持続化給付金 手渡し。 俺は持続化給付金をもらえるのでしょうか。俺はフリーランスの音楽家で、副...

特別定額給付金も持続化給付金も未だに入金無し!

持続化給付金 手渡し

水商売OKの数少ない支援策 コロナショックによる自粛のために名指しされてしまった夜業界。 いつも色んな制度や支援から対象外にされていますが、今回ばかりはさすがに救済措置が受けれる可能性が出てきました。 その一つが 「持続化給付金」です。 法人と個人事業主のどちらも対象になりますので、 お店だけじゃなく、ホステスやコンパニオンでも条件が整えば対象になります。 大前提の条件としては、 去年の同じ月と比べて収入が50%以上減った月が1回でもあること。 お店はもちろん、そこで働くホステス、場合によってはバイトやコンパニオン、さらには副業の人も、この条件にはほとんどみんな当てはまるんじゃないでしょうか? かといってもちろん誰でも受け取れるわけではなくて、ネックになってくるのが必要書類の問題。 自慢じゃないけど弊社も日払いの現金手渡しのため、受領書にサインをもらうというやり方で、給与明細的な物は渡してません。 ) そういう業界人の一人として、どうすれば受け取れるのか?それぞれの立場ごとに、わずかでも可能性のある方法を考えてみたいと思います。 持続化給付金とは? まずは持続化給付金がどういう制度かを見てみましょう! 上記サイトを見れば全て書かれてるんですが、我々凡人にとってお役所言葉には通訳が必要と思いますので、できる限りで翻訳しながら説明したいと思います。 w 制度内容 一定の条件を満たした法人や個人事業主に対して、以下の通りの給付金が受け取れます。 今年始めたばかり• 申告をしていない• 昨年の同じ月と比べて収入が50%以下の月はない ホステスと昼職など掛け持ちしてる場合です。 昼職での給与収入があったとしても、ホステスとしての収入があれば個人事業主に該当します。 条件に該当すれば、個人でお店をやってる場合や専業ホステスと同じく、最大100万まで受け取れる可能性があります。 ただ兼業の場合、出勤してる日数が少なくて、収入が去年の半分以下にはなってないという場合もあり得ますので、しっかり確認をしましょう。 また、出勤日数が少ないからそもそも働いた記録など取ってないという場合は、働いてるお店に確認してみるしかありません。 当然申告もしてないという事になると思いますが、とりあえず確認して可能性を探ってから考えてみるのもありだと思います。 コンパニオンの場合• 今年始めたばかり• 申告をしていない• 昨年の同じ月と比べて収入が50%以下の月はない コンパニオンは専業の人がわずかで、ほとんどの人が兼業・副業だと思いますが、 コンパニオンとしての収入があれば個人事業主に該当します。 この時期の収入はほぼゼロに等しいかと思いますので、申請できれば最大100万まで受け取れる可能性は同じです。 ただ、親バレも含めて会社バレしたくないからこそコンパニオンという人が多いはず、出勤日数も少なく申告してないという事になると、兼業ホステスの場合と同様に、所属事務所に確認してから、という流れになります。 申告してない人はもうダメ!? ホステスでもコンパニオンでも、昼職との兼業という人は、長く続けるつもりなく始める場合が多く、申告の事まで考えてなかったり、放置してもバレないだろうと安易に考えてるうちに1年経ってたというような人も意外といるかと思います。 いずれにしても 確定申告書は今回申請の必須書類です。 申告をしていない場合、今回の制度の対象にはなりません。 つまり、 今からでも確定申告はできます。 今から確定申告をして持続化給付金の手続きをするという事は可能です。 そんなんでいいの?という気も確かにするんですが、申告書類以外は通帳や本人確認書類と去年と今年の収入差が分かる帳簿だけ。 本人確認もマイナンバーカードだけじゃなく免許証や住民票で大丈夫そうです。 個人事業を開業した証明なども通常は必要とされていません。 必要書類だけで判断すると、今から確定申告をして持続化給付金に申請する事が可能という事になります。 可能性レベルの話かもしれませんが、これまで申告してこなかった方も、これからしっかり申告をするというのはむしろいい事だと思いますので、やってみる価値はあるかと思います。 ただし、今まで全く申告してないという人は、住民税等、申告する事によって支払いが増える物もあるという事は認識しておきましょう。 注意点! この 制度自体が始まったばかりで、実際に受け取った人のほうが少ないのが実情です。 弊社も申請だけはして支払われるかどうかを待ってる状態です。 条件に該当し、必要書類が揃えば給付されないワケがないと思っていますが、これはあくまでも私の個人的見解ですので、実際に申請してみない限り答えは分かりません。 その点はご理解をお願いします。 給付金額を計算してみる 受け取れる可能性があるという方は、是非金額を計算してみましょう。 給付金の給付額は、100万円(法人のみ200万円)を超えない範囲で対象月の属する事業年度の直前の事業年度の年間事業収入から、対象月の月間事業収入に12を乗じて得た金額を差し引いたもの(金額は10万円単位。 10万円未満の端数があるときは、その端数は、切り捨てる。 )とします。 さあ、もはや外国語ですね!w 訳しつつ例を挙げます。 2020年から事業を開始したばかり• 去年の同じ月と比べて収入が50%以下になった月が一度もない• 確定申告をしておらず今からもしない(できない) ちなみに、ボーイなどの黒服に関しては、通常ならお店の従業員であり個人事業主ではありませんので、対象にはなりません。 また、ほとんどないと思いますが、ホステスでも正規の従業員だという形式があるのであれば、その場合も同じく対象外です。 相談受け付けます! お店を経営されている方は、顧問税理士など相談相手はいるかと思いますが、 誰にも聞く相手がいないという方はご連絡ください。 こちらも専門家ではありませんので、明確な答えを持ってるわけではありませんが、どこに聞けば良いくらいのアドバイスならできるかと思います。 もちろん無料でやりますので、同じく 錦3丁目で働く方限定でLINEのみでの対応とさせていただきます。 それで良ければ、下記LINE@を活用して気軽に連絡ください。 LINE@の場合、友達としてつながってもこちらが見れるのはプロフィール写真のみで、タイムラインなども見れないため、使いやすいかと思います。 基本的に24時間以内にはリアクションします。 匿名OKでどこに在籍してるか等は聞きませんし、他社コンパニオンでも構いません。 当たり前の事ですが、相談への返信以外でこちらから連絡をする事はありませんが、気になるようでしたら相談が終わった時点でブロックしてくださいね。 とにかく今一人でも多く生き残れるためにできる事はやりたい! その思いで行動しています。 力を合わせられる方は是非合わせていきましょう! LINEでエントリー 派遣コンパニオンに登録希望の方は、LINEからのエントリーが便利です。 「友だち追加」ボタンから「さくらキャスト」を友達追加していただきますと、面接日程等の流れをご案内します。 お問い合わせ、ご相談の方は内容を送信してください。

次の

生活クラブ連合会「新型コロナウィルス感染拡大防止対策についての政策提案」持続化給付金の支給対象見直しと国内自給力向上を提出(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

持続化給付金 手渡し

新型コロナウイルス感染症により影響を受けられたすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、罹患されている皆さまの一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。 生活クラブ連合会は、「新型コロナウィルス感染拡大防止対策についての政策提案」として、「任意団体(人格無き社団)についても、一定の要件のもとで持続化給付金の対象とすること。 」、「世界的に感染が広がるなか、食料を海外から奪うのではなく国内自給力の向上を。 」の二点を、7月15日に内閣総理大臣宛に意見提出しました。 2020年7月15日 内閣総理大臣 殿 ー新型コロナウィルス感染拡大防止対策についての政策提案ー 新型コロナウィルス感染拡大防止対策に日夜ご尽力されていることに敬意を表します。 さて、上記対策のために先の国会で成立した第二次補正予算の執行に臨まれるにあたり、生活クラブ事業連合生活協同組合連合会より、下記のとおり提案致します。 <記> 任意団体(人格無き社団)についても、一定の要件のもとで持続化給付金の対象とすること。 2020年6月12日に、全党・全会派の賛同で「労働者協同組合法案」が衆議院へ提出されました。 秋に開会が想定される臨時国会で、議員立法として審議され成立する見通しです。 法案提出にあたり政府が作成した概要「労働者協同組合法案について」では、「法制化の必要性」として「持続可能で活力ある地域社会を実現するため、出資・意見反映・労働が一体となった組織であって、地域に貢献し、地域課題を解決するための非営利の法人を、簡便に設立できる制度が求められている。 現行法上、このような性質を備えた法人形態は存在しないため、新たな法人形態を法制化する必要がある」と認めています。 日本では、「ワーカーズ・コレクティブ」や「ワーカーズコープ」等の名称で1980年代から労働者協同組合が活動しており、今日では約2万5千人の就労者と約440億円の事業規模を擁しています。 その事業は、自治体や地域の諸団体との連携のもと、介護・福祉や子育て支援をはじめ、高齢者、生活困窮者、障がい者、働くことに困難を抱える若者の就労や生活の支援など、地域社会の様々なニーズに応える分野に広がっています。 従来、相応しい法人形態を定める法律が無かったため、やむなく人格なき社団として事業を営み納税義務を果たしてきた労働者協同組合も多くあります。 今回のコロナ禍で、このような団体が事業の縮小や自粛による経営上の困難に直面していますが、「人格なき社団」であることを理由に持続化給付金の支給対象外とされてしまいました。 同法案が成立・施行されれば、これらの団体は同法人格を得ることで間違いなく持続化給付金の支給対象とされるでしょう。 しかし現実は、法案成立を目前に控えながら、時間切れ倒産のリスクに晒されています。 「持続可能で活力ある地域社会を実現するため」という今回の立法の趣旨に照らせば、同法の成立・施行を待たず、持続化給付金の支給対象にこれらの団体を加えて至急救済する必要があります。 そして、労働者協同組合だけに限らず、人格なき社団として事業を営み納税義務を果たしてきた、地域に貢献し地域課題を解決するための非営利の任意団体も持続化給付金の支給対象に加えられるように、支給要件の見直しを図ってください。 世界的に感染が広がるなか、食料を海外から奪うのではなく国内自給力の向上を。 新型コロナウィルスが世界的に感染拡大するなか、世界の食料貿易に影響が出始めています。 国連食糧農業機関(FAO)によれば、ロシアをはじめ一部の輸出国が輸出制限措置に踏み切り、穀類の国際市場相場は上昇基調にあるとのことです。 緊急事態下において、各国が自国の食料安全保障を優先することは自明です。 新型コロナウィルスのパンデミックが第二波・第三波と年をまたいで蔓延しより深刻化していく場合、コロナ禍で各国における食料の生産及びサプライチェーンが機能不全に陥る可能性もあり、この動きが加速することが予想されます。 また、今般の新型コロナウィルスの感染拡大問題に留まらず、より長期的には、地球過熱化による気候危機を原因とする食料危機に備える必要があります。 小麦・大豆・トウモロコシ・なたねなど基礎的穀物を過度に輸入に依存している日本の思い通りには輸入できなくなる事態に備えて、リスク管理を強化すべきです。 今春に閣議決定された「食料・農業・農村基本計画」に基づき、「新型コロナウイルス感染症をはじめとする新たな感染症への対応」(同計画)を図りつつ「食料供給のリスクを見据えた総合的な食料安全保障の確立」(同計画)に向けて、短期的には備蓄政策やその周知によって市場における買い占め等による食料品不足や価格高騰を防ぐこと、長期的には、カロリーベース自給率目標の達成をめざすことを求めます。 今から約50年前、 「まとめ買いして安く分け合おう」と、 200人あまりのお母さんたちが集まって牛乳の共同購入を始めたことからスタートしました。 今日の生活クラブでも、 既存の商品を購入するのではなく、 自分達の生活に必要な品物を、 自分たちが開発過程にかかわりながら生産者とともに、 納得いくものをつくるという、 徹底したものづくりの姿勢でとりくんでいます。 jpg ] 生活することは、 消費することです。 私たちは、 自然と共生し、 食べ物(Food)、 エネルギー(Energy)、 福祉(Care)をできるかぎり自給・循環させる「サステイナブル(持続可能)な生き方」を選びます。 いま生きるいのちと次世代のいのちを、 おなじように大切に考えて、 すべての活動を行います。

次の

生活クラブ連合会「新型コロナウィルス感染拡大防止対策についての政策提案」持続化給付金の支給対象見直しと国内自給力向上を提出(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

持続化給付金 手渡し

新型コロナの影響により、一律10万円の特別定額給付金、事業者向けの持続化給付金100万円の配布が既に行われており、内閣総理大臣の安倍晋三さんは、かつて無い迅速な対応をするとか、官僚が作成した作文を棒読みで朗読しながら自慢気に宣言をしていましたが、申請は既にしているものの、未だに両方とも入金がされることなく、なんの連絡もないので不安ですね。 まあ、特別定額給付金については、申請から1ヶ月以内と区役所のホームページに記載があり、申請したのが先月末位というか、申請書がポストに投函されていたのが、それ位だったので、現在は入金待ちですし、持続化給付金については、これを知ったのが今月であり、申請したのが6月3日なので、まあ、2週間ほど時間が必要とあるので、こちらも待ち状態になってます。 ネットで調べていると、持続化給付金については、申請から1週間で入金がありました!って人もいますし、1ヶ月経過してもなんの連絡もないので不安ですって人もいますから、正直2週間で本当に入金がされるのか?、疑問しか無いのですが、持続化給付金のサイトでログインをしてみても、先日登録した内容が確認できるだけで、他は全く情報がないので、待つしか無いです。 特別定額給付金も持続化給付金も未だに入金無し! ただ、ネットで持続化給付金について、調べていたら、申請番号というのがあり、それで自分が登録した番号が分かるらしいですから、早速調べてみると、普通に160万番台という、かなりの遅れて登録をした人であることが一目で分かりそうなくらいの番号だったのですが、これ、私よりも以前に160万人(法人)が申請をしているとのことですから、凄い申請数になります。 持続化給付金はサービスデザイン推進協議会という、電通の天下り野郎が関わっている団体が請け負っており、そこから更に下請けに丸投げしてこれだけの個人情報を扱わせて大丈夫なのか?と心配になりそうなくらい、訳のわからないサービスデザイン推進協議会の民間下請け会社が連日の徹夜作業でやっているのでは?と推測できるのですが、160万人分は厳しいですよね。 既に80万台とかの人で、給付金の入金がありましたって人もネットで情報を公開していましたので、それなりに審査はやっているのかもしれませんが、これ、確定申告書とか運転免許証とか、システム的に識別して自動で審査をしているとは思えないので、全てを目視で人が確認して、問題がなければ指定口座に入金をする流れでやっているのか?、その辺を知りたいです。 特別定額給付金や持続化給付金の支給範囲を拡大? 現在、イニシャルDもビックリする位の勢いで支持率が低下している安倍政権ですが、その影響で税金のバラマキをやりまくっていますから、特別定額給付金についても、海外の日本人にも支給するとか、持続化給付金についても、更に支給する人の範囲を拡大するとか、また、訳の分からないばら撒き政策をやろうとしているのですが、本当、いい加減にしてほしいですね。 特別定額給付金については、未だに20%位の人にしか給付されておらず、生活に困っていても10万円すら入金されない人も多数いる状態で、支持率が下がってきたから海外の日本人にも給付するとか・・・、そんなのをやるなら最初から決めてやれって!感じですけど、安倍政権は自分たちの利権しかみてないので、選挙対策で税金を更にバラ撒けば良いだろなのでしょうね。 持続化給付金についても、現在よりも給付範囲を広げると安倍政権は色々やってるようですが、こちらも、未だに入金されていない人が相当数存在する状態で、3日に登録をした私も160万番台で、本当に2週間で入金があるのか?不安になる位ですから、次から次からばら撒き政策を発表して、その後は放置で内閣逃亡ってやるくらいなら、総辞職して消えて欲しい感じです。 アベノマスクは既に2枚届いていますが、使う予定は全く無いので、捨てるのもあれですから、そのまま倉庫に放り込んでいますけど、こんなゴミみたいなマスクは必要ないので、給付金の方を先にやってほしいですし、特別定額給付金については、日本の状況的に足りていない人が相当数いて、倒産する個人飲食店も増えてきていますから、本当の支援をやってほしいです。 よろしくお願い致します。 表示数• - 326,995 views• - 123,569 views• - 103,758 views• - 102,434 views• - 83,677 views• - 83,342 views カテゴリー• 128• 224• 193• 300• 133• 179• 143• 312• 209• 126• 149• 198• 192• 170• 154• 113• 133• 1,421 メタ情報• Proudly powered by Theme: Yoko by.

次の