かわい あんり 公職 選挙 法 違反。 河井案里氏公設秘書を聴取 公選法違反事件で広島地検 (写真=共同) :日本経済新聞

河井克行

かわい あんり 公職 選挙 法 違反

スポンサーリンク 自民党の河井克行前法務大臣。 妻である河井案里 あんり 議員の公職選挙法違反の疑いの影響により、法務大臣を辞任しましたが、ここへきて 河井克行議員自身にも同じ疑いがある事が分かりました。 河井克行議員の評判や性格ってどんな感じなんでしょうか? 実は何かと夫婦そろって問題ありで、もはや悪評まみれ。 ネットではブーイングの嵐が巻き起こっているんですが、それでも辞任はしないんですよね… そこで、今回は、 ・河井克行の経歴は? ・河井克行の評判や性格が悪すぎる! ・河井克行にも公職選挙法違反の疑いが? ・河井克行が議員を辞めない理由とは? …この辺りについてご紹介していきますね。 補佐官時代の16年3月、元運転手兼秘書が河井から受けた激しい暴力を告発。 「ハンドルを握る左腕を革靴で蹴りつけられ、全治14日間の大ケガをした」と証言したが、河井側は全面否定。 事務所を去った秘書は100人超え。 運転手確保もままならず、地元のタクシー会社を利用するも評判は散々。 運転席を蹴るわ、暴言を吐き散らすわで、配車を一切受け付けない会社もある。 nikkan-gendai. これについては、全面否定している河井克行議員。 …だっていくら何でも100人って…どんだけだよ… 地元広島では、その素行の悪さで 河井克行議員からの配車は一切受け付けないタクシー会社もあるというから驚きですよね。 河井克行の評判は子供のころから悪かった… 「実家は薬局経営の裕福な家庭。 〈君らとは育ちが違う〉みたいなことを言うので、嫌われていた。 nikkan-gendai. naver. そのまま、大人になって政治家になったのが河井克行議員…と言う事ですね。 幼いころからお金や家柄にモノを言わせてきたから、今それがどんどん酷くなって「俺を誰だと思ってるんだ!」…と 権力や暴力でねじ伏せる政治家になった…と。 …子供の育て方って大事ですね… うちは裕福じゃないけど…w でも、人を見下したりバカにしたりするような大人にはならないように、親としてしっかり心を育てていかなくては…と思いました。 なにやら、 「河井ルール」として最初から法定上限の1万5千円ではなく「3万円」で人集めをしていたとの事。 …かなり前からの確信犯という訳ですね。 でも、運動員として声をかけられた人の中にはこんな人も… 14、17年のいずれも勧誘を受けたという女性は「14、17年とも1日3万円の報酬を提示されたが、克行氏の指示が細かく大変だと聞いていたので断った」と語った。 yahoo. まぁ、先ほどご紹介したように、河井克行議員は地元でも有名な「横暴悪代官」みたいですから、その上細かく口うるさい事言ってくるようじゃ、断られて当然かと思いますよね。 しかし、どんだけ性格悪いんだか… 本当に一時だったとはいえ、こんな人がよく法務大臣になれましたよね。 嫁の案里議員もですけどね…) そこまで、議員の座にこだわる理由は何なんでしょうか? 理由の一つはやっぱり「お金」なんじゃないでしょうかね… 妻である河井案里議員に疑惑がかかり法務大臣を辞任後、夫婦そろって国会をずる休みして「雲隠れ」していた二人。 ずる休みしていたってお金がもらえるなんておいしい立場、辞めるわけないですよね。。 二つ目の理由は、「権力」でしょうね。 報酬巡り「河井ルール」定着? — ロクさん muzunobuhij まさに幼いころから「権力」を見せつけ周りの人間を従えてのし上がってきた河井克行議員。 今河井克行議員から「権力」を取ったら、 ただの性格の悪いパワハラ男でしかなくなってしまいます。 …スネ夫がお金持ちじゃなくなったら、ただの嫌みで嫌われ者の少年になるのと同じですよね… でも少なくとも議員でいれば「先生」と呼ばれますし、自分の思うままに人間を操る事が出来ますから。。

次の

河井克行

かわい あんり 公職 選挙 法 違反

高給ウグイス嬢を独占して墓穴を掘った河井克行、案里夫妻 選挙期間に入ると、うっとうしくてならないのは、選挙カーから流れる連呼である。 世界中を調べて回ったわけではないが、ものの本によると、そんな選挙運動をする国はほかにないそうだ。 たとえば、議会制民主主義のお手本、英国。 宣伝カーはあっても拡声器で声を張り上げたりはしない。 もちろん候補者名の連呼などありえない。 先進国で一般的な戸別訪問が日本では禁止されており、その分、選挙カー頼みになるというが、だからといって騒音をむやみにばらまいていいというものではないだろう。 公職選挙法には「何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない」と書かれている。 これだけでいいのに、なぜか以下のように「但し書き」が加わっている。 ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。 )の場所並びに午前8時から午後8時までの間に限り、選挙運動のために使用される自動車の上においてはすることができる。 (第140条の2第1項) 連呼はできないと言いながら、できるようにしているのがこの定めだ。 「ただし」以降、すなわち例外規定を削除すれば、日本の選挙は変わる。 街頭演説や集会、討論会、あるいはインターネットなどでまめに政策を訴えていく選挙運動のスタイルに変えていかざるを得ないからだ。 今の選挙運動、連呼をするウグイス嬢の力量にいかに頼っているかが浮き彫りになったのが、公職選挙法違反の疑いで広島地検から家宅捜索を受けた自民党・河井案里参院議員のケースである。 河井案里氏の夫は、総理補佐官をつとめたこともある河井克行前法務大臣だ。 菅官房長官にくっついていたら、いつの間にか政権中枢の仲間入りし、安倍首相のお気に入りの一人にもなっていたというのが、克行氏の大ざっぱな歩みだ。 総理外交の事前交渉に辣腕をふるったかのごとき評価は、いささか買いかぶりすぎだろう。 河井案里氏は昨年夏の参院選で初当選した。 その選挙運動で、ウグイス嬢と呼ばれる車上運動員たちに法定1万5,000円の2倍、つまり3万円を支払っていた疑いがかけられている。 選挙事務所を取り仕切っていたのは克行氏だ。 世話になっている安倍首相と菅官房長官の期待を担った妻の出馬に、よほど燃えるものがあったのだろう。 法がどうであれ、高いパフォーマンスができるウグイス嬢を確保したい。 他陣営にさらわれたら、浮沈にかかわる。 そんな強迫観念に駆られるほど、参院広島選挙区(改選数2)は、かつてない激戦だった。 自民党岸田派の重鎮、溝手顕正氏の金城湯池とされてきたところに、同じ自民党公認で河井案里氏が乗り込んできたのである。 党本部は表向き、参院広島選挙区の議席を自民党が独占するためと大風呂敷を広げたが、どだい、そこには無理があった。 前回の2013年参院選で当選したのは溝手氏と民主党の森本真治氏だ。 溝手氏は得票率46. 28%で2位の森本氏に圧倒的な差をつけはした。 だからといって、自民党公認候補が二人も出たら、まさに党組織のまとまりを砕く分裂選挙。 溝手氏を支持する地元の県連が猛反対したのは当然のことだ。 ところが、今の自民党には官邸の意向に逆らうエネギーが枯れてしまっている。 溝手氏の派閥領袖である岸田文雄政調会長に、せめて、あくどいほどの迫力があれば、安倍首相や菅官房長官が手をつけられない選挙区であっただろう。

次の

河井案里氏、議員活動を継続 選挙違反「知る由もない」―自民:時事ドットコム

かわい あんり 公職 選挙 法 違反

河井あんりのプロフィール• 名前:河井案里(かわいあんり)• 生年月日:1973年9月23日• 出身:宮崎県延岡市• 大学:慶應義塾大学大学院 広島県議会議員に4回当選し、 2019年7月に参議院議員になっています。 参議院選挙では、 自民党の擁立候補を巡ってひと悶着あったことが記憶に新しいです。 2019年10月に週刊文春から 「公職選挙法違反の疑惑!」とスクープされ、一躍話題になっています。 選挙でのウグイス嬢の報酬は、公職選挙法で上限額が1日1万5000円と定められている。 だが、「週刊文春」がウグイス嬢や河井氏の後援会関係者、広島県連関係者などを取材すると、案里氏の事務所はウグイス嬢13人に対し、 法定額の倍の1日3万円を支払っていた疑いがあることがわかった。 公選法に詳しい上脇博之・神戸学院大法学部教授はこう解説する。 「 これは公選法が禁じる典型的な運動員買収です。 買収した人もされた人も、3年以下の懲役・禁固又は50万円以下の罰金に問われます。 候補者本人が与り知らない場合であっても、秘書や出納責任者など一定の立場の人による買収が確定すれば、 連座制が適用され、当選無効となります」 引用元:文春デジタル あくまでも疑惑であって、 違反が確定したわけではありません。 ところが、 自らの文春砲により国会を止めてしまうことにもなりかねません。。。 広島県議に現金を渡した疑いも? 自民党の河井案里氏(46)=参院広島=が 春の広島県議選(3月29日告示、4月7日投開票)の期間中に現金を持ってきたと、複数の自民党県議が証言した。 7日までの中国新聞の取材に答えた。 いずれも「当選祝い」「激励」などの名目で、その後に返したとしている。 河井氏のこの行為は、公選法が禁じる買収の申し込みや寄付行為に当たるとの指摘がある。 引用元:中国新聞 いずれも(現金が入ったとみられる)封筒は返しているようですが、河井案里が有権者に対して現金を渡したという行為が問題となります。 「今度、選挙立候補するからヨロシクね」という意味で現金を渡したものと疑惑が報じられています。 河井氏の事務所は「公選法に抵触することは一切していない」とコメントしている。 しかし、ウグイス嬢への報酬疑惑も含め、経緯など説明責任を問われることになるでしょう。 河井案里氏、広島県議に現金か 春の選挙中、公選法違反指摘も 国民の役に立たない政治家は当選することが罪なのである 潔く辞めたらどうですか? — 新憂国論 sunseiji 河井あんりの評判は? 文春砲をうけて、 河井あんり氏がコメントする前に夫である河井克行氏が法務大臣を辞任しました。 妻・河井あんり氏の違反を認めて辞任したわけではなく 「法務行政への信頼が損なわれてはならない」との理由から法務大臣を辞任しています。 河井あんりに対するネットの声 公職選挙法違反の疑いもあってか、 ネットでは河井あんり氏の評判はあまり良い意見がありません。 河井あんりはっきり言って あたしの周りでもいい噂 聞かなかったけ、やっぱりの 一言だよね。 別に誰を応援しとるってわけでは なかったけど河井あんりだけは 応援せんかった。 やっぱそういうのはちゃんと 見つかるんだな。 — ももてつ GsF9V8ctgK28vyo この河井克行の嫁の河井あんり。 豊田真由子どころの騒ぎじゃないですから。 少なくとも豊田さんは一生懸命仕事しようとしていたけど、あんりは県議時代、まともに委員会で席につけなくて途中退席する常習。 小学生以下の議員様でした。 今までは広島県が給与払ってたけど今は国。 服装もTPOは無茶苦茶で、委員会での質問も礼節を知らないというかで。 広島県庁で好きな人は皆無というくらいの嫌われ者らしいです。 河井あんり氏、選挙のとき自動音声の電話がかかってきて失礼にもほどがあると思って絶対に票は入れないと思ったけど本当に入れなくてよかった。 河井あんりの地元・広島では票が割れていた 河井あんり氏が広島から参議院議員に立候補した際には、自民党内陣営が揉めていました。 というのも、 広島選挙区は自民党現職(当時)の溝手顕正氏が立候補され、当選してきました。 バトルの背景の1つには自民党本部VS自民党広島県連がある。 県連幹部は「党本部による溝手さんいじめ」と憤りを隠せない。 広島では、自民公認候補が13、16年と続けて2番手の野党候補に倍以上の得票差をつけてトップ当選。 党本部は「2人区でも2議席独占できる」と、今年3月に河井氏を2人目の公認候補として発表した。 引用元:日刊スポーツ 要約すると、• 当選枠は2人。 溝手顕正氏の選挙区に河井あんりも立候補• 自民党の候補が二人いたら票が割れる!(自民党広島県連)• 大丈夫、2議席独占できるよ!(自民党本部)• 地元・広島では どちらの自民党候補を応援していいかパニック• 結果、票が割れる• 野党連合候補がトップ当選。 河井あんり氏のみ当選して、溝手氏は落選。 自民党本部のせいで溝手氏は落選した!(自民党広島県連) 自民党本部と広島県連との連携がかみ合わず、 結果的に2議席確保も実現できませんでした。 前回、 溝手氏が獲得した得票数の半分近くが河井あんり氏に流れてしまいました…。 地元・広島では自民党本部に対する憤りが少なからず残っていると思われます。 その怒りの矛先が河井あんり氏に向かうことも予想されますね。 文春砲で河井あんりの今後は? もし、 公職選挙法違反の疑惑が真実だったとすれば、河井あんり氏は当選無効となります。 (仮定です) 当選無効となると、 溝手顕正氏が繰り上げ当選となるはずです。 広島県民(特に自民党派)は 「あそこまで選挙区荒らしといてなんてザマだ!」と不満の声が上がってくることは間違いないでしょう。 答えはですね、安倍氏や菅氏に者を申すと広島選挙区のようになるからです。 長年自民党の為に尽くした現職議員に今回問題の みたいな人格に問題のある候補者をぶつけてお金と権力という圧力で落選させる。 今思えば俺に刃向かったらこうなるぞ!という見せしめでしたね。 河井あんり氏の選挙活動中には、河井克行氏が事細かく活動方法を指示していたと言われています。 ポスト安倍を巡って、自民党要人の色々な思惑が空回りしていった結果なのかもしれません。 事務所捜査も「辞めない」発言(追記) 河井案里議員の陣営が、去年7月の参議院選挙をめぐって、ウグイス嬢に法律の規定を上回る報酬を支払っていたとして、広島地検は15日、 公職選挙法違反の疑いで広島市の河井議員の事務所を、また関係先として夫の河井克行前法務大臣の事務所などを捜索しました。 引用元:NHKニュース 2020年1月15日、この疑いに対して河合案里は 「捜査機関に対して全面的に協力しながら、洗いざらい調べていただき、真実を明らかにしていただきたい。 そのための協力を惜しまない方針です」 と答えています。 さらに、離党も議員辞職も考えていないということです。 河井案里会見。 15 夜 自民党 河井案里 批判的な記者が物理的に来れないよう、30分前に突如設定して記者会見。 疑惑発生以来、初めて公の場に。 (左) インタビュー中 (右) 終了して退散中 (=大笑いしながら帰っていくのを、カメラに抜かれてしまう) — さよなら昨日の私 SaYoNaRaKiNo 県議時代には知事の講演会のお金の問題について「私なら、もう辞めています。 なぜなら、それが政治家の良心ではないかと思うからです。 」と発言していた過去があります。 大きなブーメランが自分に跳ね返ってくる事態となっています。

次の