くのではなく、新しいところを探検しながら歩くと楽しめます。 できるだけ高低差がある道を選びましょう。 そうすることで違う筋肉を鍛えることもでき、効果を早く実感できます。 ずっと平らな道を歩くよりも、カロリーの消費も増えます。 また、信号が多い道は避けましょう。 信号待ちがない方が、自分のペースで快適にウォーキングができます。 夜のウォーキングを行われる方は、安全のために人通りが多いところを選びましょう。 正しいウォーキングのフォーム 劇的なダイエット効果はなかったものの、体重は1kg減りました。 一番効果があったのは、脚の引き締めです。 太ももとふくらはぎが引き締まり、筋肉がついたことで、ウォーキングも楽になりました。 健康効果 ウォーキングを続けたことで代謝が上がり、冷え性も改善。 体がポカポカするようになりました。 自然と、健康にも気を使うように。 移動の際も、車よりも徒歩を選ぶことが増えました。 効果の反面、デメリットも 効果があった反面、デメリットもありました。 最初は楽しんでやっていたのですが、1週間目からすでに飽きてきてしまいました。 ウォーキングは時間がかかるため、忙しい日は1万歩を達成するのは難しかったです。 忙しくても毎朝時間を作らないといけないことにストレスを感じました。 室内での手軽な運動を好む私にとっては、外に出て運動するのも億劫でした。 天候にも左右されるため、雨の日はモチベーションを維持するのが大変でした。 長時間の運動は私には向いていないと感じ、これ以上は続けることはできませんでした。 以下の記事では、家の中でできる有酸素運動を紹介しています。 私のように外に出て運動するのが続かなかった人におすすめです!.

次の

ウォーキングダイエットを1か月してみて~この様な効果が現れました〜

ウォーキング ダイエット 1 ヶ月

できるだけ手間なく簡単に痩せたい! そんな邪悪な思いで始まったダイエットチャレンジ。 とはいえ、 ただ体重を落とす事が目的というわけではなく、体を整えることで体調を崩さない1年を送りたい、という想いが強い。 なので、実際にはダイエットと言いつつも「軽いウォーキング」「水分補給」「ストレッチ」という、おじーちゃん・おばーちゃんの健康の秘訣、みたいなことから始めているわけです。 ただし、せっかくダイエット日記を公開するにしても、1週間=1記事にすると書くことが無くなって、単なる体重報告だけの「これなんのための記事?」ってなりそうで怖い。 なので、1ヶ月=1記事で作成しつつ、毎週の記録を追記していく形にしようと思います。 まずは最初の1ヶ月。 5kgずつくらい減少中。 まぁ、もともと太ってるだけにこんなもんですよね。 2週目にして初めて雨が振りウォーキング中止。 雨の時のカロリー消費についても、何か考えないとな……。 3週目 1ヶ月目のダイエットで気がついたこと 冬のウォーキングでもタオルを準備しよう 2月といえば、まだまだ真冬。 朝晩の冷え込みはなかなか厳しいものがあります。 こんなに寒いんだから、汗なんてかかないんじゃないの?と油断してウォーキングしている人はいませんか?ジャージとかちゃんと準備してウォーキングしている人なら、多分いないでしょうね。 ただし、僕のようにエセダイエッターが「ちょっと一駅前から歩こうかな~」とか思っているときは注意が必要です。 なぜなら、「 普通に汗を書くから」。 一駅だいたい3kmとして30~40分くらい歩くわけですが、20分を過ぎたあたりから背中はしっかり汗ばんできます。 この状態で赤信号にでもつかまってみなさい、アナタ。 汗がキンキンに冷えて、風邪まっしぐらってやつです…。 そうならないように、ちゃんと汗をふくタオルを準備しておきましょう。 ウォーキングは考え事に向いてる 通勤中に電車に乗っている時などは、ちょっとTwitterを見たり、ゲームをしたりと誘惑がいっぱいです。 でもウォーキング中に携帯を見るわけにはいきません(というかほんとに危ないから、歩きスマホダメ絶対!)。 てくてく歩いている間、特にやることが無いんですよね。 そうすると、ブログ何書こうかな~とか、明日ゴミの日だったな~とか、結構いろいろ考えれるんですよね。 で、「忘れてた!」みたいな何かを思い出したら、おもむろに道の端っこに立ち止まって、スマホでメモを取る、的な(はたから見るとちょっと怪しい?)。 有酸素運動で頭の回転が良くなっている……、のかもしれません 笑 最初の3日が最難関? 一応、歩く前とお風呂に入った後にストレッチをするようにはしていましたが、最初の3日くらいは結構体のだるさが気になりました。 それこそ、「急に運動して足が痛くなったから今日は休もう」とか「ちょっと寒すぎるから風邪引いちゃうと困るし」とか……。 そして1日休み、2日休み、気が付くと「ダイエット?なにそれ美味しいの?」状態。 この三日坊主を避けるためには、言い訳できないくらい簡単なものから始めるとか、いつまでにどうするのかという目標を人に話してモチベーションを保つ(退路を断つ)とか、いろんな方法があるでしょう。 僕自身は「このままだったらむしろ不味くない?」と思うことで乗り切りました。 「30分歩くだけでこんなにだるくなる体はヤバイ!」と(笑) 家族(妻子)の協力が不可欠 (2016年2月14日追記) 会社からの帰りがけにウォーキングをするということは、その分、帰る時間が遅くなる、ということです。 僕の職場は比較的、自身の裁量で退勤することができるとはいえ、毎日若干の時間の変動は有ります。 本当にありがたいことですよね。 ダイエットをするということは、それに時間がかかる分、他にかけれていた時間が犠牲になります。 家事や育児の負担がより増えてしまう中で、どうやってサポートしてもらうかはちゃんと夫婦やご家族で話し合わなければいけません。 それこそ、食事制限とかになると、よりいっそう負担(制約)は増えてしまいますしね……。 いつもより食べれば当然太る いくら運動をしているからといって、油断して「いつもより」食べると、当然の事ながら太ります(というか太りました……)。 3週目の後半、食べた分がしっかり肉になり、振り出しに戻った感じです……。 この3週で何となく分かったのは、やはりカロリー摂取とカロリー消費のバランスを考えることが、ダイエットの第一歩なんだろうな~ということ。

次の